FC2ブログ
2018
10.18

名字

名字の読みを調べていて、面白い検索サイトを見つけました。
名字にまつわるあれこれ、由来や分布などが載っています。

私の旧姓は福島の生まれ育ったその地では珍しかったようです。
当用漢字なのですがなかなか読んでもらえなくて、いちいち名乗るのが面倒でした。結婚するなら佐藤、鈴木がいいなと冗談を言ったものです。
父宛ての手紙でびっくりしたことがありました。
住んでいたのは「福島県○○郡○○町字○○123番地」だったのですが、届いたあて名書きは「福島県○○郡」だけ。
それでも届くほど珍しい名字だったというわけですね。

さて私、結婚してどうなったか。旧姓に比べると読まれやすくはなったものの、珍しい部類の名字です。
ちなみに佐藤を名乗る人は、全国に200万人弱。
夫の姓は1万9千人、私の旧姓は7千人。

もう一つびっくりは、父方の祖母の旧姓。全国に40人しかいないのだそうです。
祖母の育った家のこと、もっと聞いておけばよかった。本当かどうか今では確かめる人がいなくなってしまいましたが、前田藩お抱えの和菓子職人の家だったそうです。
有名人のルーツを探るテレビ番組があるけれど、お祖母ちゃんにも波乱万丈な過去が埋もれていたら愉快だな。

スズメウリ

ようやく1個色づいた オキナワスズメウリ。
今年は発芽も生育も遅くて 心配してました。

寒さが来る前に 
来年をつなぐよい種が出来てくれますように。


Comment:2  Trackback:0
2018
10.17

肩こり

肩こりの続きです。
夫は肩がこるということを知らない人でした。
私は子どもの頃から肩こりがあったので、肩のこらない人がいるなんて信じられなくて、嘘でしょ、と夫の肩に触ると本当なのです。
私の肩は触ると硬くてコリコリですが、夫の肩はフリャリとしていたものです。

肩のこらない夫は、マッサージが得意でした。どこで覚えたのか私が実験台でした。
私が首や肩をぐりぐり回しているのを見つけると嬉しそうに、「そこにナオレ」と座布団を並べるのです。子どもたちは、また始まるお母さんの悲鳴、と冷ややかです。
どこを押しても触っても悲鳴をあげる私を夫は、「全身どこでもツボ」と面白がって苛めるのでした。
自分が病気になっても、私が疲れた顔をしていると座布団を並べて足の裏を踏んでくれました。あれからもう、誰にも踏んでもらってないんだ、自分じゃ踏めないしね。
久しく忘れていた足裏のツボ、健康棒でグリグリ苛めてみました。
効いてるのかどうか、良いんだかそうでもないんだか。
気のせいで楽になったかもとしておきましょう。

夕焼け
2階の窓からの 夕焼け
何日ぶりかしら

Comment:2  Trackback:0
2018
10.16

暇つぶし

編み目この頃時間があると編み物をしています。
他にはピアノ、それにPC。
どれもこれも俯いてばかりいるので、首と肩がコリコリ。
ツボ押しはどうだろう、確かミニ本があったはず。

「合谷」というツボがいいらしい。
くーーーーーっ!!  イタ気持ちいいーー!

ついでにPCで足裏マッサージを検索。
「健康棒」で、目・首・肩のツボをゴリゴリ。
いたたたたぁぁぁぁ!
ちなみに足のツボは、目は人差し指と中指、首は親指、肩は小指の付け根にあります。「健康棒」はツボ押しの小道具です。

気のせいか、少し楽になったような。

Comment:6  Trackback:0
2018
10.04

緊急地震速報

昨夜11時に寝てちょうど良い具合の眠りの最中、緊急地震速報が鳴って起こされました。
えっというくらいの揺れで終わってほっとしたのですが、さあ、それからが眠れない・・・眠れない。1時半になっても眠れない。
仕方ないからラジオのスイッチを入れました。「ラジオ深夜便」 聞いているうちに眠ったのか、2時ごろ再び地震で目が覚めました。
また眠れない・・・3時を過ぎて、朝刊配達のバイクの音が聞こえてきました。
ちょっと眠くなったような気がしたのでラジオを消しました。眠れたようです。
6時に周り家の車の音で起きました。いつもの起きる時間です。

