fc2ブログ
2020
08.31

試運転

Category: そのほか
昨夜は遅くまで暑くて、エアコンをどうしようかと考えたけれど、送風の音が気になって熟睡できない事のほうが嫌だから、エアコン無しで窓を開けて寝ました。
そうしたら、明け方に寒くて目が覚めました。そのまま今日は気温が上がらず、最低気温23℃ 最高気温27℃でした。
外で動けば汗がじんわり滲むけれど、座って作業をしていると風がひんやりで足が冷たくなりました。

このまま秋に突入でしょうね。台風が行ったあとの南風などで、一時的に暑くなることはあっても、もう酷暑の日はないんじゃないかしら。真夏の服はそろそろ片づけなくちゃと思って引き出しを開けて、驚き。
なんと、1度も袖を通さなかった服ばかりです。だって、どこにも出かけなかったんですから。家の中だけで着るホームウェアと、ちょっとスーパーにぐらいの簡単外出着、それらの何枚かを着ては洗い、乾いては着て、それでこの夏は用が足りてしまったのね。買ったまま一度も着なかったブラウスもあるぐらいです。


銀線細工
マルタの 銀線細工 (ショーウィンドウ越しで はっきり写ってませんね)


買ったはいいが、あまり心躍らなかったミシンですが、きょう試運転してみました。
前のが大きさも重さもしっかりしていて信頼感が持てたのに比べると、軽くてオモチャみたいです。重ければよいというわけではないけれど、ある程度の重さはあったほうがいいと私は思います。これでジーンズの裾上げなんかできるのかしら、できるんでしょうね。

Comment:8  Trackback:0
2020
08.29

新しいミシン

Category: そのほか
ミシンを予約していたのですが、1か月待ってきょう届きました。
前に持っていたミシンに比べたら小さくて軽くて、大丈夫なのかと思いますが、娘(ママ)が使っているのと同じ機種なので問題ないでしょう。
小さいのに、前のミシンとほぼ同じ機能が備わっています。
というより、30年近く前のミシンが今のミシンと同じ機能だったということの方に驚いています。我が家で初めてのノートPCより前のことで、値段はPCと同じくらい、今回買ったミシンの5倍も6倍もしたかと思います。
今になってまた、無くしたものを惜しんでる、ばかね。今頃、大事にしてやらなくてごめんねと詫びています。

縫いたいものが特にある訳でないので、ゆっくり考えます。それに、糸や針など、もう使わないからと、たくさんあったのにママにやってしまっちゃったから、それからまた買いそろえないといけないわ。暑くて外へ行くのが嫌だし、車はママにシェアされたっきりまだ戻ってこない。来週になったら車を取り戻しがてら、ママと生地など見に行こうかな。半年以上ぶりのショッピングセンターへ。

像
ツーリストゲル近くの草原 
なんの像なのか ぽつんと 50センチぐらい

Comment:12  Trackback:0
2020
08.27

「注意!!!」

Category: モンゴル
お姉さんが電話をくれました。順調なんだそうで、土曜日に退院だって、ビックリ。
しばらくは静養しなくてはならないのでしょうが、家に帰ってもひとり、どうするのかと心配でした。もう少し近かったら私の家に来てもらうんだけれど。
お姉さんはクリスチャンです。お姉さんの家からは遠いのですが、宿泊施設を持っている教会があって、そこでしばらくお世話になるかもしれないそうです。よかったぁ。

話を聞いてみたら、術後の痛みのコントロールができていなかったようです。腹腔鏡の手術の途中で開腹手術になったからかどうか(私の想像ですが)、硬膜外鎮痛が行われなかったようです。
それでも、歩けば早く退院できると聞いたお姉さん、一所懸命歩いたそうです。看護師さんたちから褒められたんだって、やっぱりね。何事も一所懸命、まじめなお姉さんです。

昔、ある人に言われたことがあります。
「娘はそばに置いておいたほうがいいよ。遠くに嫁にやっちゃだめだよ」
それを守ったわけじゃないけれど、私は娘がそばにいますから、お姉さんのように心細いことにはならないでしょう。なるべく一人で生きたいとは思うけれど、頼ってもいい子がそばにいるってありがたいことです。

__________★__________

注意
モンゴル語で 
「注意!!!」 「危険」
何に注意なのか、なにが危険なのか・・・??
犬がいるから羊や山羊を入れるな! という意味なのか?
モンゴルの番犬は気性が荒い、闘う番犬です。

