fc2ブログ
2021
03.31

少年の冒険

「少年の冒険」なんて書けるのも無事だったから。
tiaが暗くなっても帰らなくて大騒ぎになったらしい。
母親に「出ていきなさい」と叱られたのか、「出ていってやる」とおん出たのかは分からないけれど、夕方になっても帰らないと娘から電話があって、さあ、それからの数時間、生きた心地がしなかった。近くには小川やため池がある所。まさか、まさかとは思うものの、考えを振り払うことができませんでした。
見つかったとの電話を受けて「よかった、よかった、よかった…」しか言えなくて、あとは涙でした。

たんぽぽ

学校やクラスのお母さんたちに大変迷惑をかけてしまった「少年の冒険」。詳しい話はまだ聞いてませんが、きっと家族の中で、のちのちまで笑い話になるんだと思います。

Comment:10  Trackback:0
2021
03.30

黄砂

Category: そのほか
図書館の桜はもう花びらヒラヒラなのに、気象台の標準木ではきょう満開と発表されたとか。
昭和の時代には茨城の桜は4月10日前後が見ごろだったのに、ここ10年ぐらいは4月初旬。去年、今年は3月中。
桜は開花から1週間が見ごろだそうですが、今年は数日で満開、今はもう散り始めています。楽しみが短くてつまんない。
庭の花海棠も7分咲きぐらいなのにもう花びらを散らしています。

黄砂の空

近ごろのお天気は気まぐれだし極端だし、なんだか全体に風情がないなあ、と朝のラジオで言ってました。ほんと、そう思います。

写真はきょうの夕方の西の空。
黄砂で夕日がぼんやり。
遠くタクラマカンやゴビからはるばると。


きょうの1日。
読書4割、PC3割、家事2割。計算が合わない分はぼんやりしていたのか。
何もしてないからお天気の話しかなかったのですが、本は面白く読んでます。

Comment:6  Trackback:0
2021
03.28

散歩みちで

Category: そのほか
曇り空のなか、遠回りでコンビニへ。
図書館の桜は? 
2021図書館桜
あっというまに満開でした
図書館の回廊を行くと中学校の校庭が見えてきましたが、なんじゃ こりゃぁ
何じゃこりゃ

フェンス4カ所に何かが突き刺さってぶら下がっています。よく見たら、枝払いされた大木の枝。金網を通った時は細い枝だったのね。太くなった枝は押しても引いても抜けなくて、そのままぶら下げておくしかなかったのでしょう。なんかヘン。

コンビニから出たら雨が降ってきて、家に帰るまでにだいぶ濡れてしまいました。雨は降っても気温が高く、明日は夏日になるとの予報。
1月に北を目指すと始めた地図上散歩はようやく100㎞。福島県いわき市、夏井川を渡った所です。ああ、あの場所あの景色ねと、福島県の景色は想像できるから楽しいわ。

Comment:6  Trackback:0
2021
03.27

花海棠

Category: 花々のこと
3月6日につぼみの写真を載せてから20日。
花海棠が咲き始めました。
花海棠3月27日花海棠27日

渓流釣りが趣味の夫ですが、そうやすやすと川は微笑んではくれなくて、うなだれて川から上がったときに、農家の庭先で見た花海棠の濃いピンクが印象的だったと話してくれたことがありました。
この木は2014年の3月、園芸センターで夫と一緒に買いました。
そのあとの4月と次の年の4月の2回だけですが、夫も花を見ているはずです。こんなに大きくなってたっぷりと咲く花を見たらなんて言うかしら。
どんどん大きくなりますが小さな庭では管理できないので低く切っています。下から見上げたら美しい木なのに残念です。

Comment:4  Trackback:0
2021
03.26

決め台詞

Category:
今朝救急車のサイレンで目が覚めました。我が家を通り過ぎてすぐにサイレンが止みました。若い世帯の少ないご近所です。
時計を見たら3時半。目が覚めたのでお手洗いに行って、再びお布団にもぐりこんだけれど、眠れるかなぁ。
余計な心配はいりません。新聞配達のバイクの音も知らずにいつの間にか眠っていました。
救急車を呼んでくれる家族と同居されていたんでしょうか、自分で判断してSOSを出したのでしょうか。そんなことを思いながら、いつのまにか眠ってしまった私でした。

