fc2ブログ
2021
09.29

誕生日

すっかり忘れていた。きょうは広島のtiaの誕生日だった。
忘れたことなんかなかったのに。ごめんね、あとで必ず埋め合わせするからね。
2年前のtiaは西日本大会までだったエレクトーンフェスティバル。
妹がファイナルに進めたことを何と思っているんだろう。母親にそっと聞いてみました。
「いいなあ~、はーちゃん」
これだけだそうです。この欲のなさ、いいんだか悪いんだか。
今彼は、作曲を一生懸命勉強中だそうで。好きなこと、やりたいことがあるからいいんでしょうね。
cropmizuho4141398IMG_8122.jpgフリー写真素材ぱくたそ

フェスティバルのファイナルは1月末。読売ホールが会場です。
コロナが落ち着いて、入場制限が緩和されたら、必ず行くわ。
会場に入れなくても、兄さんと妹のお守りのために行かなければ。

Comment:0  Trackback:0
2021
09.28

孫自慢

昨日は夕方までのんびり。夕方に急ぎの点訳があって、眠くて目が開けていられなくなるまで頑張りました。
きょう午前中に終わらせて校正者にメール。

そうこうしている時に広島の娘から電話があって・・・ここから孫自慢。
小学3年生のはーちゃん。
土曜日にエレクトーンの西日本大会に出場のため大阪でお泊り。
日曜日が本番でとんぼ返り。
きょうWEBで結果発表。
ジャーン!! ファイナル(全国大会)出場です。
小学校低学年の部、8人のファイナリストの一人です。

はーちゃん
会場の付き添いは 先生か保護者かどちらか一人
はーちゃんは母親でなく 先生を選んだんだって
ひょうひょうとした おもしろい子です

Comment:10  Trackback:0
2021
09.26

検索 2題

Category: そのほか
キンミズヒキ昨日の花の中に名前の分からない花があったので、写真を撮り直して調べました。
調べるといっても、googleレンズをポチッとするだけ。
キンミズヒキとでました。
「キンミズヒキ」で検索したら、「ヒメキンミズヒキ」というのもあるみたいで、どっちなのかは分かりません。
ま、どっちでもいいけど、数株しかなかったキンミズヒキ、来年も咲けばいいな。
昨日遠音さんがコメントで、ヌスビトハギの種がひっつきむしだと教えてくださいましたが、このキンミズヒキもどうやらひっつきむしのようです。
種になったらひっつけてきて、庭の隅っこに植えてみようかな。
(せっかく名前がわかったのに、ピントはネコジャラシにいってるわね)


朝早い時間に窓の近くで鳥の声が聞こえました。
声の主はどこ、と外を見たけれど姿は見えず。
声を録音しようとそっと窓を開けたつもりだったのに、飛んで行ってしまいました。
それで、これもまた検索したら、シジュウカラと分かりました。
朝から可愛い声を聞いて、1日のやる気が出ましたよ。


Comment:2  Trackback:0
2021
09.25

田んぼのヒエ

Category: そのほか
点訳、ショック~
午前中の3時間がパー。
ちょっと調べたいことがあって、ファイルを比較するためにいくつか広げたり閉じたり。
用事が済んだので ✖ ✖ ✖
さあ続きをと戻ったら、ない・・・やっちまった。こんな時に限って細かく保存を取ってない、ときた。
諦めは早いです。点訳に関してだけ。
午後からの2時間で入力し直して、ああ、指が痛くなったわ。

ネコジャラシ1
散歩道で
ネコジャラシ ミズヒキソウ ヌスビトハギ そのほか

散歩に出ました。
田んぼ道を行ったら稲刈りの手を休めている人がいました。
「少し教えてもらえませんか。あっちの田んぼですけど、ヒエがいっぱいですよね。あれって、脱穀の時に混ざらないようになってるんですか?」
数日前に、彼岸花さんのブログで田んぼの雑草のことが書かれていて、私も以前から気になっていたことだったので、農家の人に聞くのがいちばんと話しかけてみました。
ヒエは細かいので網から落ちるので大丈夫。それと、ヒエがはびこっている田んぼの米は飼料用米だそうです。
そのほか、いろいろ興味深い話を聞かせてもらいました。
しばらくぶりで、家族以外の人と直接対話ができました!

