FC2ブログ
2018
07.31

孫・姉

彩椛の夏休みは21日土曜日から始まりましたが、土日が休みだっただけで、月曜から金曜まで、午前中は登校でした。
5年生、6年生が「学びの広場」と名づけられた補習を受けるのです。全員です。例えば補習が必要でない子がいたとしても全員です。
先週5日間の補習が終わってようやく夏休みになったのですが、宿題の量がとにかく多い。
宿題は全教科にわたって何かしら与えられていて、その中から選ぶのですが、真面目な(小心者の)彩椛は、これもあれもと目いっぱい選択しています。
私は「夏休みなんだから休みなさいよ。宿題全部やらなくたっていいんじゃないの」というのですが、「うん」とは言いません。
毎日毎日、宿題に追われているようです。
おじさんちに泊まりに行ったり、キャンプも予定しているので、今のうちにできるだけ終わらせるようにという親心も見え隠れして、かわいそうな夏休みの始まりになりました。

ホトトギス
ホトトギス

明日から8月。亀戸の家族会の予定はなく、のんびりの月のはずでしたが、どうやら、姉の手術が予定されそうです。
手術するリスク、しないリスクをよく考え、娘たち、従姉にも相談しました。
今度は騙すようなことはしないで、言葉を尽くして納得させるつもりです。
手術となれば前後10日間ぐらいの入院でしょうか。不測の事態に備えて(知的障害だから)、家族の24時間付き添いが条件です。
8月10日が次の通院日。そこで日程が決まると思います。
かわいそうにな、病院・手術をあんなに怖がっていた姉が、2回も開腹手術を受けなければならいんだもの。
私をはじめ、娘たち全員開腹してるけど、だれもヘルニアになってない。よりによって、どうして姉なんだ。
思ってもしょうがない。術後の痛みがないように、ようく医師にお願いすることぐらいしか私にはできない。

Comment:10  Trackback:0
2018
07.30

火星

Category: そのほか
朝のうちに洗濯機を回したのに、出かけることに気を取られて干すのを忘れていました。
夕方に思い出して、温くなってしまった洗濯物をもう1度洗いしなおしました。
しわくちゃになって困るものは無かったのが幸い。臭いもこもってなかったしヤレヤレ。

2階のベランダに干すために出たら、4つの明るい星が目に入りました。
火星が大接近中というのは知っていたので、左端の赤っぽく見えるのが火星とすぐ分かりました。
右端のひときわ明るい星は?

火星

金星でした。あとは土星と木星だそうです。
金星はもうすぐ西の空に沈みそう。彩椛に教えようとLINEしたけど返事がない。
夏休みの宿題に追われてお疲れ気味。早く寝たのかな?
数週間は明るい火星を見られるそうです。

また、夫がいたらの話ですが、きっとウッドデッキに寝椅子を出して、夜更けまで星を見ていると思います。そばには勿論お酒が。
私が代わりに寝転んでみようかな。でも一晩は続かないわ。数分で飽きてしまうでしょう。夢のない女です。

はい、数分で戻ってきました。
火星の近くを飛行機が横切ったのを見ました。飛行機、いいなぁ、どっか行きたいなあ。
でも夏は暑いし、思いがけないことでまた暫くは出かけられなくなりそうです。
きょうは姉の病院の付添いだったのですが、姉の腹壁瘢痕ヘルニアは手術の方向に向かってます。

Comment:4  Trackback:0
2018
07.29

編み物で 「ん?」 

台風は昨日夕方から時折風雨が強くなりましたが、きょうの午前中には晴れ間も出てきました。
気温は30度ぐらいで湿気があるけれど、風は涼しくて、エアコンなしで過ごしました。
娘の東広島も何事もなかったと報告が来てホッとしました。

朝から1日編み物をしていましたが夕方、「ん?」。
間違いに気づきました。
きょう1日分を解いて編み直しにかかっています。
他のことでは決断するのに時間がかかるくせに、編み物は別です。
そしてよく間違います。
結婚前は兄が、結婚後は夫が、私の「ん?」というのを喜んでいました。
「どこまで解くんだ?」
ツーツーと気持ちよさそうに解いていったものでした。

ポスター


相馬野馬追、今日が本祭り。
今年のポスターと、動画を見つけました。

ちょっと珍しいお祭りでしょ。




Comment:4  Trackback:0
2018
07.28

相馬野馬追

Category: そのほか
Yahoo!ニュースを見ていたら、故郷のお祭りが載っていました。
相馬野馬追祭り。以前は7月23日~25日と決まっていたのに、集客のために7月最終の土曜に~月曜日に変更になったんだとか。

