fc2ブログ
2020
07.31

似たもの同士

Category: 点訳のこと
一昨日の夕方に議会だよりの依頼が入って、しかも特急らしく。
がんばりました。
でも頑張れば頑張るだけ、近ごろ納期が短くなって、なんだかなあって思います。

県議会終了約1か月後に、県議会だよりが新聞に折込まれて家庭に届きます。それから遅れること10日、点字版の原稿が私の所に届きました。
そして納期が8月3日朝いちばん。いくらお点ちゃんだって校正無しってわけにはいきません。
私も頑張りましたが、校正のお姉さんも頑張ってくれました。きょう午後3時には仕上げて送りましたよ。
1日半で仕上げることができて、お姉さんも私も「やればできるのね」って小鼻膨らましています。こういうことで変に意地になって頑張るところ、二人とも似たもの同士です。
で、どんどん納期が短くなっていく・・・

桃きょうは電話がかかってきたり、かけたりが何本もあって、忙し楽しの日でした。
会えないからね、どうしても長電話になります。
去年の暮れに会ったきりの家族会の友だちと、とっても楽しい長電話。

福島の友だちから桃が送られてきて、ありがとうの長電話。
ひとり1個の食べごろサイズ。今年は雨続きなので甘みが足りないのが残念。

Comment:8  Trackback:0
2020
07.28

消費の権化

Category:
よく降る雨です。今度は山形・秋田・岩手。
山形県鶴岡市の峠ノ山は、私たちがキャンプで何度も訪れてお世話になった人たちが住む集落です。全域が地すべり警戒区域に指定されているようです。どうかご無事でありますように。

ロッキング数日前に物置をゴソゴソして見つけ出した、アウトドア用ロッキングチェア。
埃を払ってリビングに入れてみました。オットマンに足を投げ出して体を沈めると、気持よくて目がとろんとなってしまいます。これはいいものを見つけたのか、それとも怠け者になるだけか。
そういえばもうひとつあったっけ。明らかに怠け者用、フォールディングベッド。こちらは出すのを止めておこう。

ロッキングチェアを置く場所を迷うこともできない狭い家。テレビ前しかありません。
で、ここで映画でも見ようと1日は過ぎました。ところが2日目の昨日、テレビに異常が発生。緑色を塗りたくったような画面になりました。あーあ、寿命がきたようです。
去年はパソコン・洗濯機・冷蔵庫を新しくしました。今年はテレビとミシンかな。テレビはほとんど見ないから無くてもいいんだけれど、どうしよう、迷ってます。
迷っていると言えば車もね。近頃滅多に出かけないし、無事故の今のうちに免許を返納しようかと思ったり、いやいや、手放すのはやはり寂しいと思ったり。
乗るとしたら、そろそろ車も買い替え時だし、迷うことばかりです。

「ぜーんぶ買っちまえよ!」と上から声がしたような・・・
夫は買い物大好き「消費の権化」でした。

Comment:12  Trackback:0
2020
07.27

小さくて挿すやつ

Category: そのほか
先輩お姉さんが、きょうも話題を提供してくれました。
「あのさ、あれ、小さくて四角くて、さすやつ。あれね、どれにも使えるんじゃないのよね?」
はいはい、分かりましたよ、あれね。ワイヤレスレシーバーね。

レシーバーあ姉さん、お連れ合いがタブレット用に使っていたキーボードを使いたいけれど、反応がなくてお手上げだと電話してきました。
今PCに挿してあるのが使えないかと思ってね、というけれど、それは別のマウスやキーボードに付属してきたもの。使えないと思うわ。
「やっぱり新しいキーボードを買わなくちゃだめなのね」
「買ってもそんなに高いものじゃないからどうしてもっていう時は買えばいいけど、レシーバーだけ買えないかどうか、タブレットとキーボードを持って電気屋さんに行って聞いてみれば?」


「あはは、あはは、もう笑ってよ」
電気屋さんに行ったお姉さん、キーボードを店員に見せたら、店員さん、裏を返して品番などを見ていたところ、
「お客さん、これ、キーボードの電源スイッチが入ってないだけですよ」

ま、ま、まさか! そうきましたか!
で、キーボードはBluetooth接続だったのですね。「小さくて四角くて、さすやつ」は要らなかったのです。
はい、これでお姉さんのPC周りは一段とバージョンアップ。リビングでもどこでもタブレットで点訳ができますよ。
お相撲の合間にもどうぞ、試してみてね。

