FC2ブログ
2018
02.17

書誌

Category: 点訳のこと
点訳する本を選ぶときは、他館と重複して点訳しないように気をつけます。
1冊でも多くの本のデータを「サピエ図書館」に収蔵するためです。
そのためには、本の情報を登録する「書誌」が重要です。
県立の点字図書館など大きな団体では専任の職員がいて、司書に準じた人が登録していると思うのです。
思っていましたが・・・そうでもなかったのかな。

家の近くの図書館で面白そうな本を見つけて、「サピエ図書館」で検索をしたら蔵書無しだったので、うれしや。
私の、次の点訳本にしようと思い、読みながら点訳しながら二日間楽しみました。
けれどこんなに面白い本が点訳されていないこと、ちょっと気になっていたのです。

先ほど、もう一度検索をし直しました。
うーん、やはり点訳本として存在していました。
本のタイトルは『淡淡有情』です。だから私はそう検索していました。
登録されていたのは『淡々有情』でした。
たったこれだけの違いで検索結果は違います。別な本になってしまうのです。

s-P_20180213_141303.jpg私たち極小点訳グループの書誌登録は、私が担当しています。
「書誌登録マニュアル」という冊子をひっくり返しながら10何年、書誌の登録を170冊。
他館の方たちに迷惑をかけてこなかったかしら。と今さらながら怖くなりました。
少なくとも「タイトル」と「著者名」は、これまで以上に慎重に入力しなければならないと思いました。

それにしても、私の二日間を返して、といってもいいでしょうか?

クリスマスローズが縮こまっています


Comment:4  Trackback:0
トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/1054-13444ba2
トラックバック
コメント
無駄だったかナーって思う事が
案外あとで 違った形で役に立つことが
ありますよー お体に気を付けてね
絶対根を詰めてはいけません!!
遠音dot 2018.02.18 12:19 | 編集
 ☆遠音さん、点訳は無駄になったけれど、その部分はしっかり読むことができたから、よしとします。
それに、書誌製作の大切さを身を持って知りました。

面白い、興味深い本です。点訳しながらではなく、本と直に接して読める幸せを感じながら久しぶりに「読書」を楽しんでいます。
わすれ草dot 2018.02.18 16:12 | 編集
『淡淡有情』を読みたい人が、もしサピエで検索してもヒットしないことになってしまう? カナでの検索だから利用者に不都合はないのかな。

とはいえ、点訳が重複してしまうのはやっぱり望ましいことではないですよね。
書誌情報の正確さがいかに大事かということを改めて知りました。

タイトルのミスを発見した場合、図書館に通報?するなんてことも
あるのかしら。

    ******

ところで、十何年で170冊という数に驚嘆しています。小さな点訳グループと
言われるけれど、とても密度の濃い活動をしていらっしゃるのですね。
べに丸dot 2018.02.20 10:14 | 編集
 ☆べに丸さん、書誌作成はいつもおっかなびっくりです。

利用者が自分で検索するときは「読み」だから不都合はないかもしれないでけれど、職員など晴眼者が探す時にはヒットしないかもしれないです。

サピエに連絡してみようかしら。でも私たちの書誌も点検されて墓穴を掘ったりしてね。

べに丸さんゴメン、書き方が悪かった。10なん年、というより20年近くと書くべきでした。
が、戦力3人+見習いでこの数字は誇ってもいいかしら? よくぞやりました。
3人歳を取りました。いつまでできるやら。
わすれ草dot 2018.02.20 19:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top