2017
11.19

金・土・きょう

どこへというほどの所へも行かず、何をといえるほどのこともせず、何も考えずに3日が経っていました。
★━━━━----    ----━━━━★

金曜日は古切手を整理するボランティアの集まりに参加。
平均年齢おそらく80歳を超えるかと。90歳以上もお二人。みなさん元気、すこぶる元気。
圧倒され、押されっぱなしのアラ古希の私です。
(書いていて初めて気づいた「古希」・・・古来稀な歳にもう少しで達するんだ・・・)
90歳に押されっぱなしではいけないではないか、がんばれ! じぶん!

★━━━━----    ----━━━━★

土曜日は、朝のうちにバッテリーの交換に修理工場へ。
とても良心的な仕事をしてくれます。
「どんな小さなことでもいつでも言ってください」 相談する者のいない私に心強い修理屋さんです。
お昼前から彩椛が来て、賑やかなお喋りにつきあわされました。
夕飯は、みんなで外食。

★━━━━----    ----━━━━★

きょうは、去年から持ち越しの編み物を取り出して続きを編み始めました。
残り物の毛糸を寄せ集めて、太い針でマーガレットを編んでいます。
編みながら、義母を思っていました。義母は編み物が得意です。
昔の古いセーターなどを根気よく解いて、カセにして、湯のしして、玉にして。
いろんな糸を継ぎたして、こたつカバーなんかも編んでいたんだわ・・・
・・・


広島の孫。お兄ちゃんの今いちばんの興味は、危険植物。
広島市植物公園へお出かけだったようです。

s-企画展s-ぎゅうぎゅう

s-逃げろa
母親のキャプション
 気に入ってしまい、なかなか出てこないので、
 「一時間に一回、口が閉じる仕組みだって」
 と声をかけたら光の速さで出てきました。


私からは、来週の「ダーウィンが来た 虫を食べる植物」の予告動画を教えてやりました。
ワクワクのようです。


Comment:0  Trackback:0
2017
11.16

お茶

みなさんは1日の水分はどのくらい摂ってらっしゃいますか。
何をお飲みですか。

9年前、クッキーを焼く手伝いで業務用のオーブンの前に一日。忙しさに水分を取ることもなく動いて帰り、後頭部が変に痛いな、早寝しようと寝た夜、私は一過性の脳梗塞になりました。
幸い非常に早く治療を受けることができ、全く後遺症もなく今に至っていますが、主治医から1日1.5Lの水分を摂るように言われました。

前はコーヒーを何杯も飲んでいたのですが、この頃は飲んだ後にいやな味を感じるようになって、何杯もは飲めなくなりました。
代わりに緑茶を飲み始めました。
やっぱり日本人だな、とかなんとか言いながら、これまた日に何杯も飲んでいるのですが、夕方過ぎると気分が悪くなることがあります。飲み過ぎでしょう。
なので、次は何にしようか、紅茶・ほうじ茶・烏龍茶・昆布茶・そば茶・・・

きょう久しぶりに烏龍茶を淹れました。でも中国茶は淹れ方がめんどうですね。

s-IMGP5150.jpg夫の愛器です。私がコーヒーを飲んでいると、自分で烏龍茶を淹れていました。

従姉から貰った梨山茶。
楽しみにしていたのに開けることなく逝ってしまいました。


Comment:12  Trackback:0
2017
11.15

好きな1本

Category: そのほか
昨日BSプレミアムで見た映画が頭から離れず。
すごく良かったから、ではないのです。難解だったから、後味が悪かったからです。

映画に詳しくもなく語ることもできないし、見た映画も少ないけれど、好きな映画をどれか1本といわれれば、『道』か『ひまわり』を挙げます。
昨日見たのは『甘い生活』。
フェデリコ・フェリーニ監督、マルチェロ・マストロヤンニ主演なので期待大でしたが。

伝わることは何となく分かるわ、でも、3時間は必要ですか? という感想でした。え、そんな感想あり?
本は好きだけど、読書感想文は嫌い。対面で語り合えるけれど、文にできない、と逃げます。