Comment:4  Trackback:0
2020
07.25

お姉さん奮闘中

Category: 点訳のこと
先輩お姉さん、凄いんです。
新しくしたスマホを使いこなそうと朝から晩まで奮闘中です。
時々面白い質問をしてきます。きょうは・・・

「あのね、あれ、使えるようにしたいんだけど、あれ、ほら、薄い板みたいなあれ・・・」
「・・・?」
「ほら、あのさ、石盤みたいなの」
「あっははっ、石盤ね、あははは、タブレットね」

お連れ合いが残していったタブレット。お連れ合いは何でもきちんとしてる人で、お姉さんが使ってもいいように点訳ソフトも入れていたようです。
けれど、ソフトは起動するのに入力ができないの、とお姉さん。
ひとつずつ質問して、試してもらってチェックしていくと、どうもキーボードの問題のようです。別なキーボードでやってみてと言って、いったん電話を切りました。
間もなく、ピンコーンとLINEに写真が流れてきました。

石盤
やったね!!
それにしても「タブレット」が出てこなくて「石盤」というお姉さんが、スマホやタブレットと格闘してる。
すごい人です。もうすぐ80歳です。
スマホは隣家の、イギリス人の旦那様に教えてもらうこともあるそうです。

Comment:4  Trackback:0
2020
07.24

骨折のこと

ぢょん でんばあさんが、足の指を骨折した話を書いてらっしゃいます。
何も思いつかないきょう、私もこっせつ話を書いてみようかな。ぢょんさんみたいにぽっきり折れたことを面白く、興味深くは書けないけど。

何年前のことだろう、20年、あるいはもう少し前。
駐車場から玄関まで飛び石が敷いてある通路でした。そこで捻りました。
痛い、痛い、すごく痛い。いつもの捻挫とは違った痛さでした。これは病院へ行ったほうがいいと判断しました。ちょうど家にいた中学生の息子の手を借りて駐車場まで戻って車に乗りました。
挫いたのは右足。痛くてブレーキが踏めません。けれど行くしかない(その時どうしてタクシーが頭になかったのか)。

「あ、骨折です。ギプスどうします?」
「え? ギプスなしでも大丈夫なんですか?」
「時間はかかるけど、大丈夫だよ」
車で来ていることを考えて、ギプスなしにしてもらいました。

超低速、左足でブレーキを踏んで家に戻ったのですが、足首はパンパンに腫れてきました。
ギプスをしないぐらいだからたいしたことがないと思ったか、夫は本当に骨折かどうか試してみたくなったのでしょう。アホなことに、お布団を敷くときに私の足にそれを軽く落としてみたのです。
「ぎゃああああああ」
「ほんとだったんだ」
もちろん償いはきちんとさせましたとも。痛くて眠れないので一晩氷で冷やしたのですが、氷の番をさせましたよ。

翌日病院へ行って、ギプスで固定してもらいました。

モンゴルの馬
モンゴルの馬 脚脚脚脚
サラブレットに比べて 短い

Comment:6  Trackback:0
2020
07.23

深い思い出

梅雨末期の大雨の予報がTwitterに流れました。見ると広島の娘の地域が、1か月分の雨が1日で降るという紫色の区域に入っています。
一昨年の豪雨で2日間孤立しました。LINEで教えてやりましたが、すでに知っていて、明日になったらガソリンを満タンに、食料の買い出しに行くと返事がきました。
雨の予報の土曜日はtiaのエレクトーンの小発表会の日でだそうですが、どうやら中止になりそうです。厳しいレッスンに耐えてきたのだろうに発表の機会が無くなって可哀そう。
tiaも可愛そうですがそれよりも、また九州地方でも大雨になる予報。もうこれ以上痛めつけるのはやめてください、お願いです。

東京の従姉が台所に少し手を入れるのだそうです。でも見積もりの時に、「蛇口はそのままにしてください」とお願いしたそうです。「思い出があるから」
そうなんです、夫が取り付けた蛇口なのです。
従姉の家に遊びに行くたびに夫は、壊れているところはないか、不便なところはないかと点検しては直していました。蛇口は抗がん剤治療の間を縫って行った時に、左腕がちょっと不自由な従姉のために、従姉が使いやすい仕様に特別に考えて付け替えたのでした。
私がこの際だから新しいのに付け替えたら? とメールしたら、「いえいえ、こんなに使いやすいのは○○くんじゃなきゃ同じようにはできないわ」
「ありがとう、そこまで思ってくれていて」と返信しながら胸がいっぱいです。こうやってあの人は、みんなの思い出の中で生きているんだわって思ったら、涙が滲んできました。

