FC2ブログ
2018
10.18

名字

名字の読みを調べていて、面白い検索サイトを見つけました。
名字にまつわるあれこれ、由来や分布などが載っています。

私の旧姓は福島の生まれ育ったその地では珍しかったようです。
当用漢字なのですがなかなか読んでもらえなくて、いちいち名乗るのが面倒でした。結婚するなら佐藤、鈴木がいいなと冗談を言ったものです。
父宛ての手紙でびっくりしたことがありました。
住んでいたのは「福島県○○郡○○町字○○123番地」だったのですが、届いたあて名書きは「福島県○○郡」だけ。
それでも届くほど珍しい名字だったというわけですね。

さて私、結婚してどうなったか。旧姓に比べると読まれやすくはなったものの、珍しい部類の名字です。
ちなみに佐藤を名乗る人は、全国に200万人弱。
夫の姓は1万9千人、私の旧姓は7千人。

もう一つびっくりは、父方の祖母の旧姓。全国に40人しかいないのだそうです。
祖母の育った家のこと、もっと聞いておけばよかった。本当かどうか今では確かめる人がいなくなってしまいましたが、前田藩お抱えの和菓子職人の家だったそうです。
有名人のルーツを探るテレビ番組があるけれど、お祖母ちゃんにも波乱万丈な過去が埋もれていたら愉快だな。

スズメウリ

ようやく1個色づいた オキナワスズメウリ。
今年は発芽も生育も遅くて 心配してました。

寒さが来る前に 
来年をつなぐよい種が出来てくれますように。


Comment:2  Trackback:0
2018
10.17

肩こり

肩こりの続きです。
夫は肩がこるということを知らない人でした。
私は子どもの頃から肩こりがあったので、肩のこらない人がいるなんて信じられなくて、嘘でしょ、と夫の肩に触ると本当なのです。
私の肩は触ると硬くてコリコリですが、夫の肩はフリャリとしていたものです。

肩のこらない夫は、マッサージが得意でした。どこで覚えたのか私が実験台でした。
私が首や肩をぐりぐり回しているのを見つけると嬉しそうに、「そこにナオレ」と座布団を並べるのです。子どもたちは、また始まるお母さんの悲鳴、と冷ややかです。
どこを押しても触っても悲鳴をあげる私を夫は、「全身どこでもツボ」と面白がって苛めるのでした。
自分が病気になっても、私が疲れた顔をしていると座布団を並べて足の裏を踏んでくれました。あれからもう、誰にも踏んでもらってないんだ、自分じゃ踏めないしね。
久しく忘れていた足裏のツボ、健康棒でグリグリ苛めてみました。
効いてるのかどうか、良いんだかそうでもないんだか。
気のせいで楽になったかもとしておきましょう。

夕焼け
2階の窓からの 夕焼け
何日ぶりかしら

Comment:2  Trackback:0
2018
10.16

暇つぶし

編み目この頃時間があると編み物をしています。
他にはピアノ、それにPC。
どれもこれも俯いてばかりいるので、首と肩がコリコリ。
ツボ押しはどうだろう、確かミニ本があったはず。

「合谷」というツボがいいらしい。
くーーーーーっ!!  イタ気持ちいいーー!

ついでにPCで足裏マッサージを検索。
「健康棒」で、目・首・肩のツボをゴリゴリ。
いたたたたぁぁぁぁ!
ちなみに足のツボは、目は人差し指と中指、首は親指、肩は小指の付け根にあります。「健康棒」はツボ押しの小道具です。

気のせいか、少し楽になったような。

Comment:6  Trackback:0
2018
10.13

グラフ

Category: 中皮腫のこと
夫が中皮腫と診断されたとき、友人が本のコピーを送ってくれたことがあります。
スティーヴン・ジェイ・グールド、アメリカの古生物学者で、腹膜中皮腫のサバイバーです。余命が8か月と知った彼は、

中央値は中間点であり、それは50%の患者が8ヶ月以内に死亡することを意味するが、残りの半分はそれよりも長く(もしかすると非常に長く)生きる。

と考えたたのです。

中央値

その彼が思い描いたのは、こんなグラフだったのかもしれないと、私は思ったのです。
横軸が余命の値だとすれば、自分は右に入る可能性もあるわけで、そこに入るよう努力すれば(治療や心の持ち方など)と考えたのではないかな、と。現に彼は限りなく右側に入ったわけです。
コピーを送ってくれた友人もそのことを言って励ましてくれたのだと思います。
サバイバーにはなれなかったけれど、夫は平均余命(6カ月)の3倍以上を生きてくれました。治療が効いたのか、めげない精神を持ち合わせて明るく生きたからか。

