2018
06.21

スマホで特急券

Category: そのほか
一昨日駅の窓口で切符を買いましたが、乗車券と新幹線の自由席を買っただけです。
行きは何人かで待ち合わせて並ぶし、始発だからなんとかなると踏んでいます。
二日前の今日、ちゃんとスケジュールを押えておこうと帰りの列車を調べたのですが、以前「えきねっと」の会員登録をしていたことを思い出しました。
駅に行かなくても特急券・指定券が取れたんだわ、たぶん。
登録しただけできょうまで使う機会がなかった「えきねっと」、練習のチャンスだったのに。

叔母の住む街の駅は電車の本数が少ないから、新幹線に乗り継げる選択肢は2本だけ。これより早くも遅くもできない。乗換は4回。1本乗り遅れたら、帰りがとても遅くなる。
でも、アプリの乗換案内は便利です。乗り継ぎ候補を表示してくれるので、選んでデータを写真で保存します。
最後の列車が特急「ときわ」全席指定。さあ、これを「えきねっと」で買うことにします。
でもきょうはまだ買いません。2通りのどちらに乗れるか分からないからです。
乗れた新幹線の中で、スマホからログインして買います。上手くいくことを願って。

IMGP5523.jpg
こぼれ種から発芽した オキナワスズメウリ
駅員の手によって発券してもらったほうが安心だけれど、初めがなければ経験の始まりはない訳で。旅の一部として楽しみますか。

Comment:2  Trackback:0
2018
06.20

人の手・目

Category: そのほか
今回の地震のあと、「復旧大幅遅れ」などの見出しで新聞は鉄道の運転再開までに時間がかかったと書いています。
それを取り上げたラジオのコメンテーターが、
「時間がかかるのは仕方のないこと。線路の安全点検は作業員が歩いて全線を見て回るんだそうですよ」
と語っていました。
歩いて人の目で確認して回るのですから時間がかかります。

IMGP5518.jpg

同じようなことはガスの供給でも行います。
1978年の宮城県沖地震の時、私たちは福島県に住んでいました。100キロ弱の距離で、相当揺れましたが被害はありませんでした。
地震から何日かして、夫を含む社員10人ぐらいが応援の要請を受けて、仙台市に向かいました。家庭へのガスの供給再開へ向けて、1軒1軒をしらみつぶしに回るためです。
これだってあってはならないことですが、もし水道だったら、水漏れで分かるし、人命に関わることはそうはないはずです。
だけど、ガスは違います。漏れてはならないのです。
詳しくは夫に聞かないと分からないのですが、ガス管に圧をかけて異常がないかを確認して歩いたのでしょう。何日間か仙台まで通いました。

点検が済んで、仙台市にガスの供給が再開されたと聞いた時はみんなで喜び、達成感に浸ったのではないでしょうか。その日は慰労会だったような記憶があります。
機械だ、ロボットだといっても、最後はやはり人の手・目なのですね。

Comment:8  Trackback:0
2018
06.12

狩野川台風

Category: そのほか
父との思いでを続けて書けるほどたくさんはなくて、考えてみれば淋しい子ども時代だったのね。それとも文にする力が足りないのか。後者だと思いたいですね。

P_20180610_125358.jpg

父は登場しないのですが、子ども時代の出来事5に入るのは、台風で被災した思い出です。
昭和33年9月の台風22号(狩野川台風)です。
夜になって水が堤防からあふれ出したという近所の人の声で、母は避難の準備を始めましたが、姉が怖がってしがみつくのではかどらなかったのでしょう。中2の兄と小3の私を先に外へ出しました。
田んぼなのか道なのか分からなくなった道を二人でしっかり手をつないで、近所の大人の後について中学校に避難しました。
父はいませんでした。組合の仕事で福島市へ出張中だったようです。

私たち子どもは、誰が持ってきたのか、トランプなどして最初のうちははしゃいでいましたが、真夜中、流出した木材がゴーンゴーンと校舎にぶつかる音が不気味で、だんだん静かになりました

翌日家に戻ると、奇跡的に家は床下浸水で難を逃れていました。
その日の夕方になってからだったでしょうか、父が帰ってきました。
道路も鉄道も遮断されて孤立状態になっていた町に、父は、濁流が流れる川に架かる鉄橋を歩いて渡って来たのでした。
のちにそのことを知って、父を見直したものでした。

土手を越えて水が流れてくる光景と、木材が校舎にぶつかる音、傷口を開けたような決壊した土手など、恐ろしい思い出の狩野川台風の話でした。

Comment:4  Trackback:0
2018
05.29

びっくり

Category: そのほか
大したことがないのに書くと、「私を見て、同情して」と言ってるみたいで気がひけるんですけど。
今朝姿を見せた娘が私を見るなり、
「お母さん、どうしたの!? 目が赤い!!」
鏡を見ると白目の半分が血を塗ったみたいに真っ赤。
「あれ、またなっちゃったね。赤くて派手だけど、大したことじゃないんだよ」
初めての時はもう、びっくり。白目が全部真っ赤っかでした。
明後日から東京へ2泊の出張です。人前に出るので、嫌だな、どうしようもないけど。
人が見たらギョッとするでしょう。

