2017
11.19

金・土・きょう

どこへというほどの所へも行かず、何をといえるほどのこともせず、何も考えずに3日が経っていました。
★━━━━----    ----━━━━★

金曜日は古切手を整理するボランティアの集まりに参加。
平均年齢おそらく80歳を超えるかと。90歳以上もお二人。みなさん元気、すこぶる元気。
圧倒され、押されっぱなしのアラ古希の私です。
(書いていて初めて気づいた「古希」・・・古来稀な歳にもう少しで達するんだ・・・)
90歳に押されっぱなしではいけないではないか、がんばれ! じぶん!

★━━━━----    ----━━━━★

土曜日は、朝のうちにバッテリーの交換に修理工場へ。
とても良心的な仕事をしてくれます。
「どんな小さなことでもいつでも言ってください」 相談する者のいない私に心強い修理屋さんです。
お昼前から彩椛が来て、賑やかなお喋りにつきあわされました。
夕飯は、みんなで外食。

★━━━━----    ----━━━━★

きょうは、去年から持ち越しの編み物を取り出して続きを編み始めました。
残り物の毛糸を寄せ集めて、太い針でマーガレットを編んでいます。
編みながら、義母を思っていました。義母は編み物が得意です。
昔の古いセーターなどを根気よく解いて、カセにして、湯のしして、玉にして。
いろんな糸を継ぎたして、こたつカバーなんかも編んでいたんだわ・・・
・・・


広島の孫。お兄ちゃんの今いちばんの興味は、危険植物。
広島市植物公園へお出かけだったようです。

s-企画展s-ぎゅうぎゅう

s-逃げろa
母親のキャプション
 気に入ってしまい、なかなか出てこないので、
 「一時間に一回、口が閉じる仕組みだって」
 と声をかけたら光の速さで出てきました。


私からは、来週の「ダーウィンが来た 虫を食べる植物」の予告動画を教えてやりました。
ワクワクのようです。


Comment:0  Trackback:0
2017
11.16

お茶

みなさんは1日の水分はどのくらい摂ってらっしゃいますか。
何をお飲みですか。

9年前、クッキーを焼く手伝いで業務用のオーブンの前に一日。忙しさに水分を取ることもなく動いて帰り、後頭部が変に痛いな、早寝しようと寝た夜、私は一過性の脳梗塞になりました。
幸い非常に早く治療を受けることができ、全く後遺症もなく今に至っていますが、主治医から1日1.5Lの水分を摂るように言われました。

前はコーヒーを何杯も飲んでいたのですが、この頃は飲んだ後にいやな味を感じるようになって、何杯もは飲めなくなりました。
代わりに緑茶を飲み始めました。
やっぱり日本人だな、とかなんとか言いながら、これまた日に何杯も飲んでいるのですが、夕方過ぎると気分が悪くなることがあります。飲み過ぎでしょう。
なので、次は何にしようか、紅茶・ほうじ茶・烏龍茶・昆布茶・そば茶・・・

きょう久しぶりに烏龍茶を淹れました。でも中国茶は淹れ方がめんどうですね。

s-IMGP5150.jpg夫の愛器です。私がコーヒーを飲んでいると、自分で烏龍茶を淹れていました。

従姉から貰った梨山茶。
楽しみにしていたのに開けることなく逝ってしまいました。


Comment:12  Trackback:0
2017
11.13

ロッテンマイヤーさん

きょうは半日彩椛が傍にいました。
いつもは宿題などに時間を取られて、ほとんど自由時間がないのですが、きょうは1日自由時間。彩椛は得意な「ひとりのごっこ」が思う存分楽しめます。
いまだにごっこ遊びが大好きな4年生、少々心配でもありますが、4年生といっても3月生まれの一人っ子、気を揉むこともないかしら。
そのごっこ遊びに付きあわされて、考えましたよ。私は、面白みのない婆なんだなぁと。

s-めにゅコラージュきょうの彩椛はケーキ屋さん。まずは看板作り。
店の名前は「夢見るケーキ屋さん チェリー」
夢見る彩椛のオリジナルケーキのメニューは・・・「わあ!びっくり! リボンケーキ」「かくし味入り かくししケーキ?」「ハートの形かわいい 恋のケーキ」「野菜入り!? 栄養ケーキ」・・・などなど25種。

