2018
02.18

父のこと

父は教員でした。一時期を除いて生涯教員でした。
小学校の教員、教職員組合の専従職、中学校の教員。その間一度だけ、山間の小・中校の教頭。
管理職になることを拒み、40年を教員の身分で勤めあげました。
58歳で早期退職を願い出て、1年半後には大腸がんが発覚、入院。その半年後に60歳で亡くなりました。

この父の言葉をふと思い出しました。
私が直接聞いたのではなく、友人から聞かされました。
父は私の中学に赴任してきたので、彼の弟を教えていたようです。
昔はそんなことがあったのですね。さすがに同じ学年を教えることはありませんでしたが。

ある日、友人が言うのです。
「お前のとうちゃん、生徒から人気があるんだぜ」
「えー、信じられない」 (家では無口な父でした)
採点したテストを返す時に、こんなことを言ったんだそうです。
「テストの点なんてな、お前たちの責任ではないんだ。頭なんてな、親の出来の10%増か、10%減だ。よくても悪くても、そんなものなんだよ。
そう思ったら、得意になることもないし、悲観することもないんだ」
生徒たちは笑ったり手を叩いたりしたそうです。

その言葉をいま私は娘たちに伝えたい。
「何をそんなにキリキリしているの? 親の思い通りにならないのが子どもだよ。
自分ではそうと思ってないだろうけれど、プレッシャー相当だと思うよ」

・・・ でも、私は婆なのです。親ではないんです。教育しているのは娘たちです。
父の言葉を考える余裕なんかないのが現代の教育事情なのでしょう。
余計なことは言えない、言わない・・・

s-P_20180213_141057.jpg

ヒヤシンスも 芽を出して 春よ来い!


Comment:6  Trackback:0
2018
02.15

何もない日

今日もほぼ一日校正をしていました。
どこへも出ないし、掃除も洗濯もしない。何にもない一日でした。

s-P_20180213_141213.jpg
こんなんじゃダメですね。明日は午前中、切手整理のボランティアに出かけます。息抜きです。
午後はもう一度最後の校正をして終わりです。

彩椛が、学校行きたくない病を発症したようです。
どうしちゃったんだろう、なにがあったんだろう。これから行ってみようかな。
一緒になにか美味しいものでも食べてこようかな。

 福寿草が咲きました


Comment:4  Trackback:0
2018
02.10

監視下の夕飯

早朝に家を出て、家族会の手伝い、講演会、打ち上げ。
そして今、帰りの電車の中です。
中ジョッキ2杯飲んだ婆が電車でご帰還です。眠い…でもここで寝たら常磐線の本物の酔っ払い。


今回の騒ぎは今までの食事が粗末だったからだって、娘に叱られて、夕飯の写真をアップするように言われました。しばらくは監視下におかれるらしい。

写真を載せるために作ったフェイスブック・グループの名は、
「インスタ映えしない夕飯」

今夜は中華料理で打ち上げ。蒲田の羽根つき餃子などで、合格。
Comment:8  Trackback:0
2018
02.09

内視鏡検査顛末

85%癌だと思い覚悟をしました。
理由は、大腸がんの初期を思わせる症状があったからです。
(この後は、部位が部位なだけに、食前食後の方は読むのをお控えください)
2か月、もしかすると3か月ぐらい前から気になっていました。
お通じは1日に1回、わりと規則正しいほうでしたが、でない日がある、と思えば緩い、を何日かおきに繰り返していました。
そのうちふとお通じが細いのに気づきました。何日も同じ状態でした。

父は60歳で直腸がんで亡くなっています。
先日は兄が「細くて何度もトイレに行くのはよくないらしい」と自分のことを話していて、それを思い出しました。
兄はどうだったんだろう、検査はしたのだろうか。そんな事より自分のことね。
検査の前の下剤のことを考えると気が重くなって、グズグズしていました。
気分は落ちていきますが、家族の前では明るく振る舞っていました。
でもこんなこと、いつまでも続くわけがありません。決心して病院に行ったわけです。

