FC2ブログ
2019
11.11

「孤食」「共食」

Category: そのほか
ラジオで「孤食」と「共食」の話を聞きました。
一人だとみなさんほんとに簡単なご飯しか作らないようです。食べればいいという具合。
私も作るのが面倒だ、一人だったらどんなに良いかと思ってましたが、そうなってみて、一人のご飯は味気ない。
会話しながら食べていた頃は手抜きご飯でもおいしかったんだねぇ。

鏡を前において自分を映しながら食べると食欲が増すんですって。
自分の顔を見ながらなんて、一人よりさらに侘しいような気がするけれど、誰かと一緒に食べる「共食」なんだって。ほんとうかな。
SkypeやLINEのビデオ機能で互いを見ながら、一緒にご飯を食べるのもお勧めだそうです。相手は、家族でも友だちでも良い。ビデオに映ると思えばちょっとは気張って料理もするでしょう。
広島の娘は7,8年前から時々ご飯時にSkypeで私を呼び出します。孫に「まりかあさん、きょうのご飯はなに?」と聞かれます。納豆で済まそうと思っていても、そんな時は常備菜がないかと冷蔵庫をごそごそします。なんにもなければ、せめて卵焼きや目玉焼きぐらいを作ったりします。
呼び出されて面倒だと思うことも多々ありますが、これ、「孤食」の私を思ってくれていたの? そこまで考えていたわけではなさそうですけどね。

点訳の先輩お姉さんと週1でもいいから、Skype夕飯を食べようかしら。それともどなたか一緒に食べてくださいますか?

IMG_20191108_121539.jpg
金平糖のような ヒメツルソバ
可愛いんだけれど 増えすぎてやっかい

Comment:2  Trackback:0
2019
11.07

東北弁

Category: そのほか
tia の学校では今、学習発表会へ向けて練習が始りました。
『モチモチの木』の劇で、tia は音楽担当だそうです。音楽の何をするのかな?
tia が持ち帰ってきた台本を読んだ母親が、先生が作ったセリフが変だと思うけど聞いてくれる、と言ってきました。
先生は一生懸命東北弁らしいセリフを考えたのでしょうけど、聞いたらやはり変でした。会話の最後に「べ」をつければ東北弁になるって、ほかの地方の人は思うんでしょうね。
広島の子たちに、そんなことどうだって良いだろうけど、一応先生に話してみようかな、と娘。
そして、おまけのような話に笑いました。
娘 おじいさんが自分のことを「わし」というのはいいとして、豆太も「わし」なんだよ。ありえな~い、東北じゃ「おれ」か「おら」だよね。「わし」は広島っ子だよ。
私 え? 広島じゃ子どもも自分のこと「わし」って言うの?
娘 言うよ。
私 ええ~~、ショック。tia には言わせないでね。
 
IMGP0080.jpg

東北弁と言えば、秋田のマタギを書いた本、会話はそれらしくは書いてあるけれど東北弁からは程遠く、違和感ばかりが残りました。まあ、それも仕方ないこと、忠実に書いたら、東北人でない読者は何が書いてあるのか分からないでしょうからね。
ところが、小泉武夫著『猟師の肉は腐らない』の東北弁は忠実です。読んでいる私はとても心地よい。言葉が生き生き踊っているように感じられます。それは私が福島・茨城の言葉が分かるからでしようね。
他の地方の方には分かりにくい読みにくい本なのかしら。

Comment:6  Trackback:0
2019
11.05

セールスお断り

Category: そのほか
夕方のっぽ孫が来た時にドアノブのガチャガチャする音が聞こえたけれど、誰も入ってこない。ということは鍵がかかっている、ということは、私はきょう1歩も家から出ていないということです(夜はさすがに鍵を閉めるので、1日閉まったままだったということ)。

福島の田舎で育った私は、玄関に鍵をかけておくという習慣が身についていないのです。娘にはいつも叱られます。
「一人なんだから、何があるか分からないんだから、誰が来るか分からないんだから。自衛しなくちゃだめだよ」
「ピンポンが鳴ると迷わず対応することも心配。モニター付きドアホンをつけなきゃ」とも言われています。
そういわれると全くその通り、不用心極まりない婆の一人暮らしです。
でも私にもそれなりの訳があってドアホンが好きでないのです。自分は姿を隠していて、相手の顔だけを確認するっていうのが、どうしてか嫌なんです。相手が必要ないセールスの人だとしても、姿を見せずに高飛車に断るみたいで嫌だなと思うんです。
逆の立場だったら、玄関先で姿も見せない相手からガチャリとモニターを切られたら気持ちが萎えてしまうのではないかと思ってしまいます。
「おかあさん、それヘン」と言われました。
4549077386489.jpg
電話も同じで、セールス電話の断り時を失って困っている姿を娘に見られたことがあって、ナンバーを表示する電話に変えなさいと言われていました。
こちらは先日ようやく新しい電話機を買いました。そうしたら気づいたのですが、近頃電話が全くかかってこない。ルルルとならない日が続いています。新しい電話機、何のために買ったのよ。電話機が手持無沙汰で肩をすぼめているみたいに見えるわ。 

