fc2ブログ
2022
07.31

聞こえましたか?

Category: 義母
義母が亡くなりました。
入所していた施設で、末の息子に看取られて。
食べられなくなって点滴で2か月近く。
私からすれば、点滴は少し残念な気持ちですが、義弟が母親を思っての決断。なにかを言える立場ではありません。
点滴で安定していたそうですが、お昼過ぎに急に吐血して、それから眠るように逝ったそうです。
きょう午後から納棺式に出席しました。
ふっくらと整えられた顔は穏やかに眠っているようでした。淡いピンクの口紅が可愛かったです。

2722256_s.jpgコロナが一時少なくなった時期に顔を見に行けばよかった。行かなくちゃと何度も思ったのに。
玄関のガラス越し面会、そして話しかけてもほぼ何も反応がないこなどで、行こうという気持が削がれてしまってました。寂しくてね。
その気持ちを今日まで放っておいたのが、こういう後悔になってしまうのです。おかあさんごめんなさい。

末の息子が駆けつけるのを待っていたように息を引き取ったと。
「おかあさん、たっくんの声、聞こえましたか?」

Comment:12  Trackback:0
2022
07.30

やめだ、やめだぃ

Category: 点訳のこと
ググッ・・・(涙)
校正中に「守衛所」が出てきて、(あれ、前はショと読んだっけ、ジョと読んだっけ?)と定かでなくなって、ひとつ前のファイルを出して検索。
その時に何をどうしたのか!? さっぱり分からない。何もしてない! はず。
なのに開いていた校正中のファイルが突然閉じてしまった・・・ググッ・・・(涙)
こんな時に限って、ctrl+Sをしてなかった。後の祭り。
2か所直した覚えがあるけれど、どこだったかは全く覚えてない。きょうの校正分、やり直し。

ええーぃ、やめだ、やめだぃ。きょうはもうやってらんないよ。
夕飯を食べたら映画を2本見てやるわぃ。

夕焼け
昨日の夕焼け
西は夕焼けなのに こちらはビショビショの雨
不気味な夕焼けが いまの私の気持ちみたいだわ

Comment:4  Trackback:0
2022
07.27

涙補給

Category: そのほか
最高気温34℃、湿度50%。室外は暑くて乾いた風が通り抜けていましたが、エアコンに慣れ切ってるのでそんなところに長くいられません。
でもエアコンの風はドライアイには良くないらしくて、目の乾きを強く感じます。
体に水分補給、目も涙補給。乾いたと思う前にちょくちょくと。
この頃は目の疲れが気になるので、夜の点訳は止めました。
その代わり映画です。映画の話が増えたのはそんなことからです。
上手に映画の紹介ができればいいんだけど。私は苦手なのです。
さあて、きょうはなにを見るかな。

井戸端会議みたいな話ですが。
ご近所さん、もしかしてコロナで自宅療養中? いつも決まった時間に出勤する車がここ数日2台停まりっぱなし。姿も見えない。
そうかあ、他所の話とすまされなくなってきたのね。私だって外に出ないから大丈夫なんて言ってられない。娘や孫が出入りしてるんだものね。

鉄塔
早起きの日の 散歩

Comment:4  Trackback:0
2022
07.26

だからなにの話

Category: そのほか
映画館でなくて家でAmazonで見ているだけの似非映画ファンだけど。
見た感想を書けなくて「マル」か「ペケ」としか言わないけれど。
また俳優さんの話。

『ボーイズ・ライフ』
NHK・BSで見たんだと思うんですが(その頃はAmazonなんてなかった)、夫と見てました。
「いいねえ、デニーロ。少年もいいねえ」と話していたと思います。好きな映画は夫とあまり一致しなかったのですが、これはふたりとも「マル」
その後少年役が『タイタニック』で超人気俳優になったデカプリオだと知って、ふーん、ただ美しいだけではなかったんだってことが嬉しかった。

『ギルバート・ブレイク』
デカプリオのもうひとつ好きな映画です。うまい! 
ジョニー・デップもいい!
これも、まさかあのデカプリオだったのね、いう感想です。

で、だから何だ、という小さな話なんだけど。
『ギルバート・ブレイク』を書いたのが、ピーター・ヘッジズ。
これが、昨日のルーカス・ヘッジズのお父さん。
はい、だから何だって話で、おしまい。