医師は、私の話を聞いただけで即、検査の日を示しました。
ポリープを切り取ったあとは、遠出の外出を控えなければならないからと、予定のすり合わせもしました。
もうこの頃には、弱い私もすっかり覚悟を決めることができました。
なにも、がんと決まったわけでなし、そうだとしても、治療ができないということでもなし。
人間はみな平等に、死への道を歩いているんだしね、などと、利いた風なことも思っていました。

一つ気がかりがあるとすれば、それは父親のいない183㎝孫のことです。
父親代わりの祖父が急に亡くなり、数年して祖母もではあまりに可愛そうです。
この孫のためにあと10年、いや、5年生きたいなと思いました。
あとは、もしもあの世とやらがあるのなら、先に逝った楽しい人たちが待っています。
この世でやり残したこと、やらなければ後悔することなど、一介の主婦にあろうはずもなく、と思うと気が楽になったのでした。

この間、明るく振る舞っていたので、彩椛ママも明るく応えてくれていましたが、どんなに心配していたことか。ママだけに打ち明けていたからです。
昨日は泣かれてしまいました。
「お母さんは覚悟というけれど、お祖母ちゃんみたいに98歳とは言わないけれど、70歳では早いからね」
(そうね、でも70歳だって、80歳だって、それが寿命とすれば仕方ないことよ)の言葉を飲み込んで、
「ごめんね、心配かけたね」

朝から絶食だったので、みんなでお寿司を食べました。


Comment:12  Trackback:0
2018
02.07

欲しがらない

プリンターが壊れました。
夫が持ち運びして使いたいと買ったモバイルプリンターでした。
久しぶりに物欲が出て、あちこち調べてみました。ピンからキリまで、これかなと思うのは数万円。
決めかけたのですが、ふと、「待てよ、プリンターって何にどのくらいの頻度で使っているのか」と思いました。
近ごろのことを思い返すと、点訳の時の議会だよりの印刷が多いですが、これとて3か月に1回、20ページくらいのもの。
あとは何だろう、時折書類に添付する免許証のコピー。年に1~2度あるかどうか。
仕事をしてるわけじゃないから、書類作成なんてそうそうないし。
プリンター必要ないかもしれない。コンビニのプリンターで事足りるじゃないか、と結論を出しました。
久しぶりの物欲もあえなくポシャッ。欲しがらない女です。

ほんとはね、カメラが欲しいと思ってます。夫の一眼レフは息子にやりました。
残ったコンデジ、バッテリーを替えても持ちが悪く、下手を棚に上げてもなお、写りがいま1も2も。
先日のお月さまなんてボヤーッとしか撮れませんでした。
ミラーレスか、性能のちょっと上のコンデジが欲しいな。
でもね、写真撮ってどうするのと思った時、もたげていた物欲はしぼんでいっちゃいます。欲しがらない女です。

s-P_20180207_171607.jpg
釣りにカヌーにと
水辺で活躍した夫のカメラ。


Comment:2  Trackback:0
2018
02.04

嬉しいこと!

s-P_20180203_142040.jpg
きょうは外に出ると、背にあたる日差しがあったかでした。
冬の始まりから隣家の陰になっていた庭も、光を取り戻して、気の早い木瓜が数輪つぼみを膨らませています。

昨日、今日と、嬉しいことが続きました。
どんなことかと説明を始めれば長くなるので書くことができませんが、ここ何年も病に臥せっていた方の消息が分かったのです。

直接お会いしたことはないのですが、電話やメールで何度かお話を。恩人です。
今度こそ、会いに行きたい。四国への旅を計画しなければ!