これを次々に読み上げて「どのケーキがいい?」と聞くのです。
彩椛が頭の中で作ったケーキ、私は想像力が乏しくて、なんにも考えられない。
しかもキラキラのネーミングで、既に頭もお腹もいっぱい。
ここで適当に言ってやればいいのかもしれないけれど、そうすると、延々ごっこは続きます。続けば私の頭はパンクします。

で、ここで思ったのです。(私は、面白みのない婆なんだなぁ)と。
これじゃ、ロッテンマイヤーさんじゃないか。

私は子どもらしい夢を持った記憶があまりない、と自分で思います。夢の物語などというのも苦手だったように思います。
面白みのない子どもは、婆になってロッテンマイヤーさんです。
子ども心を読もうとする心が欠けてる。

でもですね、突拍子もない考えが次々湧いてくる子に付きあうのも、疲れるものなんです。
彩椛の空想は無限です。私には同じエネルギーはないんです。


Comment:4  Trackback:0
2017
11.09

ブログ記念日

今ごろだったような気がして振り返ってみたら、やはり。
2013年11月8日に始めたブログでした。
ブログってどんなかな、私にもできるかなという興味で開設しました。それまで日記らしいものすら書いたことがないんだもの、数か月で行き詰まるだろうと思っていました。

その2か月後には夫が入院。胸膜中皮腫と診断され、ブログは闘病記のようになってしまったのでした。
暗い内容の日記に、辛抱強くお付き合いくださったみなさまの支えがあって、自分を見失うことなく夫と向き合い、看病ができたと思っています。
どこのどなたとも知らぬみなさまが、見たよ、読んだよとくださる拍手やコメントに、こんなにも励まされるなんて、ブログを知らなかった頃には想像もできないことでした。
みなさまとの交流の記録は私の宝物です。
ありがとうございます。

介護2年、夫を送っての2年は、振り返ることなく過ぎたブログの記念日でした。
今年も1日過ぎたけれど、4回目の記念日おめでとう、自分に。

s-IMGP5129.jpg
返り咲きの 花海棠


Comment:8  Trackback:0
2017
11.08

痛い話 2

前に痛い話を書いたことがあるのですが、もう一つ痛い話を思い出しました。
昨日のばね指でアイハートさんがくださったコメントに、「注射」が書いてありましたが、私、その痛い注射を受けたことがあるんです。
指は親指。10数年前に腱鞘炎と診断されました。
「患部がずいぶん腫れているし、先ずは注射かな。それで治らなかったら手術だね」
ということで処置室へ。何だか太くて大きな注射器が用意されました。
先生が現れてひと言。
「僕、この注射するの嫌いなんだよな」

で、看護師さんが傍に寄ってきて肩につかまってと言うんです。
え、なに? と思いましたが訳がすぐに分かりました。
ずぶずぶずぶ・・・音こそしなかったけれど、そう表現するしかないような感覚のあとは、しっかり看護師さんの肩を掴んでいました。看護師さんが抱いて励ましてくれました。
痛いという表現で言い表されない気持ちの悪さ。失神するかと思いましたよ。

「間をおいて、2,3回通ってみて」と言われたけれど、1回だけでギブアップ。
痛いことなんか知らなかったから受けられたこと。この痛みを知って2度3度受ける人がいるなんて信じられない、私は根性なしです。
さて、調べなきゃいいものを、ばね指の手術を調べましたよ。
麻酔の注射がやはりとても痛いので予備麻酔をするとか。
ちょっと怖くなってきました。
だけどそう言えば、中指の爪母付近にできた小さなガングリオンの手術を受けたことがあったなあ。
あの時の麻酔も痛かった。あの時も知らなかったから受けられた。でも、あのくらいの痛みなら大丈夫かな?

