2015
06.30

名古屋行き、はじめから大騒動

世の中どこに災難があるかわかりませんね。
新幹線の事故、私たちが乗った後ののぞみだったようです。
前の列車でよかったよね、なのですが、ちょうどその時刻、私たちも危機の中にありました。

乗車1時間くらい過ぎたとき夫が気分が悪いとトイレに立ちましたが、長い間戻ってきません。
心配で見に行こうかと思っていたところに、顔面蒼白の夫が帰ってきました。
シートにもたれて冷や汗をかいています。
「お医者さんを探してもらおうか?」と聞くとまさかの返事「うん」
そんなに酷いんだと私も冷や汗。

車内放送の後、看護師さんが来てくださって、脈や呼吸、体温などを診ましたが、
「爪の先はピンクなので一応心臓は大丈夫かと思いますが、かなり苦しそうですね。お医者さんがきてくれるといいのですが」
と話しているとお医者さんが2人来てくださいました。
中国のかたで心臓の専門と外科が専門のお医者さま、通訳のかたを通じてバイタルチェックをしてくださいました。

血圧が低く、呼吸数、脈拍は高く、冷や汗、倦怠感が見られるけれど、次の停車駅名古屋までは大丈夫とおっしゃいました。
そのころには夫も少し落ち着いてきて、中国のお医者さまに「謝謝」とお礼をいう事もできました。

新幹線を緊急停車させないでよかった。あとの列車は火災で緊急停止、再開のめどが立っていないとテロップが流れていましたから、私はこの列車も止めてしまわなくて良かったと思っていました。
名古屋に着いたら救急車で病院に行ったほうがいいでしょうとお医者さまがおっしゃられ、車掌さんが手配してくださいました。
看護師さん、中国のお医者さまと通訳のかた、車掌さんやアテンダントの方々のお世話になりました。
なんとお礼を申し上げればよいか。ただただありがたく感謝申しあげます。

救急搬送された病院で血液とレントゲン、心電図の検査があり、心臓に異常はなかったと説明を受け一安心。
ただ血中カリウムの数値がとても高く点滴を受けました。
3時間ほどベッドで過ごしてホテルへ直行。
トロトロと寝てばかりいましたが、昼食をたべていないので夕方近くに食事に出ました。
少し食べて、帰ったらまた寝ています。
倦怠感、脱力感が残っているようです。

きょうの予定はすべてキャンセル。
明日は体調次第ですが、名古屋城本丸をモンゴル同窓生が案内してくれるので、夫はそれと同窓会だけにはどうしても出たいと言っています。


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/412-1a9eeb65
トラックバック
コメント
わすれ草さん、心細く恐ろしい思いをなさいましたね。
それでも、旅先で袖触り合った方たちの親切に救われて
本当に良かった。

モンゴル同窓会とセカンドオピニオン医師への受診、
この大事な目的を果たして無事お帰りになれますように。


べに丸dot 2015.07.01 01:55 | 編集
少し落ち着かれたようでよかったですね。
わすれ草さんどんな思いでいらっしゃったか。
見守る側の、いつも緊張の糸を張り詰めているつらさ恐ろしさ、お察しします。
どうど、ゆっくりゆっくりと、名古屋での時間を過ごされ、お帰りになってください。
りんdot 2015.07.01 06:04 | 編集
お早うございます。 大変でしたね。

でも事故のあった新幹線と同じでは無くて良かったです。

まだまだ世の中には良い人が一杯居るってことですね。
ご無事にお帰りに成れますように。
マロンとカリンdot 2015.07.01 06:14 | 編集
 ☆べに丸さん
不安の中たくさんの方の親切が身に染みました。
まさかこんなことになろうとは・・・と思いましたが、人々の暖かさに救われた経験でした。

コメントありがとうございます。
わすれ草dot 2015.07.01 10:18 | 編集
 ☆りんさん
こんな緊急事態が新幹線の中だったことでとても不安でした。
名古屋までの30分がとても長く思いました。
意識も徐々にしっかりしてきたこと、悪いほうに考えずに済んだこと、お医者さまに診ていただいたこと、すべてありがたく、今は部屋でゆっくり休んでいます。

ありがとうございます。

わすれ草dot 2015.07.01 10:27 | 編集
 ☆マロンとカリンさん
事故の新幹線だったらと思うとゾッとします。
事故者ではなかったこと、たくさんの方の親切が頂けたこと、不安の中でも良いほうに向かうことができたことがありがたかったねと夫と話しました。

雨の名古屋になりましたので、お昼過ぎまでホテルでゆっくりしています。

コメントありがとうございました。
わすれ草dot 2015.07.01 10:35 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.07.01 11:55 | 編集
 ☆鍵コメさん
危機一髪とはこんなこと、災難からは逃れられたのに、同じ時刻に別な危機に遭遇していたとは。何があるかわかりません。
みなさんに助けられて何とか病院までたどり着きました。

きょうはホテルでうつらうつらしていますが、本人80%回復したと申していますので、3時ごろから登城の予定です。
知人がお城の仕事をしていますので案内してもらえます。

またの機会にゆっくりこちらに来たいと思っています。

ご心配いただきました、ありがとうございました。
わすれ草dot 2015.07.01 13:41 | 編集
飛行機、列車などでこのような場面に遭遇する事が有りますが、
まさか、わすれ草さんに・・・吃驚しました。

こんな時、周囲の人々に感謝。
そして決して人間って悪くないと思う一瞬でも有ります。

くれぐれもお大事に。
無理はなさいませんように。
太巻きおばばdot 2015.07.01 14:40 | 編集
 ☆太巻きおばばさん
まさかの体験でした。
でも新幹線を臨時停車させて救急車ということにならなくて、せめてよかったです。
前の列車は急病人、後の列車は火災事故。なんてこった、と車掌さんたちは思ったかもしれません。

人間っていいものなのですね。いいもの連鎖になるように私も心します。

お見舞いありがとうございます。
わすれ草dot 2015.07.01 22:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top