2016
08.11

親切なご近所さん

Category: 義母
義母とお昼を食べながら、昨日のデイサービスのことを聞きました。
「昨日車でお出かけしたでしょ。そこはどうでした? 何か感想聞かせて」
「・・・なんて・・・うーん・・・」

前の日から母には説明していましたが、朝行くと着替えはできていませんでした。
「どこかに行くって言ってたどな」
そこまでは分かっていましたが、だんだんと不安になってきたようです。
そのタイミングで迎えの車が来て、不安いっぱいの顔で乗り込みました。
私はわざと明るい声で「いってらっしゃい!」
あとは振り向かず、駅へ走りました。昔子どもを幼稚園に送り届けた時のようだと思いながら。

昨夜は私の帰りが遅かったので、きょう施設に電話して様子を聞かせてもらいました。


車に乗り込むと、不安そうな様子で2度「家に帰りたい」とおっしゃいました。
施設についてからは、お世話上手なお仲間に話しかけられて、塗り絵をなさいました。丁寧に塗っておられました。
少し笑顔がでてきました。
お昼近くに、帰りたいとおっしゃるので、ここの食事はおいしいので食べてみてくださいと誘って、召し上がっていただきました。
緊張のためか半分ほど残されました。
午後からは、ほかの方のゲームなどご覧になって、笑顔がふえていきました。
おやつの時は「おいしかった。ごちそうさま」と自分から声が出ました。
このあと帰りまでには表情もほぐれてきてたのでみんなでホッとしました。


朝、車に乗ってから職員の方が「今送ってくださったのはどなたですか」と尋ねたら「近所の人」と答えたそうです。
やっぱり・・・そうではないかと思っていました。
先日は私を名前で呼びましたが、分かってないと思われる時も多いのです。
お昼を食べながら、子ども時分の話を楽しそうに語ってくれました。
何度も同じ話をしますが、そのたび笑える昔話です。

明日は姉を施設に迎えに行って2泊させます。姉はそれほど手のかかる人ではないのですが、母のところに行きながらとなると、やっぱり精神的にキツイかしら。


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/651-7e2aafbc
トラックバック
コメント
わすれ草こんにちは、ご無沙汰していました。

お義母さまとお暮らしなのですか。私も結婚してから四十年、義母と暮らしました。今から25年前のことですから、デイサービスもなく24時間介護でした。今自分がその時代を経験しています。どうぞお義母さまをお大事に。
pirokodot 2016.08.12 17:17 | 編集
 ☆pirokoさん

こちらこそご無沙汰しております。

母とは同居ではないのです。
一人になったアルツハイマーの母をどうすればよいのか、いま考えながら動き出したところです。
本来ならもっと早くに考えておかなければならないのに、みな逃げ腰だったのです。

40年をお姑さんと暮らされたpirokoさん、私には到底できそうにありません。

これからの10年くらい、同居すればいいことなのに、いろいろ事情があるのです。
母の幸せのためには何が良いのか分からなくなっています。
わすれ草dot 2016.08.12 21:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top