FC2ブログ
2017
12.20

老婆心

Category: 思うこと
ブログのyokkorinさんは、年末、気は焦るのに『カラだとアタマが別物』とミシン仕事などをしてらしたようです。
私も夜遅くまで映画を見て現実逃避してました。と言っても私の頭はもう年末だと焦ることさえ忘れています。

私は映画を見て、「うん、よかった」「つまんなかった」しか言えないので感想を書くのは他の人たちに譲って。
映画を作っている知り合いのことを書いてみようかな。
彼女とは、モンゴル旅行の時にツーリスト・キャンプで知り合いました。
後に、facebookを通じて彼女が映画を作っていたと知ったのでびっくりでした。

映画ってできあがっても、無名の監督のものは上映館を探すことから始まらなければならないし、壁はとても高いようです。
彼女の作品が静岡の映画館にかかることを知ったのは、夫が治験のために岡山大学に行った帰りでした。
途中下車して観ました。感想は、夫ともども「・・・、うーん・・・」

このために彼女は大きな借金をしたはずです。
30代後半、あるいは40代の彼女、今また、新しい作品の脚本を書いているようです。
「好きなこと・夢」に向かってひた走る彼女の若さが眩しく、羨ましいと思う反面、婆は、なんというか、痛々しくも思えるのです。

s-IMGP5225.jpg老人になってしまった私は、人間って、諦めの時期を見極めるのも大事かなって。
「夢を持ち続ければ、いつかは叶う」 これって、成功した人だから言える。
「夢を持ち努力を続けた、才能のあるひと塊の人」が夢の実現に立ち会えているんじゃないかしら。
もっとも、成功することが行き着く先ではないことが、その前に大事なんですけどね。

聡明な彼女ですから自分のことはきっと知っていると思うのですが、企画、脚本、監督、マネジメント、出演など、彼女はどこを向いているのかと婆は心配しています。

そんなこと思って書いているうちに、また点訳依頼がきましたわ。締め切りは年内ですって。映画どころではなくなってしまいました。


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/1005-c1c9ad42
トラックバック
コメント
「自分を休ませる練習」
良い言葉を 友のブログから拾いました。

点訳のお仕事 モチロン感謝ですし
こころから尊敬しています。

目のこと 手指のこと心配しています。
暮れに向かって手も目も自分の為に
出来るだけ休ませて下さいネ。

遠音dot 2017.12.21 08:22 | 編集
 ☆遠音さん、私に必要な言葉を、ありがとうございます。

普段はグータラ(これ本当)のくせに、やるとなると夢中になってしまいます。
ほどほどにすればいいと分かっていても、「止められない止まらい症候群」です。

あす、あさってと出かけますのでその前に終わらせたいと、頑張ります。
わすれ草dot 2017.12.21 12:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top