2016
05.01

「生きていくより外はない」

Category: 思うこと
「ヨーコさんの“言葉” 」という番組を見たことありますか?
日曜日朝8時55分Eテレ、「趣味の園芸」と「日曜美術館」の間の5分番組です。

    ヨーコさんの“言葉”


「もう十分生きたわ。いつお迎えが来てもいい。でも今日でなくてもいい」
と97歳の友だちの母親が言ったそうです。
そしてヨーコさんはこう言うのでした。

   いつ死ぬかわからぬが、今は生きている。
   生きているうちは、生きてゆくより外はない。

私もヨーコさんのように、生きていく外はないと思います。
でも、「外はない」なんて生きていくのは、早く死んだ人に申し訳ないと思ってしまいました。
私には、したいこと、しなければならないこと、なんてほとんどない。・・・
あっても些細なこと、しなくても心残りなことはたぶん、ない。
でも、夫にはたくさんあった。

「外はない」ではなくて、もっと積極的な生き方を見つけなければならない。
近ごろだらけている。ぼーっとしたまま一日が終わる。
退屈だな、なんて申し訳ないことを思っていたのでした。

蛇足ですが、「生きていくより外はない」は佐野洋子さんらしい含蓄に富む言葉です。
私が受け取ったのは、佐野さんが言おうとしたことではないでしょう。
でも、私はこう思ったということで書いてみました。


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/586-3728bd50
トラックバック
コメント
わすれ草様

ブログで無断で山吹のこと、使わせてただきました。

お礼を申し上げるのが遅れ、すみませんでした。

さて、ブログ拝見していて誰も同じ想いを抱いているのだなあ、と改めて思いました。

私の秘密の「左手のノート」の最初のページに書いた言葉がふと浮かんできました。


それは、倒れてから、重い後遺症で先が全く見えない何年か前に、息子が送ってくれた小説の中の短い言葉でした。


『あなたが虚しくすごした今日は、昨日死んだ者が、あれほど生きたいと願った明日』
【小説「カシコギ」、チョ・チャンイン著】

私には、ノートの最初のページに記すほどの衝撃だったのです。

思い出させてくれてありがとうございました。





kmomotadot 2016.05.02 14:22 | 編集
消しゴムで自分自身を消せればって思う事は有りますが、
生きるって理屈じゃなくて本能だと思う・・
生きたくても生きられなかった人に申し訳ないから、
毎日を精一杯生きてますよ。
亡くなった人は姿が見えなくても側に居て
全て何でも見てると思うんです。
太巻きおばばdot 2016.05.02 15:25 | 編集
 ☆kmomotaさん、こんばんは。

ああ、なんて胸をうつ言葉でしょう。
紹介くださってありがとうございます。
生きたかった人に済まないと思う毎日。
恥ずかしくない日々を生きなければならないと気づかされました。

山吹の件、全然気になさることではないですよ。
八重の山吹も控えめな華やかさがあって素敵ですね。

コメントありがとうございました。
わすれ草dot 2016.05.02 17:12 | 編集
 ☆太巻きおばばさん、こんばんは。

おばけでもいいから出てこい!! ってね。
そしたら今度は文句を言わないで一緒に遊ぶから。

生かされていることを感謝して、恥ずかしくないオマケの人生を、精一杯送るより外ないです。
側にいてくれますね。かならず。

コメントありがとうございます。
わすれ草dot 2016.05.02 17:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top