2016
03.13

遺族の集まり

12日 土曜日。
7時半発の各駅停車に揺られてゴトゴトと。
会報発送は出席者が多くて、午後1時半、いつもより早く仕事が終わって解散。

帰り道、同じ方向に向かう5人、亀戸駅前でお茶にしませんかということになりました。
新米遺族の私にあれこれ気を使って話しかけてくれます。
私もお聞きしたいことあれこれ。

5人のうち私を入れて3人、戒名・位牌がありませんでした。
そして1人は遺骨を小笠原の海に散骨されたそうです。
そのお話に感動して涙が出ました。

2人のお子さんと奥さまで、花と一緒に海に送った遺骨は、それぞれ一旦船底に吸い込まれて、そのあと、船が引く波に乗り白い帯になって流れ去って行ったのだそうです。
情景が目に浮かんで胸がいっぱいになりました。

ずっと傍に置きたいと今は思っている夫の遺骨ですが、いずれは送る日がくるのでしょう。
私たちが納得する形でこんな感動を残して送ってやりたいと思いました。


Comment:1  Trackback:0
トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/549-ecd86aff
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.03.14 18:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top