FC2ブログ
2018
11.29

一昨日PCの置き場所を変えたこと、それでキーボードの位置がちょっと高いのが気になると書きました。
机の高さは変えられないので椅子を高くしました。今度は短足が床に届きません。
足を乗せる台がないかとキョロキョロ探しました。辞書が目に入ったけれど、それはねぇ、いくら使わないからといってもね。結局手ごろな段ボール箱を見つけ、上に小さな毛布と座布団型の電気マットを乗せて、寒さ対策一応できあがりました。
文房具や参考書などは元の位置のままです。不便だけれど、座ったきりにならないのが健康のためには良いかもしれないと思うのですよ。何とかなりそうです。

今は他の人が点訳した本の2校正中ですが、もうじき上がります。自分では手に取らない科学の本です。宇宙のこと、地球のこと、生き物などの不思議を簡単に解説してあります。知らないことばかりです。ほんのちょっと解ったこともあって、賢くなった気がします。
ベニクラゲ広島の孫に話してやったら、目を輝かせて聞き入ると思います。
爺もこの手の本が好きでした。
娘に、本に載っていたベニクラゲやリンキアの話をしたら、孫は知っているそうで、
「tiaに話すなら覚悟してね。話が止まらなくなるよ。しつこいよ」 

ベニクラゲ 画像をお借りしました
明日で11月が終わりますね。そろそろクリスマスに贈る本を選ばなくちゃ。
みんな本が大好きです。5年生から3歳のちびちゃんまで、4人に2冊ずつ。親の意見も聞きながら、書評も参考にしつつ、大変だけど楽しい本選びです。

Comment:2  Trackback:0
2018
11.28

財布をわすれて

今年の夏の異常な暑さで歩くことが少なくなりました。一度覚えたなまけ癖、明日再開しよう、明後日でいいか…を繰り返しているうちに寒くなってしまいました。
それでも偶に用事があるときは、車ではなく歩くようにしてますから、きょうも近所のローソンに歩いて行きました。威張れる距離ではありません。Google地図には600メートルと書かれてます。
汗ばむくらいの気温の中歩いて6分、ローソンに着きました。
ひゃー、やっちゃった。
 ♪ 買い物しようと街まで 出かけたら~
家に戻りました。

お財布を持って再びローソンへ。
印刷をしようと出かけたのです。が、LINEで送ってもらったファイルをスマホにダウンロードしたまではよくて、さて、そのファイルがどこにあるのか分かりません。
keepという場所に保存されたようですが、それはどこを開けばいいの。内部ストレージを見てもありません。家でPCで落ち着いて調べようと戻りました。

調べて分かったので3回目。車にしようかと迷ったけど、歩きました。
今度は無事印刷ができました。3往復、3.6キロ、汗びっしょり。この汗は暖かい時と違って、冷えると寒いさむい。風邪をひかないようにすっかり着替えました。

粕汁こんなに暖かい日なのに、冷凍庫の中から酒粕を見つけたので9種の具の粕汁。
夫は酒粕が好きでなかったから、一人になって大威張り。
柚子大根、大根の漬物も夫は食べなかったから、正々堂々と。
大根の葉も塩漬けして。
この他は、作り置きとコンビニで買ったお惣菜の夕飯でした。


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


ここからは自分の覚書のために。
1.LINEで送られてきたpdfファイル → keepに保存 → 自分のLINEページのkeep → ファイルを選択 → 他のアプリでシェア → Dropbpxを選択 → DropbpxからPrintSmashにエクスポート
2.ローソンのマルチコピー機の操作手順に沿って印刷。

Comment:2  Trackback:0
2018
11.27

寒さ対策

Category: そのほか
昨日のすかんたこな孫自慢でしたが、みなさん優しくていいよって言ってくださって、嬉しいです。
ヤマハのコンクールに応募するために作っているんだそうです。後半もできあがったようですから、聴きたいとおっしゃる奇特なお方には、そのうちお聞かせできる時があるかもしれません。最後は腸内フローラの花畑をイメージした曲で終わるんだそうです。なんとでも言ってて。

