FC2ブログ
2020
06.27

クボタショックから15年

「クボタショック」ってご存じですか。
Wikipediaクボタショックから。

2005年6月29日に毎日新聞が兵庫県尼崎市の大手機械メーカー・クボタの旧神崎工場の周辺住民にアスベスト(石綿)疾患が発生していると報道したことを契機として、社会的なアスベスト健康被害の問題が急浮上してきた現象である。


毎年この時期には尼崎で集会が持たれてきましたが、今年は新型コロナの影響で開催が見送られました。
代わりに尼崎のみなさんが企画してYouTubeで「クボタショックから15年 アスベスト被害の救済と根絶をめざす尼崎アピール行動」が配信されました。


1時間半と長いですが、良い企画だと思います。お時間のある時に少しでもご覧いただければ嬉しいです。

大勢が集まっての集会の熱気もすごいですが、この映像、傍で私に向かって話してくれているようで、こちらも良かったです。
見知った方々のお顔が次々登場するので、会場にいるみたいに拍手を送りました。胸が詰まり涙ぐみました。

Comment:2  Trackback:0
2020
04.07

今日の電話

今日も心配していた友だちから電話がありました。
昨日の友だちも今日の友だちも実は患者会で知り合った人で、ご主人を中皮腫で亡くされています。
昨日の友はご主人を亡くされて2年後に自身が白血病に。
今日の友も2年後でしょうか3年でしょうか、先日、隣からの出火で家が全焼してしまったのです。
近くに住む家族会の人達がお見舞いに行ってくれました。私たちは落ち着いたら伺おうと言付けだけを頼みました。そしたらコロナで家族会の集まりも無くなり、外出も控えなければならなくなってしまいました。
ご主人は音楽を愛するギターマンでした。火事を聞いていちばんに思ったのは彼のギターはどうなった、でした。
命からがら焼け出されたと聞きました。思い出の品々は全て焼けてしまったのです。

人生、何が起こるか・・・彼女たちの身になぜこんなことが・・・悔しいです。
「命が助かっただけでも」という友は、コロナが収まったら笑って会おうね、と言って電話を切りました。


七夕会やクリスマス会のとき
必ずご夫婦で歌ってくれましたね

Comment:8  Trackback:0
2020
01.23

できることはあるのか

久しぶりに患者と家族の会のことを。

組織が一つにまとまるのはなかなか難しいもののようです。
患者さんの支援だけに留まらずに、各方面への働きかけが増えていくと、意見は人の数と同じように増えていくのです。

アスベスト疾患は、胸膜中皮腫・腹膜中皮腫・心膜中皮腫・精巣漿膜中皮腫・石綿による肺がん・石綿肺及びびまん性胸膜肥厚・・・
病名ごとに患者の悩みも、求めるものも違う。患者だけでなく周りにいる家族の悩みと求めるもの、遺族となった家族の悩みと求めるもの・・・
それぞれに寄り添ってなお、不満が無くなることはない。
患者会の世話人として、私ができることは何だろうとずっと考えているけれど、思いはまとまらない。私が活動できるこれからの時間は長くなく、必要として呼ばれる時も同じでしょう。
「俺には時間がないけれど、あんたならできる」と言って逝った夫の言葉に、どう応えたらいいのか。

私は昔からグループをリードできるタイプではありませんでした。そういう手腕が備わっていない。人のあとについて、できることを黙々とこなすのが性に合っています。
が、待っていたのでは時間ばかりが過ぎていくと、焦りに駆られます。
あの世で再会できるとして、その時夫に「私、やったよ!」と言えることって何だろうか。

IMG_20200119_093354.jpg
葉が枯れてしまって 諦めたアンスリウム 
復活

Comment:2  Trackback:0
2019
12.09

抗議

患者と家族の会の会員さんが数年前に提出した労災申請が不認定となっていました。
この方がこのたび認定される運びとなり労働局へ行くので、同席してほしいと事務局から依頼がありました。
詳しいことを知らないまま、この会員さんの側に着いていればいいのかぐらいの気持ちで出かけたのですが、大違い。緊張する会見でした。