Comment:6  Trackback:0
2021
09.24

方言

Category: 思うこと
きのうの「こさえる」は義母の方言ではなかったようで「普通に使っていますよ」と教えていただきました。
そう言われてみるとそうだわね。

吾亦紅
吾亦紅 ヤブラン


私のように方言だと思っていた言葉が標準語だったということは、そうはないかもしれないけれど、標準語だと思っていた言葉が方言だったってことは、地方出身者の「あるある」だそうです。

私が茨城に来て驚いたのは「~でしょうよ」と「しみじみ」です。
「~でしょうよ」は使い方はそのままですが、その言い方(イントネーション)がなんとなくキツく感じられました。
初めてあった人に「~でしょうよ」と言われた時は(なんで私叱られないといけないんだ)ってムッとしましたよ。
単に、「~でしょ」という場面ですもの、びっくりしました。

「しみじみ」は今もって私には使い方が分からないからうまく説明ができないけど。
「ほらー、しみじみやれー!!」とハッパをかけたり、「あの人、しみじみしない人だなあ」なんて使うのかな。
これだけじゃ、なんのことかわからないでしょうよ(使い方合ってる?)。

子どもの時の数年を福島で過ごしたという人に「ひゃっこい」という言葉が好きだと言われたことがあります。
「『冷たい』んじゃないんだ『ひゃっこい』んだよ。今でも使うよ」って。
私は仙台で聞いた「いずい」が好きです。いろんな使い方があって。説明しきれない。
「目にゴミが入っていずい」 「指輪がいずい」 「靴下のゴムがいずい」 その他いっぱい使い方があるようです。
ちなみに福島では「かがらし」です。

Comment:10  Trackback:0
2021
09.23

シソの実

Category: 義母
秋ミョウガのはずの裏庭のミョウガが、今年は涼しかったり暑かったりで季節を間違えたのか、夏に結構の量が採れました。
だから秋には無理だろうと思っていたのに、今日根元に白いものを見えてかき分けてみると、出てましたミョウガ。
君はほんとうは秋ミョウガなんだもんね。でも今年は2回も、ごくろうさま。

青じその花もさいて、そろそろ実の収穫時。
先日大子で買ってきた新鮮キュウリもまだ鮮度は落ちてないので、漬物にしました。

漬物
キュウリ、ミョウガ、シソの実の即席漬け
これが大好きだった人へ 
召し上がれ

義父母が畑を借りていろんな野菜を作っていた時に、私は収穫だけを手伝いに行くチャッカリ嫁でした。
この時期になると義母から声がかかって、シソの実の収穫を手伝いました。
お喋りしながら指を真っ黒にして「こさえた」ものです。
(こさえる:義母の言葉。「こしらえる」の意だと思います。実をしごき落としました)
義母はこの漬物にナスも入れるのですが、私はいれません。
夫がナスの皮を噛むとキュッキュッとなってぞぞーッとする、と言って嫌ったからです。入れると紫が入ってきれいなんですけどね。

シソの実は塩漬けやしょうゆ漬けにします。
義母が作るとってもおいしいおはぎと、箸休めのシソの実。
もう2度と食べることができない義母の味。お彼岸のごちそうです。

Comment:6  Trackback:0
2021
09.22

失せもの

Category: そのほか
一昨日クレジットカードを失くしたかとドキドキしたことを書きましたが、失せものを青くなって探した経験は一度や二度ではありません。
いちばんショックが大きかったし被害も大きかったのは、大事なものが全て入っていたバッグ。
しかも手渡しだった頃の給料袋ごと。
赤ん坊連れでラーメン屋に入って、食券で会計済み。
カウンターの下の棚にバッグを置いて、帰りは赤ん坊の着替えなどのバッグだけを持って帰宅。
一晩たった朝、あれ? と気づいた時、体が震えるってああいう時の形容なのね。
誰かが持っていったのでしょう、出てきませんでした。

たいていは、気がせいてたりして取りあえず、っていつもと違うところに入れた時。
帰ったら直ぐに定位置に戻せばいいものを、その時はもうカードのことはすっかり忘れてしまってるのね。
そして後日使う時になって青くなるのです。

学んだはずなのに、50年経ってもダメなものはダメなままね。
「俺は知っている。あんたがどれほどうっかり屋だか。オッチョコチョイだか」と言われたものですが、もしどこかで見ていたとしたら、相変わらずだなって笑ってたわね。

十五夜
十五夜 一日遅れ 
スマホの限界
こんな時に ましなカメラが欲しいって思うけど
次はカメラ性能のいいスマホにしよう

Comment:6  Trackback:0
2021
09.20

クレジットカード

Category: そのほか
のっぽ孫が来て、「Amazonで買いたいものがあるから、まりかあさんのアカウントでお願い」
「いいよ~」
孫の住所を新しいお届け先に追加したら、クレジット情報の再入力を求められました。
「はいはい」とお財布を出して、汗!!
ない・・・ない・・・ない・・・そんなバカな。
落ち着け。
「使われてないかどうか先に確認したほうがよくない?」
おお、のっぽ、なかなか冷静な判断だ!
大丈夫、使われてない。