Comment:10  Trackback:0
2019
11.04

褒章

Category: そのほか
ぢょん でんばあさんがきょうのブログ「くんしょう話。」に書いてらした、身近に勲章を貰った人を知らないと。
私は一人います。点訳の先輩で、半年ぐらいお宅に伺って指導していただきました。当時70代後半ぐらいだったか。緑綬褒章を授章されました。お祝いを言うと先輩は「たまたま茨城県が今年の褒章の順番だったのよ。そして私が年長者だったということだけよ」
先輩が言うには、今年は何県と持ち回りなんだとか。

いえ、そんなことはありません。先輩は私たちがパソコンで簡単に点字を覚えたのと違って、1点1点手で打っていた時代からのご活躍だと聞いています。その後、点字タイプライターになったとはいえ、訂正の難しい紙に打ち込む時代に、『橋のない川』7部のうちの3部を完成させています。今の私たちからは想像するのが難しい、気の遠くなりそうな手作業です。
IMG_20191104_205923.jpg

後日談です。「いろいろな記念品のカタログが用意されているのよ、驚きよ」
いただいたのがこのボールペンです。

それから、恩賜発明賞を貰った人が身近にいました。
点訳の先輩お姉さんのご主人(Yさん)です。Yさんが、私たちおばさん連中相手に、PCや点訳ソフトの起動の仕方などを教えてくれたのです。黒い画面に C:¥> なんて意味も分からず打ち込んでいた私たちを根気強く見守ってくれました。
私は夫婦ぐるみの親しいお付き合いもさせていただきました。PCで困ると「Yさーん」と泣きついたものでした。

緑綬褒章の先輩・恩賜賞のYさん、夫、みんな遠い世界に旅立ってしまいました。

Comment:2  Trackback:0
2019
10.26

毛虫

Category: そのほか
毒毛虫に刺されました。
お天気がよくて暖かかったから、徒長枝を切ったり、混みあっている枝を落としたりしました。それらを集めて縛っているときに指と手首にビリっと痛みが走りました。
「やられたっ」と思ってすぐに水で洗い流したけれど、痛みが続きます。
こんなことは2度めかな。1度めは柿の枝にいた虫に触った時ですが、あれも強烈だった。そして姿も強烈な毛虫だったなあ。

今回はどんな虫か見てないけど、ピリピリと掌まで痺れたようになりました。刺されてから6時間経過。痛みは治まってきたようなそうでないような、軽い痺れがまだあります。時々ビリっと痛みますが、かゆみが全くないのが不幸中の幸い。抗ヒスタミン軟膏を塗りました。
赤みがだいぶ取れたので、明日には治ると思います。
庭仕事には面倒がらずに作業用皮手袋をしなくちゃね。よく言われていたのに、たくさん置いて行ってくれたのに。

Comment:10  Trackback:0
2019
10.25

土砂降り

Category: そのほか
夕方土砂降りの雨でした。水戸は今のところ何のニュースも流れないし、消防車のサイレンも聞こえないのでほっとしています。
が、故郷の川がまた氾濫しているようです。上流のダムも放水していると書いてありました。
農家に嫁いだ友が台風被害に遭っています。家は大丈夫なのですが、収穫前の田んぼに川原の砂利が流れ込んで、収穫は良くて2/3と言っています。そして石ころだらけになった田んぼを元に戻すのにどれくらいかかるか。

IMG_20191023_161903.jpg

思うところあって、10時半までには寝て、朝を早くしようと思っているのに、きょうも11時を回りました。急いで寝ます。

Comment:2  Trackback:0
2019
10.23

10日過ぎて

Category: そのほか
地方ニュースのトップは10日を過ぎても台風です。
後片付けが遅々として進んでいない。断水していた水がやっと出るようになったから、これから少しは進むでしょうか。
農作物の被害もとても大きいようです。楽しみにしていた常陸秋そばは収穫間近で水をかぶってしまったそうです。今年は新そばを味わうのは難しいかもしれません。
刈り入れ前の稲も収穫後の倉庫のお米も冠水。農業用機械も冠水。年老いた農家の主は何にも考えられないと。

子どものころ、那珂川沿いに住んでいたという知人の話です。
「今のように行政の指示で避難させられる事はなかった。自宅の2階で水の引くのを待ってた。引いてきたなと思ったそのタイミングで、泥を洗い出すんだよ。引いていく水で洗うのよ。でも今は避難所だから帰った時はもう水が引いていて、洗い出すことができない。おまけに断水じゃ、泥は乾いて固まるばかりだよ」
ひぇー、なんという知恵。でもやっぱり安全に避難したほうがいいよね、と言ったけど。

