FC2ブログ
2019
04.29

今はむかし

実はちょっとした不調で抗生剤を飲んでいたんです、1週間。
そうしたら軽い副作用がひどくて(あれ、日本語おかしい)、滅入っちゃう。
飲み終わったからあとは治るだけでしょうけどね。
加齢のせいであちこち痛んだり、不調だったり。
そういう年寄りの嘆きを、若い頃は分からなかった。なんでそんなに「痛い 痛い」と言うんだろうと。思いやりも想像力も足りなかったね。自分が年寄りになって初めて知ったわ。
ちょっとした疲れやストレスなどで、免疫力や抵抗力が衰えるのね、情けないけど。

寒かったり急に暑くなったり、そんなこと、若い頃全く平気だったのに、近頃は体に堪えます。しっかり食べなくちゃダメですね。いい加減な食生活がたたっているのかもしれません。

○●○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●○●○


釣り人野営地

4年前の連休には こんな釣り人と、こんな山奥で野営してました。
今はむかしのような気がします。

Comment:10  Trackback:0
2019
04.27

連休初日(?)

午後から晴れるなんて嘘ばっかり。きょうも寒い一日でした。
今朝の新聞にはチラシがどっさり。いつもは詳しく見ることがないけれど、きょうは大型電気店のチラシを見比べました。PCです。そうしたら、ネットで買うより安いPCを見つけました。夫がよく行っていたPC専門店。しかも今使っているPCと同じ機種です。

P_20190421_131751.jpg

まあね、こうなると思ってましたよ。まんまと乗せられて、チラシの機種より1ランク上、3万円プラスのを買っちゃいました。補償を延長する契約にしたら、なんと、初期設定とリカバリメディア作成が付いているというのでお任せしました。
これで、設定を考えると重かった気持ちが軽くはなったけれど、ちょっと負けたような気がして悔しい。今頃になって自分でやれば良かった、なんてね。

往復1時間かかるお店だったし、なんだかいろいろ待つことが多かったしで、午後いっぱいかかり、出たついでだからと美容室にも行って、ああくたびれた、連休初日(昨日は連休につっかかったくせに)。
明日からはほんとに何も予定なしのいつもの生活です。

Comment:13  Trackback:0
2019
04.26

10連休がなんだ

Category: そのほか
北は桜に雪なそうな。
こちらはさすがに雪ではないけれど、寒いです。
家の中なのに手が冷たくて我慢できずに、昼ごろからずっとエアコン稼働中です。
昨日は蒸し暑くて、常温の水がおいしかったのに、きょうは飲むと体が寒くなりました。
もう本当に嫌、1歩も外へ出ていません。

春蘭テレビを見れば10連休、平成最後ばかり。ウンザリです。
それでも明日は午後からは晴れて暖かくなる予報ですから、こんな良い季節に家に籠っているのはもったいないと思ってはいるんですよ。
ひたちなか海浜公園のネモフィラが見ごろだとか。
笠間のつつじも見事だとか。
笠間焼や日立のお祭りだとか。
情報はあるにはあるのですが、大勢の中で一人を感じるのはたまらない。
それに賑やかなところはもともと苦手だし。さらに言えば、365連休の我が身には10連休なんてへでもない!


Comment:4  Trackback:0
2019
04.25

感覚

Category: そのほか
YAと呼ばれる分野の本を図書館で借りて4冊め。『マンゴーのいた場所』を読みはじめました。
他の人とは感覚が違う主人公の女の子。「共感覚」というのだそうです。
音や数字や文字に色がついているんだって。
よく分からない、楽しいのかうるさいのか。

絶対音感というのもそんな感覚の一種なのかなと思いました。
友人の息子は絶対音感があるらしい。音楽好きには羨ましいと思うけれど、本人はとても煩わしいんだとか。
音楽を単純に楽しめない、単純な音は勿論、音楽も音階で聞いてしまうことが煩わしいそうです。音のズレに神経を逆撫でされることもあるようです。
音楽にあまり興味のない(?)友人に息子は、
「お母さんはいいね。純粋に音楽を楽しめて」
というのだそうです。
絶対音感なんてちょびっともない私には解らない感覚です。絶対音感保持者がみんなこのような感覚ではないのでしょうが、確かに煩い辛い感覚かもしれません。

紫大根共感覚とは違うけれど、先天盲の方と買い物をした時に、色と柄の説明をするのに困りました。彼女が私に語ってくれました。
「赤は、夕焼けの色。青は水のように冷たい・・・色を全く見たことがない私にはなんのことか分からなかったけどね。そう教えてくれる人がいたんだよ」
そして色の組み合わせは良い・悪いで覚えていくしかなかったそうです。
彼女は他人が勧める洋服選びをしない人でした。自分で触って、色と模様を聞いて想像を膨らませ、自分で判断する人でした。
彼女はオレンジ色が似合いました。
私がそういうと、とても喜んでくれました。