・・・・・・・・・

ありました。金曜日、大子に行った時のバッグのポケットに。
ガソリンを入れようと思っていたので、お財布からバッグのポケットに入れ替えたのが仇でした。
ガソリンは間に合ったから使わなかったのよね。思いだしました。
のっぽが来なかったら、もうそんなことも忘れてしまった頃に、青くなって探すことになったでしょう。
余計なことをするとこうなる。危ない、あぶない。
よかった、まだ記憶のあるうちで。


ピアニカ
のっぽが使っていたピアニカ

文房具の寄付の中に入れます。
鍵盤に「ド」とマジックで書いてあったのですが、歯磨き粉をつけた布でふき取ってきれいにしました。
新品のようになったわ。

Comment:6  Trackback:0
2021
09.19

好きなだけ

Category: 点訳のこと
朝から晴れ~、やることは決まってますよ、お布団干し。
洗濯ものもスキッと乾いて、きちっと畳んで気持ちいい~

1日中点訳。こんなにお天気がいいのにね。
始めると止められない止まらない、困った人なんです。
でも誰にも迷惑をかけてないし、自分でもさほど困ってないからよしとしています。
これが家族がいるときは、少しは気がひけていたけれど、みんな許してくれてました。
呆れていたのかもしれないけど。
夫もお姉さんのご主人も、妻が家事を打っちゃって点訳していても文句を言わなかったので、「本当に恵まれていたんだわ、感謝感謝よね」とよく話します。
「さびしいけれど、好きなだけ好きなことができる一人暮らしも、それなりに、ね」

Yahoo!ニュースで「101歳の音訳ボランティア」を知りました。
私たちはいつまでできるかな。いつまで頭が回るかな?
きょうは「基本の基」のところで悩みまくって、情けなくなりました。
いつまでできるのかな・・・?

9月19日
夕焼けの東の空に
のぼる月
満月はあさってらしい

Comment:6  Trackback:0
2021
09.17

おとなしい運転

Category: そのほか
お姉さんとの待ち合わせ場所は、茨城と福島の県境にある大子の道の駅。
私が30分以上も前に着いて待ちました。
道路が空いていたんです。紅葉には早いし、観光地大子の滝へに道はコロナのせいで閉鎖中だからかな。

道の駅
お姉さんを待つ間に
新鮮野菜をたくさん購入

お姉さんが車から降りてきて両手を広げるので、私も同じように広げて、ハグ。
2年ぶりでした。
愚痴やらなにやらは既に電話で済ましてあるので、食事を含めて2時間でさようならをしました。
「これだったらまた会えるわね。道路が凍る前にまた会いましょう」
互いに山道を走るので、雪は降らなくても道路が凍るのが怖いのです。

この道は数10年通り慣れた道。カーブでも滅多やたらにブレーキをかけたりしません。
そこんとこ、夫に仕込まれたから、体が覚えています。
でももう、心を入れ替えたの。
おとなしい運転を心がけましたよ。
72歳の婆がスピード違反で捕まるなんて情けないものね。

Comment:4  Trackback:0
2021
09.16

必要不急

Category: そのほか
朝の電話で、急に決めました。
明日先輩お姉さんと互いの中間地点で落ち合うことにしました。
不急ですが不要ではない。会いたい用事があるのです。
いつ会って以来でしょう。全く覚えていない。
長電話はするしSkypeで顔を見たりもするので、長く会ってないと思えないけれど、2年?

明日は、私としては行動開始時間が早いし、運転もあるので今夜は早く寝ましょう。
それでもね、私より9歳上のお姉さんも同じ距離を運転してくるんだから、すごいでしょ。
山間部の道を往復3時間超です。
楽しみです!

アレチヌスビトハギ
散歩道で 
アレチヌスビトハギ
googleレンズが教えてくれました

Comment:4  Trackback:0
2021
09.15

定期報告書

Category: 労災
夫の中皮腫は労災と認定され、亡くなったあとは私に遺族年金が支給されています。
毎年6月ごろに「現況届」みたいな書類を提出してきました。
今年はその書類が届かないので、どうしたんだろう、コロナがこんなところにも影響してるのかと思ったりしていました。
昨日、労働基準局の封筒が届きましたが、いつもより小さいサイズの封筒でした。
「重要なお知らせです」と表書きがありますが、一体なにごと?