労災認定医のレントゲン読影が間違っていたことが、別の医師の読影から分かって、不認定が覆されたのです。この事は、この会員さんだけに止まらない大きな問題を含んでいるのだというのです。
謝罪と再発防止のための複数の提案を申し入れました。
患者会の事務局員がしっかり抗議し、話しを進め、詰めるところを詰め、会員さんも自分の思いを伝えたので、これで・・・と思っていたら事務局員が私を見て、「何かありませんか」というのです。「ありません」というのも芸がないので、それまでのやり取りを聞いて思ったことを少し話しました。緊張・・・何をいったか覚えていない。

労働局を出た後は県庁の記者クラブに向かいました。
この事でマスコミの取材を受けていたのです。
こちらは私はただ座っているだけで済みましたが、たくさんの記者さんのフラッシュ、NHKテレビ。私は写っていないものの、緊張して座っていました。おーつかれました。

Comment:4  Trackback:0
2019
09.08

相談会、講演会、交流会、例会

中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会、水戸相談会&講演会、交流会がありました。
この集まりに向けて、4月に会場の確保、7月チラシ配り、そして一昨日は交流会用の飲み物などの調達、準備。地元は私一人でしたので正直大変でした。
でももっと大変だったのは当日の司会進行。しどろもどろの進行を仲間が助けてくれて、恥はかきましたが無事に終わることができました。
新聞記事やチラシなどを見て予想以上の方々が来てくださって一同ホッとしました。

昨日は前日までの涼しさと打って変わって残暑が厳しい日になったので、開会の1時間前には会場に入って冷房をがんがん効かせておきました。
閉会解散のあとは、水戸の美味しいものを食べて帰りたいという名取医師たちと、やっぱり納豆料理、と街中へ向かいました。水戸に住んでも食べたことのない納豆料理を堪能して、家に帰ったのは7時半。
シャワーを浴びてきょうの資料などを整理してPCに向かったら、もう目がショボショボなので早くに休みました。

ひとつの集まりを企画実行することがこんなに大変だとは。大きな経験をさせてもらいました。この経験をこの先につなぐ? いえ、もう今回でたくさんというのが今の気持ちです。

きょうは午後から「大切な人を亡くした家族の会」の例会でした。
会を重ねて9回目。こちらもたくさんの人たちがいらしてくださいます。
きょう嬉しかったのは、広島の娘が作ったリーフレットを見て温かい気持ちになったので来てみました、というかたがいらしたことです。
会が始まって1時間、会場にけたたましい音が流れました。20台以上の携帯・スマホが発した避難準備情報のアラートでした。
会を早くに切り上げて外へ出たら太陽ギラギラで、なんじゃこりゃと言い合いましたが、猛烈な台風が通過するのですよ。家が飛ばされないか心配の夜になりそうです。

Comment:8  Trackback:0
2019
08.31

看護師のたまごさん

<2019サマーフィールドワーク~中小企業の良好事例、移住労働者との共生、アスベスト被害を学ぶ~>
という企画を「特定非営利活動法人東京労働安全衛生センター」が主催して、2日間にわたって行われました。
「東京労働安全衛生センター」は私たち患者と家族の会が連携・支援を受けている団体の一つです(と認識していますが、これでいいのかどうか、間違っていたら後日訂正します)。
2日目のきょうは「アスベスト被害を学ぶ」ということで、午前中にしっかりとアスベストのことを学んだ学生さんたち。午後の2時間を患者と家族の会から患者さんと遺族の私が話をしました。
目の前にいるのは同じ大学の学生さん同士、看護学を学んでいる10数人。2日目の和やかな雰囲気だったので、孫に語りかけるように終わることができた・・・と思います。
まあ、一人反省会の課題はもちろんあるのですが、人前で話すこと数回目、失敗失くして進歩はない、と強がりを言っちゃおうかな。

高速バス

帰りはいつものように高速バス。ところが今日のバスの運転手は、高速バス運転仮免教習中とでもいえばいいのか、そばに指導員が付いてます。前のほうの席だったので、指導する声が聞こえるのです。「新人がんばれ~」と思う一方で、ちょっと不安な2時間でした。
(写真は2年前のなので今は走ってないですが、八重洲の高速バスターミナルで見た茨城県神栖市のラッピング。「鹿行って、何て読むか知ってる?」バス。)

Comment:6  Trackback:0
2019
08.29

記者レク(?)