「2月にコンクールがあるから來る? 覚悟がいるよ。あんなみたいなのを1日中聞かされるんだけど」
「遠慮しとく」

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

毎年この時期ぐらいから、午後リビングへの日当たりが悪くなります。途端に寒くて、憂鬱になります。私の机は窓際なのでガラス側の左半身が寒くて堪りません。
今日PCの置き場所を変えました。位置は変ですが、まあ良いか。
寒さは大分ましになった気がしたけど、きょうは昨日より気温が高いからかもしれない。
ちょっとキーボードの位置が高くて使い難いんです。肩・首に影響が出たらもとに戻すことにして、2~3日使ってみましょうか。

Comment:0  Trackback:0
2018
11.26

孫自慢

ブログの記念日を書いてすぐに二日間書けなくて、何か書けないかと考えたけれど何にもなくて…
挙句の果てが孫自慢って、どういうことって眉をひそめられても仕方がない。

「O157の楽しい人体」と名を付けた孫の作曲。孫が歌って母親が採譜してアレンジと書きましたけど、アレンジも孫だったんです。母親は譜面にする手伝いをしたり、アレンジの助言をしただけだったようです。
最初メロディーだけ聞いた時には変に頭に残って、まいったなあ、の曲だったんですけど、音源が送られてきたときには、婆にはたぶんリズムが刻めない面白い曲になっていて、びっくりしました。すごいです。
音楽教室で、和音のナンチャラカンチャラを教えてもらっている小学2年生の作曲。孫自慢です。

こうなったら嫌らしく、妹のほうも自慢しちゃいます。音楽教室主催のチャレンジコンサートでエレクトーンを演奏した6歳です。両手で弾くのは当然のこと、ベースを刻むのに両足を使って演奏してお褒めの言葉をいただきました。
虫愛ずるおてんばの妹姫です。

ついでにもう一人。彩椛が先日受験した漢検4級に合格しました。そしてもう次の3級の勉強を始めたようです。3級というと中学卒業レベルですから、小学生には難しいでしょうけどチャレンジが始まりました。

ああ、すかんたこって言われても仕方ない孫自慢。ごめんなさい。

Comment:10  Trackback:0
2018
11.23

ブログ記念日

Category: 思うこと
思えば、ブログを書くってどんなだろうと始めたのが2013年11月8日。5年が過ぎ去りました。
それからわずか2か月後に夫が中皮腫で入院して、そして2年後、夫は旅立ってしまったのです。
こんなことになるなんて、全く予想できなかったあの頃。
5年前の11月25日、連休の記事には、筑波山の頂上に立つ夫の姿が写っていました。

きょう、私が読ませていただいているブログのみしんさんが、ご近所にアスベストで亡くなった若いパパがいらっしゃること、お友だちの変な咳が気になることを書いてくださいました。
私は、アスベストのことを知ってほしい、関心を持ってほしいと、時々アスベストを話題に書いていますが、人に語れるほどの知識がないことが悔しいです。
でも、語れなくても、聞くことはできると思っています。どれほどのお役にたてるかは分からないけれど。
ここに書くことが、もう少し多くの人の目に留まるように工夫をするのもいいのか、などと思ったりもしますが、ウダウダと自分のこと家族のことを書くことのほうが多いブログだからなあ…

♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪
昨夜は、O157のメロディーが変に頭から離れずに、眠るまで悩まされたのでした。
一晩寝たら忘れたのでホッとしました。
o157.jpg
ホッとしたのにきょう、孫のメロディーを採譜してアレンジしたと、娘から楽譜が送られてきました。
ようやく忘れたのに、音源まで送ってくるとは、なんの罰ゲームです? 
<プレゼント>ですって。