まあ、いずれにしろ、ヤダヤダな痛い話でした。

s-IMGP5107.jpg

s-IMGP5108.jpg
夏の始まりから まだ咲き続けている
けなげな あなたのお名前は?


Comment:5  Trackback:0
2017
11.06

庭の片付け

晴れの日が続いたので、庭の片付けと、家の簡単掃除をして過ごした連休でした。サンデー毎日だしね。
大きな木は1本もないのですが、小さな苗木だったライラックが枝を広げて、もうこれ以上大きくはさせないぞと切り詰めました。
3,4センチの太さの枝を数本、根元からギコギコ。思い切り過ぎたかなと思っても後の祭り。でもきれいさっぱり、姿もよくなりました。
年とるばかりの我が身ですから、手入れに困らない手の届く範囲で整えておくに越したことは無いですね。

そのあとで、裏庭に延びていたヘクソカズラの根を引っ張っていたらウッカリ。またまたばね指の中指に力がかかったのか、曲がったまま伸びなくなってしまいました。
以前にも書きましたが、曲がっている分には痛くはないのです。ただ、曲がったままでは何もできません。
90度に曲がった指は固定されているかのように動かないのです。この前もそうだったけど、どうして病院の休みの日にこうなるのか。
必死に押したりさすったり。30分後にどうにか元通りになりました。が、指はボワーッと腫れているようだし、動きもよくないので、湿布をして動かさないようにしていました。
きょうはだいぶ良くなってキーも打てるし、ピアノも弾けました。
さあ、どうする。ここ5か月の間に4回こんなことがありました。病院に行けば手術かな?


s-IMGP5112.jpg



さいごに、孫自慢、笑ってね。
彩椛の理科のノートが、市総合教育研究所で展示されているから見に行こうと、娘が誘いに来ました。
「小・中・義務教育学校 児童生徒ノート展」
月の観察を見やすくていねいにまとめていて、銀色の紙が貼ってありました。


Comment:6  Trackback:0
2017
10.31

ハロウィン

在宅ホスピスについてもう少し書いておきたいことがありますが、連日で少し気が重くなりました。
きょうは一旦置いて、ハロウィン。

若い人の間に定着した感のある、けど、年寄りには違和感のあるハロウィン。
まだ若い部類に足を残している末娘と子どもたちです。

s-秋s-冬

ご近所のお宅で
練習の成果を披露する小1孫
お友だちと 白目をむく練習をしたんですって

白雪姫とエルサになった 幼稚園児ともうすぐ2歳の女孫


Comment:6  Trackback:0
2017
10.27

泣かせるぜ!

夫の命日です。
一昨年は午後から強い風が吹きましたが、きょうは穏やかな晴れの日が続きました。
午前中は夫の友人が訪ねてくれました。
現場に行く途中だからちょっと寄るよ、とさりげないふうに電話をくれますが、そうでないことは分かっています。
ありがとう、いつも私のことを気にかけてくれています。

午後は、お嫁ちゃんと娘2人、女だけ4人のお茶会でした。
15時55分、チラッと時計を確認しました。
まだ2年しか経っていないんだなと心で思いました。

s-IMGP5057.jpg

穏やかな朝日の中、ようやく開き始めたノコンギク


きょうは木曜日、183センチ孫のダンスの日。
「だぁの最後のプレゼントは、俺にダンス教室を見つけてくれたことだな」
泣かせることを言うじゃないか! そんなこと思っているなんて、こいつ!! 
うるうるる・・・


Comment:4  Trackback:0
2017
10.24

孫の預かりもの

またも台風が発生したというニュースですが、昨日未明の台風は雨よりも風にビクビクしました。
夜が明けて周りを点検。飛ばされたものもなく、近隣も被害はないようでした。
登校時間には雨は上がっていましたが、休校は決まっていたことなのでしょうがないけれど、自宅待機くらいがよかったのでは? いつもこうなのですよね。でも、何事もなかったから言えること、大事を取って良かったのでしょうね。
気持ちよく晴れた日なのに、外に出てはいけないと言われているのか、1日中子どもたちの声は聞こえませんでした。

