FC2ブログ
2019
09.09

台風15号

Category: そのほか
時々目覚めた時にはちょっと強い風雨だと思うくらいだったのですが、5時頃には屋根に落ちた雨がしぶきになって風に飛ばされているのが見えました。5時半頃には暴風で家が揺れました。2階だから余計に揺れを感じたのかもしれないけれど、どうか屋根が飛ばされませんように、とそればかり思ってました。
瓦が飛んで自分の家が雨漏りするぐらいはしようがないこと。それが人に怪我させてしまったとか、隣の家を傷つけたなどとなる事が怖いのです。

のっぽ孫の母親は早番出勤です。トラックが横倒しになるほどの風の中、軽自動車なんてひとたまりもないと思って心配でした。
6時前にLINEで「少し風が収まってから出勤できないの?」と送信したら返事は、
「もう着いて駐車場で待機してる。4時半ごろ目が覚めたのでそのまま出勤した」
着替えも2着持っていったとか。いつもはぼんやりの娘ですが、ナイスでした。

白露錦8時を過ぎには雨も上がったので庭に出たら、白露錦が横になっていました。2mを越す木、もう私の力では起こすことができないでしょう。もともと倒れやすい木だったのに大きくなりすぎました。
台風のあと陽が出たら猛暑の予報なので、すぐに木を切る準備をしました。のこぎり2丁と鉈と剪定鋏。直径6センチの木をギコギコ。ねじ曲がった根を鉈でコンコン。生木を切るのは骨が折れました。根はもっと大変でした。
切った幹を3つに切り、枝を鉈で落とし、ごみに出せるように縛って、格闘2時間半、太陽はギラギラしてきたし、幹を握った時に曲がった指が伸びなくなったので作業を終わりました。

なんでなあ、こんなことを私がしなければならないのよ。
私が鋸を物置から出したのを見つけたら、「何するんだよ、置いておけよ」という声がするはずなのにと思い、汗をポタポタ垂らしながら、なにくそっとムキになって鋸をひき鉈を振り落ろしました。

Comment:8  Trackback:0
back-to-top