びっくりといえば、昨夜。
nasu_to_matoさんのブログの花の写真を見て、名前は何だっけと検索して、それは「ナガミヒナゲシ」とすぐ分かったのですが。
検索の同じページにピンクのケシが載ってました。
数週間前に庭に1輪、植えた覚えのないケシが咲いていて、可愛いと花を楽しんでその後は実になっていました。
その時に、葉が見たことのあるヒナゲシとは違うなと思っていました。

その葉が特徴の「アツミゲシ」と分かってびっくり仰天。
夜中だったけれど庭に出て引っこ抜きました。
「あへん法で栽培が原則禁止されている」ケシだったんです。
アヘンですよ、警察に通報されたら大ごと。

ケシ
どこからか種が飛んできたというより
ホームセンターで買った土か肥料に混じっていたのかもしれません
(写真、お借りしました)


Comment:8  Trackback:0
2018
05.19

蜂の巣対策

Category: そのほか
前から気になっていたのですが、細かい葉が茂っているモッコウバラ。
狭い通路に植わってますから、茂みに蜂が巣を造ったら怖い。
剪定ばさみで刈り込んでおこう、いざ。
その前にいちおう殺虫剤を噴霧。
おっと~、蜂が飛んで行きました。やっぱり巣を造っていたのかもしれません。
太くなった枝をノコギリでゴリゴリ、細い枝をハサミでチョキン。
こんなに切るんだったら、根元からバッサリやったほうが良かったんじゃない、というくらいスカスカに刈り込みました。
これで蜂の巣の心配は無くなったけど、スカスカでみっともないね。

これからのことを考えると、こういう手入れの必要な木は少なくした方がいいわね。
ゴリゴリ、チョッキンをあと3本ほどやったら、見通しの良い姿の悪い庭になりました。
まあ、いいか。蜂が飛んできたらすぐわかるわ。

ドクダミ
八重咲きのドクダミ
白いドレスの踊り子みたい


きょうも油断してました。枝を掴んでひょいと引っぱったんですよ。パキン。
時間をかけて何とか元に戻しました。
そのあと、地植えのワイヤープランツの手入れをして、根を引っぱったらパキン。
分かってます。行きます今度こそ病院へ、近いうちに。

孫の運動音痴にお付き合いくださったみなさま、ありがとうございます。
明日は運動会日和になりそうです。
お稲荷さんを差し入れて、嫌なことは忘れるよう楽しいお昼にしてやることにします。
そうそう、広島の孫は1等賞だったんですって!!

Comment:9  Trackback:0
2018
05.13

「偶然」で明るく

Category: そのほか
隣が空き地になって3年近くになります。家が建つには中途半端な土地です。
そこに今朝大きなトラックが止まっていて、荷はたくさんの角材。
(ああ、ついに隣に家が建つのか。日当たりが悪くなるなぁ)などと考えて、少しブルーになっていました。
どの辺に建つんだろうと塀の隙間から偵察してみました。
どこも何も変わった所はありません。
「アハッ」と笑いました。
基礎工事も何もしていないのに、いきなり資材を持って來るわけないじゃないか!

夕方、トラックは出て行きました。
資材に貼りつけてあった紙には施主名があって、「西郷村小田倉 ○○様邸」
なんと、びっくり。私たちの秘密のキャンプ地の近くの地名でした。
ただその地名を見ただけで嬉しくて、
「小田倉だって、おとうさん」
気持ちが明るくなったのでした。

息子夫婦が来たいと電話。
「ゴメン、短時間しか相手できない」
「それじゃ、またにするわ」
シャカリキに点訳の一日、母の日でした。

シャリンバイ
シャリンバイ

Comment:2  Trackback:0
2018
05.10

生活訓練

Category: そのほか
きょうは東京でしたが、午後からの集まりなのでゆっくり家を出ました。
外はあいにくの冷たい雨。降っていなかったら駅まで自転車で行きたかったのに。

「お急ぎのお客様は隣のホームの・・・」という車内放送を聞いたのですが、本を読んでいたしまあいいや、お急ぎでないんだもの、と特急の通過待ちをする列車にそのまま残りました。
すると何度も、ピーンコーンとドアの開閉音が聞こえてきました。
そうなんです。首都圏を離れると、ローカル部分の常磐線はドアが自動では開かなくなります。
開けるにはドアの開閉ボタンを押すのです。

IMGP5347.jpg
植物園にて ヤブデマリ

話を戻して、どうして何度もピンコーンが鳴ったのか、ですね。
白いつえの人が、列車の乗り降りの訓練を受けているのでした。

20年ぐらい前、私は盲人の外出のお手伝いをする有償ボランティアをしていました。
その時に私たちも、列車やバスの乗り降りなどを、アイマスクをして体験しました。その時にも停車時間の長い列車を使ったのです。
中途失明のかたは生活訓練を受けることができます。
訓練施設に泊まりこんで、歩行や日常生活の基本行動を専門の訓練士に教わるのです。
訓練士から助言や励ましを受けて、何度も乗り降りを繰り返し、一人でホームを歩いて行かれたのは、女性でした。
見守る訓練士の優しい顏、そして厳しい目。
自立の道を歩んでいく女性の後ろ姿に、「どうかめげずに頑張って!」と心でエールを送りました。


