FC2ブログ
2019
10.21

脚力

ガマの穂さえないお天気が続きますが、雨が降らなければ出かけています、散歩。
途中の低地にガマの穂が出ています。
歩数はどのくらいでしょう、計ったことはないのですが、40分ぐらいのコースと30分ぐらいのコースを、時に応じて歩いています。
自分ではシャンとしているつもりですが、姿勢は悪く顎が突き出ているかもしれません。農道を歩くため姿を写せるウィンドーがないので、時々意識して顎を引いたりしています。
早足で歩いていますが、40分コースは最後頃になると、自分でも足運びの鈍るのが分かります。最後までちゃんと歩きたい、徐々にね、脚力がついたらね。

きょうは午後から、家族会の会報に載せる記事を頼まれていたので2本書いていました。600字くらいのものですが、短いのはそれなりに難しい。
私は人さまの一字一句をそのまま点訳したり校正したりしているので、文字には慣れているけれど、自分で書くとなると難しいです。
慣れないことに頭を使ったからか、甘いものが食べたい、けど何もない。ないとなると余計に食べたい・・・氷砂糖を見つけました。これで我慢。

Comment:4  Trackback:0
2019
10.18

クロス刺しゅう Ⅱ

このところお天気も良くないし、家で静かに過ごすために針と糸を持っていました。
IMG_20191018_100257.jpgこれは15年以上前に、娘と一緒に時間を過ごすために始めたものの、途中で断念。捨てられないままに今日まで残っていたものです。
あの頃はまだ50代半ばで、老眼鏡をかけ始めだったような気がしますが、しっかり布目は見えていました。1センチに7目を刺す小さいクロスです。 
今はもうだめ、拡大鏡で確認しないと見え無いから勘で刺す。だから針目がめちゃくちゃです。でもいいの、今まで残していたんだもの、完成させるわよ、の一心で細かいところは見ないことにして進めています。
ところが、どこかで目を数え間違っていたらしく、模様が繋がらなくなりました。間違ったところはもうわかりません。解くに解けません。
型にはまったことをやるのは得意でも応用の利かない私が、はてさてどこまでできるのだろう。

夫は釣りの時に使う毛ばりを自分で巻いていました。その時に使っていた拡大鏡があったはずなのですが、探しても出てきません。記憶にないけれど、私が捨てたのでしょう。終活、なんでも捨てりゃいいというものでもないですね。
もしかしたら、必要なくなった時にヒョッコリと出てくるかもしれないですが。

IMG_20191004_150949.jpg
歯科医院の ローズヒップ

Comment:8  Trackback:0
2019
10.08

クロス刺しゅう

クロスきょうは朝から雨。降ったりやんだり、ちょっと照ったりの目まぐるしい天気。
半日針と糸で遊んでいました。彩椛が始めたけど投げ出したクロスステッチのキットが出てきて、どうしようか迷って捨てるのは止めました。
やっとここまで。目がしょぼしょぼです。こんなことができるのは今のうちかしら。

若いころは洋裁が好きだったけれど、ある時から興味を失ってしまったんです。それは自分の体形。型紙を起こすのが悲しくなって、あんまりに太くて不格好な型紙。で、当然仕上げても見栄えがしない......自分にぴったりの服が縫えていいじゃないとお思いですか。でも悲しすぎるんです。それと、点訳が忙しくてまとまった時間が作れませんでした。

その点、手仕事は良いです、体形に関係ないから、ふふふ。

Comment:7  Trackback:0
2019
10.05

先輩からの挑戦状

私たちには「先輩」と呼んでいる友だちがいます。

夫のでも私のでもない先輩。夫の友人の先輩ですが、その友人が「先輩」と呼ぶので私たちも「先輩」と呼ぶようになりました。かれこれ45年の付き合いです。

万年文学青年・機械オンチの先輩にPCを教えたのは夫です。水戸から福島まで泊りがけで行っての押しかけ講師。先輩は2日でなんとか覚えました。あとは検索のコツを私がちょこっと手ほどき。

夫が先輩にPCを教えたのは、Facebookでやり取りをしたかったから。Facebookは入院生活の慰めとなりました。

Facebookで過去を遡ることがあります。先輩も時々覗いているようです。その時々のやり取りを昨日のことのように思い出して、笑ったり泣いたり。先輩も同じだと思います。

先輩のきょうのFacebookは「アミラーゼ問題」と呼ばれている問題。

次の文を読みなさい。

アミラーゼという酵素はグルコースがつながってできたデンプンを分解するが、同じグルコースからできていても、形が違うセルロースは分解できない。

この文脈において、以下の文中の空欄にあてはまる最も適当なものを選択肢のうちから1つ選びなさい。

セルロースは(     )と形が違う。

(1)デンプン (2)アミラーゼ (3)グルコース (4)酵素

私は、アミラーゼ・グルコースにまず拒否反応。考えを放棄。

それでも悔しいじゃない? 科学の問題ではなく国語の問題として考えればどうか?