ホトトギス


『定期報告書が廃止になります』
あらまあ、嬉しい。
いつもこれのために、身分証明のコピーと住民票を用意しました。
それも面倒ですが、書類の記入に毎年てこずっていたので解放されたと嬉しいです。
もっとも、一昨年あたりからようやく慣れて、間違いなく記入できるようになってきたところでしたが。

「次に場合における手続きは従来通り・・・」と但し書きがあるところの、
「年金の受給権者が婚姻した場合(内縁含む)・・・」の項目にはいつも苦笑します。
夫の労災年金が遺族年金に移行するときには労基署に行っての手続きでしたが、その時にこの文言を聞いた時の何とも言えない驚きを思いだします。
係員はいろいろ状況を確認して、その後言いにくそうに、
「これは型通りの質問なのですが、再婚の予定はありますか?」
夫を亡くして1か月経ってない頃だったでしょうか。
「えっ」口には出しませんでしたが、小さい目を見ひらいたと思うのです。
「そういうこともないことはない、ということですね。はい、予定はありません」
「再婚したら、そこで打ち切りになりますので」
労災の手続きなど、とてもまじめに取り組んでくださった若い係員でした。
「型通りの質問・・・」というところに、彼の気持ちがあらわれていたと思います。

Comment:4  Trackback:0
2021
09.14

『雲にのりたい』

Category: そのほか
きのう歯医者さんに行きました。
あんなことやこんなことをされて、しょげて帰ってきて、夕方には熱がでました。
散々だわと9時前にお布団に入ってしまいました。
若い時の従姉夫婦が主演の、へんな面白い夢を見ながらなんと9時間以上眠ってしまいました。
元気に起きたので、きょうは気分のいい1日になりそう。
曇り空、こんな日は庭仕事をしなくちゃ。でもその気になったらね。
先送り気質の私。突然その気になったらやり過ぎるぐらいやるくせに、困ったものだ。 

ヤブラン
ヤブラン 
勢力を増してきたので 整理しなくちゃ


kmomotaさんの昨日のブログのタイトルは「雲にのりたい」
近ごろはぼーっと雲を見ていることが少なくなったなぁ、急ぐことのない生活なのに。
「雲に乗りたい」で浮かんだのは黛ジュンちゃんの『雲にのりたい』



ジュンちゃんに似た友だちがいて、声までハスキーの彼女のことを思いだしました。
人生の中のほんの短期間の付き合いだったけれど、会ってみたいなと思う一人です。
ジュンちゃんの着ているワンピース。昔こんなふうなデザインがあったね、と懐かしい。
ダーツの入れ方です。今はこんな形のダーツの服は見なくなりましたね。

Comment:6  Trackback:0
2021
09.12

金木犀

Category: 花々のこと
昨夜窓を開けたら、金木犀の、気のせいかなと思うくらいのかすかな香りがしました。
気のせいではありませんでした。
きょう、はっきりわかる香りが風に乗って入ってきています。

何年か前に、福島に住むお姉さんがメールに「金木犀が・・・」と書いてきました。
福島より南の当地はその時金木犀は匂わなかったので、「金木犀は、北から南に咲いてくるのかもね」と返信したことがあります。
桜前線が春を告げながら南から北上するように、金木犀は秋の香りを届けながら南下するのかしら。
それにしてはお天気が冴えない。秋空を見上げたいものです。

s-1-2.jpg
近所の大きな金木犀を撮りたいですが よそのお庭にカメラを向けるわけにいかず
6年前の写真を見つけました
友のお墓の近くの金木犀 10月1日の日付です

Comment:2  Trackback:0
2021
09.10

美容室で

Category: そのほか
きょうは美容室へ。歩いて歩けない距離ではないけれど、一昨日つった脛をかばって車で行きました。
以前は1か月に1度はカットしていたのに、前回行ったのは2か月前だったわ。
待ち時間があったので100円ショップをウロウロして「カタログ・メニュースタンド」というのを見つけました。書見台になりそうです。
それと本の上部を押さえるブックキーパー。
この二つを使ったら、原本を立てて読みながらタイプできそう。
使ってみないと分からないけれど、今のところこれがいちばんストレスが無さそうです。

さて、美容室ですが、お喋りを少なくするためにか、鏡の前のタブレットで料理番組を流してくれます。
これ、いいです。話さなくても気まずい思いをしなくていいから。
そしてきょうの美容師さん腕がいい。ちょちょっと希望を言ったらその通りにカットしてくれました。
気分良くして帰り、そのまま夕飯の支度。まともな食事をしましたよ。


美容室のタブレットで見てびっくり
クランベリーの収穫風景
YouTubeで探しました
ご存じでした? 私は初めて見ました
アメリカは大きい!

Comment:8  Trackback:0
back-to-top