きょう亀戸へ行く電車の中で読んだ本で、上のようなグラフを見て、4年半前を思い出したのでした。

Comment:0  Trackback:0
2018
10.12

止め時

昨日お会いしたAさんは、3~4回の開腹手術。抗がん剤、治験による凄まじい副作用、ストーマの設置・・・などなど、想像を絶する7年だったようです。
死ぬわけにはいかない、治るんだ治すんだと突き進んできたのでしょう。その結果が医師からの言葉「もうややるべきことがない」。
おそらく私のこんなブログは読むことはないでしょうから、書くのですが、「緩和ケアを探しなさい」と言われるまで戦い続けたことは、Aさんの辛い時間をもっと辛いものにしてしまったのではないでしょうか。

夫のセカンド医名取医師は、夫の人となりを探る会話のあとの早い時期に、抗がん剤の止め時の話をされました。
元気で好きなことができる時間を大事にしていくためには、決断の時があると。

私はそのことがとても大切なことだったと、夫のそばにいて感じました。
遊んで、遊んで、好きなものを食べて飲んで、気ままに暮らして、「俺は好きなようにさせてもらった。もっとやりたいこともあるけれど、これくらい自由にしたんだから・・・」と言いました。

残った者はああも、こうもと悔やむことばかりだけれど、夫のこの言葉を思い出せば救われる思いになります。
気の利いた別れの言葉が無かったことを不満に思うこともある私ですが、こんなありがたいことを言ってくれたこと・・・もう何も言えません。

Comment:4  Trackback:0
2018
10.11

身も心も休めて

亀戸の患者会に出かけました。
きょうは電車の中で編み物をしたかったので、普通のグリーン車で行きました。対面シートではないし、乗客が少なくて静かなので、時々贅沢をします。
午後1時からの集まりなので、電車の中でお弁当を食べようと買ってから乗りましたが、食べませんでした。なぜかというと、斜め前のお嬢さんがお化粧を始めて、その匂いがきつくて食欲が失せたから。それに、私のお弁当のにおいも他の方には迷惑だろうなと思ったので。

оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・〇Оо


きょうの患者会には、病状がかなり厳しいAさんが情報を求めていらっしゃいました。
抗がん剤・手術・手術・手術・治験・・・と治療してきて、今後打つ手なしと告げられたそうです。
なんとか次の手はないものかと考えていたAさん、みなさんの話を聞いた最後におっしゃいました。
「治療することしか見えずに突き進んできた自分ですが、違う道もあるのだということが分かりました。きょうはここに来て良かったです」
生きることに全力を尽くすこと、諦めないことが良い結果を生むことは勿論です。
が、治療が中断しているこの期間に体も心も休めて回復を待ち、次のことを考えるのも一つの手ではないかと私は思うのでした。
そうはお伝えしなかったのですが、Aさんはそれをご自身で理解されたようです。
体力もなく体も細くなってしまわれたAさんの、これからの治療とは違う苦しみを思い胸がつまりました。

Comment:4  Trackback:0
2018
10.10

毛糸

Category: そのほか
気が向いた時に押入れをゴソゴソしています。いちばん身近で雑多なものが入っているところです。
洋裁の材料や布、毛糸などが、なにがなんだかわからないようになって入っています。
あ、この間の探し物、ボタン類の入った缶はまさか、というところから出てきました。

使える布はもう少し考えてから処分するとして、半端な布や残り布は20センチ角に切って溜めています。姉の施設でお掃除などに使うために集めているので、時々持って行きます。家でもガス台の油汚れを拭いたり、お皿の汚れを拭ったりしています。
先日の押入れゴソゴソではノッポ孫のおむつがたくさん出てきました。漂白剤にしっかり漬けてから仕舞っていたので、白いままなんの汚れも無く出て来てびっくりしました。
お天気の良い時にもう1度洗濯してから、お掃除などに使いましょう。おむつをヒラヒラさせたら懐かしいでしょうね。

毛糸も出てきました。何を思って買ったのか中細の毛糸です。数日、ああでもない、こうでもないといろいろな模様を試し編みしてようやく模様を決めました。ベストを編もうとしています。夢中になると止められない悪い癖で、肩がコリコリ、目がショボショボの数日間でした。
編み図
単純な編み目ながら どうしてどうして
慣れるまでに何度も間違って解きました
今年の冬に着られるでしょうか

Comment:2  Trackback:0
2018
10.07

がんばれ

Category: 点訳のこと
このところ、いつものような深い睡眠がとれなくて、ぼんやりした頭で暮らしていました(「いつも」という指摘は当然受け入れます)。
きょうは30℃を超えた気温で、だるさがピークかもしれないと昼寝をしました。いつもは15分ぐらいで起きるのですが、すっかり寝てしまって、気づいたら1時間も寝ていました。なので、かえって体も頭もだるくて、目覚めても動くのが億劫。そのままテレビをつけてぼんやり見ていました。

