2018
03.31

亀戸 お花見会

車窓からいろいろな桜を見ながら東京へ。
駅の広場の大きな桜。山を薄いピンクに染めている桜。グラウンドの回りを縁どる桜。工場の敷地の桜。川の土手の桜。農家の屋敷森の桜。小さな祠のそばの桜・・・などなど。
日本の景色には桜が似合うんだなあと飽きずに見ました。

P_20180329_150850.jpgきょうの東京での用事は、「ひらの亀戸ひまわり診療所」に通院するアスベスト・じん肺関連の患者さん、家族、診療所職員、支援団体の方々、そして我ら患者と家族の会のメンバーなどが集まってのお花見会でした。総勢50人を超えたでしょうか。
「今年も元気で会えたね」とお互い肩を抱き合い、語り合い、歌い合いの楽しい集まりでした。
ビンゴ大会で私は3等賞、電波卓上時計を頂きました。欲しかったものでとても嬉しい!!
夫のセカンド医の名取先生と同じテーブルで、たくさんお話ができて嬉しかった!!
このような賑やかな宴会にはあまり縁のない暮らしをしていたので、楽しかった!!
  (写真は我が家のライラックの若芽です)

東京からの帰りはいつも高速バスですが、夕方はひどく混むと予想して、きょうは常磐線で帰ろうと上野駅へ。
なんとそうしたら事故で40分以上の遅延と構内放送です。
別な手段は高速バスですが、今から向かっても遅いでしょう。すでにみんな八重洲に殺到しているでしょう。
そうこうしていると運転再開の案内があって、その電車に飛び乗りました。でも電車は途中の安孫子止まり。
我孫子で後続の電車に乗りつぐもそれも土浦止まり。そこでしばらく待ってようやく我が家のある駅を通る電車に乗れました。
途中1時間近く立ちっ放しは少し疲れました。


Comment:4  Trackback:0
2018
03.29

電脳な日

Category: そのほか
朝のラジオで、「パナソニックのレッツノートのバッテリーに発火の恐れ」と言っていました。
レッツノートは以前にバッテリーのリコールがありましたが、夫の“CF-AX”は対象機種に入っていませんでした。
が、今回は全機種が対象なのだそうです。すぐに調べましたが、今回バッテリー交換はしないで、開発中の対策ソフトをPCに入れる対応のようです。
それまではフル充電しないように電源管理をしてください、ですって。
電源管理を開いて、説明通りにチェックを入れたりして終了。
そのあとウィルス対策ソフトも更新して、これで一応PCは安心かな。

P_20180329_150650.jpgP_20180329_150557.jpg

もう一つ気になっていたのが携帯です。先日水に落としてしまい、呼び出し音が鳴らなくなりました。
新しくしようかな、ドコモショップへ行く途中、学校の桜がきれいだろうな、外へ出るチャンスよねと出かけました。
なにやら一見お得な料金プランを提示されたのですが、よく考えてから決めることにしました。

Screenshot_20180329-211904.jpg
ジャジャン!
これはなんでしょう。

老人の低栄養を防ぐために作られた「10食品群チェッカー」というアプリです。
紙のチェックシートもあるのですが、スマホのほうが楽しそう。
1日7品摂ると合格、4品以下だと不合格です。
きょうは7品、合格です。

Comment:4  Trackback:0
2018
03.28

花海棠

Category: 花々のこと
この暑さはなんなんですか。
水戸は桜の開花が25日だったようで、満開は31日の予想だったのです。
けれどもう今日は満開だとニュースで言ってました。

先週末東京へ行って、その時東京の桜を見ました。
帰ってからは家からほとんど出てないので、咲きはじめの桜を見ることなく、きょう満開と言われましても。
今か今かと待つ楽しみなしに見る桜はどうでしょう。もしかしたら今年はこのまま桜を見ないで終わってしまうかもしれない。

s-IMGP5293.jpg
花海棠が膨らんできました

いけないわね、用事を作って家から出ないとね。
図書館がいいかな、大きな桜の木があるし。お菓子屋さんに桜餅を買いに行こうか、用水路沿いに桜が咲いてるわ。
明日はどんなことがあっても外へ出るわよ!