旧中川
東京の運河をカヌーで
この時に 蛇口を取り付けたのだったかしら

誰か相手をしてくれないかな
カヌーを漕ぎたくなったわ

Comment:12  Trackback:0
2020
07.22

逃げの点訳

Category: 点訳のこと
注目すべきは感染者数なのか、感染率なのか、それとも。
それはそうとして、8月もまたどこへも出かけられない日々が続くのか。
またもや県をまたいでの移動は自粛してくださいといわれれば、大丈夫という根拠も信念もないから、悔しいけれど家にいるしかありません。こうなるのは分かってたんだから、あの時思い切って出かければよかったなんて、後の祭り。

退屈ではないんですよ。やりたいこと、やらねばならないことは山積みです。
でも逃げているんですよ、点訳に。1日中本とPC画面とのにらめっこが何日も続いてます。逃げてるって思います。
先輩お姉さんも私も、家事を疎かにして点訳をしてるのを連れ合いから咎められたことはありません。この前も電話でその話題になった時。
「疎かにした家事の言い訳に、点訳を振りかざす悪妻だったわね」

珍しくというか、初めてです、自己校正3回目に入りました。同じ本に4回目を通していくことになります。それでもまだ迷ったり間違いを見つけたりです。ボチボチね、といいながらもわき目もふらず逃げてます。
そうそう、昨日、電話がかかってきましてね。点訳グループについての質問でした。
私の家の電話がグループ代表として登録されているので、何年かに1回ぐらいですが、かかってくることがあります。点訳の依頼だったりします。できる限り引き受けます。今回はそうではありませんでしたが、何か面白い本の依頼だったらよかったな、なんて思いました。


IMG_4792.jpg
ドイツからの 旅行者だったかしら
旅に ジャグリングのクラブを持ってくるって
ゆかいね

Comment:2  Trackback:0
2020
07.20

野馬追祭り

Category: そのほか
甲冑例年7月最後の週末は、故郷では相馬野馬追が開催されます。
が、今年の野馬追はコロナのために、武者行列も神旗争奪戦も中止で、神社での神事のみ行われると書いてありました。
何もない田舎町の一大行事なので、みんな力が抜けていることでしょう。あの原発事故の年でさえ開催されたのに。
素敵な写真のポスターも今年は見られません。

そう言えば先日書いたモンゴルのナーダムは、無観客で行われたそうです。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

二日ばかり耳鳴りに悩まされていました。
耳鳴りというか異音です。トコトコ トコトコトコ という小さな音が頭の中に響くように聞こえます。
以前にもこういう時があってネットで調べたら、筋肉が緊張してるとかなんとか書いてあったような記憶ですが、今回その記事が見つからなくて確かめられません。でも肩こり、首のこりがひどかったです。
きょうはそのコリが軽くなって、気づいたら異音もしなくなっていました。
なんにも根を詰めることなどしてないのに、この肩こりは何だったのか。
お天気のせいにしておきましょう。毎日降り続いた雨は今日は止んで、ちょこっと晴れ間も見えました。
暑さは大嫌いだけれど、夏の太陽が欲しいです。こんなにお天気がよくないとね、気持も腐ってきます。

Comment:10  Trackback:0
2020
07.19

電話調査、ほか

Category: そのほか
昨日「0120」からの電話が鳴りました。そして画面には「迷惑電話が疑われます」と赤い表示がされました。電話には出ないでPCで番号を検索してみると見つかりました。
なーんだ、内閣支持率調査をしているらしかったのです。分かってれば、出て自分の考えを反映させられたかもしれないのに、惜しいことをしました。
と同時にこんなことも思いました。
知らない番号からの電話に出る人は、今はそう多くないのではないか。うっかり出てしまったような人だけの意見を参考にしての調査に偏りがないのか。
電話調査の結果って信用していいのかな。

広島の2年生の教科書に、茨城の民話「だいだらぼう」が載っているのですって。なぜ広島に?
娘が読み聞かせに、その「だいだらぼう」を読むのだそうです。与えられた本が中途半端な茨城弁なので、別な本がないか地元の図書館で調べて欲しいと言ってきました。
さっそく近くの図書館に行って、司書に事情を話して本を選んでもらいました。
写真に撮って娘に送ったあとで電話で読み合い、ああでもない、こうでもないと二人で大笑いしました。二人とも福島生まれの茨城県人です。正確な茨城弁は知らないけれど、なんとかそれっぽい言い回しができました。

