FC2ブログ
2020
05.28

活動費

Category: 点訳のこと
あらま、もうこんな時間。
夕方から広報誌の点訳を一心不乱にやっていました。
1か月経つのが早い。もう次の広報誌ですが、先月と同様、コロナ関係の表が多くて悩みながらで捗らない。
頭が痺れてきますよ。少しクールダウンしてから寝ます。

明日中に仕上げて、校正に出して・・・うーん、難しい、できるかな、不安になってきたわ。
今まで期日に余裕があったけれど、この頃無理を言われるようになってきて。それでも頑張って納期を守ってきました。
無理をいっても大丈夫と踏まれてしまったのかなぁ。ええかっこしいで頑張ってしまった私がバカなのね。

ユキノシタ

県から年に1度活動費が振り込まれます。広報誌と議会だよりを依頼されるようになった時、当然ボランティアと思って始めたです。
だから、「このお金は受け取れません」と言ったのですが、「県から出ているから、受け取ってもらわなければ困る」と係からいわれました。
ボランティアだからといっていい加減な気持ちで点訳するわけではないけれど、「お手当てが出るとなると、無理を言われてもやらざるを得なくなるわよね」と先輩お姉さんと話していたのですが、ああ、まさしくその通りに。
まさか、4日で仕上げなくちゃならないとは。明日は徹夜してでも仕上げて、次の校正者に回さなくちゃならないわ。

トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/1721-8e44afbc
トラックバック
コメント
わすれ草さん、おはようございます。
そのお仕事自体は貰えて当然だと思いますが、貰うことにより負担やストレスにならないと良いなと、
私は図書館ボランティアの流れで美術ボランティアと言っても書籍整理のボランティアに行ってました。そのお礼にと美術館の入場の券を貰いました。そんな大したこともして無いのにと負担に思ったこともボランティアも難しいですね。
ミホコおばさんdot 2020.05.29 09:47 | 編集
 ☆ミホコおばさん

ボランティアだからと自分を甘やかすことは無いですけど、報酬が出ればない時よりは責任が重くなるような気がして。

ミホコさんは美術ボランティア。本にカバーをつけたり、修理したりもするんでしょうか。私もやってみたいです。娘に、お母さんむいてると思うよって言われましたが、これ以上は中途半端が増えるだけだわね。
わすれ草dot 2020.05.29 11:59 | 編集
ボランティア それをしている自分が想像出来ません
全くそのタイプでは無い様です
私が見返りを考え無いでした事と言えば 子育て位でしょうか
人の性格と言うか それはどういう流れで作られるものかしら
生まれつき? 生育環境?
今更突き詰めて我が身を振り返っても 後の祭りとしか

無理しないで下さいね 
彼岸花dot 2020.05.29 12:40 | 編集
 ☆彼岸花さん

ボランティアと思ってしてはいないんです。好きだからやっているだけ。趣味のようなものです。趣味は無給ですね。
点訳を仕事としている人もいるようですけど、私たちにはそれができるほど気力も知識も無いですもん。

昨夜こんがらがっていた頭が、今朝ほどけたら、思ったより早く終わりました。
あとは印刷原稿が届き次第もう1度見直して、校正者に預ければおしまいです。ホッとしました。

わすれ草dot 2020.05.29 17:10 | 編集
何だか大変な事になってしまいましたね。
余り無理を言われてもねぇ・・
ある程度の余裕が有った方が
気持ち的にも余裕が出来ると思いますが・・

太巻きおばばdot 2020.05.29 22:07 | 編集
 ☆太巻きおばばさん

お金を頂くってことはこういうことなんですね。
「いつでもいいですからお願いします」から「いついつが締め切りです」から「いついつ締め切り厳守」っていうふうになるのかしら。

余裕なく頑張ると思ってましたが、今回も無事クリア。終わってみれば余裕でした。
これでまた、「あそこは少々無理言っても大丈夫」になってしまうのかな。
わすれ草dot 2020.05.30 08:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top