fc2ブログ
2024
03.06

仙台行きと傍聴

4日、5日と仙台に行ってました。
アスベスト家族会で知り合った東北の方たちに会うためです。
我が家から仙台へはおもに二通りの行き方があります。
一旦常磐線を東京へ南下して東北新幹線で北上と、常磐線特急で北上です。
遠回りしたほうが少し早いのだけれど、それはたった25分です。なので私は乗り換えなしの常磐線特急「ひたち」を使います。
福島原発事故のあと、常磐線はこの区間の不通が続きましたが、4年前に復旧しました。でもこの区間を走る特急は一日で上下3本ずつしかありません。不便ですがようやく開通した特急です。
コロナ蔓延中の復旧でその時の乗客は本当にまばらでしたが、今はビジネスで利用しているらしい方などでそこそこ席が埋まっています。

朝は9時20分発、仙台着が12時30分。
今回は午後から始まる裁判の傍聴も目的のひとつでした。
建設アスベスト裁判のうちのメーカーの責任を問う裁判で、今回現在も病と闘っているかたが原告の裁判でした。
弁護士が陳述書に沿って質問をして、原告が答える。原告有利に働くように質問を組み立てていくんだな、ということが分かりました。
今回の被告(アスベストメーカー数社)の反対尋問は何が目的の質問なのか、私にはよく理解できませんでしたが、とても些末な質問で揺さぶりをかけて責任逃れをしていると感じました。みっともないと思いました。(こんな感想、有りなのか?)
メーカーを訴えた裁判は、こういうことを、集団訴訟の数、原告の人数分繰り返すのでしょう。国との裁判で和解が成立したのだから、メーカーも潔く和解に持っていって欲しいと思います。
闘病中のかたがたが元気でいられる時間は長くはない(ことが多い)。また高齢の家族・遺族も同様です。

長年闘ってきた方々に報いる判決が少しでも早いことを願います。

陶の内裏雛

片付けてない内裏雛

Comment:10  Trackback:0
2024
03.03

ラーメン

昨夜息子家族とラーメンを食べに出かけました。
しばらくの間一人籠りが続いたのに、この数日人との交わりが続きます。
外食でラーメンはじつに8年半ぶりです。
夫が元気な時は、昼を食べによく出かけていたけれど、いなくなってからは行くこともなくなって。だからはっきり指折り数えられます。
夫がいなくなっても外食はしていたけれど、ラーメン屋さんに行くという選択がなかっただけです。
昨日は息子がラーメンが食べたい日だったようで、お気に入りのラーメン屋さんに連れていってくれました。勧めるだけあってとてもおいしいラーメンでした。
手間暇をかけたと思われるチャーシューにみんな笑顔。チャーシューが大好きだった夫が食べたらなんと言ったか、そんなことを言いながら、エビ出汁のラーメンを食べました。

水仙3日

人が訪ねてくると甘いものが増えます。困ります。
どら焼きは冷凍しました。チーズケーキの残りは、お昼ご飯代わりにお腹に入れました。てへへへへ。
その他は日持ちがするので菓子缶にしまいましたが、小分けにしておかないといやしい私は食べ過ぎる。面倒だけどやらなきゃね。

Comment:6  Trackback:0
2024
01.21

強い風

日付が変わったころから午後までけっこうしっかり雨が降りました。気温は15℃まで上がって、庭へ出ると外のほうが暖かい。
午後からは強い風が吹き荒れて、瞬間風速20m(気象台のHPより)。

一人になってから、こんな日は心細い。屋根が飛ばされるんじゃないかって、いつも怯えます。
「そんなこと、そうそうあることじゃないでしょ」と分かってます。でも理屈じゃないんです、この恐怖は。飛ばされた家を見たこともないくせにです。



こんなふうになら 飛んでもいいけど
この男の子 のっぽの 小さい時の友だちに 
あまりに 似ていて
家族中で 大笑いしたこと 思いだしました

ゴーゴー風がうなり、ヒューヒュー電線が鳴り、バタンバタン看板が音をたてています。あと数時間で収まる予報なので、我慢。映画でも見て過ごしましょうか。ちょっとよさそうな(好きそうな)映画を数本見つけました。