折しもテレビで老人の低栄養のことを言ってました。
一人になって、自分の都合で料理をしたりしなかったり。知らず知らず低栄養になるんですって。
それって私じゃないですか。何日も家から出ないで、あり合わせの夕飯を作ったり作らなかったり。
「高タンパク質を摂りましょう、肉を食べましょう」って言ってます。食べてるつもりですけどね、つもりじゃだめ。
記録するのが良いそうです、ガッテン!!

s-IMGP5310.jpg
ミツバを採りました 柔らかくてよい香り


Comment:8  Trackback:0
2018
03.26

ボケか

人と話している時に、相手も知っている共通の人の名前がスッと出てこない。
昨日もそうでした。「ほら、あの人、えーと、あの人」と話が進みません。
ひょっとしたらこれは呆けの始まりでしょうか。愕然としました。
患者会のお手伝いなど、人の顔と名前を覚えなければ話にならないのに、これはどうしたことでしょう。
愕然としながら、でも私って昔から人の名前を覚えるのが苦手だったと言い逃れを考えていました。

きょう、検索しました。「人の名前が覚えられない」
そうしたらたくさんヒットしたのです。世の中に同じ悩みを持つ人がいました。
覚えられないのじゃなくて、その人に関心がないのだとか、発達障害のひとつだとか。
発達障害ね。障害じゃなくて発達の凸凹の凹の部分なのね。ということは個性だともいえるのね。

s-P_20180319_142200.jpg専業主婦40年。社会との関わりが浅くて、大勢の人の名前を憶えなくても良い家庭の人でした。
なのに、このごろ急にいろんな人と交わるようになって、覚えられないうちに次の人に会って。
でも、そう言って誤魔化していることもできません。
きょうは患者会で今まで会った人たちの名前をノートに書きだしました。
会報などの写真を見ながら一人ひとり思い出して、顔と名前を一致させました。
1日に数人の名を声に出して読んでみようと思います。
頭で思っているだけではダメみたいです。声に出して、漢字と結びつけて、特徴を思い描いてなど、覚える工夫をするのが良いそうです。(写真はボケた木瓜。相応しいでしょう)
 
しばらくやってみたらわかるでしょうか。長年の主婦生活のツケが回ってきたのか、呆けの兆候なのか。


Comment:8  Trackback:0
2018
03.25

アサツキ

Category: そのほか
野菜の自主性に任せ 耕したり 肥料をやったり 草をとったりせず そして 【 種さえまかず 】が【 夢 】ですが
という信じられないような夢のような野菜作りをしてらっしゃる nasu_to_matoさんの今日のブログは「アサツキのぐるぐる」です。

家の裏庭の縁にも色鮮やかなアサツキが育ってきました。これは山形・峠の山から貰ったものです。
峠の山の人たちは、球根を大きく育てて食べるそうですが、家では若芽を頂きます。
と言っても、酢味噌で食べることしか私は知りません。そして私は酢が苦手ですから食べるのは夫だけでした。

色鮮やかで美味しそうなぐるぐるに惹かれて、アサツキを少しだけ収穫しました。

s-P_20180325_181405_LL.jpg

私は味噌マヨネーズで食べました。これがおいしいのです。
明日も食べたい、明後日も。でも残念、そんなにたくさんアサツキはないんですよ。
でも峠の山から貰ったアサツキ、家には植える場所がなくて、友人所有の空き地に夫と植えたことがあるのですが、あのアサツキはどうなっているかしら。行って収穫してこようかな。夫がいたらどんなに喜ぶことか。
アサツキ一つで、峠の山と夫の思い出が蘇った夕飯でした。


Comment:4  Trackback:0
2018
03.24

築地にて

築地に行きました。
場外を歩いたのですが、ものすごい人出です。外国語ばかりが耳に入ります。店員さんも片言の日本語です。
子どもの頃祖母に連れられて行った場外市場は、のんびりしていたのですけどね。
店先で食べられるようになっているのですが、どの店も長い行列。
私は何が嫌いかって、並んで食べること。
ということで、きちんとしたお店に入りました。
朝ごはんを食べてなかったので食べられるかと思い注文した天丼・蕎麦のセットですが、写真の枠に入りきらないほど大きいアナゴの天ぷらで、ごめんなさい、少し残してしまいました。
(お蕎麦は地元で食べる常陸蕎麦のほうがおいしかったわ)

s-P_20180324_112207.jpg


午後からは患者会主催の講演会のお手伝いでした。
「中皮腫の患者さんのピアサポート・・・」ということだったのですけど、ピアサポートって難しいと思いました。
患者さんが患者さんの話を聞くというだけでは足りない、一朝一夕にできるものではないということを知らなければならないと思いました。