9月の相談会&講演会の資料を事務局が県庁記者クラブへ投げ入れてあります。
で、記者レク(というらしい)をきょう記者クラブで行いました。
レクは事務局の二人が慣れていますから心配は全くないのですが、私が問題です。話の筋は通っていたのかどうか全く記憶にありません。ハチャメチャです。足りなかったのか、余計なことを喋ったのか、一人反省会。

記者クラブ加盟媒体は15社くらいはあるようですが、来てくれたのは4社。いささか少ない・・・こんなものなのか・・・
でも、きちんと話を聞いてくれました。記事になってくれるといいんだけど。
やはり大分緊張したんでしょう、頭がボーっとして猛烈に眠いです。

Comment:2  Trackback:0
2019
08.21

折り込み情報紙

IMG_20190821_101537_HDR.jpg新聞の折り込み情報紙に家族会の情報を載せてもらえることになったと今月上旬に書きました。明日の新聞に折り込まれるのですが、きょう現物が郵便で送られてきました。
<お知らせ>の欄に日時・場所など数行だけ載るのかと思っていましたが、それよりも扱いが大きいカラーのページに載せてもらえました。一応記者の取材記事という扱いかも? 電話で取材を受けましたから。

同封されていた「取材御礼」には型通りの印刷された挨拶のほかに、記者の手書きで、
<貴重な情報をおよせいただき、ありがとうございます。
一人で困っているかた、悩んでいる方に声が届けば嬉しいです。>
とコメントがありました。

短い文の中に記者のあたたかい人柄がうかがえて嬉しいです。この記者とは遺族の会の取材で直接会ってお話もしています。お若くて気配りのある素敵な方でした。
さあこれであとは記者会見。

Comment:6  Trackback:0
2019
08.16

プレスリリース

中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会では来月、水戸で「相談会&講演会・交流会」を催します。
地元ということで、私が病院などへのチラシを配り歩きました。
そのあと、他にできることはないかと考えて、新聞の折り込み情報誌に掲載のお願いメールをしました。そして来週22日に載せてもらえることになりました。

あとは、県庁の記者クラブでの記者会見に出席です。
記者会見と言ったって、まさか屏風が用意されている訳ではありません。各社の記者さんの前の応接ソファに座るだけです。2年前に1度経験しました。

新聞日時は決まりました。事務局の職員が動いてくれていますから、私は当日その場へ向かうだけです。前回は匿名での会見でしたが、今回は会の世話人という肩書がありますから、匿名という訳にはいかないでしょう。(写真は2年前のもの)
何を軸にして話したらいいか、そろそろ纏めておかなければならない。
実はそのあと、もう一つ荷が重い任務を受けてしまってて、本当に私ってオッチョコチョイです。返事をしてしまってから心配になって悩んでいます。
来週末は県の広報誌の原稿がくる予定。その前にこれらをなんとかせねばならないです。

Comment:4  Trackback:0
2019
08.02

ついでに

9月に開く相談会・講演会・交流会のチラシを地味に配っています。
毎日35℃の暑さだし、車はシェアさせられているし、思うようには捗りませんが、12カ所の病院などへ置いてもらえることになりました。
昨日は近くのスーパーのお知らせコーナーに置いてもらうべく、買い物がてら持参しました。とても気持ちの良い応対をしてくださいました。

きょうは図書館へお願いに行きました。ついでに本を2冊選んで貸出カウンターへ行くと、良いタイミングに館長さんが居られました。館長さんも気持ちよく許可してくれて、本当に嬉しい!

気分良くして、今度は近所の医院へ向かいました。昔からある町の医院ですが、呼吸器内科の看板を掲げているのを知っていました。そしてまたついでに、これからの私のかかりつけ医にとも考えていたので、保険証も持って行きました。
そうしたらなんとまあ、びっくり。代替わりした先生は、昔横須賀の病院でアスベストを診てらしたのです。チラシをお見せしたら、亀戸の名取医師。平野医師もご存じで、先生は懐かしそうに語りだしました。もちろんチラシはOKで、9月の講演会、時間が許せば名取先生に会いに行きたいともおっしゃいました。感激、嬉しい!
穏やかな丁寧な診察で私のかかりつけ医として心強い存在になってくださるでしょう。
そしてまた、茨城のアスベスト被害者のために力になってくださるような気がします。

代替わりは夫の発病後だったというのがとても残念です。先生がもう少し早く故郷に戻っていらしてたら・・・信頼関係が結べる主治医となってくださったでしょうに。

Comment:2  Trackback:0
back-to-top