FC2ブログ
2018
08.15

姉の帰園

Category:
姉を施設に送り届けました。一緒にいるときにはイライラすることばかりをやらかしてくれる姉ですが、こういう時には少しばかり後ろめたい気持ちになります。姥捨て山に行くような気持ちです。
一緒に暮らしてやることはできないのかと思います。
できないんです。一時の感傷でそう思っても現実は簡単ではない。
一緒に暮らせば自分の気持ちに無理をすることになります。私がストレスで倒れるでしょう。私は一過性とはいえ、脳梗塞で入院しています。共倒れになってしまうのが目に見えるから、感傷には蓋をします。

園の敷地内に入ったら姉は、「あ、○○ちゃんだ。○○ちゃんも今帰ってきたんだな」など5日ぶりに見る友だちの顔を目ざとく見つけていました。
(いいんだ、これでいいんだ。友だちがいるここが好きなんだ)

園庭では数日後の納涼祭の準備で職員たちがテキパキ動いていました。
ご苦労さまです。ありがとうございます。またお世話になります。

Comment:0  Trackback:0
2018
08.14

甲子園 テレビ観戦

Category:
姉は普段はおとなしいのです。私が姉の言うとおりにしていればです。
意に添わないと、くどくどと文句を言う。ぶつぶつぶつぶつ・・・・・・・
ぶつぶつぶつぶつ・・・・・・いつまでも、いつまでもです。
「はっきり言ってよ、文句があるなら聞こえるようにちゃんと言って!」
言ったところで私が言いなりになるとは限らない。
ぶつぶつぶつ・・・
「聞こえない!」
本当にイライラします。でもこれは昨日の話。

きょうは私がおとなしくしてました。だから姉もおとなしくしてました。
高校野球を見ていました。たぶん何も分かってないと思います。
試合終了のサイレンが鳴ると、勝った高校へ小さな拍手を送ります。
点つなぎの雑誌を広げていました。71歳ですから小さな数字が見えづらいのでしょう、虫めがねで見ています。
病院に行けるかどうか分からないので、市販のメガネを掛けています。今度は、眼科に行って目の検査をしてもらいましょう。
白内障なんかが見つかったら、ありゃぁ、どうしましょ。
夜9時を過ぎたので部屋へ引き上げました。9時ピッタリにテレビを消します。ピッタリです。
明日午前中に園に帰ります。園が帰る場所なのです。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

部屋が埃の臭いがします。臭くないかと聞いても姉は「うううーん」分からないようです。
暫くして、はたと気づきました。エアコンの埃です。
埃取り機能が付いているからと油断していました。フィルターは自動で掃除しても、その埃は人の手で片づけなくちゃならない。機械がそこまでやってはくれない。
外せそうな場所はこれか、とそれらしき部分を引っ張ってみました。壊れたらどうしようと思った時にガチャ。
おうおう、埃だらけ。ブラシをどうやって外すのか。
押したり引いたりしてたら外れました。
ブラシ
今度は元通りになるか、ああでもない、こうでもない、壊したらどうしよう。取扱説明書をごそごそ。
よく分からないけどなんとか元の位置に収めました。

外が涼しくなったのでエアコンを止めたら、クイーン クルクルクルクル。
動いたよ。

Comment:6  Trackback:0
2018
08.13

たくさん欲しい

Category:
姉はきょうは母のいるホームで半日を過ごしました。
夕飯を母と一緒に食べた頃を見計らって迎えに行き、私一人の夕飯を作ろうかという時のことです。
===================
姉の今回の入院は急だったので、施設の職員が下着とパジャマを姉の部屋から持って来てくれましたが、その中の下着に穴が開いていたので、私はこっそり捨てました。
姉は物を一定数持っていないと不安がります。その数は特に決まっていることはないけれど、多いほどいい。
穴が開いたって汚れたって、壊れたって、新しいのを買い足したって、古い物を捨てないのです。

「明日は買い物に行って新しい下着とパジャマを買うよ。穴の開いた下着は病院で捨てたから」
私が言うと姉は、「捨てたら足りなくなる。みんなはいっぱい持ってるのに」と言って顔を歪めるのです。
愛のない私は、「足りないことなんかないでしょ。毎日洗濯してもらってるんだし」
姉は肩を震わせて泣くのです。「たくさん欲しい」
愛のない私は「何枚あればいいのよ。20枚? 30枚?」

脱力しました。71歳が泣くのです。下着をたくさん欲しいと。
100枚でも買ってあげよう。だけど、古い穴の開いた下着は捨てなくちゃ、ということが分からない。
新しいのと穴の開いた下着で引き出しをいっぱいにして安心したいんでしょう。
そういう拘りなのだ、良い、悪いではないのだ、と分かってはいます。
でも久しぶりに姉の頑固さ幼さを目の前にして、愛のない69歳の私は声を荒げてしましました。