Comment:2  Trackback:0
2022
07.25

好きな俳優

Category: そのほか
オミクロン株BA系統。症状がとても軽い人と、経験したことのない喉の痛みや高熱を訴える人との両極端らしいことをラジオで聞いたので、呑気に構えていた私もちょっと怖くなっています。
今までのワクチン3回とも39℃近い熱を出した私、ほんとうなら4回目は勘弁してほしいと思ってました。でも一人で高熱と喉の痛みに耐えるのは辛い。接種の予約を取ろうと思ってます。

5月末に仙台と花巻に出かけたその後に余勢をかって出かければよかった・・・今思えば。あのころコロナが鳴りを潜めていたんだもの。
今となってはもうどこかへ行こうという気は起きません。暑いしね。
毎日代わり映えのない生活に飽き飽きしてます。
いくら好きでもこう毎日点訳ばかりじゃあね。しかも、自己校正3回め。同じ本を4回以上続けて読んでいるようなものですから。

映画で気分転換。

ルーカス

ルーカス・ヘッジズ。
一昨日のティモテ・シャラメのうっとりする美しさとは違ういい男。
この俳優さんも演技がうまい。好き!
それでこの二人、実は仲良しなんだっていう小ネタも拾い出して、意味もなく嬉しい私。

夫は以前にも書いたことがあるけれど、大の映画好きで、通でした。
私は映画館が1軒しかない田舎育ちだし、映画を見る余裕のない家庭で育ったしで、夫と映画の話をしたことはそう多くはありません。
今だったら、互いに好きな映画や俳優の話を、お酒片手に夜が更けるまでしたでしょうものを。
本当に残念です。アスベストに命を奪われたことが悔しいです。

Comment:0  Trackback:0
2022
07.23

ロック画面に

Category: そのほか
Prime Videに見たい映画があるんだけれど、なぜだか字幕がない。100歩譲って吹替でもと思うもそれもない。原語のみ。
ずっと待ってるんだけど、もう待ちきれない。原作を買いました。
新古本というのか、とてもきれいな本で、フォトカードのおまけつき。
これが嬉しかった!
さっそく写真に撮ってスマホのロック画面にしちゃったわ。

ティモシー

出演映画を何作か見て
憂いのある表情で 役をうまく演じてると思ったの

彩椛ママが来たときにロック画面を見せて、「ばあさん、こんなことしちゃった」って言ったら、「いいとおもいま~す!」て笑ってました。

Comment:6  Trackback:0
2022
07.20

ナキウサギ

Category:
最高気温は35℃に近かったようですが湿度が低く、前回の猛暑日よりずっと過ごしやすかったです。といっても朝からエアコンのお世話になってますけど。
モンゴルに行った時がこんなふうでした。まさか30℃になるってことはなかったけど、高地だからか(標高1500m以上)陽ざしがとても強くジリジリ焼けました。空気が乾いていて、乗馬に出かけて汗ばんでもすぐに乾きます。風も涼しくて気持ちいい。
行きたいな、また行きたいな。

ナキウサギ1
googleレンズは ナキウサギと教えてくれた
夫がナキウサギと知ったら 喜ぶだろうな
(夫のカメラより)


Facebookに流れてきた5年前の孫の話題。

幼稚園の孫が昨日、「土用の丑の日」のことを先生から聞いてきたらしい。
「土曜の丑の日」としか伝わっていないみたい。
説明してやれない、母と婆。
今朝ラジオで「今年の丑の日は30日」
と言ったのでカレンダーを見たら土曜日だ。
ますます説明が難しいではないか。

2022年も丑の日は土曜日なのね。

Comment:6  Trackback:0
2022
07.19

プレゼント

昨年の1月末に通常の血液検査で癌細胞が多数見つかった母です。
泌尿器系の癌と推定されるけれど、検査をしたところで積極的治療ができる年齢でもないので、検査もしない見守るということで家族の意見が一致していました。
その母が近頃血尿が頻繁になって泌尿器科を受診しました。膀胱がんであろうということですが、積極的治療は必要ないと医師に伝えました。

そして思ったのですが、もし痛みがでて、例えばモルヒネなどの緩和処置が必要となった場合、ホームの部屋に訪問診療の医師をお願いできるのかしらかと。
ホームに聞いたら、そうなった場合は緩和ケア病棟のある病院に入院していただく、と言われました。
ふーん、家と同様の自分の部屋なのに、訪問診療を受けられないなんてと腑に落ちなくて、地域包括センターに電話して聞きました。
ホームが了承すればOKなんだそうです、が。
ホームは、モルヒネ管理の責任者などの問題があるので緩和ケアにと言っているらしい。(そうか、夫の場合は、私が管理者ということで付きっきりだったからできたのか)
と、このことを包括センターの方に言ったら、その通りです、ということでした。