暗くても『道』はいい。ジェルソミーナのキラキラ光る瞳と表情がいいじゃありませんか。
『ひまわり』の役回りにはちょっと派手すぎるソフィアローレンの目の力がいいではないですか。リュドミラ・サベーリワもいい。

それぞれに数回見ていますが、もう1度見たくなりました。でも、見終わった時に別の感想を持ってしまったら惜しいな、と思うと見るのが怖い気がします。
惜しいな、というのは、好きな映画として取っておきたい1本だからです。特に『道』は。

s-ジルソミーナs-ジョバンナs-マーシャ


Comment:2  Trackback:0
2017
11.13

ロッテンマイヤーさん

きょうは半日彩椛が傍にいました。
いつもは宿題などに時間を取られて、ほとんど自由時間がないのですが、きょうは1日自由時間。彩椛は得意な「ひとりのごっこ」が思う存分楽しめます。
いまだにごっこ遊びが大好きな4年生、少々心配でもありますが、4年生といっても3月生まれの一人っ子、気を揉むこともないかしら。
そのごっこ遊びに付きあわされて、考えましたよ。私は、面白みのない婆なんだなぁと。

s-めにゅコラージュきょうの彩椛はケーキ屋さん。まずは看板作り。
店の名前は「夢見るケーキ屋さん チェリー」
夢見る彩椛のオリジナルケーキのメニューは・・・「わあ!びっくり! リボンケーキ」「かくし味入り かくししケーキ?」「ハートの形かわいい 恋のケーキ」「野菜入り!? 栄養ケーキ」・・・などなど25種。

これを次々に読み上げて「どのケーキがいい?」と聞くのです。
彩椛が頭の中で作ったケーキ、私は想像力が乏しくて、なんにも考えられない。
しかもキラキラのネーミングで、既に頭もお腹もいっぱい。
ここで適当に言ってやればいいのかもしれないけれど、そうすると、延々ごっこは続きます。続けば私の頭はパンクします。

で、ここで思ったのです。(私は、面白みのない婆なんだなぁ)と。
これじゃ、ロッテンマイヤーさんじゃないか。

私は子どもらしい夢を持った記憶があまりない、と自分で思います。夢の物語などというのも苦手だったように思います。
面白みのない子どもは、婆になってロッテンマイヤーさんです。
子ども心を読もうとする心が欠けてる。

でもですね、突拍子もない考えが次々湧いてくる子に付きあうのも、疲れるものなんです。
彩椛の空想は無限です。私には同じエネルギーはないんです。


Comment:4  Trackback:0
2017
11.12

県民の日

Category: そのほか
昨日のピーマンについでまた茨城話。
明日11月13日は「茨城県民の日」です。
茨城に越してきてびっくりしたことのひとつ、この日は小中学校はお休みです。
「都民の日」で学校がお休みと言うのは聞いていたけれど、茨城もなのね、いいなあ。

でも、県民の日で学校が休みになるのは、東京・茨城・埼玉・千葉・群馬・山梨だけなんですって。知ってました? 
茨城の子どもたちは、今年は3連休なのですよ。明日は我が家は賑やかだぁね。


s-IMGP5135.jpg

朝の早い時間、近寄っても動かないトンボが1匹。
色も煤けたような赤トンボ。
10時過ぎに庭に出たら、真っ赤なトンボが飛んで行きました。
あのトンボだったのでしょうね、もうこの場所にはいませんでした。


Comment:4  Trackback:0
2017
11.11

カミスココくん

Category: そのほか
早朝から東京へ。午後2時半に八重洲の高速バスターミナルに着き、帰りのバスを待っていました。
出発を待つバスのラッピング広告が目に入りました。

s-鹿行

4年生の彩椛が社会科で学習しているのが「郷土のこと」
昨日の勉強に茨城の特産・名産を調べているのを横で見ていて、ピーマンが特産だって知ったばかりです。

s-神栖B

カミスココくんに教えてもらいました。

茨城県の耳の先っぽの赤いところが神栖市なのね。

ピーマンの生産量が日本一!




s-鹿行A

茨城に住んで30年。
毎回、見るたび読めません。

  茨城県南東部地域名称
  鹿行って
  何て読むか知ってる!?