Comment:4  Trackback:0
2019
04.23

パソコンのこと

Category: そのほか
私のPCは8年文句も言わずに動き続けてくれてます。使い慣れて、相棒と呼ぶにふさわしい存在です。
でも、でも、悲しいことに、搭載されているwindows 7のサポートは来年早々に終了。
アップグレードして使い続けられれば嬉しいけど、なにせ8年の老体PC。ここは買い替えるほうが良いように思います。
加えてきょうラジオでは、「インテル はいってる?」のインテルのCPU供給不足のせいで、パソコンの在庫が少なくなっていると言ってました。
買い替えるなら今かな。
でも、設定のことを思うと気が重い。たぶん、できないことはないと思うけど、なんとなく気持ちが弾んでこない。8年前は楽しかったんだけど。
もう一つ、スマートフォンも買い替えたい。こちらも考えているだけです。PCと同じ理由で気が重いんです。
こういうの、年のせいなのかな?

シロヤマブキ2


Comment:8  Trackback:0
2019
04.22

がんばった

Category: 点訳のこと
暖かい1日でした。
のんびり庭の花を眺めていましたが、来ちゃいました、原稿が。
しかも締め切りは25日お昼まで。
明日午後までに終わらさなければだめじゃないか。
がんばる!


テントウムシ
花海棠の新芽にアブラムシが発生
テントウムシ みーっけ 
アブラムシ駆除 よろしくね


がんばりました。
いつもの原稿の半分ほどの枚数だったので楽勝。
ほっとしました。

Comment:4  Trackback:0
2019
04.21

うどん

Category: そのほか
曇りがちの空でうすら寒く感じます。外より室内のほうが肌寒い。
お昼にあったかいものを食べたい、うどんを茹でましょう。と、野菜庫を見たけど緑の物が何にもない。裏庭のアサツキは育ちすぎて筋っぽいかも。
しかたない、卵だけで我慢だわ。
でもね、ねぎがあれば食べてみたいうどんがあったのです。
点訳中の随筆の中に、讃岐うどんのおいしい食べ方として、「うどんの上に刻みねぎと生姜を乗せて上から生醤油をかける」という食べかたが出ていました。
広島の娘が四国のうどんを食べ歩いた時に、やはりこの食べ方がおいしかったって言ってました。それを思い出したのですが残念。
何もないけどせめて、あごだしで汁を作り、柔らかく卵を回し入れて熱々をおいしく食べました。

ライオン
ローダンセマム

手元に読む本がなにもない。図書館に行こうと思ったけれど、月曜日には県政だよりの原稿が入る予定。また数日忙しくなるから本を読む時間はありません。もしかして、連休の前に仕上げてなんて言われたら、こりゃあ大変だ。

Comment:4  Trackback:0
2019
04.19

誰だって凸凹

新学期が始まって2週間。孫二人にそれぞれ心配事がでてきたようです。
発達に凸凹があると何度か書いたことがある孫がいます。
前と後ろの席の子二人が、何くれと孫の面倒をみるのだそうです。
あら、ありがたいじゃないの。いえ、そうじゃないんです。
孫は行動を見張られて、自分の自由がないと困ってるようです。
「『○○くんは、鉛筆がたくさんあると遊ぶかもしれないから』って言って、僕の筆箱を取り上げて1本だけしかくれないんだよ」
「トイレをちゃんと使えるかどうかって、トイレにもついてくるんだよ」
これは、親切なのか干渉なのか・・・凸凹はあってもお世話を必要とする孫ではありません。担任に相談です。
ムスカリ
今年の担任は、孫の良いところ、ユニークなところを面白がってくれる先生みたいです。自主学習で3日間かけて取り組んだ成果に“S”の評価をもらいました。
友だちからは「○○くん、習ってないこと書いちゃイケないんだよ」と言われて腐っていた孫でしたが、先生に認められて大喜びです。

YAのコーナーで見つけたフランスの小説『ノーと私』。この中に孫を理解するヒントがいくつかありました。
“大きな能力を持っているものの、すぐそばのシンプルなことに対処する力を欠いている”
「大きな能力の部分は間引いて考えなくてはならないけど、よく分かる。面白い」と母親である娘の言葉です。


もう一人の孫、こちらは深刻です。この子も大きくいえば凸凹のある子ですから、クラスメートに理解されにくい部分はあるのでしょう。
でも、「大人になったらお前の事絶対に殺してやる」って言われたと。
孫がそれと気づかぬうちに傷つけることを言ったりしたりしたんだろか。先生に間に入ってもらって、偏りのない話し合いを持ってもらうしかないでしょう。

発達に凸凹のある人、案外近くに、大人にも。ちょっと理解しがたいあの人も。そういう私も?