野馬追
お借りしたこの写真は、フクシマ浪江町。避難解除になった地区のお行列
ちょっと寂しいかな
明日の本行列は、もう少し華やかですよ
神旗争奪戦もあるしね

野馬追は毎年猛暑の中で行われるお祭りで、騎馬武者が熱中症で馬から落ちたなんていうこともニュースになったりします。
今年はそんなに気温は高くなかったようでよかったね。
だってね、聞いた話ですけど、甲冑の下には真綿の綿入れ半纏を着るんですって。薄い半纏でしょうけど、真夏にね。
上の写真は陣羽織姿だけど、この上に甲冑を着けるんですよ。
そして出陣前にすでに祝い酒でぐでんぐでん。暑いのが当たり前。
そして、本物の武者かのように錯覚した酔っ払いが、馬の上で大声あげて馬を進めるんだから、子どもの頃は恐かったですよ。今はそんな人はいないでしょうけど。

もう30年見てない。
早朝、出陣式に向かうカッポカッポの晴れやかなひづめの音。
夕暮れ、家路に向かうカッポカッポのもの淋しげな音。
なつかしいなぁ。

Comment:2  Trackback:0
2018
07.27

鬱のトンネル

Category: 思うこと
昨日今日の涼しさ、夜は寒くて窓を閉めまわしてます。
変な動きをする台風が関東に上陸した後、災害があったばかりの西日本に向かいそうです。これ以上の災害がおこらないことを祈ります。

友人が来てくれました。33回目の月命日。
「月1回のお喋りよ」と言いながら、律儀に来てくれる年下の友人です。
定年後鬱のご主人の愚痴、私の愚痴。人には聞かせられない悪口も。でも、悪口を言いながら笑い飛ばして、ストレス解消。
いざよい
きょうは友人の良い話が二つ聞けてとても嬉しい。
ひとつは、一緒にボーリングクラブに入ったんだって。他人と交わり、体を動かす。ご主人にも友にもとっても良い刺激になるでしょう。
もうひとつは。二人とも英語が堪能なのですが、今までは宝の持ち腐れ。それが最近通訳ボランティアの登録をしたんだって。
いくら勧めても、「私の英語なんか」と謙遜して動かなかった友が、ついに動いた!
絶対良い方向にむかう筈。人に必要とされるって大事なことですもの。鬱のトンネル、灯りが見えてきたじゃない!

カミキリムシに枯らされてしまった十六夜薔薇に新しいシュートが

冷たい東からの風が出てきました。飛ばされそうなものはないか、家の周りを見回ってきました。

Comment:10  Trackback:0
2018
07.25

投げ出す

昼ごろに姉のこととは違うこと、ちょっと嫌なことがあって、すごく落ち込んでしまいました。
悪いことが次々に重なって、自分のことじゃないのに、何もかも投げ出したい気分になりましたわ。
自分のことじゃないし、私にはどうすることもできないんだから、なにもかもなんて大げさに考えなくたっていいのにね。
その時はそうとしか考えられなくて。
夕方、気分転換に美容室へ行って、帰ってきたら、問題は何とか解決の方向へ向かってました。
私、どうかしてたね。

私、本当はネクラなのだと思います。ネクラだったんだと思います。
結婚して、物事を深く考えない人に影響されて、「生きてくって、案外どうにでもなるもんなんだ」と気づきました。
その後に友だちになった人がまたポジティブな人で、私のネクラの部分に灯りをともしてくれたのです。そういう友がもう一人いて、3人のおかげで、何回ものどん底を見ながらも人生を投げ出さずにすんできました。
あ、もっとも、それらがどん底だったのかどうか分かりませんよね。どん底だって思い込んでいただけかもしれないし。

でも私のネクラの根っこは生涯変わらないと思うんです。だから、時々暗くなって・・・反省して。また全てを投げ出したくなって・・・立ち直って。
きょう半日を投げ出したので、これから頑張って取り戻すぞ!

