fc2ブログ
2021
06.30

ちょうちょ と トロント

Category: そのほか
広島の孫たちが3匹飼っていたあおむしくん。今朝ちょうちょになったと写真が送られてきました。

羽化1羽化3羽化2

時間からして、羽化を見届けてから登校したのかな。
娘の指に1時間ほど止まって羽を乾かして、すっと飛んでいったそうです。少し小ぶりなちょうちょ。
この倍ぐらいの大きさの蛹が数日中にまた羽化しそうだとか。もう1匹は末の孫の幼稚園で飼っているそうです。
ちょうちょになるのを楽しみに可愛がっていたあおむしくん。末の孫は間近で見たちょうちょの目が怖かったと、少しショックを受けたんだって。

*☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆*

どうしているだろう、あの人。あれから30数年、何の理由もなく、生活に追われるまま疎遠になってしまったあの人。
それ程親しくはなかったというのだろうか。いや違う。私は彼女に、あの時の親切に対してもう一度きちんと感謝を伝えなければいけない。
数年前に故郷の彼女の家の近くまでは行ったのに、1歩が出なかった・・・

今、Facebookで彼女の名を検索してみました。二人ヒットして、トロント在住と書いてあるほうが彼女のようです。
彼女の二男も検索したら、10年前からトロントでお医者さんをしているみたい。うーん、何故二男と一緒にトロントへ? いろんな事情が隠れているのかもしれない。

Comment:2  Trackback:0
2021
06.29

赤鉛筆

Category: そのほか
夕べまだ早い時間、目が痛くなったのでちょっと横になりました。ハッと気づいたら2時間眠っていて、そのまま寝てしまおうかとも思ったけれど起きだして、PCの前にすわったら眠気が飛んでいきました。
午前2時ごろあくびが出たのでお布団に入り、難なく眠ることができました。起きたのが6時。不規則な眠り方なので8時間も寝たのに寝不足と感じる1日でした。

雨の中車で買い物に行きました。開店直後を狙って100円ショップをブラブラ。
そのうち行くことがあったら買おうとスマホにメモしていた、赤鉛筆、糊、ボタン電池を買って、久しぶりなのでひと回りしたら、あれもこれも、10個の買い物になっちゃいました。赤鉛筆、「学習・丸つけ用」なんていうのを見つけました。

赤鉛筆を何に使うかというと洋服の製図です。今は雑誌に実物大の型紙がついているけれど、私は自分で作るほうが好き。
今回見つけた型紙は、文化式。まずは原型から作ります。私はドレメ式なので、文化式の計算式を見ながら製図しました。
楽しかった!
文化式、昔からの「文化式夫人原型」のほかに「文化式原型成人女子用」という原型もあるのですね。これは明日製図してみよう。
楽しみ!


Facebookに 6月29日の思い出 が流れてきました。
飴玉
新聞広告ですが、これを見た時にすぐ「tiaにそっくり」と思ってFacebookに書いたのが、6年前。
何にでも興味を示して、おめめキラキラのtia。
面白い個性(親じゃないから言える)のtiaですが、このままの個性を、学校や社会がどこまで受け入れてくれるだろう。
難しいところにきているように思います。
必死の母親の熱を少し冷ましながら、見守るしかない婆です・・・むずかしい・・・

Comment:4  Trackback:0
2021
06.26

映画好き嫌い

Category: そのほか
きのうは映画三昧、3本立てだったけれど、ラストの1本がいまいちだったので、きょうも午後から2本立て。
1本はまあまあ、もう1本は好みではありませんでした。
好きでない理由は、短いカットで見せる場面が多かったから。
白熱場面になると、大声を出したりテーブルを叩いたりする映画って多いけれど、好きじゃない。あんなに怒鳴らないと表現できないのだろうか。

アジサイ
大きくなるのが嫌で バッサリ切ったから
今年は咲かなかった アジサイ
去年の写真です

寝すぎるほど寝たのに、まだ眠い。映画を見るほかは、簡単な家事をする以外何もやりたくない。
ぼーっと寝転がっているのもいいけど、気になる映画のストックがあと2本。
あした見たらあと何をして過ごそう。

Comment:8  Trackback:0
2021
06.24

映画デイ

Category: そのほか
朝の家事をササっと済ませて、きょうは映画デイと決めました。
Amazonのプライムビデオです。
「丘の上のピアニスト」のヒデジイさんが先日感想を書いてらした『ブランカとギター弾き』が気になっていたので、午前中に見ました。
2015年イタリア製作、長谷井宏紀監督の作品です。心揺さぶられる映画でした。