Comment:6  Trackback:0
2023
12.10

クリスマス会

昨日は7時に家を出て7時に帰った東京行きでした。
家族会の発送作業と、午後からは関東支部総会とクリスマス会に出席しました。
ほぼいつものメンバーでしたが、新しい方、お久しぶりの方、事務局の人たちが加わって賑やかな会でした。
以前にNHKで放送された「解体キングダム アスベスト篇」を見ながら、事務局のアスベスト専門家が「ダメだし」をするという企画がありました。
ビデオの著作権などを考えると、ごく内輪でしかできないでしょうが、こういう企画、いいね、もっとみんなにも知ってもらいたいね、という声が出ました。
有意義で楽しい時間でした。

*☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆*


私の手術を知って心配してくれたみんなに元気な顔を見せ、世話人退任の挨拶もできてホッとしました。誘ってくれた方たちに感謝です。
私が以前と変わらずに元気なことにみんなが安心したと言ってくれましたが、実はやはりだいぶ疲れていたらしく、帰り着いたらほとんど何もしないまま眠ってしまいました。
みんなにいいとこ見せていたけど、まだだめなのね。でもきょうはすっかり元気になりました。
年をわきまえて、これから少しは自重して暮らします。

Comment:4  Trackback:0
2023
09.17

『石の肺』

Category: アスベスト
『石の肺』(佐伯一麦)を必要があって再読しようとしています。
だいぶ前に読んだのですが、あまり印象に残ってなくて。
今回は2020年発行の岩波版です。
「あとがき」と武田砂鉄氏の「解説」が読みたかったのです。
もちろん本文もこのあとで読みますが、今度はしっかり読んでいきたい。




このところAmazon映画は私にとっては不作でしたが、Huluで好きそうな作品を何作か見つけて嬉しくていたら、Amazonでも。
『バグダッド・カフェ』ニュー・ディレクターズ・カット版が見られるようになりました。
どこか心に残る映画で、もう一度見たいとウォッチリストに入れてずいぶんたちました。待ってみるもんです、嬉しい。
これはPCの画面ではなく、テレビの大きい画面で見なくちゃ。
嬉し、忙し。

Comment:0  Trackback:0
2023
09.11

つながり

Category: 中皮腫のこと
エアコンやさんがコロナの濃厚接触者になったために、取り付けが遅れていたエアコンですが、きょう来てくれました。
そうしたら、なんと、夫の仕事を助けてくれていたエアコン屋さんで、私も名前はよく知った人(Wさん)でした。よい職人さんが来てくれました。

Wさんと、紹介してくれたNちゃんと二人、軽口をたたきながらの息の合った仕事ぶり。丁寧に誠実に仕事をしてもらいました。
「上のほうから見てっかもしんねえぞ。WとNちゃんいつまで仕事してんだ、そろそろ引退の年じゃねえんかい、ってな」
「まあな。おおっとそこんとこ、もうちっと左。いい加減なことしてたら、Mさん(夫のこと)に笑われっからな。ちゃんとしねえとな」
ああ、夫はこんなふうに職人さんと一緒に現場にいたんだね。
「Kさん、Nちゃん、ちゃんとしごとしろよ~」と、二人と一緒に仕事がしたくて夫が笑いながら見てるかもと思いました。

そして、人のつながりを思わされた偶然。
数年前ブログに、中皮腫になった職人さんが、私に話を聞きたいと来たことを書いたことがありますが、その人は、独立する前に、Wさんの会社で腕を磨いていたんだそうです。
そして、労災の最終事業所として、書類に判を押したのがWさんだったそうです。
「俺は、Mさんのことも聞いてたし、俺が判を押さなければ、Kが困るんだから、すぐに書類を揃えて判を押したよ」
「Kは奥さん(私のこと)にアドバイスもらったって喜んでたよ」

Nちゃん、Wさん、Kさん。Kさんは残念ながら亡くなりましたが、夫が大事にしていた職人さんたちです。現場監理の位置から降りて職人さんの中に入っていた夫なので、よい関係が、こうして今でも続いているんだと思いました。

Comment:4  Trackback:0
2023
09.02

『光る白い棘』

Category: アスベスト
私はノンフィクションが好きですが、昨日入力した『光る白い棘』はフィクションです。けれどノンフィクションを読んでいるような気持にさせられる本でした。
やはり、尼崎でアスベスト被害を受けたあの人、この人を知っているからでしょう、物語に感情移入してしまいました。