花海棠3月24日
3月24日 花海棠
つぼみが開き始めました

自分の身に置き換えて、救急車も呼べなかったら・・・仕方ない、想定の一つとして覚悟というか、どうにもならないことだと思うしかない。
「どうなるか分からないことを次々想定して、ならないかもしれないことに悩まないでくれ。その時になったら一生懸命考えるから」
夫の人生訓(?)でした。それまでの私にガツンと一発の衝撃的なセリフでした。こういう考えもありなんだと思ったのでした。このセリフを言われて私は自分の根暗さを思い知ったわけで、以後、こう考えたほうが生きるのが楽だろうなって少し思えるようになりました。
ほんとうはこれ、私のしつこい攻撃をうっちゃる決め台詞だったんですけどね。

Comment:6  Trackback:0
2021
03.24

「ん」「ああ」

予定通りに点訳は午前中に終って校正者に預けました。ややこしくて手こずりましたが、何とか形になりました。あとは校正者におまかせ。

校正者宅に行ったついでにスーパーで買い物。主に野菜と調味料。頭を使ったから甘いものもね。豆大福を買いました。
最後は図書館へ。借りた本を返して、新しく2冊。うーむ、読み終えられるだろうか。かなり専門的知識を要求されそうだわ。投げ出す可能性が大きい。悔しいけどね。

図書館桜
図書館の桜 5分咲きぐらいかしら

のっぽ孫が初めて一人で東京の友だちのアパートへ遊びに行ってました。
夕方、今から帰るので最寄り駅に迎えに来てほしいとラインがありました。ところが何時の特急に乗るつもりなのか、すでに乗っているのかが分からない。電話をしても出やしない。
「ん」とか「ああ」とかの素っ気ないラインでどうにか連絡がついて、さあそろそろ家を出ようかと思って連絡したら「電車遅れてる」。
「マメに連絡よこさなきゃだめだよ。待ってる人は分からないんだからね」
まったく、人の付き合いの「いろは」を教えないとどうなるんだかこの孫。こういうところも凸凹なのです。

Comment:4  Trackback:0
2021
03.23

いそぎ

Category: 点訳のこと
24日ごろに広報誌の原稿が届くと予定してはいたけれど、昨日の夕方に早くも送られてきて、しかもできれば26日午前中にだって。
きょう原稿の中に確認したいことがあって係に電話した時に言いました。
「26日は無理かもしれません」
できるだけ急いでやるけれど、4月号は県の当初予算の特集があるので大変なんです。めんどうなんです、と言いながら1日頑張りました。これからもう少しやって、明日半日がんばったらどうにかなるかも。そして校正者にも頑張ってもらえば26日・・・どうだろう?

窓辺
数日前の 台所の窓辺
水仙とストック

気分転換しました  このあと日付の変わるころまで がんばりま~す!

Comment:2  Trackback:0
2021
03.21

読点とコンマ

Category: そのほか
知らなかった。小学3年生でこんなの教わっていたなんて。
○横書き 左から右に書きます。
・読点として、多くの場合、コンマ(,)を使います。


議会だよりの点訳の時に県から原稿が届くのですが、その中で句点は「。」 これはいいです。ところが読点が「,」 これがずっと不思議でした。ところが、
 ⇒公用文のコンマ (朝日新聞の記事に飛びます)

「公用文作成の要領」による決まり事だったのですね。だから学校でも教わった、でも覚えてなかった。
そういえばのっぽ孫の教科書も「,」だったのが、これまた不思議だったのよね。
小学校で習ってたなんて。私、縦書きでも横書きでも「、」を使っていたもん。
でも、これからは公用文も「、」に移行していくのかな。

もうひとつ分からないのが会話が終わるときの句点とカギカッコ。
私たち昭和の小学生は ~。」 と習ったと思うのですが、今は句点が無い。
会話文の書き出し位置も昔とは違ってるように思う。これも調べればわかるでしょうが、きょうはこれにて。