Comment:4  Trackback:0
2019
04.17

図書分類 「913」

図書館に行っても「913」の棚にはほとんど近づきません。
いつごろからそうなったのだろう。
19歳ごろ、親しくしていた年上のOLのお姉さんが本を次々に貸してくれて、それはベストセラーの新刊本だったと思います。本を買うほど小遣に余裕がなかった私は、お姉さんが手渡してくれる本を喜んで読んでいました。思えば有り難い幸せなことでした。田舎町には気の利いた図書館がなかったのですから。
けれど、この時に私の読書傾向を決める本に出会ってしまったのでした。
渡○○一です。何冊か読んで、私はこの人の小説は、あり得ない嘘っぽい世界だと感じました。小説だから「嘘」でいいのですけどね、あまりにも嘘っぽい、作り物過ぎると。
そしてずっと後、大人になってから、男性が作り出した女性の姿が気にいらなかったんだと分かりました。男性作家の本はほとんど読まなくなりました。高じて、小説をあまり読まなくなったのです。全くではありませんけどね。


タンポポ先日次の点訳本に選んだ、少年少女向けの冒険ファンタジーは、止めました。どうにも長すぎます。校正者も私も歳をとりました。20年前なら意気込んで点訳したでしょうに。
それに止めたもう一つの理由が、「ファンタジー」。これも私には辛いものです。
子どもの頃からこの手の本が苦手な夢のない子どもでした。
我が子・孫はファンタジー大好きです。私の偏った所が影響しなくて良かった。
あ、影響して好きになったのかもしれません。

きょう図書館で、YA(ヤングアダルト)と分類されている棚から面白そうな本を見つけました。
私、点訳者の性、すぐにデータを調べましたが、登録されていませんでした。
これを少しやってみて、良かったら本を購入しようかな。

Comment:4  Trackback:0
2019
04.15

選ぶ悩み

Category: 点訳のこと
今点訳の世界は、どこにそんなに点訳者がいるのかと思うくらい、登録されている本が増えています。新聞の広告に載った本はほぼ全て点訳済みです。私がノロノロと検索を始めても、引っ掛かる本はありません。
そこで、1998年出版の本に点訳されていない題名を見つけました。どんな内容か図書館で見てみました。
実在の人名が始めのほうから出てきます。図書館のPCで検索してみたのですが、読みはヒットしませんでした。けれど、調べる手立てはありそうです。本を買ってこれにしようかなと思って帰って来ました。

家の本棚も見てみました。少年少女向けの冒険ファンタジーがありました。漢字にルビが振ってあってラクチンそうです、が長い。
大抵の本は点訳本4巻ぐらいですが、この本は7~8巻になりそうです。
悩む・・・あまり長いと校正者に申し訳なくて。

もう1冊は夫の愛読書。これは漢字がやたらと難しい。夫は読めていたのか? たぶん読めてなくても、目で見れば意味は通じるから読み飛ばしていたのでしょう。
例えば、言葉の通じない相手と漢字で筆談する場面です。
「然在此戦争無有達観於仏教」
“読みがなを横に書きましょう”って昨日のように言われたらどう書きますか?
これを考えるのが楽しいか、苦しいか。ここが問題で、決め兼ねています。

やっぱり最初に書いた随筆にしようかな。
 
白山吹
シロヤマブキ
去年の実と 今年の花

Comment:2  Trackback:0
2019
04.14

そうだよね

Category: そのほか
3日間の疲れがないと言えばうそになるかな。
きょうは口内炎がヒリヒリしますが、疲れが口内にでたのかしら。でもこれには良い薬があるのですよ。夫が手ひどい口内炎で苦しんだ時に薬局から出た薬です。3年前じゃないかって、大丈夫、新しいチューブですから。

横書きということで、ロクな家事もしないでゆるゆると過ごし、
何にも書くことがないので、
「元気でいます」の更新です。

笑える写真をお見せします。
娘の友人のお子さん。

確かにね、読みがなを横に書きましたよ。


Comment:4  Trackback:0
2019
04.11

上野・東京ライン

常磐線の普通電車、上野・東京ラインに乗って東京へ行きます。
これには2階建ての普通グリーン車が2両繋がれています。千円弱の料金です。
近ごろは奮発します。ゆったり2列シート。しかもあまり混みません。
友だちと乗っているオバサンたち、若いお姉さんたちがいない限りは静かです (ーー;)
今朝はサラリーマン風の男性の声がしましたが、場をわきまえた紳士二人のようです。
静かに本が読めました。