ヒメオウギウイセン

過去に、マロンとカリンさんから頂いたコメントを思いだして検索しました。お義母さまにステージ4の癌が見つかった時のこと。

医師が言うには「高齢でガンに成った人はモルヒネなどを使わない事が多いです。 神様がくださった最後のプレゼントだと、私は思います。」高齢に成ると痛みを感じなく成るそうです。

最悪のことを考えて備えておくことは大事だと包括センターの方も言ってましたが、それほど心配しなくていいんだとも思えました。
とても素敵なお医者さまですよね。
「神様がくださった最後のプレゼント」 母もプレゼントをいただけますように。

それにしてもマロンとカリンさん! ブログの更新がなくて寂しいです!

Comment:8  Trackback:0
2022
07.17

汗して

Category: 思うこと
お昼頃までは肌寒かったのに、午後から気温が上がってきて30度近くになりました。
ぐったりしてます。体も頭も重い。だけどPC前に座って動かないんだからお気楽なものよね。
現場の施工監理をしていた夫は「夏は暖房、冬は冷房」といってたっけ。
夫にどんな不満があっても、このことだけはすごいと思う。仕事に行くときに暑い寒いと文句を言ったことがない。私にはこんな勤めはできない。
娘の連れ合いも造船所で施工監理。娘も「この1点だけは何があっても尊敬する」そうです。「私たちにはできない」と母子で認め合ってます。根性のないグータラな親子です。

ヒメアカタテハ
ミソハギとヒメアカタテハ

近所に救急車が止まりました。
隊員が駆け回っていました。きちんと長袖を着てヘルメットをかぶって、靴もしっかり(たぶん)安全靴。見てるだけで暑そうです。
ありがとう、尊敬します。

大きな建物の中で、自分が世の中を動かしていると思っているかもしれない一部の人。
違うよ、世の中はこうして大勢のいろんな職種の、汗して働く人が守っているのだよ。

Comment:2  Trackback:0
2022
07.15

ゲーリングの言葉

Category: そのほか
「ベルリン3部作」全6巻の最後の巻の自己校正を昨日終えました。
点訳で1回読み、自己校正で2回め。校正は原本と点訳した画面を交互に見ながらだから、3回読んだことになるのかな。
このくらいじっくり読んでようやく、ドイツの庶民の100年が想像できるようになりました。
このあとしばらくこれを寝かしておいて、もう一度自己校正します。
加えて、ナチの時代の本や映画もこのところ続けて読んだり見たりしていたのですが、昨夜は『ヒトラー 最期の12日間』を見ました。
映画のできは、私基準では「△」と言っておきましょうか。ヒトラーの最後にはそれほど興味がなかったからです。

1945.jpg

ベルリン3部作の6巻目の作者あとがきが気になりました。
ニュルンベルグ裁判で、23人のドイツ人被告を担当した心理学者とゲーリングの会話です。戦争を話題にした時です。
ゲーリングは言います。
「…………政治を決めるのはどこの国でも指導者だ。そして国民を加担させることなど、常にたやすいことだ。国を治めているのが民主主義だろうと、ファシズムの独裁だろうと、議会制だろうと、共産主義の独裁だろうとな」

これに心理学者は反論します。
「民主主義では国民は、自分たちが選んだ代議士に代弁させることができます。…………」

ゲーリングは再び言います。
「…………国民に参政権があろうとなかろうと、指導者の命令に従うよう仕向けることはいつでも可能だ。…………攻撃されたと国民に伝え、平和主義者のことを愛国心に欠けると非難し、平和主義者が国を危うくしていると主張すれば事はすむ。この方法はどんな国でも有効だ」