Comment:8  Trackback:0
2018
11.22

広島組

広島とSkypeで繋がっている時、エレクトーンの音が聞こえてきました。小2孫(男児)が弾いていますが、何とも言いようのない変な曲です。
「tiaが作曲したんだよ。自分で作っておきながら、うまく弾けなくて苦労してるんだ。笑えるよね。何をイメージして作ったと思う?」と娘。
と聞くからには、全く想像の外のことだということだけは分かります。孫の凸凹のうちの凸の部分だから。

「ハンバーグの中に紛れ込んだ腸管出血性大腸菌O157が、胃液のシャワーをくぐり抜けて、大腸に向かって歩いている」イメージの曲だそうです ???
頭の中のイメージ映像を、気持ち悪いけど見てみたい。
♪ ンタラッタ ラッタラッタラッタラッタ ターラ 

妹の武勇伝も。
妹は一見おとなしくて愛らしいのですが、虫愛ずる姫君。
今朝は幼稚園で見つけた太くて長いミミズを下げて「せんせ これー !!」
「あら~!」 先生すごい、動じないんですって。
そういえばこの子の母親も、小さい頃は虫を怖がらない子でした。アゲハの幼虫を手に乗せてかわいいって言ってたっけ。今はダメだそうです。

Comment:2  Trackback:0
2018
11.21

石綿飛散防止小委員会

中央環境審議会大気・騒音振動部会石綿飛散防止小委員会の傍聴に行ってきました。
しっかり分かっていないのでつまらない感想しか書けません、くやしい。
我が中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会及び全国労働安全衛生センター連絡会議から1名ずつがプレゼンターとして出席しました。
他には、JATI協会、建築物石綿含有建材調査者協会、日本建設業連合会から1名ずつでした。

日本ではようやく、現在アスベストの使用が禁止されています。ですからこれからは、今まで使われたアスベストを安全に始末することが課題になっています。日本中いたるところにアスベストを含む建築資材があるのです。建物の耐用年数が過ぎての取り壊し・改修工事の時にどう安全にアスベストを除去するか、処理するか、難しい大きな問題です。最近では築地市場の取り壊しが取り上げられていますね。

アスベスト疾患のピークがこれからの10年と言われます。そしてなん10年か後に取り壊しでばく露した患者のピークが來るのではないかと心配されています。第2のピークが無いように対策をしてもらわねばなりません。
やっとその入り口の問題が議論されているというのがきょうの小委員会なのではないでしょうか(私感です)。
建設・解体業者だけの問題ではないのです。適切な解体がなされないとアスベストは私たちの周りに浮遊します。私たちはもっとアスベストの怖さを身近に感じるべきです。あそこにも、そこにもアスベストはあるのです。関心を持っていただきたい。不法な解体・除去を許さないという意識を持っていただきたい。アスベスト疾患によって大切な家族を失った私たちの思いです。

日比谷公園

環境省からの帰りに日比谷公園を散歩。
紅葉・黄葉がきれいでした。
建物は松本楼。

松本楼

おまけ。この小委員会、「資料のペーパーレス化のため、資料はHPからダウンロードするなどして、ペーパーレス化への御協力をお願いいたします」というものでしたが、PCは重いので持って行きませんでした。
こんな時のためにも、タブレット欲しいかなぁ。スマホのバッテリーの減りが早くてやっぱり新しいのが欲しいのだぁ。

Comment:2  Trackback:0
2018
11.19

久しぶりのドライブ

きょうは福島県との県境の町大子で、点字の先輩と待ち合わせしました。
紅葉の盛りは過ぎているしお天気も曇りがちなので、スイスイ行けそうと快調に飛ばしましたが、まさかの渋滞に突入。
ラジオの交通情報を聞くと片側工事規制と言ってました。抜け道のない道路、みんな我慢です。いつもより30分多くかかりました。

この道路は、先輩の家に遊びに行くときも秘密基地へ行くときも使う道で、なん10回走ったことか。道のカーブの具合などは頭に入っていて、ブレーキの掛け方、アクセルの踏み方も体が覚えていました。久しぶりのドライブを楽しみました。