う~~ん、う~、う・・・


彼岸花
何日か前のヒガンバナ
今はほとんど終わってしまって、キンモクセイが匂っています

Comment:14  Trackback:0
2019
10.03

ウォーキング

このごろ以前にも増して体が重いと感じて、これはかなりマズイことになっていると思っています。運動は何もせず、夏の間は外へ出ることも少なかったので、足も弱っていると思います。
ということで、実は3日前からウォーキング始めました。
言って数日しか続かなかったら恥ずかしいので、書くのをやめようと思ってたんですが、いや、言って自分にプレッシャーをかけたほうが続くかしらと思って書いてしまいます。

10月1日は早朝目覚めてしまって、2度寝もできない時間だったので起きだしました。
外は濃い霧。
濃霧くもの巣
薄暗い日陰の道は白黒の世界
クモの巣も霧で濡れてくっきり

猫じゃらし
ネコジャラシもアカマンマも霧のなか

どれほど足が弱っていたのか、3,40分の散歩がきついです。きょうは夕方まで気力が出なくて、ぐずぐずしていたのですが、思い切って外へ出ました。きょうは軽めにと思いながら歩いたけれど、あの角まで、あそこまでと距離を伸ばして、いつも通りの40分。
さてさて、いつまで続くやら。そのうち、こっそり止めてるかもしれません。

Comment:10  Trackback:0
2019
10.02

スカーレット

昨日の夫のスカーレットに続いて、彩椛ママの絵も見てもらおうかしら。
父の描くのを見て、私もって描きました、20代のころだったか。何枚か印刷して青インクが無くなりかけたのを覚えています。

P_20161222_140204.jpg

ヘビは取ってきたことがないと思うけれど、彼女はいろんな獲物を私たちにプレゼントしてくれました。
夏はジージー鳴くセミをくわえてきて、私たちに見せました。得意げです。「あんたたち、セミ取ることできないでしょ。しょうがないわね、私が持ってきてやったわよ」
スカーレットの獲物はなんでも迷惑だったけど、子ネズミと小スズメは特に困りものでした。生きたままくわえてきて、私たちの前にポンと置くんです。スズメは飛びます。私たちは大騒ぎして外へ逃がします。すると彼女は怒ります。「せっかくのプレゼントなのにニャ~」

スカーレットは長男が高校生の時にリュックに入れて連れてきました。飼い主を必ず見つけるからと言って。
でも探さなかったと思います。で、我が家で飼うことになりました。
ジャムのビンに首を突っ込んだまま引きずっていた子猫を公園で見つけた息子、動物病院に連れて行って抜いてもらったのだと。片手の上で鳴いていました。それから私がエプロンのポケットに入れて育てました。
その恩も忘れて気ままなニャンに育ったスカーレットは、私たちを翻弄しました。
つけた名前が悪かったのか。
私の友人は、「なにがスカーレットよ。トラよトラ!!」と笑いましたが、スカーレットは、私たち親と思春期だった子どもたちとを、かろうじて繋ぐ大切な存在でした。

Comment:6  Trackback:0
2019
10.01

開かずの引き出し

Category:
ここ数日の暑さで、きょうは蝉が鳴きました。でも朝夕は虫の声がにぎやかです。
水分と頑張り過ぎに注意してきょうも片づけの続きをしました。本は選別してほぼ縛り終わりました。
そのあとは開かずの引き出しの書類整理にかかりました。夫の仕事関係の書類が多かったのですが退職して5年、もう取っておく必要はないでしょう。退職しても、問い合わせがあれば答えられるようにと残しておいた書類ですが答える主がいないのですから。
書類を束ねながら、胸の中でご苦労さまを言いました。
「なんの心配もなく暮らせたのは、お父さんが仕事に誇りを持っていたから」と子どもたちに言い聞かせたことがありました。
その仕事によって命を奪われることになるとは思いもしませんでしたが。

片づけていて、懐かしいものが随分出てきました。
なんだこりゃ、というものもありました。それは小箱に入っていたのっぽ孫の乳歯です。
前歯がグラグラになって、少し触っただけで抜けそうなのに恐がっていた孫でした。
それをどう説得したのだったろうか、前歯に糸を結んでチョンと引っ張ったのです。その時の糸がついたままの孫の歯でした。大騒ぎが昨日のことのようです。
写真も大量に捨てました。私が懐かしいだけで、子どもや孫には関係ない写真ばかりです。
その他諸々にも取り掛からなければ。こちらがむしろ問題です。
趣味の道具、PCの小物、工具、そしてキャンプ用具等々。これは簡単には済みそうにない。気が向いた時に一つずつ、無理せずに。

