2014
01.28

26日その後

Category:
26日は夕方近くまで互いに心の中で慰め合い、思い合っていたかもしれません。
それで私は思い切ってつれあいに提案をしました。
「ねえ、Y先生に話を聞いてもらいに行きたいのだけど」
「・・・構わないけど、心配かけるね・・・」
「それはそうだけど、今はそんな気遣いしている場合じゃないと思う。今夜ファックスでご都合を聞いて時間をとってもらうよ」

この提案に同意してくれてから後、つれあいの眉間のしわが取れました。
Y先生は、つれあいと仕事上の関係を超えてお付き合いくださっている内科医です。
奥さまは凛として近寄りがたい方ですが、心温かい人柄を見抜いたつれあいは、この病院に仕事に行くのを楽しみにしていました。私ともお付き合いくださいました。

昨日午後、時間を取ってくださいました。
専門は違うY先生ですが医者の目からのアドバイスをいただきました。
奥さまは、ご自身の体験からを語られました。
うかがって本当に良かった。ありがたかった。

病院にもどって、先生ご夫妻との、思い出す限りの会話を語って聞かせました。
つれあいは表情柔らかく聞いていました。
奥さまは5年間に4度の入院生活。このうち3回は全身麻酔の手術を含んでおられます。
昨年秋にうかがった時は病状おもわしくなく、会うことができませんでした。
ずうっと心配していましたが、お元気で自分の足で歩いてこられたことを伝えると、つれあいは我がことのように、本当に文字通り自分のことのように安心したようでした。
「ご主人にお伝えください。死ぬのは簡単ではありませんよ。なすべきことはなさってください。きっとですよ」
Y先生は、
「可能性のある治療は受けてください。たとえ治癒確率は低くても、その中に入らないとは言い切れないのだから」

つれあいはこう言いました。
「ドレンが抜けたら家に帰って、二人で考えよう」



ピンク
原種

このシクラメンは一昨年の暮、売れ残ったような鉢を求めたものです。つれあいは「しーちゃん」と呼んでいます。お世話はしないですが。
ピンクは早々と晩秋から咲いていましたが、原種のほうは蕾のまま2か月たっても咲きませんでした。
数日前ようやく咲き始めましたので写真をつれあいにも見せて喜びました。



トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/35-3517dd10
トラックバック
コメント
初めまして!
毎日、ブログ拝見させてもらいます。

今は治療に専念して頑張ってくださいね。
きっと この先良い事が待っていますよ、
 
私もそう信じて抗がん剤治療を受けています。
鉄人2号dot 2014.01.29 12:00 | 編集
☆鉄人2号さん
ご訪問、励ましのコメントありがとうございます。
私も鉄人さんのがんばる姿を拝見させていただいています。
低山でいいので、つれあいと一緒に歩くことなどを目標にがんばります。
わすれ草dot 2014.01.29 13:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top