他人だったら笑っていられます。よい対処の仕方もできるでしょう。
けれど他人じゃないからこそ、うまく理想通りに接することができません。

夕飯を作る気も失せてしまいました。

Comment:4  Trackback:0
2018
08.12

退院

Category:
ご心配頂きました姉は、2泊だけできょう退院となりました。
何だかよく分からない入院でしたが、日常生活を取り戻したので良しとします。
一昨日外来で腸を押し込んだ時に戻らなくて、この状態はマズイということで入院になりましたが、絶食して様子を見ていた昨日、腸は腹腔内に戻りました。

医師の説明です。
腹壁瘢痕ヘルニアは、手術をしたとしても再発を繰り返す人もいるので、今の状態で様子を見るほうが良いのではないかとの検討会の結論です。
なぜかというと、手術してほつれ目を閉じた後再発した場合、小さくなったほつれ目から腸が出た場合の陥頓が怖い。
今の大きさのまま、戻そうと思えば戻る状態でいたほうがまだリスクが少ないということのようです。

うーん、もしかして厄介払いされた? そんなことはないと思いたいけれど。
医師からあれこれ状態を質問されても的確に答えることができない姉。診断する医師が首をひねる場面もあって。そして、それは私にも説明できるものでもないし、困ってしまいます。

退院して、ちょうどお盆だし、3泊を我が家で過ごすように連れてきました。
今夜は手足伸ばしてゆっくり寝るとします。

Comment:4  Trackback:0
2018
08.11

入院(スマホから)

Category:
姉の外来予約日だったので、10時に病院へ。
医師からは初め、カンファレンスでは、本人には手術に抵抗があるので、様子をみてもいいのではないかとの結論だったと言われてほっとしました。そのためにはもう一度CTを撮りたい。

CTを確認しながら医師は何か面白くないものをみつけたのか、他の医師と協議。
そのあと入院して様子を観察させてくださいといわました。承知するしかないでしょう。
それから入院検査、万一だけれど、緊急手術も視野に入れたフルコース。

そのまま病室へ。絶食なので点滴。針は緊急手術に備えてしっかりした置き針です。この物々しさは何なのだというくらい元気な姉です。
入院は24時間の付き添いが条件です。
私は少しの時間をもらって姉と私の身の回りの準備をしてきました。

夜はハーフケットぐらいのソファベッドで寝ました。寝たような寝られなかったような。
時間の遅さや姉の生活ペースと合わないことなどで早くもストレス満載。

いくら愚痴ったとて、どうにかなるものではなく、心しずめて編み物に集中します。
修行、修行。



Comment:6  Trackback:0
2018
08.09

3兄妹

13号は風台風で過ぎていきました。
風に備えて家中の雨戸を閉めて寝て、風の音に寝付けないと思っていたのは少しの間。
明け方に目覚めて2度寝したら、家中が真っ暗だったからか、なんと7時半まで寝ていました。ノンキな婆です。
飛ばされた物も飛んできた物もなくて片付けの必要もなし。
台風一過とはならず曇り空、時折雨の1日でした。

台風のあと
日が沈む頃ようやく雲が切れて


きょうも特に何ということなく過ぎて、編み物の綴じも上手くいかず、やはり人が編んだものを纏めるのは難しいです。が、もう少し、頑張ってみます。
苦戦しているところに広島の娘からFacebookの写真。
小さい写真なので載せてもいかなとチョット加工しました。娘はこのブログは見てないと思うけど、ごめん。
娘は用心深くて、webに子どもの写真は載せたくない考えです。
ごめん、仲良しが可愛くて。
超低体重児で生まれたチビちゃんは、あんぱんまんLOVE。
広島の美術館でやなせたかし展があったので連れて行ったんですって。
走るnakayosi.jpg
駈け出すチビちゃん、追いかけるお兄ちゃん、覚めてるお姉ちゃん
仲良し3兄妹  グッツを手にお姉ちゃんと何話しているのか チビちゃん


Comment:8  Trackback:0
2018
08.04

ダンス発表会

発表会
第1部終了の記念撮影
長い手を伸ばしているのが ノッポ孫


孫は衣装を4回も着替えて楽しそうに踊っていました。
基礎を習ったこともなく、いきなりダンスを始めて2年とちょっと。3回目の発表会です。
1回目、2回目の発表会の時は、手の動きが自信なさげでしたが、今回は体全体を使って踊れてました。
会場係もちゃんとできていたかな。
小さい子たちから慕われている様子が見て取れ、成長した孫の後ろ姿にウルッとしました。
記念撮影の前の方に写っている黒いTシャツの10人は、支援学校などに通う子どもたちですが、この子たちの成長もすごいものがあって、よそのお子さんたちですが胸が熱くなりました。