  正解は!
  ろっこう

って書いてありました。
はい、今度は覚えます。



Comment:6  Trackback:0
2017
11.10

用足し

Category: そのほか
急ぎではないからと溜め込んでいた用事を、一気に片づけようと外に出ました。
薬が無くなりそうだから仕方なく病院、姉の銀行の手続き、母のところへ、買い物。
病院へ行き、待ち時間にガソリンスタンドへ。いつ給油して以来だろう、ガソリンが高くなっていました。茨城のガソリン価格は安いほうだそうですが、134円/Lでした。
ボンネット開けた店員さんに「バッテリーの性能が落ちてますよ。交換した方がいいと思います」と言われてしまいました。
ふーむ、動かさないでいたからかな。修理工場に持ち込むしかない、相談する人がいないもの。
息子も婿殿も運転はするけれど、車に詳しくない頼りにならない人たちです。

姉の銀行の手続きは、本人を連れて行かないので面倒です。何枚かの書類を貰って、どうにか手続きができそうでホッとしました。
後見人制度があるのは知っているけれど、その必要性がよく分からない。良い点と面倒な点を秤にかけて、面倒と判断しています。

買い物は大量のお菓子です。広島の孫たちに荷物を送るのですが、大きかった箱の空きを埋めるために、喜ぶ顔を想像しながらあれこれ選びました。全国どこでも買えるお菓子ですけどね。

4時間ほどの外出、こまごまと用事を済ませて、またしばらくは家に籠って居れそうだと思いきや、いやいや、明日は朝から東京でした。

s-IMGP5096.jpg


Comment:4  Trackback:0
2017
11.09

ブログ記念日

今ごろだったような気がして振り返ってみたら、やはり。
2013年11月8日に始めたブログでした。
ブログってどんなかな、私にもできるかなという興味で開設しました。それまで日記らしいものすら書いたことがないんだもの、数か月で行き詰まるだろうと思っていました。

その2か月後には夫が入院。胸膜中皮腫と診断され、ブログは闘病記のようになってしまったのでした。
暗い内容の日記に、辛抱強くお付き合いくださったみなさまの支えがあって、自分を見失うことなく夫と向き合い、看病ができたと思っています。
どこのどなたとも知らぬみなさまが、見たよ、読んだよとくださる拍手やコメントに、こんなにも励まされるなんて、ブログを知らなかった頃には想像もできないことでした。
みなさまとの交流の記録は私の宝物です。
ありがとうございます。

介護2年、夫を送っての2年は、振り返ることなく過ぎたブログの記念日でした。
今年も1日過ぎたけれど、4回目の記念日おめでとう、自分に。

s-IMGP5129.jpg
返り咲きの 花海棠


Comment:8  Trackback:0
2017
11.08

痛い話 2

前に痛い話を書いたことがあるのですが、もう一つ痛い話を思い出しました。
昨日のばね指でアイハートさんがくださったコメントに、「注射」が書いてありましたが、私、その痛い注射を受けたことがあるんです。
指は親指。10数年前に腱鞘炎と診断されました。
「患部がずいぶん腫れているし、先ずは注射かな。それで治らなかったら手術だね」
ということで処置室へ。何だか太くて大きな注射器が用意されました。
先生が現れてひと言。
「僕、この注射するの嫌いなんだよな」

で、看護師さんが傍に寄ってきて肩につかまってと言うんです。
え、なに? と思いましたが訳がすぐに分かりました。
ずぶずぶずぶ・・・音こそしなかったけれど、そう表現するしかないような感覚のあとは、しっかり看護師さんの肩を掴んでいました。看護師さんが抱いて励ましてくれました。
痛いという表現で言い表されない気持ちの悪さ。失神するかと思いましたよ。

「間をおいて、2,3回通ってみて」と言われたけれど、1回だけでギブアップ。
痛いことなんか知らなかったから受けられたこと。この痛みを知って2度3度受ける人がいるなんて信じられない、私は根性なしです。
さて、調べなきゃいいものを、ばね指の手術を調べましたよ。
麻酔の注射がやはりとても痛いので予備麻酔をするとか。
ちょっと怖くなってきました。
だけどそう言えば、中指の爪母付近にできた小さなガングリオンの手術を受けたことがあったなあ。
あの時の麻酔も痛かった。あの時も知らなかったから受けられた。でも、あのくらいの痛みなら大丈夫かな?