点字の疑問は解決したし、いっぱいお喋りはしたし、道の駅で新鮮野菜と林檎も買ったしで、1日をしっかり使うことができました。
でもちょっと疲れたかな。
せっかくお出かけしたのに、紅葉はさほどきれいではないし、運転は寄り道無し。だから写真も無し。
明日から預かった点字の校正を頑張らなければなりません。地味な生活に戻ります。

Comment:2  Trackback:0
2018
11.18

鼻濁音

Category: 思うこと
東北人の私は標準語を話す人たちの中に入って萎縮していました。
昼休みのおしゃべり中に田舎の「柿」の話をしましたが、「牡蠣? 柿?」と言われました。「柿だよね」とだめ押しされました。
仲良しが「通じてるんだからいいじゃない」と言ってくれましたが、ひどく傷つきました。
ちなみにその仲良しは、お父さんの転勤で会津若松で暮らしたことがあって、「ひゃっこい」という言葉が大好きだと言いました。「冷たい」では表現できない冷たさがあって大好きだというのでした。

さて、鼻濁音の話です。
「が」も何かの折に言われました。(そうなんだ。標準語って難しいんだ)とその人の前で話すことが嫌になりました。めったに一緒にならなかったからそれぐらいで済んで良かったんだけど。
その時に思い出したのが小学1年生の音楽の時間。
♪ さいた さいた ちゅっりっぷの はなが
先生に注意されました。「が」じゃなくて「が゜」。福島の1年生には何のことやらわかりませんでした。

そんな私がある歌手の「が」が気持ちが悪いと思ってます。歌はとてもうまくて心地よい声なんだけど。「が」がどうも耳についていけません。それにきょうは要らないところで「が゜」と歌うのも気になってきて、聞くのをやめました。
でも、今は昔ほど鼻濁音に拘らない人が増えてきてるんですってね、アナウンサーでも。
そんなこという私は、今でも鼻濁音がうまくできません。
それなのに鼻濁音のことに文句を言うなんて、私も年寄りだよね。

Comment:4  Trackback:0
2018
11.17

片づけ

家事を一通り終わらせてPCの前、お茶を飲みながら一巡して、いつもなら編み物を手に取るのだけど、きょうはふと魔がさして。
(こんなにいい天気の時にやらなくていつやる!?)と思ったのです。
物置にあるカヌーとキャンプ用品の点検のつもりでした。

キャンプ用品カヌーを最後に使ったのはいつだったか。亡くなる半年前だったと思います。
ちゃんと収納したのかどうか、ずっと気になっていました。お天気のいい時に一度広げなくてはと思っていました。
組み立て式のカヌーですが重いんです。20キロ以上はあるでしょうか、一人で引っ張り出すのは容易じゃない重さなので、そのうち、そのうちと後回しにしていました。
ーー 本当に重かった。腰が、足が、腕が、指が、痛タタです。
でもきれいにしまってあるのを確認して安心しました。

いちばん大変なのはキャンプ用品。いつの間にか買っていたという物もあって、笑っちゃう。ぎっしり詰まっていた物を全部外へ出しました。処分するものを選んで袋に入れたり、縛ったり。そのせいでばね指がパキン。結構ひどくてちょっと痛くて、作業を中断。

次は工具類。私には全部要らないものばかりだけれど、捨てるには惜しいものもあるので、夫の友だちに見てもらおうと 1か所にまとめました。

リール
最後は釣り用品。これもたくさんありました。やはり捨てるのは惜しいものばかり。誰かに使ってもらうのを待ちましょう。のっぽ孫が使うかもしれません。何度か一緒に釣りに行ってます。

最後の春に買ったリールと入漁券。
年券を買ったのに数回しか行けなかった
久慈川水系四時川。

捨ててもいいけど、とりあえず仕舞ったものもあります。纏めておいたので、ちょっと考えてから捨てることにします。
もうこんな大がかりな片づけは、この後はできないかもしれません。それほど疲れました。
体も辛かったけれど、気持ちも辛かった片づけでした。
懐かしさと、淋しさが一気に押し寄せてきました。

