FC2ブログ
2018
09.19

後回し

Category: そのほか
後回しにしてはいけない。気になっている知人・友人のこと。
少し前に電話して元気な声を聞きました。嬉しかった、ホッとしました。

彼女はマニラ出身のエリザベス。
夫が勤めていた会社で現場作業を仕切っていたYさんの奥さんです。
Yさんの親や親類から認められず、日本語も覚束ない不安な気持ちでいた彼女を、夫は気にかけていました。誰も知り合いのいない田舎での結婚生活、子育て。私も何度か遊びに行きました。
Yさんが脳の病気で植物状態になったのはいつだったか。15年以上前だったと思います。いろいろあって新築数年の家を手放し、寝たきり、意思疎通のないYさんの在宅看護が始まったのでした。
(訂正です。発病からが15年以上、植物状態になったのは10年ぐらい前でした)

風の便りも途絶えたようになって数年、疲れ切ったエリザベスをなぐさめに遠い鹿嶋市を訪ねたのが夫にとっては最後になりました。
夫の死を知ったエリザベスは、日本人と同じようなやり方で夫の死を悼んでくれました。
今私ができることは、時々お喋りに行くことですが、出口のない看病を続ける彼女を訪ねるのは、正直言って気の重いことです。ついつい後回しにしていました。

彼岸花萩
彼女の家のそばを流れる用水路の土手に咲いていた
彼岸花と萩

昨日近くを通ったので訪ねたら留守でした。
そしてさっき電話したのです。留守だったのではなく彼女たちは引っ越していました。
新しい住所を聞いたので、今度こそ近いうちに遊びに行こうと思います。
電話でお互い元気が分かって「うれし~い」
(彼女はこれを巻き舌で言うんですよ、うふふ)

トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/1229-5038be63
トラックバック
コメント
ご主人が植物状態になったのは15年以上も前!
その介護はさぞかし大変でしょう。
しかも異国の地、ですもんね。
気分転換もなかなか出来ないでしょう。
わすれ草さんが会いに行かれるのは、とってもいいことです(^^)/

<大阪アスベスト訴訟>の大阪高裁での判決。メーカーの責任も認めましたね!一人親方も。
風のフェリシアdot 2018.09.20 19:10 | 編集
 ☆風のフェリシアさん、あ、思い違いしてました。
初めの数年は植物状態ではなかったです。あとで訂正しておきます。
それでも10年以上はほぼ意思疎通ができていません。
異国の地での介護はどんなに大変なことか。想像することもできない。
彼女が初めのうち話していたのは、「教会に行きたい」でした。何とか彼女を休ませてあげたい。

建設アスベスト訴訟、国は10連敗。
メーカーの責任、一人親方の救済。フェリシアさん、注目していてくださってありがとうございます。
わすれ草dot 2018.09.20 20:55 | 編集
今日は

エリザベスさんを訪ねていってみてきた彼岸花と萩の花、美しくてわすれ草さんの心を映しているように思えました。

わすれ草さんのさりげない文章にお人柄が現われていて、エリザベスさんでなくても、その優しさに胸がつまります。
pirokodot 2018.09.21 17:46 | 編集
 ☆pirokoさん、草ぼうぼうの用水路の土手ですが、手入れされてなくて自然のままがきれいに写ったんでしょうか。花も、咲き誇るちょうど良い時期でした。スマホのカメラです。

自分と他人との境が曖昧になるほど思い入れる傾向にあるため、「大きなお世話」にならないように気をつけてお付き合いしたいです。
わすれ草dot 2018.09.21 20:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top