fc2ブログ
2024
05.15

朝の散歩

Category: そのほか
今朝の散歩で見ました。
田んぼに水を引いているパイプが外れたのでしょうか。
盛大に吹き出しています。田植え前なので被害はたぶんないでしょう。
なんがスカッとしちゃいました。

水柱


スイカズラ
今、田舎道ではスイカズラが花盛りです。
ジャスミンのような香りがしますが、香りがきついと感じる人もいるかな。
数本折ってきました。
家中に香りが満ちています。


Comment:4  Trackback:0
2024
05.13

国内外

Category: 点訳のこと
「国内外」についてawanohibiさんからコメントをいただきました。
そうなのか! とてもよく分かりました。
造語の一種だそうです。そうしてみると「市町」も同じでしょうね。今は辞書の見出し語にないけれど、いつかは世の中に通じる言葉になって辞書に載ることになるのかしら。

ギョウジャニンニク
ギョウジャニンニク

点訳は漢字を仮名に変換すると言っても良い作業で、作者の「造語」に悩まされることが多いです。
目で見れば、漢字から何のことか想像はできるけれど、さて、それを何と読むかが問題。
漢字一字一字を説明すればよいかといえばそう簡単でもなくて、校正者たちとああだこうだが始まります。納得のいく結論はなかなか出ません。
そこで、作者の方々にお願いです。安易に漢字を並べて言葉を作らないでください。困るんです、とっても困ってるんです。どうしてもその言葉を使いたいならルビをふってください。点訳は視覚に障害を持った人たちへの読書支援です。私たちは、分かりやすい点訳を目指して努力しています。

Comment:8  Trackback:0
2024
05.11

読めない漢字

Category: 点訳のこと
点訳をしてなかったら出会えなかった言葉があります。読めなくて恥をかいた言葉もあります。
点訳を始めたばかりの頃はそんなのばかりでした。
それまでは、本を読んでて読めない字が出てきたら、前後で判断して適当な言葉に置き換えて読み進んでんでいたのね。
漢字って便利です。篇やつくりが分かれば意味が想像できるんだもの。

「女丈夫」って読めませんでした。先輩お姉さんも読めませんでした。傍にいたお連れ合いさんに聞いたら「じょじょうふだろう」とこともなげに言うのです。二人でびっくりでしたよ。典型的な理系の人と思っていたからです。
聞いたことない言葉でした。そして彼に読めて私たちが読めなかったことが悔しくて情けなくて、何10年たった今でも、再々話題に上ります。

敷くを「ひく」だと思ってました。だって我が家では布団は「ひく」ものだったから。漢字を見れば「しく」以外にないのに、50年「ひく」と言って疑いませんでした。
今でも「ひく」と言ってしまいます。私の子どもたちも布団は「ひく」と思っていたようです。
「ええー、そんなぁ」と言われました。

マツバウンラン
マツバウンラン
生息範囲を広げてるけど 
かわいいから許す


昨日から議会だよりの点訳をしていました。
今回ビックリしたのは「国内外」です。「くにないがい」って知ってます? 「こくないがい」って言ってませんでしたか?
「近隣6市町」って読めます?
「水際線」は? 聞いたことあります?
今回の点訳、三つ賢くなりました。

Comment:12  Trackback:0
2024
05.10

65パーセント

耳鼻科通院日でした。
5週間が過ぎて、判定は65%回復とのことでした.
次は1カ月後、その時には80%ぐらい回復するだろう。そうなればほぼ回復と言っていいそうです。
「これで症状が固定ということではないのですね」
「もう少し良くなりますよ」
奥さまがニコニコ頷いておられました。

症状のあまりの激しさに驚き、知りたくなかった情報に惑わされ、ダメダメな患者でした。
気持ちが落ち着いたあと、65%回復したら良しとすると思ったのでしたが、今は欲が出て80%回復を目標に、ゆったりした気持ちで1カ月を送りたいと思います。

草むしり以外に気持が外へ向かなくて、散歩もずっと休んでいました。
きょうバス停まで急ぎ足で歩きましたが、大丈夫でした。明日からまた歩こう。
桜が終わったのも見てない。今どんな花が咲いているのかも知らない。野の花、よそのお庭の花を楽しみに歩きます。

モッコウバラとムベスズラン
だいぶ前の花ですが

Comment:6  Trackback:0
2024
05.06

さってばさ

昨日、今日と部屋の模様替えをしてました。
昨日で終わったつもりだったけれど、配置に納得いかなくて今朝やり直し。

仕事だったり、遊びに行ってたりしてる娘を待ってられない。
古い家、床に傷がついたって今さらいいやって、一人で引きずって動かしました。
思ったら即実行。人の都合を待つことができない。
田舎ではこういうのを「さってばさ」っていうの。私の場合は動くまでは時間がかかるくせに、そうと決めたらもう、さってばさ。
娘を頼ればいいのに、可愛げのない年寄りだわね。

要らない物もだいぶ処分できたし、もうこれで模様替えは終わり。
新しいものは何ひとつないけれど、新しい部屋の出来上がりです。そうだわ、カーテンぐらいは新しくしようかな。

シロヤマブキ
だいぶ前の写真 シロヤマブキ

Comment:6  Trackback:0
2024
05.04

副作用か

Category: がんのこと
毎度痛いとか痒いとか病気の話で面白くないのですが。
親指が痛いです。靴下編みのしすぎか、と思ったけどそうでもない。これは乳がんのホルモン治療におきがちな副作用かもしれません。
主治医が毎回訊ねます、「指は痛くないですか」
私は「指の痛みは以前からあったので、それほど気にしてません」

ところがこの頃の痛みはちょっとキツイ。

kutusita.jpg
どこかでこんなのを見たことがあるようなと思いながら編んでた
わかった
鬼太郎のチャンチャンコだ
拡大しないでね。水通しをしたらもう少し目が揃うんですよ

何足編んだだろう、ようやく納得できるかかとが編めるようになったのに、残念です。
片方編んだだけですが、しばらく休んで指の様子を見ることにします。
指を使わない……何をして過ごそう。

Comment:10  Trackback:0
2024
05.01

あの時

きょうは月に一度の通院日。びしょびしょの雨の中、近くの診療所に行きました。
「変わりないですか?」
「先生それが大いに変わりがあったんです」
一通り話し終わってからマスクを外して顔を見てもらいました。
「大丈夫。最初の顔は見てないけれど、1か月でこうなら順調に回復してると思いますよ」
(まあね、励ましでも嬉しいです、先生)

プレドニンの量が足りてないんじゃないかって、あの時心配して落ち込んだけれどとんでもない、お薬手帳を見た先生。
「思い切って充分量を処方されたと思いますよ」
むしろ肝機能検査をしておいた方がいいかも、という量みたいです。

ムベ
あの頃に撮った ムベ

あの時なんであんなにうろたえたんだろう。
「大学病院では、首から上に出た帯状疱疹は即入院だって」という人がいて、それを聞いたら俄かに心配になったのです。
「大学病院」という権威に負けてしまったのね。
町医者の小さな古い診療所、見かけで判断。気持がグラグラ、フラフラと覚束なくなってしまったのです。
先生には本当に失礼なことを言ってしまいましたが、嫌な顔一つせず、ていねいに説明してくれました。
もう爪の先ほどの迷いも後悔もありません。あとは回復の時間を待つだけです。
ちょっと変な口になるけれど、カップからコーヒーが飲めるようになりました。人前ではためらいがまだあるけどね。

Comment:10  Trackback:0
back-to-top