2014
02.12

告知

Category: 中皮腫のこと
きょうは外来受診日で、病理診断の結果を知らされます。
このあいだから迷っていることは、診断名を受け入れる準備はできているものの、余命などの具体的な見通しを受け入れるかどうかということです。

友人のご主人は40数年前に、急性骨髄性白血病でわずか3週間で亡くなったのですが、そのころは告知はまだ一般的ではなくて、本人に病名は告げなかったそうです。
そして友人もまた、そのあとの病状説明などは聞かないで、ご主人のお姉さんに聞いてもらい、自分は看病だけに専念したのだそうです。
知ったところでどうできる訳でもなかったのだから、それでよかったのだと友人は話してくれました。

このような病で宣告されない限り、人の死に時など誰も自分では分からないのだから、知らないのも選択肢のひとつではないか。
病名を知って覚悟をつけられるだけ、友人のご主人より良いのではないか。
いや、そうではなく夫は残りの時間を計画したいと思っているかもしれない。

夫の心中は・・・今10時、お昼までに話し合えれば良いのだがとあせっています。



夫は私が思うより強い人でした。
今は知りたくないと言った旅行先での話から1週間、病と戦う覚悟を決めたのでしょうか。
「病状の説明があれば聞きたい」
と言いました。
聞きたくないのは夫ではなく、私だったのかもしれない・・・



診断は中皮腫と確定しました。
看護士さんからお聞きになっていたからか、Dr.(女性の胸部外科医)は外科医の立場からの説明に留めてくださいました。
夫も問いただすことはありませんでした。
これからは内科の患者になります。
化学療法が始まるる前に内科医から治療方針が示されるでしょう。
明日また病院です。



トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/46-996e8b23
トラックバック
コメント
こんにちは
寒い日が続き、通院するのも大変ですね!

これからは検査、化学療法と続きますが
治療に頑張ってください

明日は私も病院です。

 
鉄人2号dot 2014.02.13 13:51 | 編集
☆鉄人2号さん
こんにちは。
明日はまた雪か雨の予報が出ていますが、きょうはありがたいことに風もなく暖かく感じました。

18日入院、20日初めての抗がん剤点滴を受けることに決まりました。
私は何もできませんが、鉄人さんを目標に頑張っていきます。

いつもありがとうございます。
わすれ草dot 2014.02.13 14:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top