アスベスト被害をクボタショックで終わらせない。これからの10年で患者数がピークを迎えます。だから多くの人に関心を持ち続けてもらいたい。
そこで、関心があるかたにこの本をお貸しするのはどうかと思いました(所蔵している図書館が少ないので)。
点字入力が終われば校正までの1年近く、私はこの本から離れます。それまでに返してもらえればよいのです。読んだ感想を求めることもしません。ただ読んでもらえればいいだけです。
きょう4作品めの『白い木槿』の入力を始めました。2日あれば終わります。

『光る白い棘』のほかの作品も秀作です。「在日コリアン」がキーワードです。
私の両親は、双方の親たちが韓国に渡りそれぞれが築いた家庭に生まれ、韓国の人々と交わってきました。そんなこともあって、「在日コリアン」の物語も深く心に落ちました。

Comment:0  Trackback:0
2023
08.26

無事終了

きょうのお役目が終わりました。
「講演」とは言わないで欲しいとお願いしたので、「遺族のお話」と紹介されました。
司会者のリードのおかげで、緊張することなくなんとか話すことができました。
「最後に質問や感想を」と司会者が言うと、何人もの人が手を挙げてくれました。これをもってして自分に甘く採点すれば、まあまあの出来といってもいいかな。

ZOOM退出のあとホッとしたら甘いものが食べたくなったのだけど、あいにく何もない。買いに行ってまでも食べたいかというとそうでもない。
いつもならここでおしまいなのだけど、きょうは鞭打って出かけましたよ、歩いてなのでコンビニへ。
コンビニのスイーツと丁寧に淹れたコーヒーで「ひとり反省会&慰労会」をしました。

4687349_s.jpg
写真ACから拝借 

次は来月のお出かけと思っていたのに、出かけられない訳ができてお流れになりました。
花巻の鹿踊りを楽しみにしていたんだけど。来年ということに。その代わり、再来月にまた仙台でお喋り会が計画されました。会の翌日花巻の彼女と二人で松島観光をしようという計画もありで、楽しみです。
松島は実に半世紀ぶり、といったら彼女、「半世紀」という言葉に驚いたの、ふふん、ゴメンね年寄りで。

Comment:0  Trackback:0
2023
08.25

いよいよ明日

東京労働安全衛生センターが開く「2023 サマーフィールドワーク」は今日が初日。
きょうはのレシピは
安全衛生活動を現場に出て学ぶ。
移住労働者との共生社会を目指す当事者の話を聞く。
明日のレシピは
身近な建物や家屋に使われているアスベストのウォッチング。
アスベスト関連疾患の患者・家族の話を聞く。

3年前に一度同じ場でお話したことがあるんですが、初めてのことで何を話したかなんて全く覚えていません。失敗したんだろうな、という苦い思いしか残っていません。
明日は、前回よりはましな話を聞いていただきたい。
とはいうものの、下書きなど作るとそれを棒読みしちゃうことになって、聞く人には何も残らなくなると思う。なので大まかなことを箇条書にだけしました。
司会者が質問をして私が答える、という形にしてもらうことに打合せずみです。
あとは司会者がうまくまとめてくれるでしょうから、3年前よりは少しだけ気が楽です。

Comment:0  Trackback:0
2023
08.08

フィールドワーク

私たち患者と家族の会を支援し、また協働している「東京労働安全衛生センター」が3年ぶりに、学生や社会人を対象とするサマーフィールドワークを行ないます。

ふだん見られないものづくり工場の安全対策、移住労働者の生活や労働問題、アスベスト(石綿)が社会に及ぼしている影響を二日間の日程で学び、その解決策を考えます。今年も、元気な町工場、移住労働者とその支援活動をしている団体、中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会の協力をえて、本企画を作りました。


ちょっと何か喋ってくださいということです。きちんとしたお話はできないけれど、聞きたいことにこたえるぐらいならとお受けしました。
そろそろ何か考えておかないと・・・
夫が生きて仕事して遊んでそして無念の死を迎えたことを、写真を見ながらだったら話せるかと考えています。
写真を探しましたが、本人が写っていいるのは少ない。って、私が撮らなかったっていうことね。
久しぶりに夫のFacebookを開いて写真を探しました。
写真を見つけるより、愉快な人たちとおちゃらけ夫のコメントの応酬が楽しくて、ついつい長い時間読んでしまいました。
いろんなこと、あったなー



26815280_s.jpg
広島の孫娘 chi 
エレクトーンフェスティバル西中国大会 金賞
10月 大阪でのセミファイナル出場

Comment:4  Trackback:0
back-to-top