今日本に、これほどの指導者(良くも悪くも)がいないのは幸いなのか。
しかし、指導力がないまま、影に操られるように政治を行う愚か者がいないと言えるのか。

Comment:4  Trackback:0
2022
07.12

あおむし

Category: そのほか
鶴岡市・峠ノ山で採取した山椒の実。何年も缶で保存していた種を処分前に庭にまいたら1本発芽しました。
それを書いたのが1年前 → 山椒
1年で1.5メートルほどに育ったけど、ひょろりと背が伸びたまだ幼木。
葉っぱに小さなあおむしくんを見つけました。
葉を食べつくされるのはごめんです。迷ったけれど、退散願いました。火ばさみでつまんで離れた場所へ。
それから菜箸で細い枝を掴んでほかの葉っぱをよーく観察。そしたら鳥の糞と見間違う幼虫を3匹発見。これにも退散願いました。
去年は広島の孫が「かわいい!」って育てていたようだけど、私は可愛いって思えないし、苦手だし。葉っぱを食べつくされるのを「どうぞ」って見ている心の広さはないし。

001107.jpg

お姉さんの『フィッシュ』の校正を終わりました。
間違いが少ないので1回でいいか、音声読み上げでもう1回見直すか、どうしましょ。
なかなか良い本でした。広島の孫たちに読ませたい。

Comment:2  Trackback:0
2022
07.10

山ユリとイワナ

Category: そのほか
朝の涼しいうちに投票に行きました。投票所は歩いて5分の小学校です。
みんな同じように思って出てきたのか、入り口は10人ぐらいの列になっていました。
今までの投票で列を作っていた記憶はあまりないです。時間のせいなのか、気温のせいなのか、みんなの関心が高いのか。

カサブランカ
カサブランカ

甘い匂いが部屋の中まで入ってきます。
ユリと言えば私は山の中に咲いているヤマユリが好きです。子供の時の父との思い出と、やはり夫と行ったキャンプ地の思い出に繋がるからです。
行きたいなあ・・・行けない。でもしかたない、そういうことも覚悟で車を手放したんだから。いつかは娘に連れて行ってもらいましょ。

きょうから校正を始めたお姉さんの点訳本『フィッシュ』に魚を手づかみする場面がありました。
魚の手づかみと言えば、故郷の川で、夫が淵に潜ってイワナを手づかみしたことがあります。
深い淵の主は、夫の竿に見向きもしませんでした。諦めて帰る前に、夫はその淵に潜りました。岩の間に手を突っ込んでなんと、イワナを手づかみしたのです。3匹も。
夫は釣った魚は丁寧に扱ってみんなリリースしてきたのですが、この時だけは持ち帰りました。

インドア派の私なのに、思い出はいつも山の中。

Comment:4  Trackback:0
2022
07.08

冷静に

Category: そのほか
そしてきょうは私の誕生日。

午前中に買い物に行って帰り、シャワーをしてお昼を食べて、上記の書き出しでブログを書くつもりでPCを開いたら、Twitterに「安倍元首相銃で撃たれ心肺停止」が流れていました。見間違いかと思いました。
暴力からは何も生まれない、このことで生み出されるものがあるとすれば、「負」だけではないでしょうか。報道の洪水が始まるだろうけれど、冷静に捌かなければならない。

IMG20220707153741.jpg
昨日の夕方の空

Comment:12  Trackback:0
2022
07.07

誕生日おめでとう

Category:
気温26℃。少し風が強めに吹いて、雲は多いけれど青空がきれい。
子どものころの夏ってこんなふうじゃなかったかしら。
Facebookは過去のお知らせをいろいろ届けてくれます。
7月はあちらこちらに出かけていたんだなぁ。
名古屋に、モンゴルに、グアムに・・・等々。
そしてきょうは夫の72回目の誕生日。66歳から年取ってないけれどね。

ゴゾグラス1
マルタ旅行
夫が ゴゾグラスの店で 時間をかけて選んだ

Comment:4  Trackback:0
2022
07.06

七夕会の準備

きょうは2週間ぶりに最高気温が30℃を下回ったそうです。
思うに眼科に行った一昨日を除けば、私が外出したのはその30℃が始まる前、6月20日でした。
それ以来ずっと家から出てなかったということ。明日も明後日も外出の予定はないから、家籠りは何日になる? 18日間?
出不精もここまで来ると・・・でも大丈夫、土曜日は東京、早朝より出かけます。家族会の集まり、七夕会です。

リアトリス
リアトリス

七夕会では、会員さんが願い事を書いた短冊を、笹竹に結びます。
毎年花屋さんに笹竹を注文しますが、今年は調達が難しい。入荷から日が経ちすぎるので、葉がチリチリになってしまうと花屋さんが言うのです。
困って娘に相談したら、たのもしい。マスキングテープを使って、画用紙に平面の笹竹をこしらえてくれるというのです。
それが出来上がったので、明日届けると電話がありました。楽しみだわ。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top