世界ふれあい街歩きスペシャル「北米大陸・西海岸を行く!」
点訳中の石川 好『ストロベリー・ロード』が西海岸を舞台にしているので、つい見入ってしましました。それに夫がよく見ていた番組だったのも理由です。計算された番組ながら、ぶらりと歩く外国の街歩きに、二人とも憧れを抱いていたものです。どんなにあんなふうな旅がしたかったことか。

点訳は、他のメンバーが家族の病気や看護で中断したり、私はなまけていて、ここ数か月あまり活発ではありませんでした。
暑い夏も終わり、病人も元気になったからと校正が回ってきたので、私もいつまでも怠けていられません。昼寝を充分したので、夕方から馬力をあげてがんばり始めました。

ホトトギス
ホトトギス
小ぶりな 可愛い花ですが 繁殖力はすごい

井上 陽水の歌に
 ♪ 昼寝をすれば 夜中に 眠れないのは どういうわけだ
があります。
今夜が怖い。昼寝が仇となるような気がします。
が、同じ歌の中には
 ♪ がんばれ みんながんばれ
というフレーズもあって、がんばらにゃならんわね。

Comment:6  Trackback:0
2018
10.04

緊急地震速報

昨夜11時に寝てちょうど良い具合の眠りの最中、緊急地震速報が鳴って起こされました。
えっというくらいの揺れで終わってほっとしたのですが、さあ、それからが眠れない・・・眠れない。1時半になっても眠れない。
仕方ないからラジオのスイッチを入れました。「ラジオ深夜便」 聞いているうちに眠ったのか、2時ごろ再び地震で目が覚めました。
また眠れない・・・3時を過ぎて、朝刊配達のバイクの音が聞こえてきました。
ちょっと眠くなったような気がしたのでラジオを消しました。眠れたようです。
6時に周り家の車の音で起きました。いつもの起きる時間です。

リコリス
リコリス

きょうは燃えるごみの日。
徒長枝を切ったのをまとめて集積所まで運びました。先日引き抜いたみょうがも縛って出しました。庭が片付いて、ヤレヤレ。
徒長枝といえば、元気な枝が何本も、切ったら切っただけ伸びるのですが、切り方が悪かったようです。ノコギリを手に、枝の付け根からギコギコ落としました。さて、来年やいかに。

というわけで台風のあとの日もきょうも、寝不足の日に限って働き、今夜も薄ぼんやり、眠いです。早寝にします。

Comment:4  Trackback:0
2018
10.03

孫の靴

ブログのお友だちのアイハートさんが先日、お孫さんの靴の大きさを書いていらした時に私が、
「我が家にも大きな靴の孫がいます。初めての靴を取ってあるので、そのうちお見せしますね」
とコメントに書きました。
きょう、孫は学校行事のために休みだったらしく顔を見せたので、そうそう、写真と思い出しました。

ノッポ孫は生まれも大きく、初めてのあんよの時のこの靴は13センチです。
夫が一人で靴屋に行って買ってきたものです。
選ぶのが楽しかった、幸せだったと言ってました。そのあとの孫たちも履いて、今はあちこち擦り切れていますが、捨てることができない我が家の宝物です。

悠の靴

ノッポ孫に写真を見せました。「うふっ!」と言う反応でした。
13センチと28センチ。

Comment:6  Trackback:0
2018
10.01

台風一過

Category: そのほか
昨夜は経験したことのない強風に苛められました。
10時ごろから吹き荒れはじめ、11時ごろ一旦眠ったのがいけなかったか、12時ごろ風の音で目覚めたらあまりの強風が怖くて眠れなくなりました。
震度2とは言わないけれど、家があおられて揺れ続けます。お隣のカーポートの屋根もバタバタ音をたてます。恐ろしい夜でした。

きょうは同じ市に住むアスベスト肺の患者さんとお会いする約束があったので寝てもいられません。普通に起きたけれど2時間寝たかどうか。
患者さんとは1時間弱お話しして、聞くことの大切さを学びました。
いつもは自分が話し過ぎてしまって、別れた後で自己嫌悪に陥るのですが、きょうは聞き役、自己採点50点。

午後からは患者会の事務局員と待ち合わせ、県のがん対策室へご挨拶。患者会の活動を知ってもらい、今後の活動に理解を求めました。

ぼんやり眠いけれど、夕方5時にBS世界のドキュメンタリー「塀の中の“自由”~アフガニスタンの女性刑務所」を見ました。外国人を中に入れてにカメラを回す自由を与えるのに、自国の女性を虐げる男社会の傲慢さ。宗教の名のもとに女性の自由を奪う理解しがたい社会。
自分は恵まれているなどという甘い感想を持つ私を許さない。

Comment:4  Trackback:0
back-to-top