P_20161222_140144.jpg
こんなのを見つけました。
PCを買ったごく初期、夫がマウスを使って書いた我が家の愛猫。
子ネズミを捕えたスカーレット。

PS: 子ネズミではなくて子スズメのようです。
細い足とくちばしも描かれていました。どちらでもいい話だけど。

Comment:12  Trackback:0
2019
09.29

つったー

朝、新聞を広げる場所がよくないのね。パソコンの机が少し広いものだから、そこの椅子に座ってしまう。そして新聞を読み終わるとパソコンのスイッチに手が伸びる。
決まったルートでウェブをひと巡りすると、そのあとはなんとなく点訳ソフトを開いてしまいます。
そうすると、座ったまま時間にキリがなく・・・

今朝は新聞を読み終わって立ち上がった時に、買っておいた秋植えの球根が目に入りました。きょうこそ植えなきゃ。
小1時間庭に出て、家に入ったら習慣のようにパソコンの前に。これがいけないんだと思って、コーヒーを淹れながら、何をしようと考えました。
本の整理をすることにしました。ずっと気にはなっていたものの、整理というか捨てるということに抵抗があって、見ないフリしてました。丸4年、夫の本ようやくです。

2時間ほど本を縛っていたら足の指に違和感を感じるので止めました。階下に下りて椅子に座ったところで両足の指が攣ってきました。指を掴んで反らすこと暫し、長い時間に感じました。漢方薬がある引き出しへ行くこともできなくて、なんのための常備薬か。
必ず収まるとは思うものの、攣った時の痛みは怖いものです。2階を散らかしたまま今日の仕事はおしまい。

あきづき
あきづきという品種です 両手に余る大きさ 
台風15号の風に耐えて 大きくなったのね

Comment:8  Trackback:0
2019
09.27

一病息災

私は11年前に軽い脳梗塞で入院しました。
夜中に、胸に乗ってた腕がバタンと落ちたような感覚で目が覚めました。そして寝返りをうとうとしたら右側が動かない。えっと思った瞬間(脳梗塞?)と思いました。
119番に電話して動いてもいいかどうかを聞きました。「行けるなら消防から連絡をしておくから自家用車で行ってください」と言われました(この対応が、今になって変だと思うんですけど、結果オ-ライ?)。
そして病院に着く前に、腕も足も動くようになっていました。もちろん運転は夫でしたが、これも今思えば、酒気帯び運転。
血栓を溶かす点滴が始まったのは家を出てから20分以内。10日ぐらいで退院したと思います。後遺症がなく幸運でした。

車輪梅

はい、前置きが長くなりましたが、それ以来薬を飲んでいるので、月に1回通院しています。面倒だし、一生薬を飲むのかと思うと気が滅入るけれど、子どもに迷惑をかけるわけにはいかないです。きょうが通院日でした。
最近近所に良いお医者さんを見つけたので、面倒がらずに通いましょ、仕方ないもの。横須賀の病院でアスベスト疾患を診ていたというこの医師に、これからをお任せしようと思います。
きょうは胸のレントゲンと心電図をとりました。背骨が曲がっていると初めて言われました。それから心臓が大きいとも言われたのですが、頭に置いておきますという程度のことだと思います。一病息災でいきますわよ。

Comment:12  Trackback:0
2019
09.22

年とったら

今年の夏は蚊が少ないと思いました。
暑すぎて蚊も活動できなかったのか、カラカラに乾いて繁殖できなかったのか。蚊に刺されること少なく夏が行って、涼しくなった昨日今日、いっぺんに6~7か所刺されてしまいました。小さい弱々しい蚊が飛んでいたのは知っていたのに油断しました。

ラケット我が家でいちばん蚊に刺されたのは夫でした。お酒飲んで体が暖まるからかしらね。電気が通るようになっているラケットみたいなのを振り回していたっけ。
私もまあ、それなりに刺されていたけれど、この頃気づいたら蚊に刺されなくなっていた・・・年とったら蚊も寄り付かないと笑っていますけど。家の中に私しか標的がいないから蚊も必死だったのね。

話しは変って、年とったこと繋がりで。
数日前に頭が痛くて熱っぽいような気がして体温計を挟みました。
ピピピッ・・・35.4度?? もう一度ピピピッ・・・35.6度。
今までずっと平熱は36.3度前後だったはず。日を置いてきょう、また計ってみたけれど、35.4度でした。
ふーむ、年とって代謝が悪くなったということかな。免疫の観点からいうと、体温は高いほうが良いと聞いたことがあります。35度台ってマズイかな。

Comment:6  Trackback:0
back-to-top