Comment:8  Trackback:0
2020
08.26

「たのんだぞ」

Category: そのほか
下校時間を少し過ぎて、外で子どもの声が騒々しい。喧嘩かなと思っていたら、そこへ割って入ったらしい大人の声がしました。声の調子から私と同年配ぐらいの男性と思われます。
大声で攻め立てている子をまずは制してなだめ、なにがあったのかを聞いているようでした。
「あまりに一方的に責め立てているからどうしたのかと思ってるのさ」
と言ってるのが聞こえました。
「どうすればいいのかな。おじさんにはどっちがいいとか悪いとかは分からない。でも、明日いつも通り学校に行けるようにするには、どうすればいいのかな」
すると、3番目の子が、
「明日先生に相談する」
「そうだな、君が第3者なのかどうかは分からないけど、あったことをきちんと先生に話してくれるかな」
「ま・・・」
「ま、じゃ頼りないな」
「うん、よし、頼んだぞ。きちんと解決できるようにな」

通りがかりの男性が上手に割って入ってくれて、よかった。つかみ合いの喧嘩になる勢いの争い声でしたから。

粟島
峠の山から見た 粟島
(写真の日付が8月26日というだけです)

先輩お姉さんからLINEが届きました。
傷みでめげてたようです。我慢強いお姉さんなのに、よほど辛かったのでしょう。
子どもは遠方、コロナ。元気づける人も手を握ってくれる人もない入院生活。かわいそうに。
でもきっときょうからは、ぐんぐんよくなっていくことだろうと思います。

Comment:6  Trackback:0
2020
08.25

ホッと

Category: そのほか
毎朝お姉さんにLINEで様子をうかがっているけれど、スタンプ一つも返ってこなくて、なにかあったのかと不安になっていました。
昼頃ふと「術後せん妄」という言葉が浮かんで、それかもしれない、それなら尚のこと様子をみるしか仕方ないと思いました。義父も母も全身麻酔のあと、術後せん妄がありましたから。
そうは思うものの、どうにかして様子を知ることはできないか、お姉さんの知り合いの人の顔を思い浮かべるけれど、電話番号も何も分かりません。
夜になって「あっ!」 思い出しました。お連れ合いの息子さんの電話番号をちょっと必要があって聞いたことがあったんだわ。
夜遅かったので、SMSで聞いてみました。
「昨日の朝LINEで連絡し、スタンプでしたが返事は返ってきています」ということでした。ホッとしました。あした息子さんが伝えてくれるそうです。

シュウメイギク
シュウメイギク
つぼみが 色づき始めました
秋ですよ

点訳も一息つきました。しっかり見直して、明後日には仕上げることができそうです。
こちらもホッとしました。

Comment:4  Trackback:0
2020
08.24

点訳中

Category: 点訳のこと
先輩から返事がない、連絡がない。心配だけどどうにもならない。

広報誌の校正が入って、また忙しくなりそう。今回は先輩がいないし、もう一人も夏バテで休養中とか。そそっかしい私一人でどうなるやら。

夫の本の中から次に点訳する本を見つけました。言葉のきれいな作家です。点訳していて楽しい。
私に点訳があるということはありがたいことです。ほかのことを全部忘れられます。忘れすぎかもしれないけれど。

最低気温 23℃ 最高気温 30.2℃ 涼しい風が吹いて気持ちよく過ごせました。明日も同じような気温の予想です。点訳がはかどると思います。

最後に孫自慢。
地区の楽器店主催のエレクトーンフェスティバルが日曜日にあって、広島の孫二人が金賞をいただきました。49名の出場者(小・中・高校・成人)、5名が金賞でした。

それでは続きに戻ります。

Comment:6  Trackback:0
2020
08.23

Category: そのほか
心配していた先輩お姉さん、午後4時ごろ電話がかかってきました。
術後はICUにいるだろうから、こちらからは連絡せずにただ案じていましたので、声を聞けてホッとしました。
腹腔鏡での手術だったけれど癒着があったので開腹したそうで、声に力がなかったですが、そのあとのLINEがごく普通の文章だったのでびっくりです。もしかしたら、書いただけで送信しなかったメッセージが送られてきたのかもしれないと思うほど、術後の人の文章とは思えない。その可能性が高いです。その後はなんにも連絡はないですから。
今頃は一人で心細くているのかな、心配です。何せおんとし80歳です。去年の暮れにはお連れ合いを亡くし、その後すぐ自分が心臓カテーテルの手術を経験して、そして今回です。
お見舞いに行きたい、会って元気づけたい。でももしかして私が、無症状の陽性者だったら・・・
来ないでと言ってるのだから、従うほかないでしょう。