Comment:2  Trackback:0
2018
05.06

Category: そのほか
IMGP5384.jpg
家の裏に行く通路も春になっていろんな芽が出たり花が咲いたり。
鶴岡・峠の山から頂いた行者ニンニクは、毎年食べる人がいないので葉が茂って花が咲きます。
葉の陰にはこぼれダネで芽生えたのか、今年は小さな芽がたくさん出ました。
さあ、これをどうしましょう。
園芸を知らない私では、上手く植え替えることはできない。


行者ニンニクの芽を見ていた私の耳に、カリカリ カリカリと小さな音が聞こえました。
何の音かしら、アオムシくんが葉を齧る音かなと音のする方を見たら、なんとそれは、蜂が枯れ木を齧る音だったのです。
そーっとその場を離れ遠目に見ていたら、表の方に飛んで行きました。

IMGP5412.jpgもしかして、あの場所?
そうなんです、1か月くらい前の暖かい日に、玄関わきの庇の下部に蜂が止まっていたことがあったのです。
その時は巣は作らなかったのですが、きょう見たら小さい巣が。
蜂が1匹、巣作りの最中か、せわしく動き回っています。

恐いけど、落とすしかないでしょう。大きな巣になったら大変です。
長い棒状のものを探して物置を見たらありました。壊れた虫取り網の棒と、使ってない釣竿。
二つをビニールテープでぐるぐる巻きに足して、長さは充分。
覚悟を決めて巣の下に行って、素早く突きました。巣は簡単に落下。蜂は飛び去りました。

IMGP5416.jpg
こわかった!!
一人になると、こんなこともしなきゃならない。


Comment:8  Trackback:0
2018
05.01

錆び落とし

Category: そのほか
依頼されていた点訳は仕上げてメールで送ったので、さてきょうは何しよう。
いえね、しなければならないことは山ほどあるんですよ。その気になれないだけ。
きょうその気になったのは、アイロン掛け、美容院に行く、買い物の三つ。
美容院と言ったって、髪を切ってくるだけ。買い物と言ったって、近所のモールで日用品を買うだけ。

美容院、きょうは割合気にいったようにカットしてもらい気分さっぱり。
買い物は夏の帽子。春が終わったばかりなのに、もう2割引きの値札が付いていました。
去年帽子を二つ買って二つとも失くしてしまったので、失くしても惜しくない値段。
その割には気にいった物が買えました。
いつもホントに安い女だなと感心します。

買い物から帰ってそのまま、乗ってた自転車の錆び落としをしました。
100円ショップで錆びとりクリームを買って、明日の仕事にしようと思っていたのですが、試してみたくて我慢がならず、夕方なのに始めちゃいました。
こするだけできれいになっていくと次、次と気合が入ってしまいます。
細かい部分や、複雑なパーツの仕上がりには目をつぶって、まあまあの出来。

錆び落としに夢中になったので、アイロン掛けは中止。明日その気になったら、まとめて5枚がんばります。
は、口だけ。明日も錆びとりに夢中な私が見えてきた。

hakuronisiki.jpg
ハクロニシキ(白露錦)


Comment:4  Trackback:0
2018
04.29

田植え機

Category: そのほか
きょうも良い天気。ちょっとそこいらにと思ったのに、娘に車を貸しちゃったんだわ。
車という足がないと、思いつきで行動するのは田舎暮らしでは難しい。
自転車しかない。そうだ、しばらく忙しくしていたのでお母さんの所に行ってないわ、行こう。

爽やかな風を切って、緑が濃くなってきた田んぼ道を走りました。
水を引いている田んぼはまだ少ない中で、1枚だけ田植えが始まっています。

P_20180429_130804.jpg田植え機のことで以前から知りたいと思っていたことがあるのです。向こうに行き着いたらどううやって方向転換するのだろう。
自転車を止めてしばらく見ていました。
畔に行き着いた田植え機は、苗を載せた台を数10センチ上に持ち上げて、何のことはない車と同じように向きを変えるのでした。
「真っ直ぐ植えるのは、勘ですか」と聞くと、
「ラインを引きながら進むから、それに合わせるんだよ」
田植え機から脇に棒が延びていて田植え機が進むと田んぼに線が引かれていくようになっていました。
それでも、まっすぐきれいに植わっている田んぼもあれば、うねうね曲がっている田んぼもあるのだから、やはり勘と技術は要るのでしょう。
田植え機がどんなものか分からない方にはこんな説明チンプンカンプンですね。
私は長く疑問だったことが分かったので嬉しいんですけど。

お母さんは変わりなく元気で、前に行った時より笑顔が多く見られました。
介護施設のこと、ちょっと思ったことがあるのですが、またの機会に書きたいと思います。


Comment:4  Trackback:0
back-to-top