我が家も台風被害。
窓枠の柱部分の壁紙にシミを見つけて、夫の友人に大工さんを紹介してもらいました。
ここかもしれないと思う場所に高圧洗浄機で水をかけて台風の再現。けれどどんなにかけても雨漏れの場所が分からないのです。壁紙の一部を剥がしても、どこも濡れていないんだそうです。不思議だけれど、このシミは今回の台風が原因でないことだけははっきりしたようです。
夫の友人が怪しいと思われる2,3か所をコーキング処理してくれるそうです。
大工さんが言いました。「旦那さんはいい人を友だちに持ったよね。この人に任せておけば間違いないですよ」
そう言ってる大工さんも、穏やかなとてもよさそうな人。なにかと力になっていただけそうです。

ツワブキ姉の施設から電話。近頃姉の血圧が高いので病院に連れて行って欲しいと。
でも、施設の近くの病院のほうが良いと思うんですよ。どうして通院のたびに呼ばれるんでしょう。
行きますよ、行くけれど、明日施設と相談です。

Comment:4  Trackback:0
2019
10.15

台風見舞い

Category: そのほか
台風見舞いの電話がかかってきたり掛けたり。久しぶりの友と話して喜んだり心配したり。
故郷の友人、兄、夫の友人の家では、市の配水管が破損して断水しているとのことでした。復旧に1週間はかかるようです。
私の友人のところは井戸水があるので多少は不便でもまだ大丈夫。
兄宅は夫婦二人なので何とか頑張ると言ってました。
夫の友人宅は、幼い孫が二人いてとっても大変だと言いながら、「あっちの知り合いのじっち(じいさん)、こっちの親戚のばっぱのぶんも、知らんぷりでぎねがら(できないから)、1日中給水に並んで水くみだぁ」
千葉の時のように暑い中でなくて良かったね、と言ったものの、きょうは急に気温が下がって風も冷たくなっていることでしょう。
避難しておられる方々、避難所の床は冷たいでしょうね。救援の手が早く届きますようにと願うばかりです。

IMG_20191011_141149.jpg
私が弱音を吐いたばっかりに、みなさんにご心配いただいています。
お気持ちありがたく心に沁みます。
コメント欄を開いて、何度も読んでいます。

30代半ばで最初のご主人と死別して、再婚したご主人も去年の暮れに、一晩のうちに亡くなってしまった先輩お姉さんが、
「鬱々している時期じゃないかな」と電話をくれました。
「鬱々してる。うん、笑いながら落ち込んでる」と答えるとお姉さんには、
「こんな時もあるわよ、いっつも平らじゃないもんね。思いきり落ち込むんだよ」と言われました。お姉さんの言うことだから聞くことができます。ありがたい。

Comment:2  Trackback:0
2019
10.13

台風一過

Category: そのほか
おはようございます。良い天気です。
屋根は飛ばされることなく朝を迎えました。
町全体の被害はどうなのか分かりませんが、我が家はコスモス1本が倒れたくらいです。
飛ばされたものはなく、飛んできたものもないようです。
雨風は昨夜10時頃からが凄くて家が揺れました。
夕方からは8~10mの風が吹いて、最大瞬間風速は23.4mだったようです。

さて、避難準備の荷物を解いて、しまうべき場所に収めることにします。

Comment:10  Trackback:0
2019
10.12

台風19号 これから本番

Category: そのほか
今13時。時々強い雨が降るけれど、風はまださほど強くはありません。
でも千葉県内で軽自動車が横転して亡くなった方がいるとか。油断は禁物のようです。
水戸市も全域に「避難準備・高齢者等避難開始」が出ています。我が家は幸い、川からは遠く崖もない場所です。屋根が飛ばされない限り、家にいるのが安全です。

昨日までに私にできることはしたつもりでしたが、今朝になって気づいたこと。
屋根が飛んだらこの家にいられないという肝心なことです。
水や食料を用意したって、家に屋根がなくなったら何の役にも立たない。
どこへ行く? 娘の家が近いです。そこは狭いから避難所がいいか。避難所は小学校で、これも近いです。ずぶぬれにはなるでしょうけど。
そこで、3泊くらいの着替えを詰めたリュックを用意しました。
あとは濡れたら困るものを空の衣装ケースに入れて毛布でくるみました。中に点訳の参考書類やメディア類を入れたのはさすがでしょ(笑)

IMGP0075.jpg
たっぷりの雨で喜んでいるのは レインリリー
夏の間はカラカラで 可哀そうだったものね

今15時。そんなことを言ってるまに、風雨が激しくなってきました。屋根に当たった雨が強風で弾き飛ばされて、霧のようになって流れています。
明るいから落ち着いて見ていられます。夜だったらどんなに怖いか。
雨戸をしっかり閉めて何も分からない中にいるより、少しだけ開けて外が見えるようにしています。

今18時。これからが本番かな。風が非常に強くなってきました。外が暗くなったので嫌だわ。水戸をめがけているような進路予報。どうすればいいのか、どうもできない。
出勤だった長女から、今帰ったよと電話がありました。ホッとしました。

それでは、屋根が飛ばなかったら、明日ね。

Comment:4  Trackback:0
back-to-top