2014
10.29

病気自慢

Category: 思うこと
抗がん剤が終わったので、夫は月曜日から4人部屋に移っています。
呼吸器内科のこの病棟は、肺癌の患者が多いように思われます。
ごくごく普通に看護師さんも「○○さん、これから抗がん剤の点滴始めます」
と言いながら病室を出入りしていますし、患者同士も肺癌のことをエレベーターホールでの話題にしているようです。

さて、4人部屋先住の人Aさん、推定70歳代は声も元気でおしゃべりが好き。
うーん、夫は男の井戸端会議が苦手で、かなりストレスを溜めています。
夫と同じ日に抗がん剤の点滴を受けたAさん、同じく抗がん剤をしたBさんに、あっちの端からこっちの端に話しかけています。
「Bさん、白血球はいくつだったの?」
「下がったんだよ、2800」
「2800あればいいよ。俺は2300だったよ」

少し気落ちしているらしいBさんに、何度も2300を強調している病気自慢のAさん。
見てみて、聞いてきいてのAさんと同じ病室に、4日も一緒にいる夫に同情したことでした。


きょうの猫の額
s-DSCF8166.jpg
ヒメツルソバ
梅雨前から咲き続けていますが葉が紅葉してきて
そろそろ終わりでしょうか



Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/248-bddac3af
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top