ところで一昨日の孫の預かり物の件。
きょう学校から帰ってきた孫に事情を聞きました。
やはり、親に内緒の買い物だったらしく、しかも親に禁止されていたゲーム機なのでした。
机の引き出しに鍵をしてしまっていたのに、歳の離れた弟に貸したところ、チクられたのだそうです。
「1週間以内に取りに来なければ、売っちゃうぞ」と孫が言うと、友だちは「○○君にあげるから、時々貸してくれ」だそうです。
あはは、受験が終わるまで預かっておくね。

友だちは信頼できる子です。盗んだり、脅し取ったりするような子では決してなくて、お小遣いを貯めて買ったのだそうです。
でも、こんな大金を自由に使えるって、我が家ではありえないことですが、よその家庭のことね。
お母さんと折を見て話し合うよう、ゲームをやりに来た時にでも話してみようと思います。 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

youtube検索していたら「ろくでなし」が聴けたわ。
55歳で亡くなった友の十八番だった・・・あの世があれば酔って歌ってるはずね 
オー ウィ!




Comment:4  Trackback:0
2017
10.22

孫の判断

昨日の「アスベスト被害者相談会&講演会」はあいにくの雨にもかかわらず、会場が開くの待つ家族もいらっしゃったとか。
会場での相談・電話での相談、たくさんの方たちのお力になれたのではないでしょうか。
企画や準備、運営など、Mさんご夫妻ご苦労さまでした。よい集まりになりましたね。

終了後、お調子者の私は、誘われるまま懇親会にも出席。大いに交流を楽しみました。
家に帰り着いたのは、シンデレラの時刻が過ぎてしまった0時10分。とんでもない婆デレラでした。

ぐっすり眠ってきょうは選挙に行き、家でゆっくりしています。
(選挙といえば、期日前投票に行く人たちの車で、昨日は家の近くの国道が3Kmを超える大渋滞だったそうです)
夕方になって雨風が強くなってきました。「自主避難を希望する方へ」というエリアメールも入りました。
我が家は川から遠く、溢れるような用水路もなく、がけ崩れの心配もないありがたい地域です。
風だけが心配です。外回りは片づけてあるつもりですが、もう1度点検してきました。
明日は彩椛は休校です。183㎝孫は土曜日登校の代休でもともと休校、残念。

183㎝孫といえばきょう面白い(?)ことがありました。
孫の友人がピンポ~ンと来て「あの、これ、○○君から貸してもらっていたものなんだけど、明日は雨がひどくて返しに来れないから今持ってきました」と言いながら袋を差し出します。外には車が待っていました。
「あらそう、雨の中ありがとうね」

でもね、ちょっと様子が気になったし、袋の中身は孫のではなさそうな物。
まさかね、親の知らないところでこんな高額なものを買っていた? そんなことは無いと思うけれど。
孫に聞きに行きました。
「おれ、そんなの買えるわけないじゃん」
「ふーん、とすると、あんたが使われたってことかな。友だちが親に内緒にしてたのがばれちゃって、あんたに借りたって言って。それですぐに返して来いってか」
「この前みんなで遊びに行った時、あいつそれ買ってた」
「買ったとこ見たのね。盗んだとか、誰かのを取り上げたとかいうんじゃないなら、預かっておくしかないね」

「しかしね、友だちじゃなくて親が返しに来てさ、あんたが玄関に出たとしてさ、いきなりこれ返すって言われたら、あんたどうした?」
「うん、瞬間に察知して、どうもって受け取るよ。明日あいつに聞いておくさ」

QJzD3.pngあとは、友だちの家庭の中で解決してもらいましょう。
笑ったのは、瞬時にそんな判断ができるようになった孫の事です。
人の気持ちを推し量ることが苦手な孫ですが、こんな判断をしたことが愉快だと思ったのです。
少しずつ大人になってきてるのかな?


Comment:6  Trackback:0
back-to-top