FC2ブログ
2019
10.14

グリーフ

自分の住んでいる地区は何事もなさそうなのでテレビをつけることもなく、避難準備品の片付けなどをしていたら、友だちから水戸も大変よとメールがきました。
でもテレビのニュースではやっていないので、Twitterで見ました。見慣れた風景が水の中。普段はのんびりゆったりした川があんな景色を作るとは。そういえば朝から消防車や救急車、ヘリコプターの音がにぎやかだなと思っていたのですが、自分が無事だったこともあって音は関心の外でした。冷たいものだな、と自分を振り返りました。

午後からは遺族のグリーフの集まりに行きました。今少し辛い時期なので行くのをためらいましたが、それだからこそ行こうと思い切りました。
私の番になった時に自分でも思っていなかったことが口から出ました。
「モルヒネの量の調節をし過ぎて、過量に投与してしまったかもしれない。消極的安楽死をさせてしまった。このことを自分を責める材料にしている自分です」
IMG_20191007_174949.jpgアドバイザーの看護協会の看護師さんがすかさず言います。
「中皮腫の苦しみを和らげてあげられたのですから、よかったのですよ。間違ってはいません。そのことを後悔の材料にすることだけはおやめくださいね」

唇を噛みながら聞きました。今すぐに受け入れられないけれど、繰り返し思い出して自分を納得させます。今はまだ、自分を責めている段階です。もう5年になろうとしているけれど。

散歩道の花に慰められる
刈田の二番穂 紫苑 水引草


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/1528-6b5c6fd0
トラックバック
コメント
一言で安楽死といっても、悩むことがたくさんあるんですね。
痛みを和らげるために使うモルヒネも、適量がどのくらいか・・・。
父は、痛みが酷くなりモルヒネを投与したら、急変して亡くなりました。
もう内臓が、悲鳴を上げていたんだと思います。
色々勉強になります。
まめままdot 2019.10.14 13:29 | 編集
 ☆まめままさん

夫は既に弱っているところにモルヒネ注だったので、死期が早まったのかと思います。
でも、痛みで苦しむよりは良かったと思ってはいます。
痛みだけは勘弁して欲しいと言っていた夫ですから、あれで良かったとは思うものの、死に手を貸したというような、何とも言いようのない思いもぬぐえなくています。
これは、もう少ししたらきっと自分を納得させられることだと感じていますから、今は悩むだけ悩んでみます。
わすれ草dot 2019.10.14 16:49 | 編集
わすれ草さん、私の思いを聞いてください。

今私は元気です、とりあえず病気は発見されていません。
でも、癌などが見つかって、それが先の見えない末期的だったら・・とにかく(痛みだけ)からは逃れたい。
末期と分かったなら、苦しみは【短いほど】良いと思っています。

友人の父上が、肺がんの末期なのに病院は(積極的緩和治療)も無く、痛がって、痛がって。。
友人が傍に行くと、(友人の手を持って)自分の首に持って行くんだそうです。
痛くて苦しいから(首を絞めてくれ!)って。
「おじいちゃん、それだけは勘弁して。。」って言ったら、
自分で、自分の首を締めようと!
(出来る訳ないよね?)

それだけ、癌の末期は苦しいんです。
痛みを取ってあげることが、本人の為だと私は思っています。
アイハートdot 2019.10.14 17:21 | 編集
 ☆アイハートさん

私も同じ思いです。痛い苦しい思いをさせなかったという点では良かったと思っています。
思ってはいますが、在宅で、モルヒネ注の管理を私がするしかなかったこと、苦しませたくないがために適量を誤ってしまったのではないかという後悔が苦しいです。

ご友人のお父さんを何とかして差し上げたいです。
緩和の先生は、「痛みは絶対に取れますから、少しでも我慢したらダメです」と言ってくれました。
いろんな痛みどめがある今の医学、それを知らない医者がいるとは信じられない!
もしかして、家族の側に麻薬に対する抵抗があるということはないですか?
本人が絞めてくれというほど辛いんだから、オピオイド系の痛みどめを使うべきだと思います。
わすれ草dot 2019.10.14 17:51 | 編集
おじいちゃんは、痛みでのたうち乍ら、、、ちょうど1年前に亡くなりました。
友人は、いまだに病院の対応を恨んでいます。
アイハートdot 2019.10.14 19:46 | 編集
 ☆アイハートさん

そうだったのですか。
お友だちの気持ちは癒えることがないでしょうね。
比べたら私は、自宅で看病できた、痛がらずに逝かせることができた。
今さら後悔を拾い出さなくてもいいんだよね。
待ってね、見ていてね、もう少ししたら立ち上がるよ。きっとね。
わすれ草dot 2019.10.14 20:47 | 編集
今から 11年前 妹が60歳の時 癌で亡くなりました
その時
同じような モルヒネの事で 悩み 
同じことしました

あるのは 今だけ
あるかもしれないのは 未来の事
絶対どうにもならない 過去の事
 nasu_to_matodot 2019.10.15 08:01 | 編集
 ☆nasu_to_matoさん

>あるのは 今だけ
>あるかもしれないのは 未来の事
>絶対どうにもならない 過去の事

深く心にとどめます。
nasu_to_matoさんがいつもおっしゃっている、未来からやってくるものを待つ気持ち。
確かなのは今だけ。いちばんつまらないのは過去への拘り。
もう少し、自分を納得されらるためにもう少しの時間が...
わすれ草dot 2019.10.15 10:10 | 編集
こんにちは、初めてコメントします。
夫であるおじさんは、急死だったのでそんなことは考えもしませんでしたが、父のときは、気づいた時は末期肺がんで、あと数日の命ということでした。
それなのに、本人は水を飲みたいと言うのに、飲ませない。私は勝手に飲ませました。
「何をやっているんですか?!」
「水を飲ませました」
それからなぜか、「絶飲食」の張り紙が、「飲水のみ可」になりました。
それだけは良かったと思っていますが、一番いいのは家に連れ帰ってしまうことだったと、悔やんでいます。 
ひねくれくうみんdot 2019.10.15 11:25 | 編集
 ☆ひねくれくうみん さん

ひねくれなんかじゃないくうみんさん、コメントありがとうございます。
1年10か月、別れの時を与えられたことはくうみんさんのように突然の別れをした人から見れば十分幸せでした。
それでもつのる後悔は、しかたのないこと。
くうみんさんのお父さまとのお別れも悔いが残ることで、でもしかたのないこと。
人にはそう言えるのに、自分はだらしないと思います。
過去から学んだことを、自分の最後の時に活かせるようにすれば少しは救いになるかな。

さっき先輩から、「この時期しかたないよ、じゅうぶん悔やんで泣いて」と言われました。30代半ばで夫と死別した先輩からのありがたい電話でした。
わすれ草dot 2019.10.15 12:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top