リコリス
リコリス

きょうは燃えるごみの日。
徒長枝を切ったのをまとめて集積所まで運びました。先日引き抜いたみょうがも縛って出しました。庭が片付いて、ヤレヤレ。
徒長枝といえば、元気な枝が何本も、切ったら切っただけ伸びるのですが、切り方が悪かったようです。ノコギリを手に、枝の付け根からギコギコ落としました。さて、来年やいかに。

というわけで台風のあとの日もきょうも、寝不足の日に限って働き、今夜も薄ぼんやり、眠いです。早寝にします。

Comment:4  Trackback:0
2018
10.03

孫の靴

ブログのお友だちのアイハートさんが先日、お孫さんの靴の大きさを書いていらした時に私が、
「我が家にも大きな靴の孫がいます。初めての靴を取ってあるので、そのうちお見せしますね」
とコメントに書きました。
きょう、孫は学校行事のために休みだったらしく顔を見せたので、そうそう、写真と思い出しました。

ノッポ孫は生まれも大きく、初めてのあんよの時のこの靴は13センチです。
夫が一人で靴屋に行って買ってきたものです。
選ぶのが楽しかった、幸せだったと言ってました。そのあとの孫たちも履いて、今はあちこち擦り切れていますが、捨てることができない我が家の宝物です。

悠の靴

ノッポ孫に写真を見せました。「うふっ!」と言う反応でした。
13センチと28センチ。

Comment:6  Trackback:0
2018
09.23

ごほうび

草むしり3日め。どうにか終わりました。思いのほか蔓延っていたみょうがの地下茎、抜くのに苦労しました。
みょうがの子、好きだけど大量に保存はできない。酢漬けにすればいいのでしょうが、私は酢が大の苦手。新聞紙にくるんで冷蔵庫に保存できるだけの量にしました。だからみょうがは数株あればいいんです。狭い庭、みょうが畑になっていたのがスッキリしました。来年からはもうこれ以上は増やさないぞ。

いろいろ整理しながら終わったのが午後2時。もうもう指も肩も首もゴキゴキです。
お風呂でゆったり体を伸ばそうと湯を張りました。夏の間はシャワーで済ませていたので久しぶりです。
こんな時夫だったら、湯船でプシューです。昼風呂、私も真似しちゃおう。お盆に簡単なつまみ、昨日の漬物などをのせて、うふうふ、プシュー!

プシュー
夫がいたら喜んでいると思います。
「あんたもやるじゃないか」


Comment:6  Trackback:0
2018
09.07

きょうの仕事

台風でも地震でも停電が起きて、被災地のみなさんは暗い中で不安な不便な生活を続けられているのですね。
徐々に復旧しているとのニュース、明るい光が待たれます。
東日本大震災の時、当地は2日間停電しました。ヒーターが点かなくて夜が寒かったですが、布団にもぐりこんで早くに寝たのでした。
キャンプ用品が豊富ですから、夜もガソリンランタンとガスランタンでそこそこに明るい暮らしができました。

ランタンきょう、物置でガソリンランタンを探したのですが、長いこと手入れをしてないのですぐに使うことはできないと思います。
ガソリンランタンには、灯りの部分(マントル)の取り付けと空焼きなど難しいメンテナンスがあります。なん10年も見ていたけれど、私にはできないと思う。
でも、いいものがあるんです。電池のランタンです。
これはテント内に持ち込めるので重宝しました。
LEDライトで明るさは2段階、オレンジの常夜灯も点きます。
単2乾電池4個を入れ替えました。

明日はまた出かけますが、日曜には食品類の点検をすることにします。


帽子来週から気温が下がる予報が出ています。夏の終わる頃、ようやく帽子を編みおえました。
ブログの友だち、まめままさんに教えていただきました。
簡単ですよと言われたのですが、なかなかどうして。何度も解きました。解くと撚りを元すのに時間と手間がかかります。泣きたくなりました。だって、編んでいくにつれて、虚無僧の編笠みたいになっちゃうんです。
でもがんばりました。頭でっかちの私が被ると、農作業のおじいさんみたいに見えますが、写真を撮りました。恥ずかしいですけど。

