FC2ブログ
2018
06.06

満面の笑み

Category: 義母
疲れともいえないくらいのウダウダを引きずっているうちに、梅雨入りが発表されてしまいました。夜から降ったりやんだり。何もすることがない。
きょうは、義母の様子を見に行こうと考えていました。

そんな時、お嫁ちゃん(友ちゃん)からLINE。
「あの後 ○○にしつこく言って (笑)  △△さんに電話させました!
おばあちゃんの様子を話して、家族が動かないと何もしてくれないから!って(><)
余計なお世話かもしれないけれど、でもあの状態を見て知らんぷりは出来ませんよね!
また近い内におばあちゃんに会いに行きたいです」(○○は私の息子、△△は義弟)
友ちゃんは忙しい人、きょうは私が行ってきますよ。

午後のおやつの時間に合わせて行きました。
そうしたら、私の顔を見て満面の笑み。お世話しているスタッフもびっくり!
今までで一番の笑顔だと。
「誰が来たのかな。私の名前覚えてくれてるかな?」
首をかしげるけれど、にこにこ。
「名前は出てこないけど、分かるんだもんね」とスタッフ。
前回の様子はいったいなんだったのか。こういうことを繰り返すのかしらね。

IMGP5488.jpgおやつのカステラを私に勧めたり、自分のお茶を私の茶器に移してくれたり。いつもの優しい義母の姿です。
故郷の相馬弁です。
「おめ 今までどこさ 住んでたんだ?」(あんたは今までどこに住んでたの?)
「ごめんね、なかなか来られなくて。すぐ近くに住んでるよ」
「ほーがぁ」(そうかぁ)

息子が亡くなったことは忘れているに違いないけれど、近くにいるよの返事に安堵したのでしょう。
が、少し経つと会話は忘れてしまうのだと思います。
でもいいんです、安堵した顔を見られただけで十分です。

むしろ、辛いことを思い出さないんだから、その方がいいのだと思いました。

Comment:4  Trackback:0
back-to-top