fc2ブログ
2024
04.12

新たな病

霧の中を歩いているような八日間でした。

3日、耳に異常を感じて4日に耳鼻科に行きました。
ラムゼイ・ハント症候群の診断がおりました。
希望のない完全快復の見込みがない、そして快復には時間のかかる病だと知りました。
自分の状態を受け入れる余裕がありませんでした。そして治療が始まっても悪化の一途。娘は私がうつ病になるんじゃないかと心配していたようです。
もっと早くに病院へ行けば、病院選びは間違ってなかったか、薬は充分量出ているのか等々、過ぎてしまったことを悔いる日が続きました。

けさ、起きたら僅かな、気のせいかと思われる程度ですが少し良い兆しを感じたので、一喜一憂するのはいけないと分かってますが、初めてのことなので、今だけ素直に喜びたいと思いました。
それでこのチャンスを逃すとあとはもうブログで報告する気持ちになれないだろうと思い書いています。

表情筋が動かないということは、小さな細かい不自由さが満載です。
最たるものは口から食べ物や水分がこぼれること、話しずらいことです。
そしてもうひとつは目。瞼が完全に閉じられないので目が乾き、それなのに涙目で文字がぼやけることです。

こんな中でも幸いなことに、強い痛みは今のところありません。嬉しいことです。
少し前から靴下編みをしていたことも幸いです。瞼を持ち上げてパソコンの画面を見ることが辛いので、下を向いても涙目でも手を動かせることが嬉しいです。時間をつぶせます。
パソコンはノートやタブレットやスマホを駆使して、少しずつ点訳も再開しました。それらの機器があり、それを使える婆であったことが嬉しいです。

もとより目鼻がついているだけのご面相、これより悪相になったとて知るものか。とはいうものの、婆でもやはり顔のゆがみはショックです。でも人はそれ程他人の顔なんか気にしてないよ、とわかっています。
この顔が自分だと受け入れるしかない。

目標。
カップでコーヒーを飲もう! 
ジョッキでビールをグビグビやろう!

今朝は少女のころから大好きなベルベットボイスに癒されています。今朝の話題には全く関係ないけれど、よかったら一緒に聞いてくださいね。


Comment:14  Trackback:0
back-to-top