お地蔵さんの桜
散歩道 お地蔵さん脇の桜 満開
種類は分からない 彼岸桜か?
毎年咲いていたのだろうに 今年初めて見た なんたること
来年からは 楽しみに

Comment:2  Trackback:0
2021
03.20

地震

Category: そのほか
昨日から読み始めた『災害特派員』は重くてなかなか進みません。遅読の私が更に遅い。
きょうも休み休み読んでいて、一息つこうとコーヒーを淹れに階下に下りました。
そして上に持って上がろうとドアを閉めたところでカタカタと小さい音がして、同時にゆっくり揺れている感覚があり、(ん、めまい?)と思った時にはユサユサと揺れが大きくなりました。少し様子をうかがっていて、それからハッと玄関のドアを開けに行きました。
こんな時に限ってスマホは二階。上がってすぐにYahooニュースを見ました。宮城県沖震度5強。津波注意報。

『災害特派員』は東日本大震災後に、1年間南三陸町に駐在した朝日新聞記者・三浦英之さんの<「手記」「回想録」>(序章から)です。
このタイミングに大きな揺れ、余計に怖かったです。
次は茨城県沖かもと思うと怖いというか、嫌な気分です。行き先が「災害」と分かっているのに降りることができない列車に乗っているような・・・

春の庭
小さな庭
一年で一度だけ華やか
水仙(黄)  クロッカス(青・白)  木瓜(白)  花海棠(赤)

Comment:10  Trackback:0
2021
03.19

ノンフィクション

Category: そのほか
きょうも取り立てて何にもない1日でした。
先日届いたチラシの領収書を印刷するために、コンビニまで往復5千歩。
そのコンビニでの印刷ですが、うまくいきませんでした。
「.png」とあるファイルだから写真のはず、とコンビニのマルチコピー機を操作。だけど思う通りの画像が出てこないのです。何度やっても。店員さんにも聞いたけど、彼女も私がやった操作と同じです。
「多分私の保存の仕方が間違ってるのよ。やり直して来るわ」と家に戻りました。
さて腰を据えて、とPCに向かったのですが、あらま、何のことはなくすぐに解決。何が分からなかったんだろうというぐらい簡単なことでした。

特派員
その他の時間は読書。
一気に読み進めたいと思うのですが、重く苦しい話に打ちのめされています。
が、やっぱり私はノンフィクションが好き。

作家が創作する物語、もちろん素晴らしいです。
でも私はノンフィクションの中にある物語に魅かれます。

Comment:2  Trackback:0
2021
03.17

配達ミス

Category: そのほか
ネットでチラシの印刷を発注したのですが、きょう配達とメールがあったので1日待つ覚悟で家にいました。ほんとうは図書館に行きたかったのですが。

荷物追跡を見ると朝から「配達中」が動かない。
何度か覗いていた午後3時前、「午後2時27分 配達ボックスにお届け済み」になっていました。そうか今は手渡しじゃなくても配達済みになるのかと玄関に出たけど、なあんにもありません。
配送センターに電話をかけました。この電話がナビダイヤル。
「この通話は20秒ごとに、およそ10円の通話料金でご利用いただけます」
なんでこちらが高い料金を払わなきゃならないんだと怒ってみても、それしか番号が書いてないので仕方ない。変だよね、このナビダイヤルって。

配達員のミスでした。留守のお隣に届けてしまったようです。すぐに回収して届け直してくれたから、荷物が行方不明になったりしなくてお互い良かったね。「ごくろうさま」って八方美人の良い顔して受け取りました。ナビダイヤルに怒ったのはナイショ。

さてさて、これで図書館に行ける。ぐるりと遠回りして往復6千歩。ちょうどよいぐらい歩きました。
そうそう、北を目指して歩数を地図に落としているのですが、茨城県を抜けて福島県に入っています。きょうは常磐湯本のハワイアンズあたり、やっとです。

