FC2ブログ
2018
02.18

父のこと

父は教員でした。一時期を除いて生涯教員でした。
小学校の教員、教職員組合の専従職、中学校の教員。その間一度だけ、山間の小・中校の教頭。
管理職になることを拒み、40年を教員の身分で勤めあげました。
58歳で早期退職を願い出て、1年半後には大腸がんが発覚、入院。その半年後に60歳で亡くなりました。

この父の言葉をふと思い出しました。
私が直接聞いたのではなく、友人から聞かされました。
父は私の中学に赴任してきたので、彼の弟を教えていたようです。
昔はそんなことがあったのですね。さすがに同じ学年を教えることはありませんでしたが。

ある日、友人が言うのです。
「お前のとうちゃん、生徒から人気があるんだぜ」
「えー、信じられない」 (家では無口な父でした)
採点したテストを返す時に、こんなことを言ったんだそうです。
「テストの点なんてな、お前たちの責任ではないんだ。頭なんてな、親の出来の10%増か、10%減だ。よくても悪くても、そんなものなんだよ。
そう思ったら、得意になることもないし、悲観することもないんだ」
生徒たちは笑ったり手を叩いたりしたそうです。

その言葉をいま私は娘たちに伝えたい。
「何をそんなにキリキリしているの? 親の思い通りにならないのが子どもだよ。
自分ではそうと思ってないだろうけれど、プレッシャー相当だと思うよ」

・・・ でも、私は婆なのです。親ではないんです。教育しているのは娘たちです。
父の言葉を考える余裕なんかないのが現代の教育事情なのでしょう。
余計なことは言えない、言わない・・・

s-P_20180213_141057.jpg

ヒヤシンスも 芽を出して 春よ来い!


Comment:6  Trackback:0
back-to-top