FC2ブログ
2016
12.29

れこちゃん

Category:
年の瀬なのに、一人世帯は何のことはない日常を過ごしています。
娘と孫は来ているけれど、明後日31日には宇都宮へ帰るので、元旦は一人。
お節も作る気がなく、彩椛の好きな、きんとん・数の子くらいは作って持たせましょうか。

明日は施設にいる姉の「望年会」に彩椛とママも連れていくつもりです。
彩椛はたぶん驚くでしょう。今までに会う機会のなかった大人たちの集まりに出るのです。
ぴょんぴょん跳んでる人も、首からタオルを下げている人も、ウォーとしか話さない人も、彩椛が知らなかった人たちです。
多くの説明はしないつもりです。ショックを受けるかもしれません。
ママはそれでもいいと言ってます。
ママにとっては母方の唯一の伯母、小さいころから偏見なく遊んでいた「れこちゃん」だから、彩椛も何かを思えればそれでいいのだそうです。
「れこちゃん、久しぶりだわ。楽しみ」とママ。
彩椛は小さい頃、「ねこちゃん」と言ってたっけね。

望年会のあとは年末年始帰省のために姉を連れ帰ります。
いつもそんな(損な)年末です。
「損な」? 本心を言えばそうです。
97歳になったとはいえ、母は惚けずに元気でホーム暮らし。兄がいるのに末っ子の私が姉の保護者なのですから。

さて、義母。
昼、彩椛とママと一緒に行ってみました。
ボンベはまだありました。
年末年始、役所に連絡は難しいでしょうが、年明け早々何とかケアマネジャーに話を通じさせたいと思います。


s-P_20161229_203501.jpg


お人形さんたくさん持っているけれど。
買ってもらってすぐに左腕がもげてしまったけれど。
顔色も褐色の人になってしまったけれど。
髪はレゲエのお姉さんになってしまったけれど。

彩椛といちばんの仲良しはやっぱり、このこ。



Comment:2  Trackback:0
back-to-top