幸水

近郊の梨農家に行きました。今が幸水の最盛期のはずが、積んである梨の箱の数が少ない。どうしたんでしょう。この農家だけなのか、この辺一帯なのか分かりませんが、梨の出来が悪いようです。小粒だし、皮の表面に斑点が出ています。皮をむけば影響はないのですが、形もいびつで贈答用にはならないと嘆いていました。
でも甘くておいしい梨。今週いっぱいで幸水のシーズンは終わり、次は豊水。秋の味覚よね。 
今日は最低気温が23℃ 最高気温が29.6℃と発表されました。日中少しエアコンを回したけれど、夕方からはストップ。今、風が涼しくて気持ちがいいです。今夜は窓を閉めて寝たほうがいいかもしれません。

Comment:6  Trackback:0
2020
08.22

お見舞い

Category: そのほか
今夜、全国一斉の打ち上げ花火があったようですが、我が家の花火、一昨日3本、昨夜7本。今夜は、もうその気がおきないです。婆が庭先で一人でシューっと次々に火をつけていくだけ。空しいし恥ずかしいですわ。でもそうでもしなくちゃ処分できません。よそのお子さんにと思っても、なにせ5年前のものだから、万が一逆方向に火花が出ないとも限らない。どうぞとは言えません。
処分するのが目的なんだから、昼間でもいいのよね。それだったら近所のみなさんは勤めでいないから恥ずかしくもないし。もう少し涼しくなったらにしよう。
今日の最高気温は30.5℃。エアコンはつけたけれど、夕飯後には止めました。朝方も肌寒いくらい。極端な暑さはもうないのでしょうね。その代わり台風が心配です。去年のように大きな台風が、次々日本近海で生まれて上陸することの無いよう願いたいものです。

点訳の先輩お姉さんが、午後腹腔鏡手術を終えられました。連絡はないのですが、無事に終わっていることと思います。
お子さんたちは皆都会暮らしなので、来てもらう方が心配だからと断ったそうです。私も断られました。聞いたとき、一人で入院の用意をして出かけたのかと思ったら涙ぐみそうになったけれど、気丈にふるまっている先輩の気持ちを大事にしました。
そう長い入院ではないと聞いています。お見舞いにも行けない、コロナが恨めしい。

お姉さん お見舞いのお花です

花束
「百花繚乱」さんのフリー素材をお借りしました

Comment:4  Trackback:0
2020
08.20

お互いさまだけど

Category: そのほか
あのー、お互いさまってこと知ってます。知ってて愚痴ります。ご近所さんのこと。

1軒めは、以前にちょっと書いた事がある斜め前のお宅のワンちゃん。小型の室内犬です。詳しくないので犬種は分かりません。
声がよく通るのか吠え声がうるさいです。前を通る人だれかれ構わず吠えます。家の中に飼い主がいても叱っている風はありません。小中学生の通学路なので、登下校の時なんか、よくぞ毎日飽きないものだと思うほど吠えます。散歩のよその犬が通ったりしたひにゃ。

もう1軒は斜め後ろの角地のお宅。直接被害はないのですが、見るたび気になってイラつきます。
境界線に植えた木が何本も道路にはみ出して、人も自転車も大きくよけなければならないので危ないのです。1メートル近く越境してます。T地路の角なので車も迷惑です。
これは、市役所に苦情を言えば解決するのかな。

さらにもう1軒は道を挟んだお隣さん。朝から元気すぎ、5時には行動開始。大きな声でご夫婦でお喋りしながらまな板トントンお鍋ガチャガチャ。庭で水撒きジャージャー。
もう少しあと1時間だけ寝たいのです。

「野中の一軒家に住むしかないね」と娘に呆れられてます。「お母さんはマンション暮らしは絶対できない」とも言われています。はい、よく分かっています。文句が多いです、寛容さに欠ける大人げない婆です。

お耳(目)汚ししました。ごめんなさい。


花火夫が最後の夏に買った花火だと思います。
5年も前のものだから危ないかなと思いながら火をつけてみました。大丈夫。
だけど、ただ勢いよく火花が噴き出すだけの同じような花火。3本で飽きました。
どうしようこんなにたくさん、この倍あります。
ゴミには出せないから、チマチマと婆が花火遊びをするしかないわさ。
一緒にやりたい人、この指とまれ!