スカシユリ赤

午後からは『チョコレートドーナツ』を見ました。
アラン・カミングがとってもいい!赤いシャツが印象的。
この映画にも揺さぶられました。

今夜、もう1本見ようか、どうしようか。

Comment:4  Trackback:0
2021
06.23

読了(長かった)

Category: そのほか
タイトルと帯コメントを見て、できれば次に点訳したいと思う本があったのですが、実物を見てからでないと決められません。
そこで、図書館から借りたのですが驚き。先日も書きましたが、びっしり活字が詰まった520ページ。改行だらけのスカスカの300ページに比べたら、文字のサイズも小さいし3冊分はあったかもしれません。
しかも翻訳もの、法律用語、訳注の多さなどから、私の手ではどうしようもないとすぐに判断しました。

でも、せっかく取り寄せてもらったのだからと読みました。まあ、それなりに面白く読みましたが、長すぎる。事実の積み重ねが重要だとしても、ここ、必要だろうかという部分が長い。途中、飽きてしまいました。それでも意地で読み終えました。
原本の著者・校正者、日本の翻訳者・校正者、それに、私たち読者に、お疲れさまと言いますわ。

さあて、明日から何をして過ごしましょう。
久しぶりに映画鑑賞といきますか、Amazonですが。
生地の在庫減らしのための縫い物にしますか。

ーー お喋りしたいな。話したいことあるんだ。対面で美味しいもの食べながらね。
私のワクチン接種1回目は1か月後だもん、2回目は8月10日だわ。病院がお盆休みに入る前にようやくよ。
そうは言っても、若い人より優先されてるんだから愚痴るのは止めましょ。おとなしく過ごしますわ。

夏至の空
夏至の日の 夕空

Comment:6  Trackback:0
2021
06.22

早退

「Googleアプリが繰り返し停止しています」という表示が何度も出ていました(たった今表示されなくなりました16:20)。
新手の何やらの手口か? ウィルス? と思ったけど一応再起動。でもだめでした。
そこでPCで検索したら、どうやらGoogle側に問題があるらしく、日本だけでないようだと書いてありました。
対処方法も書いてあったけど、こちら側の問題ではないならGoogleがそのうち解消してくれるだろうと待っていました。待っていて正解。分からないのにイジリまくらなくて良かったわ。

゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*゚

中学生の孫が学校で気分が悪くなったと連絡があり、私が仕事中のママを拾って迎えに行きました。
熱はないし、吐いた後なのですっきりしたのか元気でした。
そういえば、のっぽ孫を預かっている時も、何度も学校に迎えに行ったっけ。

・・・昔、私が子どもだった時、具合が悪くなったと親に連絡なんかあったのか。だいたい、電話のない家がたくさんあった60年前の田舎です。
早退するのに母が迎えになんかきたかなあ。来なかったと思う、勤めていたし。一人で帰ったんだろうね。
一人で帰れないほど具合が悪かった時は、保健室で寝ていたかも。そんな記憶があるような、ないような。
用務員さんが自転車で母の勤め先に知らせに走ってくれたのだろうか。ランドセルを持ってもらって帰った記憶があるような、ないような。
扁桃腺のせいでよく熱を出す子どもでした。一人で寝ていた記憶は何度もあります。新聞紙をしいた洗面器が枕もとにあったよなあ。
・・・私たちは強かったですよ、たぶんね。今の子に比べたら。

狐のお守り
キツネのお守り (モンゴル)
キツネが 赤ちゃんを邪悪なものから守るという
言い伝えは 諸説あるようですが
フェルトのキツネを ベッドに吊るしておくと
赤ちゃんが よく眠るそうです

Comment:2  Trackback:0
2021
06.19

さびしんぼ

明け方から降り出したらしい雨は、シトシト、時にザーザーと1日降り続いて、明日の朝まで降る予報です。
気温は20度を少し出たくらいで、腕を出していると肌寒いです。
こんな雨の夜、のっぽ孫からLINE、「椅子ある?」
前も後もないこんな聞き方あるかい、と思うも、それがのっぽの特質。いいのよ、それでわかるんだもん。「あるよ」
「今から取りにいく」

おそらく明日先輩たちとバーベキューでもするんでしょう。
だぁの椅子とバケツを貸してやりました。
男親を知らず、親代わりだった祖父も亡くした孫の周りは、女ばかり。
でもそんな孫には、6,7歳年長のダンスの先輩たちがいます。みんなに可愛がってもらってるようです。