まあ、いずれにしろ、ヤダヤダな痛い話でした。

s-IMGP5107.jpg

s-IMGP5108.jpg
夏の始まりから まだ咲き続けている
けなげな あなたのお名前は?


Comment:5  Trackback:0
2017
11.06

庭の片付け

晴れの日が続いたので、庭の片付けと、家の簡単掃除をして過ごした連休でした。サンデー毎日だしね。
大きな木は1本もないのですが、小さな苗木だったライラックが枝を広げて、もうこれ以上大きくはさせないぞと切り詰めました。
3,4センチの太さの枝を数本、根元からギコギコ。思い切り過ぎたかなと思っても後の祭り。でもきれいさっぱり、姿もよくなりました。
年とるばかりの我が身ですから、手入れに困らない手の届く範囲で整えておくに越したことは無いですね。

そのあとで、裏庭に延びていたヘクソカズラの根を引っ張っていたらウッカリ。またまたばね指の中指に力がかかったのか、曲がったまま伸びなくなってしまいました。
以前にも書きましたが、曲がっている分には痛くはないのです。ただ、曲がったままでは何もできません。
90度に曲がった指は固定されているかのように動かないのです。この前もそうだったけど、どうして病院の休みの日にこうなるのか。
必死に押したりさすったり。30分後にどうにか元通りになりました。が、指はボワーッと腫れているようだし、動きもよくないので、湿布をして動かさないようにしていました。
きょうはだいぶ良くなってキーも打てるし、ピアノも弾けました。
さあ、どうする。ここ5か月の間に4回こんなことがありました。病院に行けば手術かな?


s-IMGP5112.jpg



さいごに、孫自慢、笑ってね。
彩椛の理科のノートが、市総合教育研究所で展示されているから見に行こうと、娘が誘いに来ました。
「小・中・義務教育学校 児童生徒ノート展」
月の観察を見やすくていねいにまとめていて、銀色の紙が貼ってありました。


Comment:6  Trackback:0
2017
11.04

やってみる価値

Category: 中皮腫のこと
中皮腫。夫が生検を受けて確定診断を待つ間、主にPCの検索で情報を集めました。
非常に難しい病気で余命も短い、治療法が限られていてしかも予後が悪い。良い情報はほとんどありませんでした。
その時夫は、治療を受けずに生きられるだけ生きようと考えたのでしたが。

中皮腫と診断が確定し、シスプラチンとアリムタの抗がん剤治療の方針が示され、
夫   「どれほどの効果があるのか」
主治医 「やってみる価値はあります」
夫   「副作用で動けなくなるのは嫌だ」
主治医 「人それぞれです。辛かったら考えましょう」
というような会話があったように記憶しています。

幸い、夫は重篤な副作用がなく、3週間1クルーの抗がん剤治療の間、体が回復すると遊ぶことを考え実行に移すのでした。
抗がん剤の効果はあったのでしょうか。
夫の命は、発病と思われる時から数えれば2年を長らえました。
余命半年といわれる肉腫型の中皮腫であったことを思えば、驚異的です。
効果はあったのでしょうか。
副作用が軽かったから8クルーもの治療を受けられた。でも、その効果は本当のところどうだったのか。

7回目、8回めの時には私は本当は止めて欲しかった。体力の衰えが目に見えてきて、これ以上体を痛めつけるのがかわいそうに思えたからです。
でも夫は、もう1度川に行きたい、渓流に糸を垂らしたいの一心で治療を受けました。
しかし、これを最後に治療は打ち切られました。体力は衰え、渓流に気持ちを残して、夏が過ぎていきました。