Comment:6  Trackback:0
2018
11.16

個性豊か

webニュースで「11歳小5が大学レベル『数検1級』最年少合格」を読みました。天才少年でしょうけど、2年間挑戦したんですって。小学校3年生からですよ。そこがすごいと思いました。
69歳の私は(かなり背伸びして、希望的観測で)、中学1年生ぐらいが関の山。

先月末に彩椛の漢検受験のお伴をしました。4級、小学6年生のレベルだそうです。試験場に向かうバスを待っている間、彩椛に問題を出されましたが、7割ぐらいしか書けませんでした。読みはなんとか。4文字熟語もあって、5年生、10歳の彩椛には少し難しいようでした。69歳の婆は、5級小学5年生レベルがいいとこかな。
彩椛は運動全般が非常に苦手。苦手というレベルを超えて苦手です。でも、本を読んだり、幼い物語を書いたり、絵をかいたりが好きです。
こういうのを発達の凸凹というのでしょうか。

私の子ども時分を思えば、広く浅くそれなりに勉強していたと思うけれど、結局は何も身に着かない面白みのない子どもだったです。
夫はへんな人でした。通信簿なんてそりゃあ、笑えるような成績だったそうですが、物知りでした。日常には無駄なその知識、クイズ番組で稼いできてよ、と笑ったものです。
「お父さんも発達に凸凹があった人じゃなかったの」と広島の娘が笑います。広島の孫も知ろうとする好奇心がすごいです。今は「危険生物」に夢中です。誕生日プレゼントに贈った図鑑を毎日飽きずに眺めている小学2年生です。

発達障害って何でしょうね。障害でなく、誰にでもある発達の凸凹、個性といってもいいんじゃないでしょうかね。
また、定型発達と非定型の境目って何なんでしょうね。
個性豊かな孫を持つ私はおもしろがって見ています、我が子じゃないからね。親たちはそれぞれ大変です。

Comment:2  Trackback:0
2018
11.15

先輩からの電話

変化のない数日が続いて、こんな生活やだやだ、厭き厭きしてきたと思っていたきょう、福島県在住の点字の先輩から電話をもらって、お互いの中間地点で会おうということになりました。
互いに車で1時間半、ちょうどよいドライブになりそうですが、会う場所が今の季節ちょっと嫌な感じです。というのもそこは紅葉の名所で、途中う回路のない追い越し禁止が続く山の1本道です。でも会うのはずいぶん久しぶりなので嬉しくて、お土産においしいものでも見つけようなんていう気にもなりました。

先輩の電話は理由があって、点訳のことですが、言葉では伝えきれない記号などが多用されている本なので、原本を見ながら意見を聞きたいと。私の意見なんかと思うけれど、煮詰まった時は一人より二人、思いがけない道が開けるものです。
それはそれで、もう一つはやはりお喋り。腹に溜まったぐちぐちを吐きだしたいのです、お互いに。先輩は9歳年上、でも年を感じさせない親しさで付き合ってくれる大事なお姉さまです。

と、明日会おうと午前中に計画していたのに、やだぁ、ママがどうしても明日車を使いたいのだって。私の車だけどしょうがない、私たちはいつでもいいのだから。先輩に日を改めてもらいました。月曜日になったけど、お天気が良くない。でもまあ、そのほうが道が空いているからいいか。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

花海棠私って、誘われればホイホイと出かけるくせに、自分からはなかなか言い出さない。こういう私を夫はいつも歯痒がっていました。
「俺には分からない、あんたのそれって、相手の都合を慮ってのことなのか、自分の消極性なのか……友だち失くさないか?」