サンショ
春先に見つけた 実生の山椒 1メートルぐらいになりました
広島の あおむしくんは さなぎになったそうです


のっぽ孫がダンスを始めた何年か前の彩椛ママと私の会話。
ママ 「先輩たち、彼女はいないのかな」
私   「寂しい青年たちだね」
ママ 「さびしんぼクラブだね」

のっぽ孫もめでたく、さびしんぼクラブの会員になったんだね。

Comment:2  Trackback:0
2021
06.18

峠の山のはちみつ

Category: そのほか
イワダレソウが花盛りです。1センチにも満たない小さな花だけど、そばに行くだけで香ります。
地面にへばりついている花を見つけてミツバチがやってきます。小さな花一つ一つを訪れて忙しそうです。
山形・峠の山の人たちは今年もニホンミツバチを飼っているのかな。
6年前に自家製のはちみつを分けてもらったのが冷蔵庫で眠ってます。貴重なはちみつ、夫が喜んで大切に食べていた残りです。
実は私、はちみつがちょっと苦手。舌に残るかすかな酸味が苦手なんだと思うけどよく分からない。全く食べられないというんじゃないのだから、何か考えて食べ切ってしまわないと勿体ないですね。

イワダレソウと蜂ー1イワダレソウー2


*========*========*=======*=======*=======*

毎日夢を見て、夢の内容を話せるって、眠りが浅いのでしょうか。
目も疲れているのでしょうか、ドライアイだからでしょうか、目がしょぼしょぼして早い時間に眠くなります。
頑張ってその時間をやり過ごすと日付が変わる頃まで大丈夫になるのですが、さすがに、その前にお布団に入ります。
今10時過ぎ。きょうは早めに休みます。
朝まで起きずに眠りたい・・・

Comment:6  Trackback:0
2021
06.17

蟻と青むし

Category: そのほか
ちょっと急ぎの点訳、入力中。
明日は午前病院、午後ZOOM。
明後日も午前ZOOM。

再びみたび、あおむしくん。
パリパリ音をたててお食事。ぐんぐん大きくなっているそうです。
かわいいんだって。
1623930590908.jpg

こちらは我が家の蟻 6匹。
百合に群がって 何を運ぼうとしているんだろう。
スカシユリと蟻

Comment:2  Trackback:0
2021
06.15

裏切り

ピアノは小学生の時2年間習った末、自分の才能のなさが分かって嫌になりました。家にせめてオルガンでもあったら、もう少し頑張れたのかもしれないけれど。
練習には母の勤務先の保育園のオルガンをちょっと弾かせてもらってました。あの昔にピアノがある家なんて、余程の家だったと思います。
そんな私がどうしてピアノを習ったか? 母の知り合いの息子さんが音大を出てるとかで、教えてくれると言われたらしい。厳しいレッスンでした。

母がどうして娘にピアノを習わせたかったか。それは、自分が習いたくても習えなかった、その夢を娘にというわけです。
戦前の朝鮮・京城(ソウル)で生まれ育った母ですが、高級官僚のお嬢さんたちがクラスメイトだったとかで、ずいぶんと羨ましかったようです。
我が家は引揚げの家族なので、余裕なんてなかっただろうに、背伸びしたものです。
母が習いたかった、母が弾きたかったピアノというだけで、私はそれほど夢中になれませんでした。それでもピアノが弾ける子なんて、2~3人いたかどうかの田舎の学校でしたから、母は、鼻が高かったのかな?

みごとに裏切りました。その後、母の期待を次々に裏切っていった私の、最初の裏切りがピアノでした。

梅雨空
梅雨入り 二日め

Comment:4  Trackback:0
2021
06.14

ラガー

1/4に切ってあるカボチャを買っていたのが一部傷み始めたので、急がないとと簡単に焼きました。茄子、ピーマン、玉ねぎと野菜のグリルね。
うふふん、ビールを1本だけ買ってあったんだ~
ふんわりいい気持ちでピアノを弾いたりしちゃったわ。飲みながらじゃないですよ、こぼしたら大変だもん。

ラガー

ピアノ発表会で小さい子たちがよく弾く曲を練習中です。聴いたことがある曲なので譜読みが楽。
でも相変わらず指が脳の指令通りに動かない。右手が動けば左手が躓く。
頭が忙しく動くからかビールのせいなのか、額にうっすら汗がにじんできました。
がんばったから、今週中に弾けるようになれるかな。

☆・*:.。..。.:*・☆☆・*:.。..。.:*・☆☆・*:.。..。.:*・☆

点訳、他図書館から取り寄せてもらった本は、あまりに長い。活字で白いところがなく埋まって520ページは、一人で点訳するには長すぎる。校正もこれでは頼み難いし。
読むだけでも簡単ではなさそうだけど、せっかくなので読んでから返却するわ。

