fc2ブログ
2023
10.30

入浴許可

Category: がんのこと
手術後2週間、通院日でした。
娘が送り迎えするよとLINEをよこしたけれど、バスで行くから大丈夫と返事。
病院まで歩きはちょっと距離があるけれど、バス停3つ分ですがバスに乗れば全部歩くよりは楽。
それにバス停まで歩くのも体調回復に役立つでしょう。

傷全体を覆っていた大きな傷パッドみたいなのをペリペリと剥がされました。
「傷はきれいに治っているし、入浴もOKです」
そしてホルモン剤が処方されました。明日から10年間飲み続けることになります。
切り取ったリンパ節の細胞検査は早ければ木曜日に出ますが、早いほうがいいでしょ、と先生が私の顔を見るので、そうしてもらいました。
この検査で癌細胞が見つかれば、抗がん剤治療が並行して行われるのかな。

どうか今はまだ、見つかりませんように。完成させたい点訳があるのです。それまではキーボードを打ちたいのです。
これをやりたい、あそこに行きたいという目標など特別にない、と元気なうちはほざいていましたが、こうなって分かりました。
やはり点訳は私の生活の大部分を占めていて、満足いく点訳をひとつしっかり、今のうちにやらなければ、と考えるようになりました。
自己満足です。やり遂げたと思いたいのです。
そのあと生かされていて、頭がまだしっかりしていたら、人さまの校正の手伝いをして暮らしたい。

さて、どんな本を選んで挑戦するか。考えるだけでも嬉しいじゃないですか。

Comment:6  Trackback:0
2023
10.29

中学校文化祭

広島の孫、中学1年男子tiaが文化祭の合唱のコンクールでピアノ伴奏をしたそうです。
ピアノは習ったことがなく、家にピアノもありません。
ピアノを習っている女子も大勢いるのに、とびっくりの母親のコメントが映像とともにFacebookに。

そこから音だけを私のスマホで録音しました。
 → 伴奏
荒っぽい伴奏とも思いますが、まさかのベストピアニスト賞を受賞。おめでとう!

吹奏楽部の発表では、初めてドラムを叩いて存在をアピール。まだまだへたくそですが、楽しんで叩いている様子が映っていました。
発達に凸凹があって、小学校時代は何かと心配のし通しでした。
が、中学生になって、吹奏楽部の先生・先輩・友だちと楽しくやってるようです。
<自分の力で作り上げた居場所、誇らしい✨️>
と母親のコメント。
苦労はこれからも続くでしょうが、娘も母親としての肝っ玉を得つつあるのではないかと、婆は嬉しいです。

Comment:4  Trackback:0
2023
10.28

右きき左きき

Category: がんのこと
お昼少し前に空が暗くなって、怪しい雲が流れてきました。
が、雷はそれ程でもなく雨がザーッときただけでした。

雷雲

夕方は散歩に出ました。
ゆっくり時間をかけて歩きました。
じっとしていると気になってしまう腕の違和感は外へ出たら忘れることができて、気持の安定にいいなあって思いました。
出かける用意をしていて気づいたのですが、ショルダーバッグをどう掛けたらいいんだろうと。
いつもは右肩から左胸をクロスする掛け方です。そうするとキズにひびきそう。
逆のかけ方で気持ち悪いけれど、慣れるしかないわね。
そう、肩ひものかけたかが変わるくらいでよかったと思わなきゃ。手術側が右だったらどれほど不自由なことだろう。

Comment:4  Trackback:0
2023
10.27

術後の心配

Category: がんのこと
乳がんと診断された後、病院から手渡された冊子「治療を始める前に知っておきたいこと」で一通り治療のことは学んでいたつもりですが。
そこには書いてなかった術後の痛みで気が滅入っています。
上腕の柔らかい部分が、擦れてヒリヒリするような痛みがあります。我慢できない痛みではないもののやはり嫌なものです。
月曜日は退院後診察があるので相談してみます。


怪我に注意してね、と看護師さんたちから言われている術側の腕ですが、冬に向かって庭の世話はないので大丈夫と思っています。
ただ、娘が心配しています。オッチョコチョイの母親が春になったら庭仕事で何をしでかすかと。
棘のあるようなもの、成長の早いものは始末したほうがいいのではないかと言われました。便利屋さんなどに頼んで、抜いたり切ったりしてもらってよ、と懇願されました。
そうね、そうよね。老いては子に従い、だね。

Comment:4  Trackback:0
2023
10.25

退院しました

Category: がんのこと
きょう昼前に退院しました。
みなさまからお見舞い、励ましをいただきました。改めてお礼を申し上げます。

娘が迎えに来たのでパン屋さんでフカフカのパンを買って帰りました。
どっかへ食べに行こうかとも思いましたが娘が、インフルエンザの勢いがすごいよ、というのでやめました。
パンとコーヒーだけの昼食だったけれど、コーヒーもずっと飲みたいと思っていたので、おいしかったです。

学校帰りの彩椛が、私の大好きなシュークリームを退院祝いに持ってきました。
小さな箱に1個。かわいらしくて頭を撫でてやりたくなったけれど、彩椛は高校1年生。幼いね。

