FC2ブログ
2018
02.09

内視鏡検査顛末

85%癌だと思い覚悟をしました。
理由は、大腸がんの初期を思わせる症状があったからです。
(この後は、部位が部位なだけに、食前食後の方は読むのをお控えください)
2か月、もしかすると3か月ぐらい前から気になっていました。
お通じは1日に1回、わりと規則正しいほうでしたが、でない日がある、と思えば緩い、を何日かおきに繰り返していました。
そのうちふとお通じが細いのに気づきました。何日も同じ状態でした。

父は60歳で直腸がんで亡くなっています。
先日は兄が「細くて何度もトイレに行くのはよくないらしい」と自分のことを話していて、それを思い出しました。
兄はどうだったんだろう、検査はしたのだろうか。そんな事より自分のことね。
検査の前の下剤のことを考えると気が重くなって、グズグズしていました。
気分は落ちていきますが、家族の前では明るく振る舞っていました。
でもこんなこと、いつまでも続くわけがありません。決心して病院に行ったわけです。

医師は、私の話を聞いただけで即、検査の日を示しました。
ポリープを切り取ったあとは、遠出の外出を控えなければならないからと、予定のすり合わせもしました。
もうこの頃には、弱い私もすっかり覚悟を決めることができました。
なにも、がんと決まったわけでなし、そうだとしても、治療ができないということでもなし。
人間はみな平等に、死への道を歩いているんだしね、などと、利いた風なことも思っていました。

一つ気がかりがあるとすれば、それは父親のいない183㎝孫のことです。
父親代わりの祖父が急に亡くなり、数年して祖母もではあまりに可愛そうです。
この孫のためにあと10年、いや、5年生きたいなと思いました。
あとは、もしもあの世とやらがあるのなら、先に逝った楽しい人たちが待っています。
この世でやり残したこと、やらなければ後悔することなど、一介の主婦にあろうはずもなく、と思うと気が楽になったのでした。

この間、明るく振る舞っていたので、彩椛ママも明るく応えてくれていましたが、どんなに心配していたことか。ママだけに打ち明けていたからです。
昨日は泣かれてしまいました。
「お母さんは覚悟というけれど、お祖母ちゃんみたいに98歳とは言わないけれど、70歳では早いからね」
(そうね、でも70歳だって、80歳だって、それが寿命とすれば仕方ないことよ)の言葉を飲み込んで、
「ごめんね、心配かけたね」

朝から絶食だったので、みんなでお寿司を食べました。


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/1047-264792f3
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2018.02.09 20:30 | 編集
 ☆鍵コメさん、ご心配かけました。

ストレスが主な原因、過敏性腸症候群だそうです。
自分を図太い未亡人と思っていたけれど、そうでもなかったのね、私。

がんは無罪放免とされたからには、孫のため、家族会のため、もう少し頑張らせていただくことにします。
わすれ草dot 2018.02.09 20:47 | 編集
ほんとに、、、良かったね。

2人に1人は癌に罹るって時代だから、
仕方ないと思いつつ、、(自分だけは・・)とつい。

私も結構弱いから、、じたばたしてしまう。
思い込みも激しい。。
だから、わすれ草さんの事良く分かります。


母を見送らなくちゃ~、、
子供の務めを果たさなくちゃ、癌に罹っていられないのよ。
アイハートdot 2018.02.09 21:40 | 編集
 ☆アイハートさん、そうなの、二人に一人だものね。
男か女かぐらいのなんてことない確率だよ、考えたってしようがない。と思いました。

私もね、98歳を抱えているからね。アイハートさんのように同居してないからまだ気が楽だけど。娘の夫、そしてその娘が先に逝ったら母にどう言えば良いのか。
長生きも辛かろうね。

気持ちは負けて堪るかって思って、お互い親よりは長生きしようね。
わすれ草dot 2018.02.09 21:49 | 編集
年齢と共に健康に自信が無くなるんですよね。
私も同じですが、私には私を必要とする人が居ない。
いつでも夫の側に行けるのに、
いざとなるともう少し生きたいと思うのです。

何ごとも無くて本当に良かったです。
日々、心安らかに暮らしたいものですね。

太巻きおばばdot 2018.02.09 22:00 | 編集
この世につなぎ止めることのある内は
生かされるのですよ。 それにお孫さんのこと
考えると ご主人様も決して迎えには来ない!

ポリープ検査のたびに 7~8ミリのポリープがあって
取るのですが、あの下剤と 検査の時の痛さとが
やりきれなくて・・三年前の検査で もうこの検査は
止めようと決心すると同時に 
母と同じ大腸癌になったとしても引き受けようと
考えているんですよ。もう十分生きましたからね。

松永さんへのメールは 明日送りますね。
ほんとうに有り難うございました。
遠音dot 2018.02.10 00:45 | 編集
 ☆太巻きおばばさん、今回は放免されたので、しばらくは心安らかに暮らせるかな。

あの世にいる知り合いは皆愉快な人ばかりですから、行くのは恐くはないんです、
でも、もう少しこの世でね。
わすれ草dot 2018.02.10 06:51 | 編集
 遠音さん、あの下剤が何とかならないかしらね。
内視鏡は麻酔をかけてやるクリニックだったので、知らない間に終わりました。
いろいろ思うこと多い二週間でした。

松永さん喜ばれるわ!
わすれ草dot 2018.02.10 06:58 | 編集
え〜〜まだ決まってないのに
そんなに弱気になっちゃいけないよ
と書こうと思ったら、良かった、良かった、ホント良かった(^.^)

まだまだ元気でなくっちゃ
だけど、あの大腸検査の下剤は苦しいね
検査の時、家内は医師に一緒に見せてと頼んで、僕のお尻は見られてしました(^.^)
メタdot 2018.02.10 12:55 | 編集
あの下剤は苦しいですね。
レントゲンのときのバリウムが随分と飲みやすくなったように、
そのうち変わるでしょうけど、早く何とかして欲しいです。
私はね、まったく症状がなかったのですよ。
お通じが細いということもなかったです。
腸閉塞を起こす寸前だったのに、不思議です。

検査は心身のストレスになるけど、がんは早期なら完治するので、
やっておかねばいけませんね。

娘さん、お孫さん、そして家族会、目の不自由な方、
たくさんの方々がわすれ草さんを必要としているので、
まだまだ元気で頑張ってくださいよ(*^^*)

風のフェリシアdot 2018.02.10 17:15 | 編集
アハハ、ポリポリポリ。
もうてっきり…
お騒がせしました。

検査室に入るって、勇気あるなあ。
自分のでも見たくない。
麻酔をかけての検査だったので、痛みも羞恥心も無しでした。
わすれ草dot 2018.02.10 20:20 | 編集
 ☆フェリシアさん、自覚症状が無いのにガンだったり、それらしき症状がいろいろあったのにポリープひとつないなんて、なんなんでしょう。

下剤やバリウムの微妙な味が飲みにくいんです。味なんかないほうがいいのにね。
とはいえ、定期検診が大事ということでしょうか。
わすれ草dot 2018.02.10 20:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top