FC2ブログ
2017
12.17

鬼嫁

s-IMGP5217.jpg昨夜はきょうの撮影の仕事のため、息子が夜遅く来て泊まりました。
仕事は午後からなので、コーヒーを飲みながらお喋りに花を咲かせました。

息子は中学頃から、音楽に夢中で勉強に身が入らなくなり、高校は毎日音楽活動。
卒業はできましたが、自分で楽器店に就職を決めてしまいました。
全国展開の沢山の店の中で、売り上げ上位をキープする店員の一人になったのですが、音楽の夢捨てがたく、上京。
食うや食わずの生活の中で知り合ったお嫁ちゃんと結婚したのでした。
結婚を機にお嫁ちゃんの田舎に戻り、不本意ながらの田舎暮らし。
いつかまた東京、の夢のはずが、いつの間にか映像の仕事を得、二足のわらじ。
好きなことなので、ちっとも苦にならないと言いますが、母は体が心配です。

大手会社に勤めて高給を得、家を建て、趣味にレジャーに充実しているサラリーマンと比べたら、息子の暮らしは負け組というのかもしれない。
でも、明るいんです。生き生きしているんです、息子。
鬼嫁に苛められてる話を面白おかしく語り、私は笑ってわらって涙が出るほどでした。
鬼嫁だけれど可愛いお嫁ちゃん。4歳年上です。
鬼嫁に内緒で、少しばかりお小遣いをやりました。財布をギュッと握られている息子です。

あっ、やばい! 「鬼嫁」と3回も繰り返してしまって、あろうことかタイトルまで (>_<)

   (写真はドイツのクリスマスマーケットで買ったツリー飾りと
    ドイツ語版『ピーナッツ』)


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/1003-6bddfa5b
トラックバック
コメント
わすれ草さんには こんな一面も!
そうですか・・息子さんもいらして・・
やはり 男の子女の子と育てられた事は
幸せの内ですね~~

明るいのが一番です・・きっとおしあわせなんですよー
幸せの形に定義はありませんものネ
遠音dot 2017.12.18 08:10 | 編集
 ☆遠音さん、苦労いたしました。が、今となっては懐かしい。

鬼嫁がギュッとしてくれているから、今の息子があると思います。どうしようもない息子を鬼嫁が引き受けてくれているんです。ありがたいと本当に思っています。

いつも笑いのネタに困らない一家です。ありがたいです。
わすれ草dot 2017.12.18 09:11 | 編集
この間の話題の(お嫁ちゃん)もこの方でしょ?

良いじゃないですか。
ちゃんと旦那様(息子さん)のお義母さんとお付き合いが出来ていて。。
いまは、(絶交状態)になる息子さんも要るって聞くから。

私の回りにも(歌手デビュー)を夢見て、10万円親から貰って東京へ行った息子さんも居られますよ。
(現実を知って、、、それだけでも大人になった)

みんなこうして、年取って行くんだ・・・
夢見ただけ、儲けもん!
アイハートdot 2017.12.18 11:00 | 編集
 ☆アイハートさん、そうですその「お嫁ちゃん」です。
彼女がいるおかげで、息子との関係も良好です(笑)

夢を見られただけ儲けもん! か、そうだね。
そんな夢も見ないまま婆になってしまった・・・

根拠のない自信や夢につきあってくれる妻がいる、息子は幸せもんですね。
わすれ草dot 2017.12.18 11:58 | 編集
わすれ草さん~こんばんわ(^^)

好きなことに邁進した、息子さんだったのですね。
しっかりしたお嫁ちゃん=鬼嫁ちゃんなのね(^^ゞ
この愛称で呼べるってことは、
良い関係だって分かりますもの・・・

高学歴に高収入が勝ち組というのでしょうが、
幸せは、それだけでは計れないと思うんです。

意外や意外なのが世の中で、
だからこそ面白くて楽しいですよね。

まめままdot 2017.12.18 19:34 | 編集
 ☆まめままさん、こんばんは。

鬼嫁ちゃんのおかげで、息子は好きなことをして稼いでいます。
勝ちも負けもない、良い人生を歩いていると思い、親として嬉しいです。

学歴があれば正社員として採用されるかもしれないのですが、好きなことを第2番目の仕事としているほうが楽しくて良いや、と息子は言ってます。
わすれ草dot 2017.12.18 20:57 | 編集
充実した人生を歩んでいて、幸せを感じていたらそれが一番!
たとえば、元夫の弟さんは超々エリートですが、仕事に不満たらたら。
甥っ子が「大きくなったらパパみたいに〇〇マンになる♪」と言うと、
「〇〇マンなんて止めとけ!つまらん!!!」と
じつに面白くなさそうに答えていました。

あ~、私も鬼嫁ちゃんや鬼婿ちゃん、お孫ちゃんが欲しいです~。
風のフェリシアdot 2017.12.18 21:44 | 編集
 ☆風のフェリシアさん、地位や財産だけではないと分かっていても、子どもの貧乏生活を覗き見ると、ため息が出ることもあります。
息子がそれで良しとしているのにね。イケない母親です。

きのうも仕事帰りに本屋によって、勉強のための本を探して帰ったようです。小遣を握らせたからネ(笑)
わすれ草dot 2017.12.18 22:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top