2木瓜

Comment:4  Trackback:0
2021
03.16

101歳だもの

1木瓜




木瓜

     
101歳がメールをよこす 惚けてないからすごいんだけど
惚けてないから お金の心配ばかりしている
何の心配もいらないと 何度も言ってやってるのに 
お金の心配が趣味なのね

預かっている通帳の記帳をしてコピーして ホームに届けた
面会はできなかった というか しなかった
お金の話は聞きたくない したくない

分かったとメールがきた
でもまたすぐに 趣味が始まると思う

○○と▽▽が無くなった 不思議だという
無くなったんじゃなくて 置き忘れたのよと言ってやる
そうぉ と納得しない

しかたない 101歳だもの

Comment:8  Trackback:0
2021
03.15

ワンさん

Category: そのほか
どこの犬か分からないけれど、夕方暗くなると吠え始めます。10年前からずっとです。早朝に吠えることもあります。20時、ようやく静かになりました。悲しそうに吠えるので気になります。

斜め向かいのお隣さんの小型室内犬、これがやたらに吠えまくるのですが、ワンさん年とったからか、近ごろ吠え方が少しおとなしくなりました。私が自分の家の庭に出ても吠えていたのが、よその家とようやく分ったらしい。
「ここは私の家、あんたの家じゃないからね」とテレパシーで教えた甲斐があったというものです。

きょうは草むしりをしました。ハコベがほとんどで、少しホトケノザとナズナ。小さな庭だけれど1時間半頑張って、今年の草との闘い第1ラウンドは私の勝ち!

春の庭

Comment:2  Trackback:0
2021
03.14

ピアノ

冬の陽が午後の早い時間にリビングにささなくなる11月中旬から、2階の生活にしていました。その間ピアノにはご無沙汰。下で用事があって暖房をしている時に少し弾くぐらいでした。その前には親指の関節が痛くてご無沙汰してたし、高いおもちゃを買ったものだと後悔してました。
3月に入ってからリビングに陽が戻ってきて、下へ降りたときにさほど寒くない時は少しずつピアノに触るようになっていました。

きょうは午後からちょっと出かける予定があったので外仕事に手を出さず、時間つぶしにピアノに向かったらやめられなくなりました。夢中で弾いてたら肩がコリコリ。
肩に力の入りすぎです。程ほどということができなくなる質で困ったものです。
爪の形が悪いのか、切り方が悪いのか、はたまた弾き方が悪いのか、左の小指の先が痛くなったところでおしまいにしました。
3か月前に弾いていた曲、ようやく指が思い出して動くようになったので明日も弾きたいけれど、明日こそは程ほどにしておこう。


ヒヤシンス

昨日は春の嵐 雨も風も強くて恐かったわ
でもヒヤシンスは ごきげんに花茎を伸ばしてきたね


ライラック
ライラックもね 青空にすっくと

Comment:0  Trackback:0
2021
03.12

ダンス

のっぽ孫が来ましたよ。今夜はダンスのレッスンの日、自転車で遠回りなのにうちに寄って行くって、かわいいじゃないですか。カッコ良くパーマがきまってます。どうせコンビニで夕飯を調達して行くんでしょうって、婆はお小遣いを渡しました。ニヤッと笑って行きましたよ。

所属しているダンス教室の紹介動画を見せてもらいました。
始めてから4年。最初は動作が小さくて、この子向いてないんじゃないかって思っていたけれど、今では放課後デイサービスで子どもたちにダンスを教えたりお世話をしたりしています。
孫自身にも発達の凸凹があって、いろいろ心配なことが多いですが、子どもたちに慕われてまた子供たちを可愛がって、○○先生なんて言われてがんばっています。

ダンスU

この放課後デイサービス施設は、夫が亡くなる数か月前に車で通りがかり、小さい看板を見つけてきたのでした。
孫は「だぁ(爺のことをこう呼んでます)が見つけてくれたからダンスができるようになった」と言ってたことがあります。
だぁが生きているうちにのっぽのダンスを見せてやりたかった。どんなに喜んだことか。

Comment:4  Trackback:0
back-to-top