2017
10.19

従姉と

冷たい雨の中、東京の従姉が母のご機嫌伺いに来てくれました。
母にとってただ一人の姪、従姉にとっても母はただ一人の叔母です。
私には父方のいとこが男女一人ずついますが、小さいころから交流はほとんどなくて、6歳年上のこの東京の従姉が唯一人のいとこです。
田舎暮らしの私には眩しい素敵なお姉さんだった従姉ですけど、今ではとても気の合う婆同士となりました。
多くを語らなくても分かりあえる、気心の知れたこの従姉の存在は大きいです。
年に1度くらい母を訪ねてくれ、娘が冷たい分、従姉がとても優しく話相手になってくれます。私の評価はその度に落ちていくのではないかと思い、苦笑します。

世の中は親子の愛は絶対だと信じる人が多くて分かって貰えないかもしれないですが、、母と馬が合わない娘というのもいて、私はその少数派の一人でしょうか。
従姉は「おばちゃんの足りないところ」と言って、母の性格の残念な部分を指摘します。「そこ、そこなのよ」と私は分かって貰えて安心します。
それでも従姉は「残念な部分を除けばおばちゃんは立派だよ」と私を諭すことも忘れません。

施設に入所している姉をも訪ねてくれます。
なにか姉の喜ぶ物と聞かれたので、文房具が一番うれしいよと言ったら、ペンケースの中にいろんな文房具を入れてお土産にしてくれました。
姉は、こんなのが欲しかったとニコニコ。
まったくそつのない従姉なのでした。


姉の施設の農耕班の稲刈り。10月初めの作業でした。
きょうも直売所でお昼をしましたが、この新米で炊かれたおいしいご飯を頂きました。

s-なs-る
落穂ひろいもていねいに。


Comment:2  Trackback:0
back-to-top