Comment:6  Trackback:0
2021
06.13

かわいい~~~~

Category: そのほか
午後から集まりの予定があったのでこま切れで落ち着かない1日。お天気は曇りがち、気温は27℃ぐらい。

あおむしくん
あおむしくんの続き。
末の孫娘が「かわいい~~~~」
って覗いてる 鳥のフンのあおむしくん。

集まりのために駅に向かう道で、
山椒の大木を確認。
道端だけど、夜になれば人通りは少なくなるけど、
よそんちの垣根の一部だもんなぁ。


⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨
<連絡> うづらさんへ
うづらさんち、コメント欄がないのでここへ(見てくれてると嬉しい)
エンドーチェーン
めちゃめちゃ なつかし~

Comment:2  Trackback:0
2021
06.12

あおむしくん

Category: そのほか
広島の娘が、「柑橘系の木植えてる?」と言ってきました。
「ん? アゲハ飼ってるの?」
はーちゃんがアゲハを観察してるんだって。お向かいのおじいさんにキンカンの葉っぱを貰っているんだけど、たびたびで申し訳ないし、葉っぱを食べつくしたらどうしようと気が気じゃないそうです。
うちにも以前は種から育ったグレープフルーツの木がありましたが、棘が長くて強いので危険だから切りました(それの処理にすごく困ったわ)。

「柑橘はないけど、山椒ならあるよ」
「送ってくれない?」
「残念。アゲハを育てられるほど大きくないんだわ」

山椒の葉っぱ、メルカリなどで売っているんだそうです。結構良い値なんだって。そして売れているんだって。
「へえー、なんて感心してる人は出遅れね。なんでもビジネスになるんだね」
「月桂樹も売ってるよ」
「残念、今朝ぐんぐん伸びている枝をバッサバッサ切り落としたところよ」
「それを売れば?」
「面倒くさい。私には商才がないってことね」

爺がいれば、すぐにそこらに出かけて山椒の葉っぱ摘んできてくれるけど、婆は腰が重くてゴメンね、はーちゃん。

といったん書いたけど、図書館近くの雑木林で見かけたような気がして、本の返却を兼ねて夕方行ってみました。

サンショ
ありましたが 50センチぐらいの幼い木。
葉っぱ10数枚じゃ
青虫の食欲を賄えないね

Comment:6  Trackback:0
2021
06.11

読了

Category: そのほか
主人公が好きになれない、なんだかあの人に似ていると思いながら本を読んでいました。

あの人・・・私が直感で近寄りたくない人と思ったその人と、この本の主人公は同類なのかもしれない。
そう分かってみると、理解できなかった彼の行動が、彼の思考が少し見えてきました。
彼の行動を認めることはできないけれど、そういう考え方をする人がいるんだということや、ちょっとした心の背景を知ることができたような気がします。
この本でそれらが分かったことが収獲でした。

「開高健ノンフィクション賞」受賞作品というので読みたかっただけで、主人公のことはほとんど知らずに読み始めた本でした。
『デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場』

Comment:0  Trackback:0
2021
06.10

ケチ

Category: そのほか
きのうから読み始めたノンフィクションですが、主人公が好きでないので読むのがつまらないと書いたけれど、そんなことはなかった。主人公は好きになれないけれど面白い。
その彼に密着し、観察し、分析して書いた著者がグイっと私をひっぱっていくので、退屈しないで読んでいます。

南天

広島に荷物を送るので物置から段ボールを見つけてきて詰めて、重さとサイズを計ると、あと5センチ短かったらサイズダウンすることが分かりました。
こういう時、夫はなにも構わずにそのまま送ります。私はやろうじゃないのと、カッターナイフを取り出して箱と格闘します。
これってケチなんでしょうか。もちろんそうよね、ケチよね。でも私は、手を加えるのが楽しいの。夫には通じませんでした。「その手間が150円かよ」
そうよね、時給いくらと計算すれば割に合わないこと、はなはだしいわよね。
でも違うんだよ、工夫するのか楽しいの、分からないのかなあ。

で、工夫したけれど短くなったのは4センチ。余計に悔しい、1センチ!
で、中身を300グラム軽くして、どうにか規定内に納めました。
こんなことをするために利用してるのは「送料の虎」というサイトです。校正の本を先輩に送るときなどにも使ってます。便利よ。

Comment:8  Trackback:0
back-to-top