病院にいる間、手術したこと以外に体調に変化はないと思っていましたが、家に帰ってみて、少しは疲れやすくなっているんだと気づきました。
家事をするのもリハビリだと言われていますが、1週間ぐらいはのらりくらりと家事をしていきたいと思います。
9時消灯のリズムを変えなくちゃ。まずは10時消灯、5時起床かな。

Comment:16  Trackback:0
2023
10.24

シャワーでさっぱり

Category: がんのこと
今朝ドレンが抜けました。
研修医のような若い先生が何やらやっているのですが、ハサミの切れが良くないのか、手間取っている様子。先生も私も緊張。
見ていたベテラン医師のアドバイスで無事終了。
誰だってはじめの一歩はあるんだもんね。

午後シャワー。すっごく気持ちよくなり、何より嬉しいのは動きが自由になったこと。
明日は娘が迎えに来るので、帰りにスーパーに寄って野菜卵など生鮮品を買いましょ。
近くのパン屋さんでふわふわのパンも買いたいな。

Comment:8  Trackback:0
2023
10.23

1週間

Category: がんのこと
入院計画書どおり、明日ドレンを抜いて明後日退院と決まりました。
院長回診のとき、チラっとドレンを見た院長が、「ドレン抜こうか」
「きょうですか」と従者たち(笑)がざわつくと院長は、
「あれ、1週間て、どう数えるんだっけ」ととぼけたことをおっしゃる。

「そうか、明日ドレン抜いて、明後日退院ね」


看護学校の学生さんが私を実習対象にしています。
中学生の子どもさんがいるお母さんです。偉い、本当に偉い!!!
傷のことでちょっと気になってることを話したら、その後指導役の看護師さんと清拭に来たときに、看護師さんが丁寧に答えてくれました。よくわかって安心しました。
ついでに院長の「あれ、1週間て」の話をすると、看護師さんが、「きょう抜いてもいいぐらい順調だってことですよ」だって。

Comment:9  Trackback:0
2023
10.22

入院6日目

Category: がんのこと
術後5日目。
順調です。ドレンを通る浸出液の色がだいぶ薄くなりました。
ドレンは火曜日に抜く予定ですが、それまでおとなしく、ではなくて、腕もできるだけ動かして、病棟内階段を散歩がわりに上り下り。

朝6時、夜勤者が検温などに回ってくると、次はお茶が配られて、食事になります。
そのあと間もなく早い出勤のDrが外来が始まる前に来ます。
それから、日勤者がまた検温、血圧など。
そのあともお掃除のかたがきたり。そうこうしているうちに、またお茶が配られます。
なかなか忙しい午前中。
ゆっくり映画も見られない。見てるけれど、気に入った映画に出会えない。
結局、点訳·校正に落ちついた私は本当に点訳ばかです。

今朝は寒かったようですね。院内は寒さ知らず。昨日午後はエアコン吹出口のフィルター交換と、室内リモコンの調整に技術者が入ったのでなおさら快適です。

Comment:4  Trackback:0
2023
10.21

洋子ちゃん

20231021095401ac2.jpg
大きい窓なので、空が広く気持ちがいいです。
ずーっと向こう、雲と空の境目は前線?

大事な友だち洋子ちゃんも同じ窓から空を見ていたのだと、どうしても思ってしまいます。
最後の入院とわかっていた友は、ベッドから空をどう見ていたのだろう。
寒い1月末の空は雨模様だった。

あの世から戻ってきた人に会ったことがないから、あの世がある確信は持てないけれど。
あるとしたら、大事な人が何人もいるのだから悪くないなと思います。
夫も洋子ちゃんも父も楽しい酒飲みでしたから、洋子ちゃんの手料理で宴会かな。
西郷のキャンプ場で初めてカヌーに乗せてくれたあの人も、モンゴルで仲良くなったあの人も一緒に。
私はねえ、もう少しこの世に置かせもらいましょ。

Comment:0  Trackback:0
2023
10.20

リハビリ

Category: がんのこと
院長回診時。

「痛みは良くなってるかな。腕はどのぐらい上がるかな」 
「今日は少し痛いです」  くい く く く
「どれ どれ」  ぐい ぐぐぐ ぐぐ
(いて いて いてて やめてくれ)
「リハビリの先生とがんばってね」

鬼!! って思ったけど、その後は腕の動きが楽なのよね。
痛くなければリハビリじゃないってことか。固まっている筋肉を一度動かせば、あとが楽なのね。
固まってしまう前に、ちょこちょこ腕を上げる動作をしなくちゃと、鬼のおかげでわかりました。

Comment:2  Trackback:0
2023
10.19

手術こぼれ話

Category: がんのこと
火曜日、手術が終わって回復室に入ったのは午後5時半頃ではなかったか。
そこでの長い一夜のことは想定内(一度経験)のこと。
終わってみれば開けない夜はないと言うだけ。

昨夜最後の点滴が終わって両手が自由になりました。すっかり元気です。
さすがに痛みはね。体を動かすときには傷と離れた場所もバランスを取って動かすんだと分かる。「いてっ」「いででっ」の連発。

それなのに、術後24時間からリハビリだって、余計なお世話だい!
加えて、術後採血が採れなくて、今数えたら9箇所ですよ。痛いのなんのって。
「入ったけど引けない」と何人も交代。本来なら採るべき場所じゃない腕から採る許可をDrにもらったらしい。

30年前の手術の時は、ガーゼの交換やらなんやら毎日あったけど、今は大きなキズパッドを貼ってドレンから滲出液を外に出す。
看護師さんは、体温、血圧、酸素濃度を測るだけです、知らなかった。Drもパッドの上から見るだけ。
アメリカのポテトさんじゃないけど、これなら家に帰ってもいい?

