fc2ブログ
2024
04.01

納骨式

まだ暗いうちに雨の音で目が覚めました。けっこうな降りのようです。
(やっぱりなあ。さすが雨女だよ)
そうです、私は雨女。そしてきょうは母の納骨式の日。
お寺さんやみんなには気の毒だけれど、傘さしてもやるしかないと思いながら再び寝ていました。それらしい夢まで見て。
8時ごろに雨は上がりました。娘が迎えに来て、1時間ほど山のほうに走ったところにあるお寺に出発です。ほかの子どもたちとは現地集合。

私たちは菩提寺を持たないので納骨の場所を自由に探すことができて、すてきなお寺を見つけました。
去年の秋には、満開の桜の下でと予想して日程を組んだのですが、桜は足踏み。山のお寺はまだ緑も少なく残念でした。
でもちょうどその時間に雲が切れて陽がさし、風も穏やか。
無事に納骨式を終えました。

その後は集まった6人で食事をとり、祖母の思い出話もたくさん聞きました。
冷たい娘(私)の代わりに孫たちが優しくて、よかったね、おばあちゃん。

1711962910149.jpg

フットワークの軽い娘が解散のあとに、ミツマタの群生地へ行ったと写真をくれました。

トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/2721-2059260e
トラックバック
コメント
無事に済みましたね、良かったですね。
娘と孫とでは、ちょっと立場が違うから(初めて聞く話)も有ってね。(笑)

菩提寺が無いって、自由で良いですね。
お父さんと御一緒に?
うちは、次の雪が降る前に、、もう一仕事ですわ。

アイハートdot 2024.04.01 20:57 | 編集
 ☆アイハートさん

その前後の数時間だけ天気が良くて、夕方には雷雨になったのよ。
私の子かしらというくらい孫たちは祖父母に優しかったわ。

菩提寺というのか檀家寺というのか分からないけれど。
そして、何か経緯があったのかなかったのかも分からないけれど、どこのお寺にも属してないんですよ。昔は属してたんだけど。自由でいいですよ。
父が建てたお墓は福島にあります。
が、母は舅たちと一緒のお墓だけは嫌だと言ってたので、叶えてやりました。たとえ夫と別でもいっこうにかまわないんだって、ハハハ、飛んでる1919年生まれでしょ。
わすれ草dot 2024.04.01 22:19 | 編集
大役を果たしてホッとしたことでしょう。
お母さまも、ネ。
感謝してるわよ、 わすれ草さんの配慮に!
親孝行したね、良かったね。

うちは未だ・・・ というか分骨して貰った分はいずれ私と一緒に、 と思ってます。

孫はまた見方が違いますよね。
私の場合 姑が同居してた頃悶々としててその感情をモロに現してた時期があります。
でも娘たち二人共お祖母ちゃんには優しかったよ。 それを見てまたイライラ・・ 苦笑
しょうがない、しょうがない。
そういうものでしょう・・家族って。


                     
ポテトdot 2024.04.02 02:16 | 編集
 ☆ポテトさん

そうですね、ほっとしました。母も居心地の悪さから解放されたかな(笑)

私が孫と好い意味での距離を持つのと同じで、孫のほうも母親と違う距離で祖母を見るのですかね。
私は姑でなく実母にイライラしてたから、子達は冷めた目で私を見てたかな。
しょうがない、しょうがない、過ぎたことだもんね。
家族ってそんなもの、と言ってもらって嬉しいです。
わすれ草dot 2024.04.02 09:45 | 編集
納骨式が無事に終わり少しホッとされたと思います。
ふと思ったのですが菩提寺が無いのはある意味気が楽かと・・
我が家のように子供が居ないと墓を継承出来ない。
大きな問題に頭を悩ませてます。
太巻きおばばdot 2024.04.02 22:13 | 編集
 ☆太巻きおばばさん

以前はお寺に属していたんですよ。
母が故郷を出て兄が家に残ったのですが、その頃からお寺さんと縁がなくなりました。
母も、新しい地でお寺を探すことをしなかった。このへんが世間の考えの距離があるんですわ、我が一家。
でも、気が楽でいいですよ。
故人のことはいつも胸のうちで思っているので、私もそれでいいと思います。
母は契約の年数が過ぎたら共同墓に埋葬してもらいます。
わすれ草dot 2024.04.03 08:18 | 編集
お疲れ様~ ほっとなさったお気持ち・・分かります。
お役目・・はたされましたね~

檀家寺と先祖の記載を 見つけたのは姑の亡くなった時でした。

お寺には過去帳というのがあって・・先祖を江戸時代から
たどることが出来ました。戸籍謄本よりも昔が記載されていました。
遠音dot 2024.04.04 08:48 | 編集
 ☆遠音さん

納得のいく場所に納めることができてホッとしています。

檀家寺を持ってると先祖のことを遡れるのですね。
そう言えば伯母の連れ合いが、お寺の記録などからかなり詳しい家系図を作りました。
力作を客に披露するのが嬉しかったようです。
わすれ草dot 2024.04.04 19:13 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2024.04.08 21:48 | 編集
納骨でしたか。
お疲れ様でした。
私などサッサと済ませて…
しかもあった墓地を返して永代供養に
なんて冷たい嫁でしょう^^;
でも、でも...いっぱい考えた挙句ですから
後悔はありません。
さくらdot 2024.04.08 23:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top