Comment:2  Trackback:0
2018
03.23

本選び

Category: 点訳のこと
普段薬をあまり飲まないからか、風邪薬は恐いくらいに効いて、喉の痛みはほとんど感じなくなりました。
子どもの頃はよく扁桃腺を腫らして、切除した方が良いのではと言われたこともあるくらいなので、喉の痛みの始まりには敏感でして、「ちょとやばい」と思ったのですが、薬と睡眠で乗り切りました。
そしてこんな時に限って部屋の片づけなんか始める悪い癖。
点訳校正は今月末まではどうしたって無理だから、もうどうにでもなれっていう気持になっちゃって。

本は面白いですよ。自分だったら手に取ることなどなかったような本。ラットのお話です。
この本を点訳した仲間の本選びはには、いつも感心させられます。
新刊書には目もくれずに、古い本から見つけ出すようですが、その技を覗いてみたい。
新刊書は、全国の点訳者が発売と同時に着手登録をします。本の情報に目を光らせていないと難しいのです。
だから私も本を選ぶときは発行日の古い本、点訳されずにある本を探すことになります。が、これが結構手間のかかる仕事です。
先日行ったひきふね図書館もそのためです。茨城県内の図書館にはなかったので、亀戸に行く途中のひきふね図書館に寄ったのでした。原本を見てみたかったし、試しに買うにはお高かったし、です。
次にする点訳の本をまだ見つけられずにいます。
お勧めの本はありませんか、教えていただきたいわ。


s-P_20180323_173226.jpg
つぼみがここまでふくらんだ花海棠
この寒さが去ったら咲くのかな
待っている時のほうがわくわくするね


Comment:6  Trackback:0
2018
03.22

喉の痛み

一昨日くらいから軽い咳が出ていたんです。きょうになったら喉が痛くなっちゃって。
熱もないし元気だから、気合いで治さなくちゃ。明後日も東京だし。
喉の痛みなんて何年ぶりかな。
これまでは家に籠ってる生活をしてたから、風邪をひくこともなかったのに、近頃は人混みに出ることが多くてね。
インフルエンザが下火になって油断してたわ、手洗い、うがい。

今朝は雨風が強くて5時前に目が覚めて、そのまま起きてしまったから、風邪薬を飲んで早めに休みますわ。
と言いながら、点訳校正が回ってきて、これが急ぎなのです。ちょっとは頑張らなくちゃ、期日までに終わりません。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


s-IMGP5284.jpgs-IMGP5291.jpg

2月末に駐車場で見たキリギリス(?)
駐車場から離れた草むらの草をむしってたら出てきました。
同じキリギリスかな。冬を越したんだね。


Comment:2  Trackback:0
2018
03.21

Googleナビ

Category: そのほか
昨日のお出かけは「墨田区立ひきふね図書館」でした。
初めて降り立った東武曳舟駅。ざっとの道順は頭に入れたものの、初めからアウト。
出口を間違えました。
あたりをつけて歩くものの、雨は冷たい靴は濡れる。誰かに聞こうにも人がいない。

Googleナビの出番だけれど、今までうまく使えた例がありません。
現在位置を示す地図上の矢印が、実際と少しズレがあって、これが全く知らない都会だと困ります。
今回はこのナビを使うことも目的のひとつだったので、傘を片手に起動しました。
案の定、現在位置を示す矢印があらぬ方を向いています。スマホを回したり、体の向きを変えたりしながら行き先の見当をつけました。
案内開始。「右に」「左に」と音声が教えてくれます。
そのうちに目的地近くの商業ビルが見えてきたのでホッとしました。

s-P_20180319_142244.jpg靴はビショビショになったけれど歩いて探すことができて、少しお利口になれたかな?
目的の本も探し出して、内容を確かめることができました。
できれば次の点訳にしたいと思っていたのですが、巻末の年表や家系図などが面倒なので諦めました。本そのものは面白そうなのですが、買って読むほどではないかと思ったものですから。

Googleナビは、何度か使って慣れるしかないですね。今週土曜日は築地なので練習してみるわ、というより、使わないで目的地へ行ってみたいものです。


Comment:0  Trackback:0
2018
03.19

誰に似た?

