2014
05.11

登場人物「夫」

Category:
昨日に続いて気持ちの良い天気です。
夫は浮かれて飛び出して行ってしまいました。
福島県いわき市の奥、四時川上流に着いたと連絡がありました。1泊の予定ですって。

車輪梅
きょうのネコの額はシャリンバイ。



きょうは、私のブログの登場人物「夫」を紹介します。
夫は、大方の人から受け入れられる優しい人です。
けれど親しくなるほどに、関係に甘えて我儘になってしまう困った点もあります。
子どもからは、独りよがりだとの指摘があります。
物事を斜めから見るような傾向がありますが、社会性はあると思います。
情に厚い人です。
・・・
こうして書いてみると「へんな人」です。

こんな変な人が思いがけない病になって、何か考えが変わったかというと、相変わらず、へんな人のまま優しく我儘に暮らしています。
40年の間には辛い悲しい思いも一つや二つではありませんでした。
考えの相違でぶつかり合って、もはやこれまでと思うことも何度もありました。
そんなこんなの罪滅ぼしの気持ちもあるようで、夫は定年後の目標を私との貧乏旅行をすることにしていました。
私も楽しみにしていました。
目標の修正を余儀なくされて、どんなにか悔しいだろうと周りは思いますが、夫は淡々としているように見えます。
できないことを思い煩うということを、もともとしない人でしたから。
「俺は人と比べて、好きなことをいっぱいしてきたと思う。あれもこれもと思わないことはないけれど、できなかったことを悔しいとは思わないよ」

長くはない自分の時間を思った時、夫が気がかりなのはやはり、家族の明日を見届けられないことのようです。
特に、残る私のこと、可愛い孫のことを心配しています。
けれど、いくら心配したからと言って、のちのことをどうにかできる訳でもないのだから、今自分にできることは、
「ひとつでも多く、よい思い出を残してやること」と言っています。
私もそんな夫の思いを尊重して、分からない明日を思い煩わないことを心がけているつもりです。
というより、夫という人と一緒にいると、そんな日常になってしまうから変です。

鍵コメさんのコメントを宿題にして、こんなことを書いてみました。返事になったでしょうか。


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/117-096482ff
トラックバック
コメント
シャリンバイ、可愛いお花ですね。

男性ってどこか子供っぽい所が有るんですよね。
可愛いと思います。
そんな事に気が付いたのは一人になってから。
今、わすれ草さん一生懸命ですものね。
ご主人もお幸せだと思いますよ。
太巻きおばばdot 2014.05.11 18:22 | 編集
☆太巻きおばばさん
本当、友人のご主人たちを見ても、子どもっぽい人が多いような気がします。
想像力はあるつもりでも、うしなうまで気づかないことはどうしてもあるのでしょうね。
可愛いって思うには、私がもう少し大人にならなければいけないわ。
わすれ草dot 2014.05.11 21:17 | 編集
男はみんな似たり寄ったり
お山の大将でありガキ大将でもありたい、でしょうね

ご主人の人柄がよく分かりますよ
もう一つ、忘れてました。
素直に言えないんですよ(笑)

反対に僕みたいになんの威厳もなければ、それもダメですけどね
夫婦って難しいね、面白いね・・・・・
メタボ夫婦dot 2014.05.12 07:31 | 編集
☆メタボ夫婦さん
どうして素直に言えないんでしょうね。弱みを見せたくない? 
言ってくれなければ分からない。言ってくれないからつい、代わりに考えて言うと、想像でものを言うなと叱られる・・・
たいていは私の考え過ぎなんですけどね。

冗談はポンポン言えるくせに、自分の気持ちを表現しない父を娘は、「言葉不自由者」と呼んでいます。
わすれ草dot 2014.05.12 10:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top