2014
08.12

孫のお泊り

引っ越しの手伝いに行って2泊したら、孫が今までになくなついてくれて、幸せ気分の夫です。
今まで我が家に来た時は母親べったりで、爺婆には越えられない一線がありました。
ところが今回、相思相愛の爺と孫になった二人、「帰る時が問題だわね、きっと大泣きするわ」と言って心配していました。
その時が近づいてきて寂しさをこらえている孫に私が、
「だったら一人で水戸にお泊りしたら?」と、
どうせ泊まることなんかできないとタカをくくって言ったのが運のツキ。
「うん、行く。ママいいでしょう?」

かくして小学1年生の孫娘を連れての帰宅となりました。
今夜で2泊め。
ちらっともママのことなど言いません。
「わたし、まちがってた。一人で泊まるの怖いと思ってた。全然怖くないよ」

さあて、何日泊まるつもりなのでしょう。
ママは迎えに来ると言ってますが。
爺との夏の思い出をしっかり記憶して行ってね。
それは夫の願いでもあるはずです。

きょうの1枚

くも
引っ越し作業に忙しい中、プリンセスを襲うクモ男にさせられた夫
どうしてクモなのか、このお面のどこがクモなのか??



トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/188-e790350c
トラックバック
コメント
微笑ましい様子に、思わず納得してしまいました。
言葉には表現できないような雰囲気に、嬉しい思いです。
ご主人嬉しいでしょうね、良い記事を読ませて頂きまして
ありがとうございました。
南の風dot 2014.08.14 20:16 | 編集
 ☆南の風さん
夫の嬉しい気持ちを想像してくださって、共感してくださってありがとうございます。
6年半の片思いがようやく通じて鼻の下が伸びっぱなしです。
自分の子とさえ、こうまで遊ばなかったと思うほど根気よく付き合っているんですよ。
わすれ草dot 2014.08.14 23:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top