Comment:14  Trackback:0
2018
07.24

困ってる

Category:
姉の頑固さは並みのものではなく、どれほど苦労したことか。
脅したって、宥めたって、すかしたって、人の話を聞く耳持たない。こちらが焦れて実力行使に出れば、そこが公共の場であろうとなんであろうと、大の字になって抵抗する、泣く。その時の姉の力は夫も敵わなかったほどです。

前回の病院騒ぎを知っている彩椛ママと、深いため息をつくばかりです。
前回は私が姉を騙して入院させることに成功して、病棟内で「手術」を口にしないことを徹底してもらいました。私が24時間付き添うことが条件でした。
人権? そんなこと言ってたら命が救えません。騙すことはやむを得ないことと、医師も暗黙の了解をしてくれました。この医師を逃したら姉を手術してくれる医師は居ないものと思われました。
総合病院3つで断わられて、4つ目の病院で理解を示してくれた医師でした。

さて、この姉を説得できる方法があるだろううか。説得できる人がいるだろうか。
母がいます・・・が、母は戦力外です。高齢でも頭はクリア、口も達者なんですけど、端から参戦する気がない。
どうして、何でもかんでも私なんだーーーぁ。
前回は夫が陰に日向に私を支えてくれたからできたことです。

まだ、手術と決まったわけでないのに、困った・・・
手術ができないとなると、病の爆弾を抱えた姉を施設が今まで通り預かってくれるだろうか、困った・・・
でも、来週にならなくちゃ分からないのだから、それまでは一時休戦。

Comment:2  Trackback:0
2018
07.23

退院

Category:
朝9時に家を出て姉の病院に行きました。
病室にいたのは何の肩書の人だったのか、ソーシャルワーカーだったのか、私の顔を見るなり、
「転院がご希望と伺ってます。これから手続きをさせていただきます」

紹介状と画像データを持って、姉が診てもらっている病院の受付時間に間に合うように車を飛ばしました。
少し時間が過ぎたけれど、姉を車に待たせて暑い中を駆け足で受付へ。白い髪振り乱した婆を気の毒と思ったか、受け付けてもらえました。よっし!

待つこと2時間。診察室で、全く変わった様子のない姉を見た医師は首をひねります。「腸閉そく?」
昨日のCT画像と比べたいので、今の様子も撮らせてくださいというのでCT室へ。
それから再び診察室へ呼ばれて説明を受けました。
きょうは全く心配のない画像だけれど、昨日は「確かに何かがある」という顔をした画像だったそうです。
昨日、病院に着いてから姉はお通じがあったそうで、それで腸が動いたから大事に至らなかった、ということのようです。
昨日は疑問符だらけの病院だと悪口を書いたけれど、緊急手術にならなかったのは幸運だったからかもしれません。
まあ、説明のへたな夜勤の看護師だったのだと、許してあげましょう。

冗談はそこまで。
医師は、「こんなことを繰り返すことが良いことなのかどうか。このあと内科でできることはないので、外科の事例検討会に掛けて他の医師の意見を聞きたい」というのです。
手術ということでしょうね、手術ねぇ・・・
「手術」は姉にとっては決して存在してはならない言葉です。
60年間全く病院に行かなかった姉です。聴診器を当てるのですら泣きわめいた姉です。
今、CT室に一人で入っていけるようになったことは大いなる奇跡です。

巨大子宮筋腫の手術は、計画を練って騙すようにしてどうにか受けることができた経緯があります。
今度もそれが通用するかどうか。
まだ手術と決めたわけでもないのに、ドーンと疲れが、ドヨーンと気持ちが落ちてしまいました。
姉の施設の若い看護師さんが「一人で抱え込まないで、いつでもご相談ください」と言いながら、私の手を取ってくれました。
帰りの車の中、ありがたくて涙がにじみました。若い方の力を借りれば良い知恵も出てくるでしょう。
その前に、内科的にまだ何かできることはないか、もう一度医師と話し合いたいと考えています。

Comment:6  Trackback:0
2018
07.22

入院

Category:
姉が入所している施設の職員から、姉が入院したと連絡がありました。
お腹が痛いというので病院に連れて行ったら、腸閉そくの疑いで緊急入院になったというのです。
そんなあ、4日前に私と病院に行ったばかりです。その時に、時々訴えるお腹の痛みのことを聞いたのですが、心配ないと言われたばかりです。

取り敢えず病院に車を走らせましたが、休日に受け入れてくれた病院は隣の隣の町の病院、車で1時間弱。
施設の職員と一緒に、当直の看護師から入院の説明を聞きましたが、どうにも納得いかない。
明日以降、いつ主治医に会えるのかと聞いても、検査が終わらなければ説明はないと言います。じゃあ、いつ伺えばいいのかと聞いても、何とも言えないと。
そうでしょうか。そんなものなのでしょうか。主治医の説明が家族にないままに検査を進めるのでしょうか。納得がいかない。

