FC2ブログ
2018
10.11

身も心も休めて

亀戸の患者会に出かけました。
きょうは電車の中で編み物をしたかったので、普通のグリーン車で行きました。対面シートではないし、乗客が少なくて静かなので、時々贅沢をします。
午後1時からの集まりなので、電車の中でお弁当を食べようと買ってから乗りましたが、食べませんでした。なぜかというと、斜め前のお嬢さんがお化粧を始めて、その匂いがきつくて食欲が失せたから。それに、私のお弁当のにおいも他の方には迷惑だろうなと思ったので。

оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・〇Оо


きょうの患者会には、病状がかなり厳しいAさんが情報を求めていらっしゃいました。
抗がん剤・手術・手術・手術・治験・・・と治療してきて、今後打つ手なしと告げられたそうです。
なんとか次の手はないものかと考えていたAさん、みなさんの話を聞いた最後におっしゃいました。
「治療することしか見えずに突き進んできた自分ですが、違う道もあるのだということが分かりました。きょうはここに来て良かったです」
生きることに全力を尽くすこと、諦めないことが良い結果を生むことは勿論です。
が、治療が中断しているこの期間に体も心も休めて回復を待ち、次のことを考えるのも一つの手ではないかと私は思うのでした。
そうはお伝えしなかったのですが、Aさんはそれをご自身で理解されたようです。
体力もなく体も細くなってしまわれたAさんの、これからの治療とは違う苦しみを思い胸がつまりました。

Comment:4  Trackback:0
トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/1242-fabdf861
トラックバック
コメント
わすれ草さんの文を読んで居ると兄の事が思い出されます。

青木ヶ原の樹海に行って自殺したいって
言ったことが有りました。

兄に掛ける言葉も有りませんでした。

この頃友達でもご近所の方でも、知って居る全ての人が
病気に成らないようにと思う事が多いです。

少しでも早く完治出来る治療が行われるように成ってほしいですね。
マロンとカリンdot 2018.10.12 17:20 | 編集
 ☆マロンとカリンさん、お兄さまの辛い思い出を誘ってしまってごめんなさい。

癌と診断されたときに、希望すればみんながカウンセリングを受けられるようになればいいなと思います。
健康保険で皆が受けられる無ければならないと思います。

夫の時も、確定診断の頃がいちばん辛い時期でした。
あのときに話を聞いてくれる人、助言をくれる人が側にいたならばとどんなに思ったことか。
昨日の方はまだお若い女性だったのです。苦しくなりました。
わすれ草dot 2018.10.12 17:40 | 編集
抗癌治療は苦しくて辛いと、親友のご主人が言ってました。
でも、医師の勧める治療をしなくてはならない・・・
抗癌治療しましたが、亡くなられました。

結局、なにを選択したら良いのか・・・
わすれ草さんがおっしゃるように、穏やかに過ごせる時間が、
大切に思います。
それには、いろんな情報が勉強になりますね。
わすれ草さん、お疲れさまでした。
まめままdot 2018.10.12 19:58 | 編集
 ☆まめままさん、患者さんも、近くにいる家族も同じく辛い治療です。
希望を持って生き抜くと絶え間なく治療法を探してきたAさんに、立ち止まって考えることも必要かなと言う勇気はありませんでした。
が、他の人たちの話を聞くうちに理解できたようです。
辛い選択になると思います、健康な私には想像ができないほど苦しむでしょう。

病気を知ることですよね。医師は最終的には患者に決めさせます。こうしなさいとは言いません。
患者や家族が勉強しなければ。
突き進むことと、退く勇気も勉強しなければ、動ける時間が無駄に過ぎていきます。

それを素人が告げることは難しいことですが、私たちの経験でそのことがとても大切だと分かったので、患者さんを傷つけることない伝え方を学びたいです。
わすれ草dot 2018.10.12 20:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top