Comment:6  Trackback:0
2018
08.26

「油が通る」

昨夜、少し寒気がするかなと書き終わって、寝る用意をしている間に体調はずんずん悪くなって、這うようにして2階へあがりました。
布団に入ると間断のない震えに見舞われました。これは完全に熱が高くなる。解熱剤と水を持ってきたのは正解だった。
2時間ぐらい縮こまって震えていて、日付が変わる頃には眠ったのでしょう。
2時ごろ体が熱くて目が覚めました。
水を飲んで体温計を挟むと39.3度。これならまだ大丈夫と再び三度眠って、朝になったら7度台前半まで下がっていました。
体調は今少しシャンとしないけれど、大丈夫。

風邪なのかな? 娘は熱中症じゃないのというけれど。
寒いぐらいの部屋に1日籠ってて、水分も十分だったよと言うと、
「隠れ熱中症ってあるんだってよ。お茶は利尿作用があるからダメだって」
私はその手の話には乗りません。
自分の感覚を信じます。これは風邪です。

熱が出る前はなんと表現していいか分からない感覚になります。
体の芯にあるのものを掻きだしたいような、イライラした感覚です(分からないでしょうね)。
同時に手足の関節が重怠くて、これまた取って捨てたいような感覚になります。
8度台前半位の熱ではこうはならないのです、経験です。

子どもたちは風邪をひくと高熱が出ました。39度くらいでは驚かなかったくらい。40度になるとさすがにね、という子どもたちでした。
末の子が幼稚園に入る前ぐらい、夜中に40度を超える熱が出た時です。
引っ越して間もない水戸で、病院も知らなくて、近所の交番に駆け込んで病院を探してもらいました。
その時に末っ子が、膝をさすりながら泣いて訴えるのです。
「あぶらがとおる、油が・・・」
関節が気持ち悪かったのでしょう。
でも何を訴えているのか理解できない愛の無い私はイライラしました。
その時、根気よく優しく足をさすっていた夫の姿が忘れられません。

「油が通る」 私に足りないものを教える言葉です。

Comment:8  Trackback:0
2018
08.25

寒気

命の危険な暑さってこういうのかと思うような暑さでした。
40度の地方からしたらまだまだでしょうけど、私が経験した中でいちばん暑い日だったんじゃないでしょうか。
明日になれば最高気温の発表があるでしょうけど、38度はあったと思います。
郵便を取りに外に出たら、肌を刺すような日差し。
そうそうに引き返しました。
チラッと見た草は、伸び伸びと葉を茂らせて、草との戦いは100%私の負けです。
雨も少ないのに、元気な草たち。

夕方、夕立のような雨が通り過ぎました。
雷もすごくて、いくつかは落ちたみたいな稲妻が走りました。
これで一気に気温が下がって、今は25度ぐらい。

きょうは1日点訳をしていて、入力だけは終わらせました。
早すぎるけど、今夜は寝ます。ちょっと気分がよくない。
熱は36.9度。微妙なところね。少し寒気がするかな? 風邪かな。

Comment:0  Trackback:0
2018
08.24

だいじょうぶか? 私 Ⅱ

きょうも1,2時間探し物をしていました。
絶対にこのPC付近の他に仕舞うわけがない。今度はノートです。
探し物のついでに、要らなくなった書類を整理しました。
もしかして、こういう場当たり的な片付けをするから分からなくなるのかもしれないと思いました。
2枚の印刷物を挟んだノートですが、印刷物はコピーしてもらえば済むことですから、またまた探さないことにします。そのうち出てくるでしょう。

さんざ探していた時に、県政だよりの点訳依頼メールが届きました。
ざっと原稿を読んでいたら、なんというタイミングなんでしょう。
   <県政トピックス>  9月は「茨城県認知症を知る月間」です
    認知症の初期症状
  ・ 物の名前が出てこなくなった
  ・ 置き忘れやしまい忘れが目立つようになった

だいじょうぶか、私。だいじょうぶでないような気がしてきた。

加齢による物忘れには、
  ・ 物の置き場所を思い出せないことがある
という項目があって、<ことがある>・・・今はこちらに縋っていようと都合の良いほうを採用。
でも、やっぱり私は認知症予備軍であることには違いない。

みょうが
物忘れはミョウガ好きだからかな

Comment:4  Trackback:0
back-to-top