FC2ブログ
2018
06.19

尼崎集会

今週末は2泊で尼崎に行きます。
1日目は「アスベスト被害の救済と根絶をめざす 尼崎集会」に参加します。“クボタショック”から13年。
私は初参加です。

日時:6月23日(土) 午後1時から4時45分
場所: 尼崎市中小企業センター(阪神尼崎駅近く)
参加費無料

初参加なので詳しくは分かりませんが、講演・報告・写真展などとチラシに書いてあります。終了後は、おそらく懇親会。
2日目は患者と家族の会総会。関東世話人になったので、こちらも初参加。
午後からと次の日のお昼までが予定なし。午後に叔母に会いに武庫川へ。夕方の新幹線で帰ります。

きょうは最寄駅に行って切符を求めてきました。
いつもは行き当たりばったりが多いのですが、今回は他の世話人と新幹線ホームで待ち合わせているから、予め往復の切符を用意しましたよ。
あまり用意周到だと、かえって何かハプニングが起きそうで心配なんですけど。

きっぷ

“クボタショック”のあとの2006年発行の『明日をください』を読んで知識を蓄えています。

アスベスト問題に取り組んできた人々を紹介したい。20数年前からアスベストに立ち向かってきた横須賀の労働者。アスベスト被害を掘り起し患者と家族のネットワークをひろげてきた「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」。そして、クボタ・ショックを引き出した人々の記録である。  写真・文 今井 明

夫が罹患するまで、全く他人事だったアスベストのこと。  
未だに分からないアスベスト問題の底しれぬ不気味さ。

Comment:6  Trackback:0
back-to-top