その広島孫の愉快な話。
小2女孫。
「おかあさん、ままははって、本当のお母さんじゃないってことでしょ。じゃあお父さんは、パパ父っていうの?」

4歳女孫
「あそこに『たたみや』って書いてあるね。お母さんがお洗濯畳むのが嫌になったときに、持って行って畳んでもらうといいじゃん?」


IMG_20200711_134336.jpg
突然ですが、これはポイズンリムーバーといいます。
蜂や蚊、アブ、ブヨ、ムカデなどの毒虫、毒蛇などに刺されたり咬まれた時に、毒を吸引する応急処置用の器具です。
30年前から、私たちの野外活動での強い味方でした。これは3代めかな。
今でも、蚊に刺された時に威力を発揮してくれます。
ほとんど痒くなりません。

Comment:6  Trackback:0
2020
07.17

フォトスキャン

Category: そのほか
一昨日、写真の整理のことを書きました。
そうしたら今朝、nasu_to_matoさんがコメントをくださいました。
 <紙の写真をデジカメで撮って パソコンにしまいなおしました>

夫は退職したら、ネガをデータ化すると張りきっていました。なにやらのスキャナを買うようなことを言ってましたが、その前に病気になってしまって。データ化より、大好きな釣りや旅行に時間を費やして、そのことはどこかに置いたまま逝ってしまいました。
それをnasu_to_matoさんにお返事しました。

そしてついさっき、そうだ、あの夫の言っていたスキャナってどんなものなんだろうと検索しました。
そうしたらなんと! nasu_to_matoさんのおっしゃっていた<デジカメで撮って パソコンに>の意味が分かったのです。知りませんでした。まったくすごいアプリがあるものです。
「フォトスキャン by Google フォト」 しかも無料のアプリです。
さっそく使ってみました。

キャンプ
PCの大きな画面でいつでも見ることができます
こんなにすごいことが簡単にできるなんて 先に逝ってしまった人に教えてあげたい
「あなた どーお すごいね 悔しいわね  生きて使ってみたかったでしょうね」

Comment:8  Trackback:0
2020
07.16

オボー

Category: そのほか
先輩お姉さんの所では今朝は暖房をつけたとか。当地はそこまでではなかったものの、肌寒い朝でした。
来週になったら太平洋高気圧が張り出すとの予報だったのに、きょう聞いたら、一時的なもので、また梅雨前線は南下して雨の心配もあるのだそうです。
お天気もコロナウィルスも、願いのとおりにはなってくれそうもない。
のっぽ孫の我が家への出入りを緩めたけれど、また「なるべく来ないでね」と言わなければならないのか。

IMGP1162.jpg
モンゴル
精霊のいる場所 (オボー)
シャーマンに コロナ退治をして欲しいわね


図書館に本を返して、また新たに借りて、その足で買い物へ。酒類を中心とするデスカウント ストアです。コーヒーゼリーを作るためのインスタントコーヒーを探しましたが、2種類しかありませんでした。
なんだ、なんだ、この店だけの事情なのか? 品薄ってニュースは聞かないよね。
この店、いつもは大工町(水戸の飲食街)のママやマスターがお酒を買いに来て繁盛しているのですが、今は閑散としています。コロナの影響なのね。

Comment:4  Trackback:0
2020
07.15

写真の整理

眼科に行ってから1か月がたちました。
「1か月、目薬はどうですか、うまくさせるようになりましたか」 「はい、うまくいってます」
「症状に改善は見られますか」 「はい、劇的によくなりました」
「劇的にですか」(笑) 「はい、夕方になると痛くて目をあけているのが辛かったのが、平気になっています」
ということで、眼底、眼圧に異常はなく、3か月に1回の通院で良くなりました。目薬をたっぷり持たされて、めでたし。

きょうの最高気温は24度、肌寒いくらいです。こんな気温が土曜日頃まで続いて、その後は気温が上がるとか。梅雨明けも近いのでしょう。その前に、押し入れから出して見ぬふりをしていたゴチャゴチャを何とかしなければ。

まずは写真の整理。まずはというか、これがメインの仕事です。
子どもらに残してもしょうがない、夫と私の子ども時代の写真、ルーツに繋がる祖父母たちの写真を数枚ずつ選んで、あとは処分の袋へ。夫のは簡単に選ぶのですが、自分のは思い出をたどりながらですからなかなか捨てきれません。懐かしい友の顔、その時の事を思い浮かべながら。時間がかかっても、それはしょうがないわね。
あとは、私たち二人が一緒の若い日の写真を始まりにして、家族の写真を小さいアルバムを作るつもりで選んで。残った写真を一応子どもたちに見せて、その後にそれらを処分すれば終わりです。
道のりは長い・・・