小さい子の面倒をみたり、年上のスタッフに可愛がられているノッポ孫、得難い経験を積んでいること、自分の居場所を見つけていること、必要とされていること、何をとってもありがたいことです。

Comment:2  Trackback:0
2018
07.31

孫・姉

彩椛の夏休みは21日土曜日から始まりましたが、土日が休みだっただけで、月曜から金曜まで、午前中は登校でした。
5年生、6年生が「学びの広場」と名づけられた補習を受けるのです。全員です。例えば補習が必要でない子がいたとしても全員です。
先週5日間の補習が終わってようやく夏休みになったのですが、宿題の量がとにかく多い。
宿題は全教科にわたって何かしら与えられていて、その中から選ぶのですが、真面目な(小心者の)彩椛は、これもあれもと目いっぱい選択しています。
私は「夏休みなんだから休みなさいよ。宿題全部やらなくたっていいんじゃないの」というのですが、「うん」とは言いません。
毎日毎日、宿題に追われているようです。
おじさんちに泊まりに行ったり、キャンプも予定しているので、今のうちにできるだけ終わらせるようにという親心も見え隠れして、かわいそうな夏休みの始まりになりました。

ホトトギス
ホトトギス

明日から8月。亀戸の家族会の予定はなく、のんびりの月のはずでしたが、どうやら、姉の手術が予定されそうです。
手術するリスク、しないリスクをよく考え、娘たち、従姉にも相談しました。
今度は騙すようなことはしないで、言葉を尽くして納得させるつもりです。
手術となれば前後10日間ぐらいの入院でしょうか。不測の事態に備えて(知的障害だから)、家族の24時間付き添いが条件です。
8月10日が次の通院日。そこで日程が決まると思います。
かわいそうにな、病院・手術をあんなに怖がっていた姉が、2回も開腹手術を受けなければならいんだもの。
私をはじめ、娘たち全員開腹してるけど、だれもヘルニアになってない。よりによって、どうして姉なんだ。
思ってもしょうがない。術後の痛みがないように、ようく医師にお願いすることぐらいしか私にはできない。

Comment:10  Trackback:0
2018
07.29

編み物で 「ん?」 

台風は昨日夕方から時折風雨が強くなりましたが、きょうの午前中には晴れ間も出てきました。
気温は30度ぐらいで湿気があるけれど、風は涼しくて、エアコンなしで過ごしました。
娘の東広島も何事もなかったと報告が来てホッとしました。

朝から1日編み物をしていましたが夕方、「ん?」。
間違いに気づきました。
きょう1日分を解いて編み直しにかかっています。
他のことでは決断するのに時間がかかるくせに、編み物は別です。
そしてよく間違います。
結婚前は兄が、結婚後は夫が、私の「ん?」というのを喜んでいました。
「どこまで解くんだ?」
ツーツーと気持ちよさそうに解いていったものでした。

ポスター


相馬野馬追、今日が本祭り。
今年のポスターと、動画を見つけました。

ちょっと珍しいお祭りでしょ。




Comment:4  Trackback:0
2018
07.25

投げ出す

昼ごろに姉のこととは違うこと、ちょっと嫌なことがあって、すごく落ち込んでしまいました。
悪いことが次々に重なって、自分のことじゃないのに、何もかも投げ出したい気分になりましたわ。
自分のことじゃないし、私にはどうすることもできないんだから、なにもかもなんて大げさに考えなくたっていいのにね。
その時はそうとしか考えられなくて。
夕方、気分転換に美容室へ行って、帰ってきたら、問題は何とか解決の方向へ向かってました。
私、どうかしてたね。

私、本当はネクラなのだと思います。ネクラだったんだと思います。
結婚して、物事を深く考えない人に影響されて、「生きてくって、案外どうにでもなるもんなんだ」と気づきました。
その後に友だちになった人がまたポジティブな人で、私のネクラの部分に灯りをともしてくれたのです。そういう友がもう一人いて、3人のおかげで、何回ものどん底を見ながらも人生を投げ出さずにすんできました。
あ、もっとも、それらがどん底だったのかどうか分かりませんよね。どん底だって思い込んでいただけかもしれないし。

でも私のネクラの根っこは生涯変わらないと思うんです。だから、時々暗くなって・・・反省して。また全てを投げ出したくなって・・・立ち直って。
きょう半日を投げ出したので、これから頑張って取り戻すぞ!

Comment:14  Trackback:0
back-to-top