いいことしか書いていなかったから、孫の彩椛はしっかり者のように思われているかもしれませんね。
ところがドッコイ、実はだらしないところがあるんです。
昨夜ママが筆箱の中を見たら、チビた鉛筆が2本しか入ってなかったそうです。
鉛筆はきっと学校の机の中。授業が終わって休み時間、筆箱に仕舞う時間も惜しんで遊び始めるのでしょう。鉛筆を机の引き出しに放り込んでね。

何回かこういうことがあってママは、ついに怒り爆発。
「勉強道具を大事にしない子は学校に行かなくていいから。世界には勉強したくてもできない子がいるっていうのに。『彩椛のために使っている税金を、そういう子どもたちのために使ってください』って、ママ、先生にお手紙書くからね!」
下唇を出してべそかいて。
でも、きょう筆箱を見たら、やっぱり鉛筆2本。
どうかママに見つかりませんように。


s-P_20180319_142009.jpg


急にお手伝いを頼まれた亀戸事務所。午後からなので、それまで寄り道の計画。
なのに、お出かけは今度もまた雨の予報。
行く先は「墨田区立ひきふね図書館」
パラパラとめくってみたい本があるのですが、県内には無くて、横断検索したら、ひきふね図書館にありました。
ちょうど良い寄り道で、いつか行こうと思っていたのです。
少々の雨なら行くしかないでしょう。


Comment:2  Trackback:0
2018
03.18

ひばり往診クリニック

Category: 緩和ケア
去年の秋、「介護」のカテゴリに、奈良にある在宅ホスピスの体験記を読んでいると書きました。
夫の2回目の命日のあとだったこともあって、辛い体験記を読むことはいつしか避けてしまい、忘れていました。
今日ふと思い出し読みなおしてみました。今度こそきちんと読んで考えようと思います。

ひばり往診クリニックという在宅診療のクリニックです。
うわさも評判も全く知らないクリニックですから、お勧めとかそういうことではありません。
良いクリニックだといいな、評判も良ければいいな。
比較選択ができるくらいたくさん、在宅緩和ケアをする医師が増えればいいなという思いです。

家族のために自分のために。
在宅診療・在宅緩和のこと、一緒に考えてみませんか。
緩和ケア病院のことも。

◆───・・・・・  ・・・・・───◆

s-P_20180312_110742.jpg行者ニンニク、勢いがいいでしょ、気持ちがいいほど。
山形・峠の山から我が家へきて3年。
食べる人がいなくて花を咲かせるだけでしたが、今年は娘たちがいる。
食べてもらおう。
父が喜ぶよ。


Comment:4  Trackback:0
2018
03.17

春のはじまり

Category: 花々のこと
靖国神社の標準木に花が5~6輪咲いたから、開花宣言ですって。
宣言なんかしなくたって、桜は季節を知って咲くのにね。その瞬間を撮りたい人が集まっているんだって・・・私にはわからない。

去年の記録を見ると、1週間は早いようです。小学校の入学式には散ってしまうでしょうね。
下の子の入学式、保護者代表挨拶をすると決まっていた人が急に転勤になって、後釜にと役が回ってきました。
その年1990年も桜は早くて、入学式にはすっかり葉桜でした。
「満開の桜の花に迎えられ・・・」というような定番はまさか言えなくて、ずいぶんと悩んで挨拶文を考えたのでした。


s-P_20180316_084722.jpg
5年位前に、寄せ植えで頂いた中のヒアシンス。
1本だけだったのに、ずいぶん増えました。

s-P_20180316_084859.jpg
雪柳も咲き始めました。
雪柳を追いかけるように、桜が咲くようなきがします。

s-P_20180314_155208.jpg
夫の好きな花海棠。
好きな理由は、大好きな渓流釣りの解禁の頃に咲くから。
嬉しい釣果の時も、そうでない時も。
農家の庭先に咲いていた花海棠が印象的だったみたいです。

