2014
09.29

NK4分子・私の仕事

Category: 臨床試験
夫は出かけてからきょうで4日。
故郷では疎遠になっていた従姉たちと連絡が取れ、気に掛けていたことが彼なりに片付いてホッとしたようです。
そのまま山形へ向かって、お気に入りの川でシーズン最後の釣りを楽しむはずだったのですが、なんと川は水量が極端に少なくて残念な釣りだったとか。
「熊出没」の看板もあるしさっさと切り上げて、山形県鶴岡市の峠ノ山に昨夜着いたようです。
昨夜はさっそく集落の人と一献。
きょうは集落をブラブラしていたら、栗や舞茸、その他野菜の差し入れを受けて山の幸を楽しんだそうです。
今夜も集落の四役たちと宴会になりそうだと嬉しそうに電話がありました。

夫が遊んでいる間に、私は私の仕事を進めています。
あまりに長い本なので完成させられるかどうか分からないのですが、時間を忘れるために始めた点訳、『昭和三部作』 日本がしたこと、されたこと(上坂 冬子) の入力を 1/3 終えました。
入力というより、読み進んでついでに指を動かしているという具合です。
夢中になって入力したので手首と目が少し痛くなりました。
なにごともほどほどにしないとね。

それからもうひとつ大事な仕事、それは千葉大に電話することです。
このブログを読んでくださった方から、中皮腫の治療に関する新しい情報を寄せていただきました。
千葉大で臨床研究を行っているNK4分子による遺伝子治療です。
早速HPを読みましたが、1回では頭に入らなくて、きちんと読んで私なりに理解したいと思いました。
そのうえで、NK4の治療の疑問質問を書きだして千葉大に電話することにしたのです。
担当の医師が会議中でしたので、明日の夕方に電話する約束をして、きょうの私の仕事は終わりました。

先日の外来で、あと2回抗がん剤治療をやるかと提案されていたところです。
アリムタに今以上の効果が期待できるかどうかは分からないけれど、体の状態が良い今、やってみるのも悪くはない、という医師の判断でした。
さて、どうしましょう。
かたやまだ研究中の治療。
夫にはお出かけの間に一人よく考えてね、とプリントしたものを持たせましたが。

夕方の電話で、千葉大の件を話したところ、夫はどちらの治療効果も今のところはっきりしていないのなら、NK4を受けてみたいと結論したみたいです。
どうなるかは明日千葉大の話を聞いて、さらに直に面談してから決めることになると思います。


きょうの猫の額

ミョウガ
裏庭のミョウガ 今年最後の収穫



トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/228-11547a32
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top