2018
03.09

マギーズ東京

どこでも眠れるのが私の特技だったはずなのに、近ごろ他所で寝ると寝着くのに時間がかかります。
大きなベッドに一人、眠れないと思っていたのに、明け方の嵐は全然知らなくて、お笑い種ですね。
窓の小さいホテルだったからでしょうか。

暖かくなるという予報とは裏腹の冷たい雨の降る東京でしたが、思い切って支度をしてマギーズ東京に行くことにしました。
豊洲に友だちがいるのですが、彼女は元気かしらと思い出し、急ですが連絡をしたら、お昼を一緒に食べようと出てきてくれました。
食後ゆりかもめの駅まで案内すると先に立った彼女ですが、結局はマギーズまでついてきてしまいました。
本当は一人で行きたかったのです。

マギーズ東京は誰が行ってもどういう目的でも、がん患者と家族のために開いている居場所です。
広いテーブル席に座って何人かで語る人、自分の思いを聞いてもらいたくて小さなテーブル席に座る人、医療のアドバイスを受ける人、ヨガ教室で体を動かす人、一人で読書をする人・・・
ボランティアの看護師、心理士などが交代で常駐しています。
自分が心地よいと思う方法で時間を過ごして、気が済んだら帰ればいいのです。スケジュールも予約も必要ないのです。

私は家族会の手伝いで上京した日に時間があったら、ふらりと立ち寄ってみようかな。
が、今は茨城県古河市のカトレアの会の活動に注目しています。というか、赤荻先生の活動に心動かされています。

さあ、明日もあります。眠くて目が痛くなってきました。
おやすみなさい。


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/1073-95c44c8f
トラックバック
コメント
こんばんは。

マギーズ東京って知りませんでした。
ネットで調べて見ました。家からそんな遠くでは有りません。

なんか心が落ち着きそうな場所ですね。
1度行って見たいと思いました。

「眠くて目が痛く成った」若い証拠です。
私なんか中々眠れません。 年寄りです。
マロンとカリンdot 2018.03.10 20:09 | 編集
 ☆マロンとカリンさん、マギーズ東京は自分に何をもたらしてくれるのだろうかと思いながら行きました。

看護師さんと相対して話しました。夫の介護で感じていた後悔のことです。
話相手になってもらったという安心感だけでも嬉しかったです。

眠れるのは若いからですかね。若い頃は確かに10時間だって眠れたし、子どもとお昼寝を2時間もしたし。
今は昼寝は15分です。ちょうど良いのだそうですね、スッと目覚めます。
わすれ草dot 2018.03.10 20:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top