FC2ブログ
2018
11.18

鼻濁音

Category: 思うこと
東北人の私は標準語を話す人たちの中に入って萎縮していました。
昼休みのおしゃべり中に田舎の「柿」の話をしましたが、「牡蠣? 柿?」と言われました。「柿だよね」とだめ押しされました。
仲良しが「通じてるんだからいいじゃない」と言ってくれましたが、ひどく傷つきました。
ちなみにその仲良しは、お父さんの転勤で会津若松で暮らしたことがあって、「ひゃっこい」という言葉が大好きだと言いました。「冷たい」では表現できない冷たさがあって大好きだというのでした。

さて、鼻濁音の話です。
「が」も何かの折に言われました。(そうなんだ。標準語って難しいんだ)とその人の前で話すことが嫌になりました。めったに一緒にならなかったからそれぐらいで済んで良かったんだけど。
その時に思い出したのが小学1年生の音楽の時間。
♪ さいた さいた ちゅっりっぷの はなが
先生に注意されました。「が」じゃなくて「が゜」。福島の1年生には何のことやらわかりませんでした。

そんな私がある歌手の「が」が気持ちが悪いと思ってます。歌はとてもうまくて心地よい声なんだけど。「が」がどうも耳についていけません。それにきょうは要らないところで「が゜」と歌うのも気になってきて、聞くのをやめました。
でも、今は昔ほど鼻濁音に拘らない人が増えてきてるんですってね、アナウンサーでも。
そんなこという私は、今でも鼻濁音がうまくできません。
それなのに鼻濁音のことに文句を言うなんて、私も年寄りだよね。

Comment:4  Trackback:0
back-to-top