スマホのカメラが直ったので撮った写真。
1枚ずつじゃ、花に追い越されてしまいそう。


Comment:2  Trackback:0
2018
03.16

マンホール蓋

Category: そのほか
いつの頃からか、マンホール蓋の写真を撮っていました。
その後ブログを始めた時に、カテゴリの一つに「マンホール蓋」を入れようかと思いました。
でもこんな写真、私が撮っているくらいだもの、他にも興味を持っている人は必ずいるはずと調べました。
やはりたくさんいたのです。

その中で特に詳しいHPに、私の持っている写真をいくつか提供しました。
日本マンホール蓋学会という名のHPです。
あまりに素晴らしい収集と分類には、私ごときがどんなに逆立ちしても敵いません。別に競争しようとは思ったわけじゃないですが、ちまちまとブログに書くよりは、このHPに提供した方が写真が活きるじゃないですか。
しばらくぶりにこのHPを覗いたら、全国制覇間近。東京都と鹿児島県がまだのようです。

マンホール蓋の写真は私が撮っていました。
街なかでマンホール蓋の写真を撮るのって結構恥ずかしいんです。
おばさんがマンホール蓋をまたいでカメラを構えるって、ちょっと変でしょ。人の流れを止めることになるしね。
「早くしろよ」って関わりないような顔して立ってましたが、いつの間にか夫も一人で出かけた先で写真を撮ってくるようになりました。

ところでね、「マンホール蓋」ってどう読みますか?
私が「マンホールぶた」と言いましたら夫は、
「『ぶた』はあなた。マンホールは濁らないでね」
「マンホールふた」だそうです。


s-P_20180316_084753.jpg
きのう開き始めた水仙は 
暖かい光の中で きょうは こんなに 
弾けるように咲きました


Comment:8  Trackback:0
2018
03.15

『国家と石綿』

Category: 中皮腫のこと
『国家と石綿 ー ルポ・アスベスト被害者「息ほしき人々」の闘い』を読んでいます。
前回のブログで、読むのが楽しみと書いたのは「読むこと」の楽しみのことで、内容は楽しみという言葉は全くあたらない重い内容です。

 

新緑を 吸い込みいや増す悲しみぞ 息ほしき人のあるを知るゆえ


「泉南石綿の碑」に刻まれた歌です。
「息ほしき人々」を訪ね、丹念に取材したルポです。
泉南地域の特殊性から、石綿被害はここで暮らさざるを得なかった人たち、朝鮮籍の人たち、部落の人たちの間に広がったのです。けれど被害を問題視する者がいなかった・・・(本当はいたのですが)

「知ってた、できた、でもやらなかった」 大阪泉南石綿国家賠償請求訴訟のスローガン。
国は被害が出ることを知っていた、対策もできた、でもやらなかった。
これは石綿だけの話じゃないように思います。各地の公害や原発事故だってそうかもしれない。

s-P_20180314_155235.jpg

やっと半分を読みました。
私は本を頂いたので読めていますが、買って読むには少々お高い2900円。
全国の県立図書館のほとんどは所蔵しているようです。
国立国会図書館 総合目録ネットワークで調べることができます。
 (http://iss.ndl.go.jp/somoku/?page_id=329)


Comment:4  Trackback:0
2018
03.14

スマホのカメラ

Category: そのほか
冬の間、庭には撮るべき花もなく、スマホのカメラを使うことは多くありませんでした。
時々写すのですが、どうもピントが合わなくなったように感じていました。たまに「こんなものかな」という写真を載せたりしていましたが。
急に暖かくなって、小さな庭にいろんな芽が出てきたので庭に下りてスマホを構えましたが、全くボケボケばかりです。
カメラ機能が悪いのか、腕が悪いのか、どうすればピントを合わせられるのかと、PCで検索しました。

あらま、カメラアプリの不具合かもしれないと書いてあるのです。
検索したとおりにやってみました。

スマホの「ホーム画面」→「設定」→「アプリ」→「すべてのアプリ」→「カメラ」

「カメラ」画面の「ストレージ」→「データを消去」→スマホの再起動


「データを消去」の時はちょっと迷いましたが、今までの写真が消えるということではなさそうなので思い切ってエイッ!

なんとこれだけで前よりはピントを合わせやすくなりました。

s-P_20180314_155425.jpg
こんなので いかがでしょうか
スマホカメラだったら こんなものでしょうか?


Comment:0  Trackback:0
back-to-top