姉が診てもらっている総合病院は我が家の近くなので、そちらに転院する方向で交渉するつもりです。
点訳忙しいのに、参ったっ、困ったっ。

Comment:4  Trackback:0
2018
07.21

ボランティアと謝礼

Category: 点訳のこと
私たちが点訳したデータは「サピエ」というところに登録します。
「サピエ」は、視覚に障害を持った方々に点字データ・音声データ、そのほかの情報を提供するネットワークの名前です。
2010年に「サピエ」という名前になる前は「ないーぶネット」という名前でした。
私たちが「ないーぶネット」に点字データを登録するボランティア団体として許可されたのが2002年。数名のたぶん一番小さなグループです。
それから数えて16年、150冊余の本を登録してきました。
ずっとボランティアで、これからも。

ところが、点訳に謝礼が支払われることになってびっくりしています。
「サピエ」ではなくて、県の議会だよりの点訳に対してです。県の事業として始められたのか、予算がついているらしいのです。
年に4回の議会だよりに1万5千円の謝礼が振り込まれました。初めは要らないと断ったのですが、そうもいかないらしくて。
それなので、私たちグループが「サピエ」に支払っている年会費にそれを充てることにして、頂戴することにしました。

これからちょっとお金の話になるのですが、多いとか少ないとかの話ではないことを始めにお断りして。
この1万5千円がどういう基準で計算された額なのかと思ったわけです
そしてこの額から、点字1ページが○○円と計算されたのですが、それを元にするとなんと、点字図書1冊の値段がもうビックリなのです。
それを150冊。ちょっと、ちょっと~、半端な金額じゃないんですよ。

・・・・・・・・・意味ない計算をしました。
はじめからボランティアなのですから、お金に換算するなんて下品な話です。
はい、気持ち元に戻して、議会だより頑張ってます。

Comment:6  Trackback:0
2018
07.20

丑の日

彩椛ママが買い物に行って電話をよこしました。
「パパにウナギを買うんだけど、お母さんも食べる?」
「そうね、お父さんと一緒に食べたっきりだから、食べてみようかしら」

「スーパーのウナギだけど、手を加えればおいしくなるから作ってあげる」
ということで、我が家に集まっての夕飯になりました。長女とノッポ孫、彩椛一家、私の6人。
ウナギを食べるのは長女と私と彩椛パパ。ママと彩椛とノッポ孫はウナギが苦手なので、肉を焼いてかば焼きのタレ。
賑やかにおいしく頂きました。

明日から孫たちは夏休み。
ノッポ孫はダンスの発表会とダンスコンテスト出場に燃える夏になるようです。
長い夏休みですが、アルバイトの予定もきっちり決まって、規則正しい生活が維持できるようで、婆はホッとしています。
高校初めての成績表。本人は補習があると覚悟していたようですが、なんとか免れて、やれやれ。

Comment:6  Trackback:0
2018
07.19

「たら・れば」

編み物をしている時にふと思うことがあります。
あの時断らなかったら、私の人生どうなっていたかと。
「たら・れば」の話です。

50年ほど前に父の友人が我が家を訪ねてきたことがありました。
私の編んだレースの大きなドイリーをその方にお見せするように言われました。なぜなんだろうと思いましたがお見せしました。
その方は「根気よく編めてますね。ちょっと手が固いですね。几帳面なんでしょうが、もう少しゆったりと編むといいですよ」というようなことを言われたと思います。変なおじさんと思いました。

後日、父母から話がありました。
先日の方が、私を養女に欲しいと言っているということでした。
父の友人のその方は、仙台にある編み物学校の理事長だったのです。
でも私はその時は洋裁に夢中でしたから断りました。編み物は花嫁修業の一つぐらいにしか思ってなくて、レース編み以外には興味がありませんでしたから。
私が20歳のころです。

曲がり道
曲がり角 (フリーの写真をお借りしました)

「たら・れば」 どんな人生になってたでしょう。
編み物学校の校長先生? でも、花嫁修業などする人が減って経営難に陥り、苦労の人生だったかもしれない。
「たら・れば」の繰り返しですよね、誰でも、みんな。

そして話にはオチがあって。
私の二人しかいない従姉の一人は、勤めていた幼稚園の園長先生に請われて養女になりました。
小さい時からほとんど従姉の付き合いが無いので、今はどうしているか分かりません。芦屋の幼稚園だと聞いています。そう、この間行ったお屋敷町の芦屋です。

