2016
06.01

鼻の記憶

爽やかな天気。
天気予報では「この時期ならではの気温、空気が乾燥して過ごしやすい1日でしょう。衣服の入れ替えに適しています」といってます。
重い腰を上げました。
寒くなったり暑かったりを繰り返していたので衣類の入れ替えがまだでした。というのは表向き。本当はやる気がなかっただけ。

自分の衣類をまず終えて洗濯機をまわして、次には夫の分ですが。
秋に逝った夫の衣類は去年の夏服のままでした。冬服を着ることが叶わなかったですから。
思い出の深いものを除けていって、半分くらいを処分の袋に入れました。エイっと。
T シャツ類がたくさんあります。これは以前からそうしていたように、掃除用に小さく切り分けました。

s-20160601_185256.jpg

襟ぐり、袖、脇縫い、肩縫いを切り取っていくのですが、広げたときに微かに夫の匂いがしました。
名前を小さく呼んでみました......それだけです。
ジョギジョギジョギ。
匂いというより臭いかもしれない、加齢臭ともいうと苦笑しましたが、顔や声は映像で残るけれど、鼻に残る記憶はいずれは消えてしまうのだろうな、と寂しさも感じたのでした。

s-20160529_160218.jpgs-20160529_160139.jpg

お口直しに庭の花を


トラックバックURL
https://waremo5.blog.fc2.com/tb.php/603-d8d5203e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top