さらにもう一人、お会いしたいと思っていた方に会うことができるようになりました。
遠い人ではなく、その気になれば連絡が取れない人でもないのに、私が気後れして行動を起こさなかったのでした。
間に入ってくださるとても行動的な方が、私をその方に紹介してくださったのです。
来月初めごろにお会いできます。とても楽しみです。恩人になってくださる方がた、だと思っています。

木曜日は検査日ですが、余計なことは考えないように、ちゃんと仕事が与えられて、点訳校正に励んでいます。


Comment:3  Trackback:0
2018
01.31

ぼーんやり

風邪の余韻に浸って少しゆるゆるしていたかったのに、通常生活に引き戻されました。
点訳依頼のメールがあったのです。1月28日発行の県議会だよりですから、県民の手元にはもう配達されています。
点字版、なるべく急がなくちゃ、と思えども、気のせいかエンジンの回転がイマイチ。
休み休み、自分に声かけながら無理しないでがんばってます。
私には、こうやって自分を追い込んでやることが必要なんです。余計なことは考えないで済みますから。

それにしても私の回りは、さざ波の絶えることがない。どうしてだろう。
思うこと、考えること、悩むことが多すぎるんですよ・・・私が引き寄せているんだろうか。
あ、でも勿論、良いことだってたくさんありましたよ。

「私の人生、いいことあったかなぁ。なんにもなかったような気がする」
昔、夫に言ったことがありました。ちょっと沈黙のあと夫は、
「俺と結婚したことは『いいこと』ではなかったのか?」
はいはいはい、ごちそうさま、ですね。ごちそうしましたよ。

たまにはドヨーンと落ち込むこともあるんです。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

月が欠けてきましたね。
私のスマホも、カメラも、ぼんやりまあるくしか捉えられません。
カメラ、欲しいなぁ。


Comment:4  Trackback:0
2018
01.29

体に力が

昨日は寝ていることに飽きて、起き上がったのですが、今思えば体に力が感じられませんでした。
ゴロゴロしてたのですが、午後になったら寒気がしてきて熱がでました。こりゃあ、アイハートさんが書いてらした、A型B型ダブル罹患かな?

夜はしっかり眠れました。新聞配達の音にも起きなかったくらい。
そしてスッキリと目が覚めました。
体に力が戻ったみたいに感じられます。
今度こそ大丈夫でしょう。
娘にもみなさんにも叱られるから、おとなしくしていますけど。テレビ見飽きました。


Comment:8  Trackback:0
2018
01.28

インフルエンザ

インフルエンザでした。
風邪かも、と書いた日、夕方になるにつれて体温は上がっていく一方。
木曜午後やっている病院を探して受診しました。午後5時半なのに患者であふれている。
A型と診断され、処方されたイナビルをその場で吸引して帰りました。
もうひたすら寝るしかない。

熱は徐々に下がって、辛いという状況でないので助かります。
でもこんなに効くって、効き過ぎって心配になるくらいだけどね。
体はだるくて丸3日寝ていました。寝るのにも飽きてきて今朝は床上げと思ったのに、気持ちがピシッとしません。
お腹はすくのだけど、食べたいと思わない。食べてもおいしくない。
年取ったものだ、治りきらない。

みなさま、コメントをくださったみなさま、ご心配かけました。あと少し、ゴロゴロと布団の中で過ごします。
布団の上でキーボードをたたく気力は出ましたので、明日には大丈夫でしょう。
寝ていると、負の気持ちが沸き起こってきて、ちょいと気弱なわすれ草です。


Comment:5  Trackback:0
2018
01.25

風邪かな?

どうも風邪らしい。
感染したのは一昨日行った病院か。喉がイガイガして目がしょぼしょぼ。緑茶を一生懸命飲んだりウガイしたりしてたんだけど。
昨夜から何となく吐き気がしてました。
熱が出ました。大した熱ではありません。

おとなしく寝ています。

s-P_20180124_143530.jpg

福島の友人から届いた干し柿だけ紹介させてください。
何年か前から届かなくなったんです。
軒下に吊るしてある干し柿を山のお猿が盗みに来て、誰のために作っているんだかって、止めたんだそうです。
柔らかい手づくりの干し柿。友人と、お姑さんの手間と愛が詰まっている干し柿です。


Comment:4  Trackback:0
back-to-top