「たら・れば」 想像だけは自由ですから、時々思ってみます。

Comment:4  Trackback:0
2018
07.17

安否確認される

今朝4時半頃だったかしら、少し強い揺れが2度あって、目が覚めてしまいました。
そして朝から湿っぽい暑さです。部屋が暑くなってからでは冷房に時間とお金がかかります、ときょうも自分に言い訳。
10時を過ぎた頃に広島の娘から電話があって、
「お母さん冷房してる?」と安否確認がありました。
「冷房を使って室内での熱中症に気をつけてください。一人暮らしのお年寄りにもお声をかけてください」なんてテレビで言ってましたよ。はいはい、ありがとね。

娘の所のスーパーの品物の量は通常に戻ったけれど、野菜がすごく高くてまいっちゃった、だそうです。
「きゅうりやピーマン、買おうかどうか迷ったけど買わなかった」
救援物資送ろうかと言ったら笑ってました。送料分できゅうりが何本買えるかと思ったら、現金を送った方がいいかもね。

ねこじゃらし2週間前までは草との勝負は五分五分だったのに、いまや六分がた私の負け。
気がつけば穂がついたネコジャラシが数本。引き抜いたけれど、よく見れば可愛いじゃないですか。
ピントはどこに合ってるのという写真だけど、まあ、いいわいね。

明日は姉の病院の付添いと自分の歯医者さん。
そして点訳依頼もあって、明日からは少し忙しくなります。
早いけれど寝るとします。

Comment:6  Trackback:0
2018
07.16

送迎と映画

孫の高校、地区大会の応援は全生徒参加、現地集合です。
近隣の野球場とはいえど、広い地域だし都会みたいに交通の便が良い場所にあるとは限りません。
きょうの球場は隣の市のはずれ、ネモフィラで有名なひたち海浜公園の近くです。
電車を乗り継いで、臨時バスに乗り換えれば行けないことはないのですが、田舎暮らしをしていると、車で行くことが当たり前、車で送ってもらうのが当然。
仕方ない、婆が送って行きましたよ。何事もなければ50分位で着く距離ですが、きっと多くの生徒が車で送ってもらうでしょう。渋滞を予想して1時間半前に家を出ました。
読みは当たり、途中コンビニで飲み物などを買って行ったので、集合時間にどうやら間に合うくらいの時間になってしまいました。

私は映画を見て、2時間後にLINEをするとまだ5回の裏だと。それからが長かったです。買う気もないのにショッピングモールで時間をつぶすことの苦痛なこと。
「そろそろ終わるんじゃない?」と再びLINE。
「延長戦」
結局延長戦で敗退。時間はもう4時半。1日仕事の送迎でした。


イワダレソウ『万引き家族』 さすが大きな賞をもらっただけの映画だと思いました。よく練られていると感じました。
樹木希林さん、歯のない口もとを晒しての演技、怖いものなしだね。
安藤サクラさん、印象深い演技。作ってない演技が良い。
リリー・フランキー、面白い役者だね。
子役の二人、いいね。
家族でないものたちが、家族のように心を通い合わせていくように見えたが・・・
ピントハズレな私の感想。
設定上そうでなくてはならないのだが、画面がゴチャゴチャとして汚い。見ていて疲れました。


Comment:11  Trackback:0
2018
07.15

きょうはペケ

Category: 思うこと
暑かった。老人なんだからエアコンは必要不可欠とすっかり自覚して、きょうも朝からスイッチオン。
で、することは昨日と同じ。午前に1本午後に1本の映画を見て、編み物をして過ごしました。実に不健康な1日でした。
Amazonで映画を見ると、おすすめの似たような映画がラインナップされます。ついそれを見たものだから、きょうも暗い映画を2本。見終わってどよーんとした気分です。
午後の1本は実話に基づいた作品だとか、余計に気分が重くなりました。
嫌いではないんです暗い映画。でもきょうのはペケ。

グラジオ夕方6時過ぎ、まだ空気が熱かったけれど図書館に歩いて出かけました。
予約していた本の順番がようやく回ってきました。何か月待ったかしら。別に旬に読まなくたっていいんです『友情』。
平尾誠二のラグビーを二人で楽しんでいましたから、読んでおきたいと思っていました。

明日は野球応援の孫を隣市の球場まで送迎します。
そして球場の近くの映画館で、『万引き家族』を見ながら試合の終わるのを待ちます。場所も時間もグッドです。

Comment:2  Trackback:0
back-to-top