駅周辺に見える満開の桜、遠くの山を薄桃色に染める山桜、川の土手を彩る菜の花の黄色、そして昨夜の雨で緑が柔らかくきれいです。
目も心も洗われました。
明日もがんばるわよ~ 10時過ぎに家を出れば良いので、まだラクチン。

Comment:2  Trackback:0
2019
04.09

聞き役

Category: 思うこと
数回、とても重たい話の電話を受けていました。
なんと応えていいのか、応えてはいけないのか、素人には荷が重い電話でした。1時間、2時間、とにかく話を聴きました。「傾聴」することの基本には反していると思うけれど、私の意見も言いました。
それによってこの人がもっと深い闇に落ちていくようなことがあったらどうしようと思いながら。でも、彼女は私に傾聴を求めているんではないと思いましたから、友人として話を聴きました。

きょうはいつもと違って、スッキリした口調の電話をもらいました。自分自身で大きな問題に結論を出し、実行に移したという報告の電話でした。長くモヤモヤと悩んでいたことに終止符を打ち、悔しい部分、納得のいかない部分も含めて、勉強だと思うようにした、と爽やかです。
えらい!! すばらしい!!

花海棠19Cその上にまた、生きている証に、少しでもひと様のお役にたつことをしたいと希望を語るのでした。なかなか難しい病で闘病中です。
彼女は、家の中にいて人の話を聞くことはできる、自分はそれが上手だと明るく語ります。期待しています。ありがとう。

一気に良くはならないはずです。無理をしてないか、時々様子を見る、見守ることが必要です。

とても微妙な話なので詳しくは書けません。なら書かなければいいじゃないか。
そうですね。でも、嬉しかったのです。私に話してくれたことが。私を聞き役に選んでくれたということが。

Comment:4  Trackback:0
2019
04.08

99歳

私には今年の12月に100歳になる母がいます。
大正・昭和・平成と生きて、次の年号も生きたいと言っている、クリアな頭の母です。
「大丈夫。120歳は無理かもしれないけど、100歳は約束されているよ」と答えやりました。「令和」はあまりお気に入りではないようですが。

体には取り立てて悪いところはなく、老人ホームで介助も受けずに自立しているのですが、昨日あたりから原因が特定できない熱が出ていると連絡があり、きょうホームに行ってみました。
元気でした。お口も頭も達者でした。
きょう、あすと部屋で抗生剤の点滴を受け、あさって血液検査の結果が出るそうです。
1か月前から膀胱炎が快癒してなくて、数日前に帯状疱疹にかかり、きのうからの発熱です。免疫力が落ちているのでしょう。

ライオン

さっき従姉と電話で話しました。母のたった一人の姪です。私の姉のような存在です。
仕方ないよね。今さら膀胱鏡を入れる検査などをして病気を見つけたとしても。辛い治療を受けさせるわけにもいかないしね。対処療法を受けて見守るしかないよね。それが天寿よね。
ホームにも伝えてあります。「その時が来たと思いますから」

Comment:8  Trackback:0
2019
04.07

桜・読書

春休み最終日のきょう、彩椛とママと3人でお花見に行ってきました。
お花見の有名どころは混むだろうね、と言うママに、お墓の桜で良かったらきれいだよ、と市営の霊園を提案しました。
コンビニでお昼を買って、いざ。
駐車場もゆったり、人出は少な目。霊園に近い、市の上水道の水源楮川ダムの土手に陣取りました。桜は満開、日差しがぽかぽか、暑いくらいです。
お腹いっぱい食べて、腹ごなしにダム湖を1周しました。
帰りは霊園脇の道を通りました。木が大きくなって見事な桜並木です。友のお墓も見えたので、今度来るねと心の中で話しかけました。

山桜19
山桜の 大木

楮川桜
お昼を食べたら 雲が厚くなってきて 残念な色

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

電車の中で読もうと、図書館で本を借りたのにそれを読みふけってます。
点訳をしている時には、自由時間のほとんどをそれに向けるので、なかなか読書の時間が取れません。以前に比べて、読書量は激減しています。
点訳を始めたキッカケは「本好き」という人が多いのですけど、はっきり申しまして、自分の本を読んでいる時間は持てません。私も電車の移動時間や、病院の待合室で読むことぐらいです。
しなきゃならないことがいっぱいあるのに、読書が止まらない。図書館に3冊リクエストしてきちゃいました。家の中の雑用はいつになったら片付くのだろう。

Comment:4  Trackback:0
back-to-top