うづらさん、応援ありがとう!


Comment:10  Trackback:0
2023
10.16

入院

Category: がんのこと
9時半に病院着。先生の診察の後病棟へ。
聞き取りやらお知らせやらお願いやら、いろいろ。
12時に家族と一緒に手術の説明などを聞きました。
左乳房全摘、リンパ節数個切除予定、今のところ。術中に変わることもありとのことです。
話しやすい先生で、娘が同意書にサインしている間につい聞いてしまいました。
「先生、むだ話ですが。ご出身は?」
「和歌山です」
「やっぱり関西でしたね」
「どうしてわかりました?」
「イントネーションです」
そうかなあ、などと気さくに話してくれる院長です。

病室は、最近改装したのか、ちょっとしたビジネスホテルよりきれい。シャワールームピカピカ。
タオル使い放題で、明日に備えてさっそくシャワー。
食事は、自分で作らなくても出てくるものはおいしく食べる主義です。

実はここは、私の大事な友が息を引き取った病院。
友に呼ばれて夫と駆けつけたのが20年前。そうなんだ、もう20年かぁ。
いろいろ思うことありの、入院第一日目でした。
きょうまでは元気です。明日からどんな弱音を吐くことやら。


Comment:10  Trackback:0
2023
10.15

カレンダー

Category: がんのこと
冷たい雨の日曜日。
入院に持って行く物のメモを見ながらバッグに詰めています。
1~2泊用の旅行バッグが結構パンパンになりました。
大きいのがノートPCとタブレット。それらの充電器。
映画ばっかりじゃなぁと、校正できるようにノートPCと本も入れました。
このPCは夫が入院の時に、退屈がかわいそうとプレゼントしたもの。Windows8の時代のものだから今はネットにつながない点訳専用です。
手術してまで点訳って、こうなると点訳病っていう病だわ。

関東支部の世話人をやめるので、定期的会合の予定をカレンダーから一括削除しました。5年間私なりにがんばりました。
ほとんど予定がなくなったスカスカのカレンダーが寂しいです。
今度は通院の予定が中心のカレンダーになるのか・・・とため息です。

Comment:7  Trackback:0
2023
10.13

準備いろいろ

Category: がんのこと
昨日、ごみ出しに出た時に、ん? と鼻をヒクヒクさせました。
もしかして、というぐらいのかすかな香り金木犀。
きょうははっきりわかりました。花も見えました。よそのお宅の庭だからカメラを向けられないのが残念。
金木犀は桜前線の逆、北から南へ移動してくると思います。秋を感じた木々が香りを放つのね。
今年はずいぶんと遅い。それだけ暑さがいつまでも残っていたということですね。

子どもたちとお姉さん以外に入院の話を伝えていませんでしたが、そうもいかなくて家族会関東支部に伝えました。
治療が抗がん剤でなくなったので、続けようと思えば続けられたかもしれないけれど、病を理由に世話人をやめることにしました。
いい機会です。若い方にお任せしたほうが良いと思っています。
みなさんに会えなくなるのは寂しいけれど、しょうがない。
預かっていた会計をしめ、総会資料を作りました。

校正中の『風の少年ムーン』。全5巻の長丁場でしたが、明日には1回目を終わらせられるかな。2回目は来年、体調をみながら。
年末押し迫ったころ、広報誌と議会だよりが入稿するので、それまでにはどうしても元通りになりたい。

Comment:9  Trackback:0
2023
10.12

めざめかぁ

のっぽがね、急にいろいろ身の回りを構いだしました。
いままでは、髪は伸び放題でも、あちこちはねていてもいっこうに平気だったのに。
さては・・・母親と婆、にやにやしながら、いつ確かめようとその時を待っていたのです。
その時が昨夜。
「ね、ね、彼女できたの?」
「いねえよ」
「だって、この頃やけにおしゃれじゃない? まりかあさんに紹介してよ」
「うん、できたらね」

ほんとうにそうなのか、照れてるのか。
たぶん、ほんとうにいないんだ・・・
いてもいいんだけどな。いて欲しいんだけどな。

22938686.jpg

きょうは燃えるゴミの日。この前切った枝などをまとめたり、袋に入れたり、断捨離の袋と合わせて5袋。これでさっぱりして留守にできます。
明日はPCRの検体を病院に届けます。陰性でないと入院できません。

Comment:4  Trackback:0
back-to-top