FC2ブログ
2018
02.01

アリアーヌ巻き

Category: 懐かし話
前回の雪から10日。ようやく日陰の雪が消えました。
なのに、また雪が降るらしい。学校は10時登校と決まったようです。その時間に降っていたら休校だって。

故郷福島県の浜通り地方も滅多に大雪にはなりませんでした。けれど昭和62年ごろだったと思う、起きたら40cmを超える一面の雪。
今のようにメールによる連絡なんて無かったもの、行くしかなくて、子どもたちは2Kmの距離を雪かき分けて学校に行きました。
着いたら休校だったって帰って来ました。
「やったあ、休み」なんて喜んでる孫たち、余計な苦労をしなくていいのね。でもひ弱になっていくような気もする。

まあ、そう言う私だってぬくぬくした部屋で、更に暖房器をそばに置いているんだから何も言えません。
火鉢が暖房だった昔のことなんか忘れているものね。
忘れてない、嬉しい思いでは、父が買ってくれたアノラック。
田舎であの当時、他に誰も着ていなかったと思います。ライナー付きのフードのついたアノラック。

アリアーヌついでにもう一つ昔話、真知子巻。
中学生の頃かぎ針でショールを編んで、真知子巻にしていたのを思い出しました。
ヘップバーンみたいにスカーフの端を首に巻いて後ろで結んだりもしました。
どこからどう見たって、大根足の田舎娘だけど、背伸びしてたね、あの頃。

ヘップバーン様のネッカチーフ姿。何とお綺麗な。


Comment:8  Trackback:0
back-to-top