2018
06.17

ピア・サポート講座

ピア・サポート講座、北海道の北星学園教授・大島寿美子先生の講義を受けました。
ピアサポートとは(資料から)、

当事者が互いに支え合いながら、それぞれが自分なりのやり方で問題に対処していく力をつけること

そして成長していくこと。
 ・体験したからこそ分かり合える共感。
 ・体験を通して得た情報や対処の仕方や知識。
 ・互いに支援し合う関係。
 ・同じ体験をしたひとの言動をみて手本にしたり、自分が手本になる。
活動の中心は、「話すことと聞くこと」。
話すことで、
 ・思いを外に出す
 ・気持を整理する 
 ・経験を解釈し直す
<話すことは「放す」こと>
聞くことで、
 ・相手との共通点に共感する
 ・違いや多様性に気づく
 ・新たな知識を見出す
<聞くことは「放されたこと」を受け止めること>
と私はメモしました。

ピア・サポートにはコミュニケーション能力が問われます。
 ・人を「尊重」すること。自分も相手も尊重しながら率直に表現する。
 ・「私」メッセージで話す。こう聞いたではなく、こう思う。
 ・心をこめて聞く。
 ・人が持つ力を信じる。
「自分を語る」ために、体験を文章に起こすことが二日目の課題でした。
夫の闘病の記録を時系列に沿って、その時の気持ちを加えながら、原稿用紙3000字。
先生の添削を受けた後、みんなの前で読みました。
受講者6名、みなさんとても素晴らしい発表です。
「すばらしい。よく書けてますよ」と先生は肩を抱いてくださいました。


IMGP5516.jpg


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/1153-d8499a91
トラックバック
コメント
おはようございます。

色々考えさせられました。

話すことは放すこと。。。
そうですよね・・・
聞くってことは 話されたことを受け止めること・・
これも納得。

受け止めることは難しい場合も多々ありますが 
私も心がげなければ・・・と強く感じました。
dot 2018.06.18 06:48 | 編集
 ☆圭さん、講座の二日間をうまくまとめられませんでした。中途半端な記事から想像していただいて恐縮です。

思いを溜めこまない。放す。
放された思いを聞く。

ただの井戸端会議とどこが違うんだ、ということがまだよく分かっていませんが、聞く姿勢ということを考えさせられました。
わすれ草dot 2018.06.18 09:08 | 編集
井戸端会議ではありません!
やはり学びの場だって良くわかります。
短いブログのなかでさえ わすれ草さんのメッセージが
届き 共感できます。

肩を抱いて下さった先生の優しさが伝わってきます。

わすれ草さん それさえもご主人様からの
プレゼントですね~~
遠音dot 2018.06.18 09:33 | 編集
 ☆遠音さん、井戸端会議のような集まりからでも学ぶことや救いは得られると思っていますが、それとピア・サポートとの違いはどんなところかが、よく分かっていません。
ピア・サポートと構えなくても、お喋りの場さえあれば十分だと感じることもありますもの。

ピア・サポートの世話人となるために理論やルールを学ぶことは、集まりの中に生じる問題の回避や対応に役立つと思います。

年下の先生の優しさがとても嬉しかったです。
わすれ草dot 2018.06.18 10:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top