Comment:8  Trackback:0
2020
08.19

サボテン

Category: 点訳のこと
漢文が挿入されている本を点訳中です。訓点はついているので、なんとか読むことはできたのですが、それが正しいかどうかは怪しい。誰かに見てもらいたいとずっと思っていました。
高校の漢文の先生かな、歴史館の学芸員かな。でも何の伝手もなくて、いきなりどういって訪ねようと思うと気が重く、行動に移せなくていました。が、自分での見直しがほぼ終わり、この部分さえはっきりさせれば校正に回すことができる段階にきました。

きょうになって、視覚障害者センターには図書館情報大出身の職員がいたことを思い出しました。そうだ、彼にまず聞いてみようと出かけました。
私が点訳を始めた20年前頃に新卒で入ったSさん、すっかりオッサンになってました。ここ7年ぐらい電話以外では会う機会がなかったんだなあ。
Sさん、実はかなり個性的な人で、皆は苦手としていていたのですが私はなぜか平気でした。けれど、Sさんの言動を見ていると、皆が苦手とするのも無理はないところがあるので、社会人としてやっていけるのだろうかとひそかに心配していたのでしたが。
20年後、体中棘だらけのサボテンのようだった彼も、今は棘の少ない柱サボテンぐらいにはなったかな。

それで、肝心の訓読ですが、間違いはないだろうと言われました。ホッとしました。もう1度ざっと見直して、1校者に送ることにします。あと4~5日したら広報誌の点訳が来る予定です。その前に何とかしたいと思っています。

やぶらん
ヤブラン

Comment:6  Trackback:0
2020
08.18

シトラス

2日連続して40℃前後の気温を記録した浜松市。
ここはかつて娘が住んでいたことがあって、私には深い思い出のある街です。当の娘よりたぶん私の方が思い出深いかもしれない。

みかんの花が咲く頃に娘の住む町のバス停に降り立つと、柑橘系の鮮烈な香りが出迎えてくれました。
15年前、母娘の間にさざ波が立っていた時期で、この町に降り立つときは浮き立つ気持ちばかりではなかったのですが、このシトラスの香りを胸いっぱいに吸って、(頑張らねば)という気持ちになったことでした。
私は、生まれ故郷を入れて5つの街に住み暮らしましたが、その次に多く馴染んだのがこの浜松です。
良好の間柄ではなかったものの、娘とあちこち一緒に行きました。動物園・佐鳴湖・中田島砂丘、舘山寺温泉に泊まったこともありました。
いろんな思いが詰まっているからでしょう、たぶんもう、2度と行くことはないだろう街、とても懐かしいです。

暑い熱い浜松のニュースを聞いているのに、あの時の爽やかなシトラスの香りがよみがえっています。


やだ、鼻の奥がツーンと痛くなった

Comment:8  Trackback:0
2020
08.17

近づいている

Category: そのほか
このへんは朝晩は少し涼しい風が吹くんです。けさもこのままエアコン無しでも行けるかなと思ったのですが、そうはいかなかった。
広島の娘からはチェックが入るし、やせ我慢したって何の得にもならないばかりか、病院に迷惑をかけるだけだもの、9時にはスイッチオン。
広島といえば、夏休みが終わってきょうから学校。35℃の気温の中での下校だったそうです。かわいそうに。

オキナワスズメウリ
オキナワスズメウリ (3年前)
去年は発芽がうまくいかなくて、赤くならないうちに気温が下がってしまいました。
今年もだめかもしれない。


きょうは月に1回の通院日でした。待合室は私を入れて2人。
待ってる間に受付の人が対応している電話の声が聞こえてきました。なんだか込み入ってるみたい。
その後、私が診察を終わって薬を待っていると、診察室から出てきた先生、フェイスシールドをつけていました。「こういうことなんですよ」とでも言いたげな顔で私を見て外へ出ていきました。
最近、二人の患者さんが陽性だったそうです。
毎日陽性者の数を聞くけれど、幸いなことに近しい人に陽性者がいないせいか、まだ他人ごとでした。が、こうして近所の小さな病院でも陽性者は見つかっているということね。