夫の治療歴はこのようなものでした。
治療打ち切りのあとの半年が本当の介護でした。
余命がこの半年だったとすれば、辛い思い出しか残らなかったでしょうから、やはり抗がん剤治療は正解だったのでしょう。
思った以上に。
治療の止め時など、時として考えたこともありましたが、主治医の「やってみる価値はあります」という言葉で長らえた命だったのでしょう。頼りないような、いま一つ信頼感の持てない主治医ではありましたが。


s-IMGP5091.jpg

そろそろ霜がおりるでしょう
オキナワスズメウリ 片づけました


Comment:6  Trackback:0
2017
11.02

名取先生

患者と家族の会 関東支部の役員会出席のため東京に行っていました。
出席者に名取医師の姿を見て嬉しかったです。
主治医にいま一つ信頼感の持てなかった夫は、名取先生にお会いできるのを喜んでいました。
なんでも聞けるし、なんでも答えてくれると信頼を寄せていました。
手術はできないこと、アリムタのほかに有効な治療手段のないこと、余命のこと、抗がん剤の止め時のこと ・・・
先生と出会わなかったら、寄る辺ない治療生活を夫は耐えられただろうか。

s-月
書いてみたいことがあったのですが、上手く文にできなくて消してしまいました。
帰りのバスの中から撮ったスカイツリーとお月さま。
車内の灯りが窓にうつって邪魔ですが。

写真でお茶を濁して、おやすみなさい。


Comment:2  Trackback:0
2017
11.01

庭の穴

Category: そのほか
夏の初めごろに草むしりをした時から気になっていたんです。
裏庭に2か所穴が開いていて、棒っきれを突っ込んでみたらズブズブとかなりの長さが入ってしまいました。
周りを少し掘ってみたら穴が広がりそうな気配なので、怖くて、見なかったことにしようと思い埋め戻しました。

何が怖いのかというと、あの震災で地盤が緩んで開いた穴だったらということです。
震災の後、なんとなく家が傾いているような気がして仕方なかったので、レーザー水平器を借りて計測したこともありました。
問題はなかったのですが、気になって時々スマホのアプリで水平を計ったりしていました。

でも、考えてみればその穴の付近は、以前には浄化槽があった場所。市の下水道につないだ時に浄化槽はそのまま埋めたんだと思います、たぶん。確かめる人がいないのでなんとも・・・
本管につなぐために、宅地内排水管を新しくし、あちこち掘り返した裏庭です。地震で揺すられて、隙間ができたのでしょうか。

s-IMGP5085.jpgそれから、そことは別な場所にも、先月初めに穴を見つけていました。
掘ってみたら結構な穴になったので砂で埋めておきました。それが台風の雨が浸み込んだのかまた穴が開いていました。
穴はこんな、昔のマンホールのそばです。
もしかしてこの中へ流れ込んでいるのではないかと考えて、蓋を開けることにしました。
重い。ビクともしないのをシャベルでこじ開けて、大奮闘の末に開けることができました。
指を挟んでしまいましたが。

s-IMGP5095.jpgそうしたらこんなことになっていたんです。
右のとび出ている管の上にある砂は、埋めたはずの砂でした。底に溜まっているのは、私が今までせっせと穴に入れていた土です。
この右の管の回りをモルタルかなにかで埋めない限り、私の空しい穴埋め作業は続けなければならないでしょう。
物置を探せば、モルタルがあるかもしれない。でも、ここまでで私の好奇心はお終い。

あとは夫の友人を「おいしいコーヒー入れるわよ」と誘い出すことにします。
何かあったらこの人に頼むよう、夫が言いおいていた友人です。
「おいしいポテトチップつきよ」と言えばニコニコ顔で来るかもしれません。
そうそう、その前にイカの塩辛を作りましょう。私の塩辛を美味いと言ってくれます。
そうと決めて安心しました。


Comment:6  Trackback:0
back-to-top