2016
03.20

お彼岸

お彼岸だけどうちにはお墓はないし、いつもと変わりない1日でした。
ああ、夕方息子がふらっと来て小1時間いて帰りましたが、特別どうという会話ではなかったわね。

お彼岸だというのでもなく、ちょうどお花がダメになったから新しく替えました。
いつも思うけど、
「オレ、花なんかいらない」
と言ってるようで可笑しくなります。
が、毎日お花の世話をしていると、なにか、亡き人の世話をしているような気がします。


FotorCreated.jpg

花じゃなくてお酒ね
でも私は焼酎は飲めないから梅酒をねと
一昨日の晩

食事は毎度代わり映えのしないパスタ
冷凍しておいたフキノトウ
柚子こしょうの味も決まっておいしく食べました


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/555-f80af004
トラックバック
コメント
少しは落ち着きましたでしょうか。
寂しいと思う日々は何年も続くかも知れません。
一番大切なのはご自身の健康にお気をつけて。

毎日のお供え、そうですよね。
亡き人のお世話なんですよね。
私も毎朝の、お水、パン、コーヒーのお供えは
1日も欠かしません。
その時だけ、声に出して会話してますよ。

太巻きおばばdot 2016.03.21 12:25 | 編集
 ☆太巻きおばばさん

もうすぐ5か月です。
静かな日を過ごしています。
当面のゴチャゴチャが過ぎて、日が経つにつれて寂しさが押し寄せてきます。
仕方がない、いないんですもの。

以前より健康のことを考えるようになりました。
年老いて私が逝く前に、元気になった私を報告してからじゃないと叱られそうな気がします。

コメントありがとうございました。
わすれ草dot 2016.03.21 17:07 | 編集
息子さんが居られたのですね
それはそれで少し安心かも

ご主人が亡くなられてもう5ヶ月ですか
早いですね
心の中でお話しされて一緒にお酒を飲むのもいいですね

僕ならどうするかな
同じように話してお酒を飲んでるかもしれません。
メタさんdot 2016.03.21 22:58 | 編集
 ☆メタさん

息子は女姉妹に囲まれた頼りない男ですけどね。
誰からも好かれる男のようです。そこんところは父親似?

夫は病気が分かった後くらいから、夕飯どきに自分のお酒のついでに、私の分も作ってくれました。
ジンやウォッカをベースにした何やらの自己流カクテルです。
「要らないよ~ 呑兵衛になったらどうする?」
「出されたら飲むくせに。もったいないからって」
といつも馬鹿にされました。
ウォカ1瓶買って自分で作るほど呑兵衛にはならなかったので、しばらく飲んでないけど、チューハイの缶を買って乾杯しましょうかね。

わすれ草dot 2016.03.22 10:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top