夫の心配のままに老いていってはいけないと思うのですが、そう簡単に自分を変えられない、です。


Comment:4  Trackback:0
2018
11.13

ニフティサーブ

Category: 思うこと
iTunesで音楽を聴いていると、傾向から「あなたにおすすめ」の音楽が表示されます。
昨日表示された中に、全く知らない演歌歌手のアルバムが出てきました。
私は節操もなくいろんな音楽を聞くけれど、演歌だけは聞きません。それに近い音楽を聴くことはあっても、コブシを回す歌はほとんど聞きません。
インターネットの世界、個人のいろんな情報が集められて蓄積されているそうですが、どうして演歌が表示されたのかしら。

タツナミソウ
返り咲きの花もみゆ  
タツナミソウ

インターネットで別なことを思いだしました。
メールですが、昔はニフタームというメーラーを使っていました。
点字ファイルを圧縮して送って解凍して見るという手間がありました。圧縮解凍も今みたいに簡単ではなかったような......コマンドを入力したような、そうではなかったような。記憶はあいまいだけれど、いっぺんで覚えられなくてずいぶん苦労したものです。教えてもらったことを丸暗記して、何をやっているのか全く分かってませんでした。
参加していたニフティサーブのパティオ。パティオの先輩の書いてくることがちんぷんかんぷん。おまけに質問の要領の悪さを指摘されて、どん底に突き落とされたような気持になったものでした。
懐かしいパティオ。今思えば手のかかるパソコン通信をしていたものです。
でも、その手間のかかることのほうが今より楽しかったかも。

Comment:4  Trackback:0
2018
11.12

風邪っ引き

ついに私一人だけになっちゃった。
私を入れて6人の家族が近くに住んでいるのですが、みんな風邪っぴき。
3つのルートから風邪にかかったらしく、軽い発熱、喉の痛みが症状みたいです。
娘たち、治りが遅い、歳だなぁって言ってます。

きょうはのっぽ孫が学校を早退してきました。
自分の家に帰ればいいのに、我が家へ帰ってきました。
「2階で寝てる」というので「まりかあさんのお布団はいやよ。うつっちゃうから」
「うん、客間で寝るよ」というので仕方ない、お布団を敷いてやりました。

まったく人の世話ばかりしていて嫌になっちゃう。そして最後に私が風邪を引き受けるんだから。いつもそうです。
明日は茨城県内の学校は県民の日で休校。うちに来なくていいからね、自分の家で寝ていてね。

Comment:4  Trackback:0
2018
11.11

秘密

彩椛の送迎のピンチヒッター、車で絵画教室へ連れて行きました。
教室の場所は信号に近く、駐車場への出入りがし難くて嫌な場所です。信号が赤の時に下しました。
2時間後迎えに行って、もうすぐ家というところで、彩椛がリュックをごそごそしながら「鍵がない」。
駐車場に止めてリュックの中、ポケット、車の中をくまなく探したけれどありません。先生のアトリエに忘れたんじゃないのと戻りましたがありませんでした。

出るときに彩椛がドアに鍵をかけたのは見たけれど、その鍵をしまったところの記憶は私にありません。
手に持ったままだったのか。そうとなると、車から降りた場所に落としたとしか考えられません。教室近くのドラッグストアに車を止めて、歩いてその場所に行きました。
ーーありました。
ゆびきり
先生にお騒がせの報告をしに行ったら、彩椛は「ママにはないしょね」
3人の秘密ができてしまいました。

疲れて帰ってきたママに鍵を失くしたと言ったら、どれほど叱られたことか。思うだけで彩椛がかわいそう。見つかってよかった。
案の定ママは昼も食べてないんだと、ぺこぺこ、ヘトヘト。本当に見つかってよかった。
(画像をお借りしました)

鍵をかけたらすぐにリュックやバッグに入れること。ドキドキしたことを思い出してもう絶対に手に持ち歩かないのよ、と言い聞かせましたが、まりかあさんも悪かったのね。信号で下して急がせたんだものね。ごめんね。

Comment:8  Trackback:0
back-to-top