ヤマユリ2
数年前 水戸城の土塁でみた 
ヤマユリ
今年も咲いているだろうか

Comment:8  Trackback:0
2020
07.14

あれま、の1日

その1
髪を切りました、自分で。前回はそこそこうまくいったのですが、今度は失敗しました。前回の変な自信が災いしました。後ろに鋏を入れた時にジョリッという音に嫌な予感がしました。というここまでは昨夜です。
きょう、美容院へ行こうか、笑われながら整えてもらおうかと迷いました。けどやっぱり恥ずかしい。いい歳した婆が笑われて平気な顔する自信がありません。
明後日が休みの彩椛ママに揃えてもらおうかとも思ったけれど、気になってしかたがない。自分でできる範囲で再挑戦しました。襟足の凸凹部分を苦労して整えました。なんとかという程度ですが、もうこれ以上は触りません。これ以上やると「過ぎたるは・・・」となること間違いなしです。

その2
母のホームの面会禁止が解けたので行きました。あることで頭がいっぱいの母を少しは安心させるためにと思って行ったけれど、自分の言いたいことばかりで私の話は半分しか聞いてません。それでもま、いいか。少しは耳を貸してくれたから。
安心したのかどうなのか。話は、母の中ではリセットされて振り出しに戻っただけかもしれない・・・

その3
どっしり厚い本を読み終わりました。う~~ん?? 頑張った甲斐はあったか? という読後感でした。
歴史を調べ上げた力作であるのは分かるけれど、でもいくらフィクションでもこれでいいのか、と思いました。あり得ない、ストーリーのためならどんな設定でもいいのかと感じました。

アガパンサス
アガパンサス

Comment:8  Trackback:0
2020
07.12

ミソハギ

Category: そのほか
少し長い本を読み始めました。
第1章導入部が100ページ。ヨーロッパの地名が覚えられません。西洋史も苦手です。でもそれを少しは頭に入れないと先に行って分からなくなると思い、必死で読みました。めげそうになりながら。2章に入って少しは舞台が分かるようになったので面白くなり始めています。登場人物も出そろってきたと思われますが、これからの400ページがどんな展開になるのか。引き込まれるのか、長ったらしさに飽き飽きするのか。
中高生の頃の夏休み、うちわ片手にひたすら活字を追った暑い空気を思い出しています。


IMG_20200706_131556.jpg
ミソハギ
キャンプ地の西郷ダムは農業用ダム 
田植えからあと 夏の間に湖面が下がります
そこに現れるのがミソハギの群落 素敵な光景です
カヌーでダム湖の奥に行くと広がる光景です
これは 花壇のミソハギ 
増えてほしいな

Comment:6  Trackback:0
2020
07.11

お使いワンちゃん

Category: そのほか
昨日は歯医者さんの予約日。
欠けた歯を何とかしてもらおうと行ったけれど、結局は作り替えることになりました。
ブリッジを外すウィーンウィーンの嫌な音に、痛くはないのに手に力が入って汗ばんでしまいます。ようやく外れたら、土台の歯に傷みがあったらしく「外してみて良かったですよ」
と今度は麻酔を打たれて治療。大ごとになったみたい。
その他の歯も決して健康とは言えず、1本はきちんと治療が必要だそうです。あーあ、来月初めまで治療が続くわ。もう1度怖い思いをしなくちゃならないかも。

その歯医者さんへの道、向こうから散歩中の犬が何かをくわえて歩いてきます。よく見れば自分の体の長さぐらいのY字の小枝です。あまりに堂々と歩いてくるので微笑んで見ていたら、飼い主さんと目が合ったので、私は声をかけました、「なにをくわえてるんですか?」 
飼い主さんは、「散歩中に雑木林を通るんですけど、落ちている枝を必ずくわえて帰るんです。家までこうして必ず」
写真を撮らせてもらえばよかった。誇らしげに小枝をくわえた犬さん、とてもかわいかったですよ。


IMG_20200706_131710.jpg

不思議な花
これはアシダンセラとして求めて、
2年はアシダンセラだったけれど。
その後、こんな姿・色に変わってしまいました。

これじゃグラジオラスよね。
それとも君はグラジオラスなの?
アシダンセラはどこへ行ってしまったの?

Comment:6  Trackback:0
back-to-top