Comment:4  Trackback:0
2020
08.16

ねもちゃん

Category:
きょうが送り盆というのでしょうか。
誰も来ない静かなお盆と思ってたら、夫の友人(Nさん)が来てくれました。いつも息子さんが一緒です。この子を小さい時から夫は可愛がっていて、この子も夫のことが大好きだったのです。
この子と書いたけれど、この春から社会人。スッキリと垢抜けした見違える青年になって現れました。
「社会人といっても、出社は週に1回。リモートですよ」

夫が作ったウッドデッキの一部の木が腐って朽ち始めていて、ずっと気になっていました。
帰りしなに見てもらったら、「痛んだ部材だけ取り換えれば大丈夫だよ。涼しくなったらね」との診断。
「え、大工さんを紹介してくれるんじゃないの。Nさんがやってくれるの?」
「大工さんに言っても、『N君できっぺよ』って言われるよ」
やった! 気になっていたこと一つ解決。
Nさんは夫の仕事を主に手伝ってくれた年下の配管の職人さんですが、簡単な大工仕事や土工など何でもこなす器用な人です。
夫は最後の夏の今頃、「困ったことがあったらねもちゃんに相談しな。頼んでおいたから」と言ったのでした。
今まで、シャワーが凍り付いたとき、雨漏りのときなど気軽に来てくれて、助けてもらいました。
この二人、居酒屋で飲んだくれてただけじゃなかったんだね。良い友だち付き合いをしてたのね。

砂漠
外へ出ないから、なあんにも写真がない。
マルタ旅行の時のを。
ドバイ空港で乗り換えてキプロスへ向かってたのだから、
たぶんヨルダンあたりの砂漠ではないかと思います。

Comment:4  Trackback:0
2020
08.15

8月15日

Category: そのほか
暑さ指数危険、という予報でしたが、最高気温は33℃。先日の36℃を超える暑さに比べればマシかな。でも日差しは痛かった、といっても、郵便受けを覗きに数10秒外へ出ただけですが。
誰も来ない静かな15日でした。例年夫の友人たちがお参りにきてくれたのですが、今年は特別ですね、しかたありません。県内・市内はコロナ患者数が微増しています。お互いに迷惑がかからないように自粛です。
さびしいね、あなた。「おーい、きたぞー」っていうTさんの声が聞けないのは私もさびしいわ。

写真前には小さな西瓜をお供えしました。5年前の今頃は毎日西瓜を食べていたっけ。元気なころ、果物に手を出すことなどほとんどなかった夫でしたが、最後の夏は桃、西瓜、メロン、梨、今までの分を取り戻すかのように食べていました。
西瓜はちょっと寂しい思い出の果物になってしまったわ。

スイレン


戦後生まれの私、なぜこんな夢を見たのか。若い頃に何度も見ました。戦争体験記を読んで強烈な印象が残ったのだろうか、不明です。

私は家に一人。そこへ小型飛行機が飛んできて私を狙い撃ちするのです。何度も旋回して撃ってくるのです。そして、私とパイロットの目が合うのです。凍り付くような視線です。


これだけです。15日にほとんど関係ない、ただの夢の話です。
たくさんの体験記を読んでいます。読まなければならないと思っています。

Comment:4  Trackback:0
2020
08.13

さびしい青年

Category: そのほか
昨夜は早くから寝たので、気力回復しました。
暑さが少しはましになったので、気になっていた美容院に行きました。自分でカットしていた髪はとんでもないことに。笑われるのを覚悟で行きましたが、さすがお商売、笑うなんてことはしません。「あら、そうだったんですか?」とさらりと聞き流してくれました。

のっぽ孫が先輩に誘われて海に遊びに行ったのですが、ひどい雨が降ってきました。どうしてるんだかとちょっと心配になったけれど、若者たち、どうなったって楽しいんでしょう。
「雷に気をつけて」とLINEしたけど、無視されてます。そりゃそうよね。
のっぽ孫より4~5歳年上のダンスの先輩たち。よく面倒を見てくれるのですが、後輩なんか誘ってるっていうことは、ガールフレンドはいないってことだわね。
「うーん、さびしい青年たち」と私が言ったら、娘が「さびしんぼクラブだね」って。


ゴゾ島
海の写真はないかと探したら ゴゾ島の海を見つけました。
昔「マルタ島の砂」という曲がヒットしましたね。
でも、マルタは岩場ばかりで砂浜は少ないんですよ。

Comment:6  Trackback:0
back-to-top